エキサイトモバイル デメリット。 評判悪い?Y!mobile(ワイモバイル)歴1年の私がデメリット3つとメリット7つ解説!

格安スマホ歴3年の私がおすすめするエキサイトモバイルの評判と魅力

エキサイトモバイル デメリット

この記事の見出し(ジャンプできます)• エキサイトモバイルとは? エキサイトモバイルは、ドコモ回線の格安SIMです。 ドコモから回線帯域の一部を借りて運営しているので、ドコモ端末やSIMフリー端末で利用できます。 エキサイトモバイルは大手インターネット系サービス会社のエキサイトが手がけている格安SIMで、BB. exciteモバイルLTEの後継的存在です。 格安SIMの中には契約が可能な店舗を運営しているものも多数存在していますが、エキサイトモバイルはウェブサイト上での契約手続きのみを採用しています。 エキサイトモバイルの料金プラン エキサイトモバイルは、格安SIMの中でも珍しい従量課金制のプランを展開しています。 通常の定額プランもありますので、その辺りを解説します。 また各コース3枚のSIMで高速データ容量をシェアできます。 最適料金プラン(従量課金制) こちらは使った分だけ料金が追加されていきます。 使い切っても使い切らなくても同じ料金がかかります。 使い切った場合には速度制限で低速になります。 エキサイトモバイルは比較的独自性の強い格安SIMで、特に最適料金プランの存在は見逃せません。 最適料金プランで毎月の通信量の変化に対応できるのが好評 エキサイトモバイル以外にFREETEL SIMでも重要課金のプランは存在しましたが、FREETELは数GB単位で料金が変動していくのに対してエキサイトモバイルは1GBずつ料金が上がります。 またFREETEL SIMは、既に楽天モバイルに引き継がれることが確定済み。 今後プラン等がどうなっていくかわかりません。 またエキサイトモバイルは端末を安く販売するキャンペーンが行われたり、端末の販売価格自体も安かったりします。 例えばMate 9というAndroidスマートフォンは、楽天モバイルだと60,800円 税抜 で販売中。 しかしエキサイトモバイルなら49,800円 税抜 と、1万円以上も安く売られています。 エキサイトモバイルの端末販売は各地でも好評。 安く買えることは、ユーザーにとってありがたいことですね。 何か欲しい端末があった場合、エキサイトモバイルを覗いてみると意外と安く販売されていることがあります。 定期的に覗いてみると良いでしょう。 ちなみにエキサイトモバイルでは端末を一括購入と24回払いの分割購入が選べるので、 一括購入する予算がない方でも安心して端末を購入できますよ。 定額プランは幅広く、最大50GBまで契約可能 エキサイトモバイルで契約できる定額プランは、1GBや3GBなど基本的な容量に加えて20、30、40、50GBといった大容量プランも選べます。 大容量プランはそれだけ月額料金も高額になってしまうことに注意が必要ですが、用途に合わせて通信量を選べるのは嬉しいですね。 11~15GB使う月もある人には、ちょっと厳しい仕様だね。 また定額プランなら20GBや50GBなど、さらなる大容量も利用可能。 月によってはここまで使う人にとっても、1枚プランの場合最大10GBなのは不便に感じられるでしょう。 ただし20GB~50GBとなるとうっかり使いすぎたときに最悪料金を支払えない人も出てきてしまうと考えられるので、それを考えると最適料金プランが最大15GBなのは使いすぎを防げるメリットとも言えます。 音声通話対応SIMの最低利用期間や違約金がちょっと厳しめの設定 エキサイトモバイルで音声通話対応SIMを契約する場合、「開通月の翌月から12ヶ月間内」に解約すると解約事務手数料9,500円 税抜 が発生します。 「開通月の翌月から12ヶ月間」という設定がちょっとわかりづらいですし、解約事務手数料も税込みで1万円を超えるので高額です。 他社からエキサイトモバイルに乗り換える場合は、最低利用期間を過ぎてから解約・MNP転出を行うようにしましょう。 通信速度の評判は賛否両論 エキサイトモバイルは、通信速度の評判が賛否両論です。 主に使用する時間帯によって、利用者の満足度が違っていますね。 ドコモから回線帯域の一部を借りて運営しているため、回線が混雑すると速度が下がってしまうデメリットを抱えています。 例えば平日のお昼や夜のように、休憩や仕事終わりで利用者が多い時間帯は速度が下がりやすく、利用者から速度に対して不満を持たれる傾向にあります。 一方朝やお昼過ぎ、深夜といった利用者の少ない時間帯にエキサイトモバイルを使っている人からは、速度が好評でした。 エキサイトモバイルを検討している方は、自分が回線混雑で速度が遅くなりがちな時間帯にどれくらいスマホを使うか考えてみて、契約を検討してみた方が良いでしょう。 まとめ 今回は、エキサイトモバイルのメリット・デメリットや注意点を解説しました。 独特な最適料金プランがあるなどメリットは豊富ですが、通信速度の不安定さや最低利用期間の長さなどには注意が必要ですね。

