東京 ドーム シティ ヒーロー ショー。 ヒーローショーについて

戦隊ヒーローショー出演者のセクハラ告発、「事実であれば誠に遺憾」 東京ドーム・東映エージエンシーが見解明らかに: J

東京 ドーム シティ ヒーロー ショー

東京ドームシティの戦隊ショーとは? 東京ドームシティの戦隊ショーとは、東京ドームの遊園地と同じ敷地にある劇場で開催される、有料のショーです。 日曜朝に大活躍している戦隊ヒーロー達が出演しています。 チケットはネットにて予約が可能。 もちろん 当日販売もしています。 価格はショーによって異なります。 大人と子供、共通の料金で1,500円から3,000円くらいです。 お金を出して見る価値はあるか 結論から言いますと、東京ドームシティの戦隊ショーはお金を出しても見る価値があります! 我が家はいろいろなイベントに出かけるのが好きなため、無料のヒーローショーなどはこれまでにも沢山見たことがあります。 広い公園やテーマパーク、ショッピングセンター、住宅展示場など、色々なところで無料ショーはやっています。 それらの会場の小さなステージなどに戦隊ヒーローがやってきて、司会のお姉さんの紹介の後に戦いの劇 ? を見せてくれると言う、あの手作り感と出張感満載の戦隊ショーです。 子供的には無料の戦隊ーショーでも十分満足していたため、あえてお金を出して戦隊ショーを見ることに、個人的には抵抗がありました。 しかも大人でも子供でも、一人1500円以上もかかる。 家族みんなで見ると、結構な支出になってしまいます。 そんなわけで最初は半信半疑で観覧してみた戦隊ショーでしたが、有料と無料は想像以上に違いました! 有料と無料の戦隊ショーの違い まず当たり前ですが、ステージが違います。 ただのステージや空きスペースでやるのと、専用のステージセットでやるのでは迫力が全然違いました。 他にも、戦隊の中に入っている人の質が全然違うと思います。 実は私、無料イベントの戦隊ヒーローの給与明細を諸事情で見たことがあるのですが、金額は本当にアルバイト代といった感じです。 役者志望の人などが、バイトとしてやっているなんて話も聞きました。 一方、東京ドームシティの戦隊ヒーローについては、本格派です。 給料額については知る由もありませんが、演技とアクションは見るからにプロでした! セリフやシーンに合わせて、きちんと練習がされており、戦闘シーンなども本格的。 体育大出身なのかな?などと親としては思いながら見ていました。 身のこなしが素敵でした。 それ以外にも、• 音響がしっかりしている• 座席に座ってゆっくり見られる• ポップコーンを食べながら見られる など、無料ショーとの違いは沢山! 無料と有料を比較するのもどうかと思いますが、お金を出す価値のあるショーでした。 戦隊ショーのオススメポイント あまり詳しく書いてしまうとネタバレになってしまいますが、 戦隊ショーではいわゆるワイヤーアクション的なアクロバットや、2階建て以上の高さから落ちるといったアクロバティックな動きなども取り入れられています。 上演時間も子供が飽きない程度の短さなので、小さい子連れであっても十分に楽しめるでしょう。 むしろ幼児にとっては、もうちょっと見たかったと思うぐらいのちょうど良い長さです。 飽きてしまって困るということはないと思います。 ただ中には、 敵キャラが怖すぎて泣き声をあげているような子もいました。 2歳ぐらいまでのお子さんですと、子供によっては刺激が強すぎて無理という子もいるようです。 周りの迷惑になるため、そのような場合、大抵は親が泣く子供を抱っこして退場していました。 座席位置のオススメとは? 東京ドームシティの戦隊ショーは座席指定です。 おすすめの座席は、中央正面のステージ上でやるショーが見やすい位置。 具体的には、劇場中央付近の後ろすぎない列です。 かなり後ろの席や劇場の端っこだと、さすがにステージは見辛いです。 ここら辺は映画館の座席と同じ感覚で選べばよろしいかと思います。 もし、前の列だけど端の方の席か、端ではないけど後方の列という選択肢しかなかったのであれは、多少後ろの列でも、端でない席を選んだ方が良いでしょう。 後ろであっても座席の段差がしっかりついているので、よく見えます。 またお客さんの半分以上が幼児、すなわち背の低い子供ですので、前の人が邪魔になって見づらいということは少ないです。 もし子供の目の前に背の高い大人が座っていたら、子供と親の席を代わってあげることで、子供が見やすいようにしてあげることができます。 前の席に大人ばかりがずらりと並んで座ることは、戦隊ショーではあまり無いですからね。 ヒーローとの触れあいにオススメの席 右・左・中央と、縦に3列に分かれている座席ですが、基本はステージ正面になる中央がおすすめです。 しかし、ヒーローと触れ合うことを考えるなら、通路に近い席もかなりオススメできます! 戦隊ショーは、ステージ上だけでなく座席の通路にもヒーローや敵キャラが降りてきます。 運が良ければ、憧れのヒーローとタッチすることができることも。 また、自分のすぐ目の前で戦いのシーンが見られることもあります。 そのため、色々な条件を総合的に考えると、最も狙うべきはステージ正面でなおかつ、前列と中列の間にある通路沿いの席 目の前が通路 です。 中央L列がこれに当たります。 しかし一番人気のため、早めの確保がオススメです。 中央L列が無理なら、中央の席のうち縦の通路沿いの席もオススメですね。 もし複数の座席を家族で取ったのであれば、是非通路に近い席に子供を座らせてあげてくださいね。 目の前の戦闘シーンは迫力があるので、きっと大喜びすると思いますよ! まとめ 実はうちの子供は、さほど熱心な戦隊ヒーローファンではありません。 しかしそんな子供でも、東京ドームシティの戦隊ヒーローショーに連れて行ったら大喜び! すっかり戦隊ファンになってしまいました。 正直あまり期待せずに見に行った戦隊ショーでしたが、親としても大満足。 特に、敵役が高い場所から転落するシーンなどは、「へー!こんなこともやるの!?」という驚きもあり、見応えがありました。 大人も子供も一緒に楽しめるので、東京ドームシティの戦隊ヒーローショーはおすすめです! 戦隊ショーを見た後は、周囲にある遊園地などで遊ぶこともできますので、予定のない休日に行ってみてはいかがでしょうか。 それでは、今回も貴重なお時間のなか当ブログ『共働きママblog-sakurapid』をご覧いただきまして、ありがとうございました!.

