あど あす とら。 アドアストラ【映画】タイトルの意味や原作は?ブラピ初の宇宙の旅へ!

アド・アストラの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

あど あす とら

あらすじ [ ] 人類はに宇宙基地を建造し、の探査に乗り出している。 著名な宇宙飛行士クリフォード・マクブライドの息子であるロイ・マクブライド少佐は、優秀な宇宙飛行士となっていたが、16年前の父の事故死が切っ掛けとなり、他者と適切な関係を築くことができず、妻のイヴとも離婚していた。 ある日、地球は大規模なに覆われ、全世界で4万人超の犠牲者が発生する。 サージによる軌道施設の爆発事故を生き延びたロイは、アメリカ宇宙軍上層部に極秘に招集される。 宇宙軍は、16年前に連絡を絶ち、現在は付近に留まっているらしい探査計画「リマ」で用いられていた反物質装置がサージを引き起こしたものと推定する。 リマ計画のリーダーであったクリフォードも生存している可能性が強まり、息子であるロイをクリフォードへのメッセンジャーとする。 ロイは監視役であるプルーイット大佐と共に、サージの影響を免れた宇宙軍地下基地で、へのレーザー通信を試みることになる。 ロイとプルーイットは、民間機で密かに中継点のを目指す途中、クリフォードについて話す。 プルーイットはかつてクリフォードの同僚であったが、地球外生命体の存在を頑なに信じるクリフォードとは喧嘩別れに近い形に終わっていた。 月に到着したロイ達は、宇宙軍の警備の元、陸路で月の裏側にあるロケット発射基地を目指す。 国境線が確定しておらず、資源紛争の場と化している月面では国籍不明の略奪団が暴れまわっており、ロイ達も襲撃を受ける。 警備にあたったほとんどの兵が死亡し、プルーイットも負傷するが、ロイはかろうじて発射基地にたどり着く。 火星への道中、ケフェウスはSOSを発信していたノルウェーの実験船の救助を試みるが、船員たちは脱走した実験動物に殺害されており、移乗したケフェウスの船長もその犠牲となる。 更に火星への着陸寸前には、またもサージに襲われ、手動着陸を余儀なくされる。 ようやく火星基地にたどり着いたロイは父への通信を繰り返すが、応答はない。 最初のうちは軍が用意した原稿を読んでいたロイだが、やがてこらえきれずに自分の言葉で父への想いを伝える。 直後、ロイは軍の担当者から不安定な心理状態を指摘され、任務を解かれる。 何も教えられずに地球帰還を待つ身となったロイに、火星基地の責任者でありながら蚊帳の外に置かれていたヘレン・ラントスが接触し、ケフェウスには核爆弾が積み込まれており、海王星へ向けての発進が決まったことを伝える。 更にヘレンは16年前にクリフォードから送られてきた極秘通信を見せる。 ステーションでは長期の宇宙生活で精神を病み、地球帰還を求める者たちの反乱がおこり、クリフォードはヘレンの両親も含めた無実の乗組員を巻き添えにする形で彼らを殺害していた。 軍は一連の状況を把握しつつ、対外的な印象のためにリマ計画が音信不通になったと偽っていたのである。 ロイはヘレンの手助けで発進直前のケフェウスに無理やり乗り込むが、司令部からロイの排除命令を受けた乗組員たちと争いになり、結果的に彼ら全員を死に追いやってしまう。 たった一人で70日を超える航海に臨む羽目になったロイは、これまで拒絶してきた「他人」が存在しない環境の寂しさに悩まされる。 やがてロイは海王星付近のリマ計画宇宙ステーションにたどり着き、唯一の生存者となっていたクリフォードと再会する。 サージの発生原因は、最後に地球帰還を試みた一団が暴走させてしまったステーションの反物質装置であると聞く。 クリフォードは装置の修理を試みつつ地球外生命体の痕跡を調査し続けていたが、どちらも達成できなかった。 リマ計画を失敗という形で終わらせたくないクリフォードは、研究データを回収して地球に帰ろうとするロイの説得を拒否し、1人宇宙空間の彼方へ飛び去る。 ロイはステーションを破壊する核爆弾の衝撃波をケフェウスの推進力とし、地球へ帰還する。 かけがえのない存在であった父との決別と、かつて父が辿った孤独な旅の経験は、ロイ自身の心境を大きく変える。 自らと父を追い詰めた「他人との繋がりの欠如」を克服するべく、ロイはイヴと再会する。 ロイ・マクブライド: () - 宇宙飛行士• H・クリフォード・マクブライド: () - ロイの父• ヘレン・ラントス: ()• イヴ・マクブライド: () - ロイの妻• トーマス・プルーイット大佐: ()• ロレイン・ディーヴァース: ()• ドナルド・スタンフォード: ()• ローレンス・タナー大尉: ()()• ウィリー・レヴァント: ()()• フランクリン・ヨシダ: ボビー・ニッシュ()• ヴォーゲル副将軍: ()• ストラウド准将: ()• リヴァス中将: ()• チップ・ガーンズ: ()• ターニャ・ピンカス: () 製作 [ ] 2016年5月12日、グレイはで『 Ad Astra』の監督・脚本を務める計画を発表した。 2017年4月、『』のプロモーション中にグレイは『 Ad Astra』のストーリーをの『』と比較した。 また2017年7月17日に撮影開始予定であることを明かした。 2017年4月10日、グレイはの出演を明かした。 6月、が行方不明となったピットのキャラクターの父親役にキャスティングされた。 8月、、、、がキャストに加わった。 2017年8月、がで始まった。 公開 [ ] 配給で2019年1月11日に公開される予定だったが 5月24日に延期され 、のちに再度延期され同年9月20日全米公開予定となった。 オープニング興収は約1920万ドルで2位デビュー。 評価 [ ] 本作は批評家から好意的に評価されている。 5点となっている。 参考文献 [ ]• 2019年11月9日閲覧。 2019年11月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年12月23日. 2019年12月23日閲覧。 Lang, Brent 2016年5月12日. Variety Media, LLC. 2017年6月24日閲覧。 2017年4月10日. 2017年6月24日閲覧。 Chitwood, Adam 2017年4月10日. Collider. 2017年9月5日閲覧。 Jr, Mike Fleming 2017年6月23日. Deadline. 2017年6月24日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年10月19日閲覧。 2017年10月19日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年10月19日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年10月19日閲覧。 Santa Clarita Valley Signal. 2017年8月21日. 2017年8月28日閲覧。 SCVTV. com. 2017年8月21日. 2017年8月28日閲覧。 Variety 2017年9月14日. 2018年4月7日閲覧。 2018年12月23日閲覧。 Deadline. 2019年6月21日閲覧。 com. 2019年11月10日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - プレイリスト.