次の

エキサイトモバイルの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、従量制プランの格安SIM

エキサイトモバイル デメリット

エキサイトモバイルの評判は? SNSや様々な口コミサイトを見てもエキサイトモバイルの評判はどれも似たようなものが多いですね。 中でもエキサイトモバイルの特徴として挙げられていたの選べる料金体系でした。 通常の格安SIMはデータ容量によって料金が変わってくるのですが、そのプランとは別に 従量制のプランがあるというのがエキサイトモバイルのいい評判としてよく書かれています。 また、エキサイトモバイルで選べるデータ容量が細かく区切られているのも評判がいいようです。 ただ、それ以上にエキサイトモバイルのメリットとして 「高速通信利用時の3日間の通信制限がない」ということ。 つまり、契約している通信量の上限に達するまでは快適に使い続けられるんです。 私は今でも、たまにまとめて動画を見たときなど意図せぬ通信制限になることがあるのですがそれがないというのはとっても嬉しいですね。 ただ、低速通信利用時はデータ消費がゼロになる反面、3日間の通信制限が発生しますので注意してください。 エキサイトモバイルのデメリット やっぱり昼間は遅い これはエキサイトモバイルのデリットというか、格安スマホ全体に言えることなので仕方ないですが 平日昼間の通信速度が遅いんです。 だいたい、下り1mbps出るか出ないかといったところ。 体感的にはTwitterやメールなどテキスト情報だけだとなんとか使えるけどGoogle Mapや画像の多いサイト、SNSは表示するのに時間がかかりストレスに感じることが多くなります。 アプリがない 多くのMVNOはサービスの利便性向上のためアプリを提供しています。 主にデータ残量の確認や追加データ量の購入などに使われるのですが、エキサイトモバイルはアプリの提供がありません。 なので、自らデータ残量を確認しようと思うとエキサイトモバイル マイページにログインして見ないといけないという手間がかかります。 メールでの通知もしていないようなので、今のところはマイページでの確認のみとなっているようです。 エキサイトモバイルの料金プランについて ここではエキサイトモバイルの料金プランについて詳しくご説明します。 一般的なMVNOと違ってデータ量が固定されている「定額プラン」と使った分だけ料金が変わる「最適料金プラン」があるので、今の毎月のデータ使用量によってぴったりなプランを選んでください。 エキサイトモバイルの最適料金プラン 高速データ通信の使用量によって毎月料金が変わります。 あまり使わない月、よく使った月。 それぞれに応じて最適な価格でエキサイトモバイルを使うことができるので余分な支出を抑えて節約したい人におすすめです。 高速データ通信量 月あたり コース 1枚コース 3枚コース 低速通信のみ 500円 — ~100MB — 1,050 円 ~500MB 630 円 1,100 円 ~1GB 660 円 1,180 円 ~2GB 770 円 1,340 円 ~3GB 880 円 1,550 円 ~4GB 1,150 円 1,780 円 ~5GB 1,450 円 1,890 円 ~6GB 1,600 円 1,950 円 ~7GB 1,900 円 2,100 円 ~8GB 2,120 円 2,190 円 ~9GB 2,200 円 2,380 円 ~10GB 2,380 円 2,540 円 ~11GB — 2,830 円 ~12GB — 3,100 円 ~13GB — 3,450 円 ~14GB — 3,790 円 ~15GB — 3,980 円 エキサイトモバイルの定額プラン 格安スマホでオーソドックスなデータ量に応じた料金プランです。 いま使っているデータ量に近いものを選べばまちがいないでしょう。 定額プランでは使い切れなかったデータ量は翌月に繰り越せるので使わない月があっても有効に活用できます。 大手キャリアからすると通話料が高く感じますが、格安スマホの中では標準的な通話料となっています。 しかし、最近の格安スマホで提供され始めている 5分かけ放題のようなサービスはエキサイトモバイルでは提供されていません。 ですので、どうしても電話回線での通話をよく使うんだ、という方にはエキサイトモバイルはおすすめできません。 ただ最近はskypeやLINE通話といったインターネット回線を使った電話を利用することが多いと思うのでそれほどのデメリットではないかもしれません。 ですので各種問い合わせはインターネットもしくは電話窓口で行うことになります。 とはいえ、MNPの手順などは詳細に記載されているため、順を追って設定や申込みを行えばサポートに連絡することはほぼないと思われます。 エキサイトモバイルの支払い方法は? クレジットカード払いのみとなっています。 SIM及びオプションについては一括払い。 端末は一括払いに加えて分割払いが選択できます。 詳しくはエキサイトモバイル公式ページをご参照ください。 あまったデータ容量は繰り越せる? 定額プランに設定されているデータ量のうち、消費されなかった高速データ通信量については翌月に自動で繰越されます。 繰り越されるのはプランのデータ量のみで追加でチャージしたデータ量については繰り越しされません。 また、最適料金プランの場合も繰り越しがないのでご注意ください。 エキサイトモバイルのキャッシュバックなどキャンペーン情報 おすすめの格安SIMピックアップ• auで格安SIMなら【UQモバイル】 こんな記事も読まれてます• 格安SIMの速度測定のために、SIMカードが2枚入れることができるAterm MR04LNを利用していますが、ふと疑問が浮かびました。... そろそろガラケーから格安スマホに乗り換えようかなと思っているけど・・・ よくわからない!... いままで、UQモバイルにて無料WiFiのオプションがあることは知っていたのですがなかなか使う機会がありませんでした。 しかし先日、いつも持ち歩いているWiMAXの電波が届かない場所で持ってきているSIMカードがすべて速度制限かかっているといるというデータ容量難・・・... スマホ代を節約するのに、WiMAXなどのモバイルWiFiを併用すれば毎月の通信費が節約できます。 とは一概に言えません。...