次の

ヒーローショー“お姉さん”がセクハラ告発⇒ 東映が謝罪 「計6名」が関与

東京 ドーム シティ ヒーロー ショー

「余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ」と強く言われる 女性はツイッターで23日、「シアターGロッソのお姉さんを卒業しました!」と報告し、「1年と少し、遊びに来てくれるお友だちの皆さんに出会えてとても楽しくお仕事させて頂きました! 本当にどうもありがとうございます」と感謝を伝えたが、卒業の理由として次のように「嫌がらせ」や「セクハラ」があったためだと告発した。 「どうして卒業したかというと、入った当初からの度重なる嫌がらせ(基本的に挨拶も無視、握手会中に水を掛けて妨害する、など)と、セクハラ(男性器のあだ名をつけて呼ぶ、すれ違い様にお尻を揉む、避けられない空間での卑猥な質問や直接的に胸を触る、など)に黙って1年耐えていたら」「それも不愉快だったのかゴールデンウィーク明けに『力不足なのでもう来なくていいです』と言われてそれっきりです。 会社からは、余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ、と強く言われていましたのでこれを発信するということはそういうことです」 投稿は2万1000回以上リツイート。 女性は「わたしの力不足に間違いありません」とするも、「しかしそれ以上に許してはいけないことが沢山ありました。 特に性的な嫌がらせは、気にしていない、怒っていないフリをし続けなければいけませんでした」「降りかかる性的な嫌がらせを、気にせず笑って流せるのがよく出来た女だとも言われてきました。 でも、平成も終わり令和の時代を生きる子供たちには、前時代的なハラスメントに苦しめられることなく、自らの権利を害されることなく生きて欲しいと思います。 そんなヒーローに出会って欲しいと思います」と、繰り返されたセクハラに強く心を痛めていることも訴えた。 また「『パワハラ、セクハラはただの冗談だから、そういう業界だから仕方ない』と散々言われてきました。 お仕事が楽しかったのであれば、本当は余計なことを発信せずに黙って耐えておくべきなのかもしれません。 ですが、どんな業界であれ次の世代のために変わらなければいけないと思っています」と業界内でセクハラが横行していることを示唆していた。 J-CASTニュースが関係各社に取材すると 女性は誰からハラスメントを受けていたかなど、「加害者」に関する詳細は明かしていない。 J-CASTニュースが24日昼、シアターGロッソを運営する東京ドームに取材すると、広報IR室担当者は「ツイッター上で被害の訴えがあったことは把握していますが、内容については事実確認中です」と答えた。 女性は司会として18年3月17日からシアターGロッソでの戦隊ヒーローショーに出演しており、19年5月6日の公演を最後に出演しなくなったという。 広報によると、女性は東京ドームに所属しているわけではなく、同ショーは東映エージエンシーと協力して制作している。 そこで東映エージエンシーに24日取材すると、担当者は同様に「訴えがあったことは把握していますが事実確認中」とだけ話した。 また、Gロッソでのヒーローショーに所属の司会者やスーツアクターを出演させている有限会社テクニカルアクターズクラブ(本社・東京都新宿区)は24日の取材に対し、女性について「当社に所属していましたが、ちょっと前に退職しました」と明かす。 ツイッターでの告発についてはやはり把握しており「しっかり事実関係を確認します」と答えた。 その後、東京ドームは24日夜までに公式サイトで「ヒーローショー運営におけるSNS上での訴えについて」と題する文書を発表。 次のように謝罪した。 「このたび、東京ドームシティ シアターGロッソでのヒーローショーの運営におきまして、ハラスメント等の被害があったとSNS上での訴えがございました。 この訴えの内容が事実であれば誠に遺憾であり、被害を訴えた方及びお客様にご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」 また、 「本ヒーローショーは、株式会社東京ドームが、株式会社東映エージエンシーに制作をお願いしているものであり、現在、当社としては事実関係の確認を進めているところでございます。 結果につきましては、あらためてお知らせする予定でございます」 と今後再度アナウンスすることも伝えた。 前出の同社広報担当は25日、この文書は女性の訴えについてのものであることを取材に認めている。 東映エージエンシーと東映もお詫び文を発表 東映エージエンシーも24日に公式サイトで、 「このたび、東映株式会社と当社が制作しております、東京ドームシティ シアターGロッソでのヒーローショーの運営におきまして、ハラスメント等の被害があったとSNS上での訴えがございました。 事実であれば誠に遺憾であり、現在、調査・確認に着手させていただいております。 被害を訴えた方、お客様及び株式会社東京ドームをはじめとする関係各社様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 確認結果につきましては、あらためてお知らせする予定でございます」 と同様に謝罪のうえ、確認中であることを発表した。 東映(本社・東京都中央区)も24日、冒頭を「このたび、株式会社東映エージエンシーと当社が制作しております...... 」として東映エージエンシーと同様の文書を発表している。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の