次の

アド・アストラ : 作品情報

あど あす とら

ロイ・マグブライドは地球外知的生命体の探求に人生を捧げた英雄の父を見て育ち、自身も宇宙飛行士の仕事を選んだ。 しかし、その父は地球外生命体の探索に出た船に乗ってから16年後、43億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となった。 日々命がけで働くロイに、ある日、父親が生きていると告げられる。 「アド・アストラ」の解説 地球から43億キロ離れた太陽系の彼方で消息を絶った父が生きていた。 危険な実験を抱えたまま…。 父の謎を追う本格スペース・アクション。 主人公ロイ・マグブライドを演じるのは、世界的人気俳優ブラッド・ピット。 その父親役を、オスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズが演じる。 監督は『エヴァの告白』『ロスト・シティZ 黄金都市』のジェームズ・グレイ。 (作品資料より) P. 「それは、在る、愛。 『コンタクト』『インターステラ』などに続く、源へ、光である星々へ、つまり、愛への回帰。 科学と精神世界の融合。 この宇宙に貫く法則があるように、任務に忠実な主人公は、無知と恐怖を象徴する乗組員とは対照的。 変化する森羅万象は、拒む者に容赦ないが、変化と共にある者には祝福である。 知的探求の象徴である尊敬する父、それが、何ももたらさないと知り、息子へ委ねる。 知的探求の旅を終え、主人公は、愛に、触れ、目の前にある真実を生きる。 覚者は、 旅立つ前に、愛する人を愛し 帰還後には、愛する人を愛する そこに在る、愛。