次の

LINEモバイルとエキサイトモバイルを6項目で徹底比較!最適な方に一番お得な契約方法まで丸わかり!

エキサイトモバイル デメリット

エキサイトモバイルの料金プランとオプション エキサイトモバイルには、「最適料金プラン」と「定額プラン」という2種類の料金プランがあります。 使った分だけ支払う 最適料金プラン 「最適料金プラン」は、実際に使った高速データ容量に応じて、その月の料金が決まります。 「月によってデータ使用量にバラつきがある」という人におすすめのプランです。 月間データ容量 データのみ データ+音声通話 低速通信のみ 500円 1,200円 ~500MB 630円 1,330円 ~1GB 660円 1,360円 ~2GB 770円 1,470円 ~3GB 880円 1,580円 ~4GB 1,150円 1,850円 ~5GB 1,450円 2,150円 ~6GB 1,600円 2,300円 ~7GB 1,900円 2,600円 ~8GB 2,120円 2,820円 ~9GB 2,200円 2,900円 ~10GB 2,380円 3,080円• データ通信専用SIM…データ通信だけのSIMで、音声通話ができません。 音声通話機能付きSIM…データ通信に加え、音声通話もできるSIMです。 「ネットも通話も」という、今までのキャリアスマホと同じ使い方がしたいならこちらを選んでください。 10GBを超えて使用した場合、200kbpsの速度制限がかかります。 高速データ通信量の上限を選ぶ 定額プラン 三大キャリアでもおなじみの定額プランです。 ひと月に使う高速データ通信量をあらかじめ決めておくことで、毎月定額で使えます。 他社ではあまりない40GBや50GBといった大容量プランも用意しています。 月間データ容量 データのみ データ+音声通話 低速通信のみ 650円 1,350円 1GB 670円 1,370円 2GB 770円 1,470円 3GB 900円 1,600円 4GB 1,170円 1,870円 9GB 2,250円 2,950円 20GB 3,980円 4,680円 30GB 5,980円 6,680円 40GB 7,980円 8,680円 50GB 10,180円 10,880円• 既定の容量を超えて使用した場合、200kbpsの速度制限がかかります。 使いきれなかったデータ容量は、1ヶ月だけ繰り越せます。 家族で使うならSIM3枚コースがおすすめ 家族みんなで乗り換えを検討している場合、SIM3枚コースがおすすめです。 1契約で最大5枚のSIMを使用することができます。 最適料金プラン SIM3枚コース 利用しているすべてのSIMのデータ通信量合算値で月額料金が決まります。 3枚ともデータ通信専用SIMの場合と3枚とも音声通話機能付きSIMの場合の料金をまとめました。 月間データ容量 データのみ データ+音声通話 ~100MB 1,050円 3,150円 ~500MB 1,100円 3,200円 ~1GB 1,180円 3,280円 ~2GB 1,340円 3,440円 ~3GB 1,550円 3,650円 ~4GB 1,780円 3,880円 ~5GB 1,890円 3,990円 ~6GB 1,950円 4,050円 ~7GB 2,100円 4,200円 ~8GB 2,190円 4,290円 ~9GB 2,380円 4,480円 ~10GB 2,540円 4,640円 ~11GB 2,830円 4,930円 ~12GB 3,100円 5,200円 ~13GB 3,450円 5,550円 ~14GB 3,790円 5,890円 ~15GB 3,980円 6,080円• 15GBを超えて使用した場合、200kbpsの速度制限がかかります。 例えば、ひと月に 父:1枚目音声通話機能付きSIM 1. 5GB 母:2枚目音声通話機能付きSIM 2. 2GB 子:3枚目音声通話機能付きSIM 3. 2GB と使用した場合、1. 5GB+2. 2GB+3. 2GB=6. 9GB で、7GBの月額料金が適用されます。 定額プランのSIM3枚コース それぞれのSIMごとに高速データ通信量が割り振られるのではなく、全SIMで高速データ通信容量を分け合います。 