東京ドームシティのヒーローショーが熱い!素顔の戦士って?見所やチケット購入方法

東京 ドーム シティ ヒーロー ショー

ヒーローショーのお姉さんが告発したセクハラ内容 東京ドームアクアシティの「シアターGロッソ」で約1年間「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のお姉さん役を務めていた中山愛理さんが、受けたセクハラやパワハラの一部を抜粋しました。 ・挨拶は基本的に無視される ・握手会中に水をかけられる ・男性器のあだ名をつけられる ・すれ違いざまにお尻をもまれる ・避けられない空間で卑猥な質問をされる ・胸を触られる ・会社から「余計なことを言ったら仕事を振らない」と言われる ・「力不足だからもう来なくていい」と言われてそれきり連絡が途絶える このご時世にこれだけセクハラやパワハラをすれば処分されるのは当然ですが、中山さんは「どんな業界であれ次の世代のために変わらなければいけないと思っています」としており、この業界ではこのようなことが未だに行われ続けているようです。 この告発以降、シアターGロッソの公式Twitterにはセクハラの有無を問う声が多数寄せられています。 そして今月19日、東映は今回のセクハラ・パワハラ問題に関して公式サイトで最終調査結果を発表しました。 ヒーローショーセクハラ問題で6人処分 東映のサイトでは 「まず、被害を受けた方及びそのご家族に対し、SNS上で訴えなければならなくなるまでハラスメント等を防止することができず、不快な思いをさせ、多大なるご迷惑をおかけしましたこと、改めまして心よりお詫び申し上げます。 また、ヒーローショーを楽しみにしてくださるお客様、株式会社東京ドーム様をはじめとする関係各位に対し、多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」 と謝罪した上で 「SNS上での訴えの内容は概ね事実であることが確認できましたことをご報告いたします」 と報告。 関与していた者は株式会社東映エージエンシー社員1名、委託先の会社に所属するスタッフ等5名の計6名にのぼりました。 「今回の調査結果を受け、当社としては、ヒーローショーを制作する会社としての責任を重く痛感しております。 ハラスメント等に関与した株式会社東映エージエンシー社員1名に対しては、本来同社が委託先の会社に対してもハラスメント等が発生しないよう注意すべき立場であったことを踏まえ、同社の社内規定に基づき厳正な処分を行いました。 当該社員1名に関しては、今後のヒーローショーの制作にも関与させないことといたします。 また、委託先の会社に所属するスタッフ等に関しては、委託先の会社において、ハラスメント等の内容に応じた出演停止も含む厳正な処分を行いました」 と処分についても明らかにしています。 それにしても、今回の中山さんの告発は勇気ある行動だったと思います。 この告発によって、スタッフが匿名で相談出来る外部の通報窓口が設置されるようで、ヒーロー業界も変わりそうです。

次の