次の

アド・アストラの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

あど あす とら

あらすじ [ ] 人類はに宇宙基地を建造し、の探査に乗り出している。 著名な宇宙飛行士クリフォード・マクブライドの息子であるロイ・マクブライド少佐は、優秀な宇宙飛行士となっていたが、16年前の父の事故死が切っ掛けとなり、他者と適切な関係を築くことができず、妻のイヴとも離婚していた。 ある日、地球は大規模なに覆われ、全世界で4万人超の犠牲者が発生する。 サージによる軌道施設の爆発事故を生き延びたロイは、アメリカ宇宙軍上層部に極秘に招集される。 宇宙軍は、16年前に連絡を絶ち、現在は付近に留まっているらしい探査計画「リマ」で用いられていた反物質装置がサージを引き起こしたものと推定する。 リマ計画のリーダーであったクリフォードも生存している可能性が強まり、息子であるロイをクリフォードへのメッセンジャーとする。 ロイは監視役であるプルーイット大佐と共に、サージの影響を免れた宇宙軍地下基地で、へのレーザー通信を試みることになる。 ロイとプルーイットは、民間機で密かに中継点のを目指す途中、クリフォードについて話す。 プルーイットはかつてクリフォードの同僚であったが、地球外生命体の存在を頑なに信じるクリフォードとは喧嘩別れに近い形に終わっていた。 月に到着したロイ達は、宇宙軍の警備の元、陸路で月の裏側にあるロケット発射基地を目指す。 国境線が確定しておらず、資源紛争の場と化している月面では国籍不明の略奪団が暴れまわっており、ロイ達も襲撃を受ける。 警備にあたったほとんどの兵が死亡し、プルーイットも負傷するが、ロイはかろうじて発射基地にたどり着く。 火星への道中、ケフェウスはSOSを発信していたノルウェーの実験船の救助を試みるが、船員たちは脱走した実験動物に殺害されており、移乗したケフェウスの船長もその犠牲となる。 更に火星への着陸寸前には、またもサージに襲われ、手動着陸を余儀なくされる。 ようやく火星基地にたどり着いたロイは父への通信を繰り返すが、応答はない。 最初のうちは軍が用意した原稿を読んでいたロイだが、やがてこらえきれずに自分の言葉で父への想いを伝える。 直後、ロイは軍の担当者から不安定な心理状態を指摘され、任務を解かれる。 何も教えられずに地球帰還を待つ身となったロイに、火星基地の責任者でありながら蚊帳の外に置かれていたヘレン・ラントスが接触し、ケフェウスには核爆弾が積み込まれており、海王星へ向けての発進が決まったことを伝える。 更にヘレンは16年前にクリフォードから送られてきた極秘通信を見せる。 ステーションでは長期の宇宙生活で精神を病み、地球帰還を求める者たちの反乱がおこり、クリフォードはヘレンの両親も含めた無実の乗組員を巻き添えにする形で彼らを殺害していた。 軍は一連の状況を把握しつつ、対外的な印象のためにリマ計画が音信不通になったと偽っていたのである。 ロイはヘレンの手助けで発進直前のケフェウスに無理やり乗り込むが、司令部からロイの排除命令を受けた乗組員たちと争いになり、結果的に彼ら全員を死に追いやってしまう。 たった一人で70日を超える航海に臨む羽目になったロイは、これまで拒絶してきた「他人」が存在しない環境の寂しさに悩まされる。 やがてロイは海王星付近のリマ計画宇宙ステーションにたどり着き、唯一の生存者となっていたクリフォードと再会する。 サージの発生原因は、最後に地球帰還を試みた一団が暴走させてしまったステーションの反物質装置であると聞く。 クリフォードは装置の修理を試みつつ地球外生命体の痕跡を調査し続けていたが、どちらも達成できなかった。 リマ計画を失敗という形で終わらせたくないクリフォードは、研究データを回収して地球に帰ろうとするロイの説得を拒否し、1人宇宙空間の彼方へ飛び去る。 ロイはステーションを破壊する核爆弾の衝撃波をケフェウスの推進力とし、地球へ帰還する。 かけがえのない存在であった父との決別と、かつて父が辿った孤独な旅の経験は、ロイ自身の心境を大きく変える。 自らと父を追い詰めた「他人との繋がりの欠如」を克服するべく、ロイはイヴと再会する。 ロイ・マクブライド: () - 宇宙飛行士• H・クリフォード・マクブライド: () - ロイの父• ヘレン・ラントス: ()• イヴ・マクブライド: () - ロイの妻• トーマス・プルーイット大佐: ()• ロレイン・ディーヴァース: ()• ドナルド・スタンフォード: ()• ローレンス・タナー大尉: ()()• ウィリー・レヴァント: ()()• フランクリン・ヨシダ: ボビー・ニッシュ()• ヴォーゲル副将軍: ()• ストラウド准将: ()• リヴァス中将: ()• チップ・ガーンズ: ()• ターニャ・ピンカス: () 製作 [ ] 2016年5月12日、グレイはで『 Ad Astra』の監督・脚本を務める計画を発表した。 2017年4月、『』のプロモーション中にグレイは『 Ad Astra』のストーリーをの『』と比較した。 また2017年7月17日に撮影開始予定であることを明かした。 2017年4月10日、グレイはの出演を明かした。 6月、が行方不明となったピットのキャラクターの父親役にキャスティングされた。 8月、、、、がキャストに加わった。 2017年8月、がで始まった。 公開 [ ] 配給で2019年1月11日に公開される予定だったが 5月24日に延期され 、のちに再度延期され同年9月20日全米公開予定となった。 オープニング興収は約1920万ドルで2位デビュー。 評価 [ ] 本作は批評家から好意的に評価されている。 5点となっている。 参考文献 [ ]• 2019年11月9日閲覧。 2019年11月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年12月23日. 2019年12月23日閲覧。 Lang, Brent 2016年5月12日. Variety Media, LLC. 2017年6月24日閲覧。 2017年4月10日. 2017年6月24日閲覧。 Chitwood, Adam 2017年4月10日. Collider. 2017年9月5日閲覧。 Jr, Mike Fleming 2017年6月23日. Deadline. 2017年6月24日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年10月19日閲覧。 2017年10月19日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年10月19日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2017年10月19日閲覧。 Santa Clarita Valley Signal. 2017年8月21日. 2017年8月28日閲覧。 SCVTV. com. 2017年8月21日. 2017年8月28日閲覧。 Variety 2017年9月14日. 2018年4月7日閲覧。 2018年12月23日閲覧。 Deadline. 2019年6月21日閲覧。 com. 2019年11月10日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - プレイリスト.

次の