こちらも、3枚ともデータ通信専用SIMの場合と3枚とも音声通話機能付きSIMの場合の料金をまとめました。 月間データ容量 データのみ データ+音声通話 低速通信のみ 1,100円 3,200円 1GB 1,260円 3,360円 2GB 1,450円 3,550円 3GB 1,680円 3,780円 4GB 1,980円 4,080円 9GB 2,460円 4,560円 20GB 4,480円 6,580円 30GB 6,580円 8,680円 40GB 8,580円 10,680円 50GB 10,680円 12,780円• 既定の容量を超えて使用した場合、200kbpsの速度制限がかかります。 使いきれなかったデータ容量は、1ヶ月だけ繰り越せます。 その他料金まとめ• 新規契約手数料:3,000円(新規契約時のみ)• SIM追加手数料:3,000円(初回申し込み以外で追加SIMを申し込んだとき)• ユニバーサルサービス料金:なし(料金に含む)• 端末代:選んだ端末に応じて• MNP転出手数料:3,000円(他社にMNPで転出するときのみ) 便利なオプション• 音声通話プランは無料• 通話料節約には、LINEやSkypeなどのアプリを利用した通話や、楽天でんわ、G-Callなど通話料金が安くなるアプリの利用がおすすめです。 プランの途中変更 契約後、料金プランを変更したくなった場合、月に1回であれば、手数料無料で変更可能です。 エキサイトモバイル公式サイトのマイページから手続きができ、翌月から新プランが適用されます。 三大キャリアとの料金比較・シミュレーション エキサイトモバイルに乗り換えたら、三大キャリアの場合からどれだけ安くなるのか、実際の例を挙げてみました。 三社とも乗り換え条件は以下の通りです。 単独使用(家族割などの使用なし)• 5GBプラン• 端末代を払い終わったタイミングで乗り換え ドコモから乗り換えの場合 乗り換え前 ドコモの5GBプラン、iPhone 7(32GB)使用 毎月の支払い額:7,400円 (内訳)• 5GBのデータMパック5,000円• カケホーダイライト2年契約1,700円• spモード300円• 端末代金400円 乗り換え後 エキサイトモバイルの最適料金プランSIM1枚コース、iPhone 7使用(そのまま使用) 毎月の支払い額:2,150円~ (内訳)• ~5GB使った場合の基本料金1,450円• 音声通話機能オプション700円• 端末代金なし• プラス通話料を使った分だけ! auから乗り換えの場合 乗り換え前 auの5GBプラン、iPhone 7(32GB)使用 毎月の支払い額:7,980円 (内訳)• auピタットプランスーパーカケホで5GBまで利用2年契約6,480円• 端末代金2,500円• ビッグニュースキャンペーン1年間1,000円引き 乗り換え後 エキサイトモバイルの最適料金プランSIM1枚コース、iPhone 7使用(そのまま使用) 毎月の支払い額:2,150円~ (内訳)• ~5GB使った場合の基本料金1,450円• 音声通話機能オプション700円• 端末代金なし• プラス通話料を使った分だけ! ソフトバンクから乗り換えの場合 乗り換え前 ソフトバンクの5GBプラン、iPhone 7(32GB)使用 毎月の支払い額:7,417円~ (内訳)• データ定額5GB5,000円• スマ放題ライト2年契約1,700円• ウェブ使用料300円• 端末代金417円 乗り換え後 エキサイトモバイルの最適料金プランSIM1枚コース、iPhone 7使用(そのまま使用) 毎月の支払い額:2,150円~ (内訳)• ~5GB使った場合の基本料金1,450円• 音声通話機能オプション700円• 端末代金なし• プラス通話料を使った分だけ! エキサイトモバイルの最低利用期間 格安スマホ各社は「最低これだけの期間は利用してください」という最低利用期間を設けています。 エキサイトモバイルの最低利用期間は以下の通りです。 データ通信専用SIM:なし• 音声通話機能付きSIM:SIMを開通した月の翌月1日から12ヶ月間 エキサイトモバイルの解約事務手数料 最低利用期間内に解約した場合、9,500円の解約事務手数料がかかります。 ただし、最低利用期間を超えた後は、いつ解約しても手数料はかかりません。 エキサイトモバイルの通信速度 公式サイトに記載されている最大通信速度(下り)は375Mbpsです。 」という注釈がついています。 また、格安スマホの場合、利用が集中するランチタイムや夜は速度が低下する傾向にあるので、実際に時間帯別に速度測定したデータをまとめました。 ぜひ参考にしてください。 ランチタイムや夜間には2Mbps台まで低下しますが、WEB閲覧やYouTubeでの中画質の動画再生であれば、問題なく利用できる速度が出ています。 この時間帯にも、高画質動画を楽しみたい人や、常にさくさく使いたい!という人にはWi-Fiの併用がおすすめです。 ちなみに… モバイルWi-Fiがあれば、自宅だけでなく外出先でも高速データ通信が可能になります。 モバイルWi-Fiについて詳しく知りたい人は、を読んでみてください。 通信速度に関する便利な機能 エキサイトモバイルには、通信速度に関して、申し込み不要で使える便利な機能があります。 うまく利用すれば、高速通信データ量を減らすことができ、月額料金の節約にもつながります。 いずれもプランやコースに関わらず利用できます。 バースト機能 低速通信時でも、通信開始直後だけは高速通信ができる機能です。 テキストメインのサイトであれば、数秒で読み込みが完了するため、低速時でもストレスを感じることなく使用することができます。 低速(200kbps)で通信をしているときはデータ容量を消費しないため、容量を節約したいときは低速通信で、さくさくネットを楽しみたいときは高速通信でと、自由に使い分けができます。 ちなみに、使用環境にもよりますが、TwitterやLINEの無料通話、チャット、radikoなどのアプリは、200kbpsあれば十分使用できるとのデータもあります。 通信の切り替えは、エキサイトモバイルのWEBページから行えます。 「子供がネットを使いすぎないか心配」という場合は、子供の端末だけ低速通信に設定しておくと、使いすぎを防ぐこともできます。 ただし、低速データ通信の場合は、3日間で366MBのデータ容量制限があり、超過すると直近3日間 当日を含まない の通信量の合計が366MBを下回るまで、通信速度制限がかかります。 1人で使用している場合、ほとんど超過することはありませんが、家族2~5人で使用している場合、やや注意が必要です。 速度に関する口コミ評判 実際に使用しているユーザーの評判はどうなのでしょうか?エキサイトモバイルの速度に関する口コミをまとめました。 お昼には速度が落ちるが、WEBを見るには十分。 特段速いとは言わないけれど、遅くもない。 低速データ通信でも案外使える。 WEB閲覧くらいの使用であれば、どの時間帯でも満足の声が多いです。 また、サービスエリアの広いドコモ回線を使用していることもあり「どこにいてもつながりやすい」と評価する声が多く見られました。 エキサイトモバイルのSIMが使えるスマホ 今のスマホはそのまま使える? エキサイトモバイルはドコモ回線を使用しているので、ドコモのスマホなら、SIMを差し替えるだけで、そのまま使用可能です。 ドコモ以外のスマホを利用している人は、事前に現在契約している会社に連絡し、エキサイトモバイルに乗り換えても使用できるかを確認しましょう。 ドコモ以外のスマホでもSIMロック解除をすることで、引き続き使用できる可能性があります。 エキサイトモバイルでの動作確認済端末一覧は、で確認してください。 エキサイトモバイルのSIMサイズ SIMには3種類のサイズがあり、端末によって対応するサイズが異なります。 自分の端末に合ったSIMがあるかどうかも、重要なポイントです。 エキサイトモバイルで取り扱いのあるスマホ 現在、エキサイトモバイルは15種類以上の端末を取り扱っていますが、その中でも特に人気の機種と、最安価格で買える機種について表にまとめました。 エキサイトモバイルで人気のスマホ 機種名 (画像) メーカー 特長 端末料金 (分割払い) バッテリー 容量 カメラ画素数 ディスプレイ CPU 人気 人気 人気 最安 HUAWEI nova lite 2 HUAWEI Mate 10 Pro HUAWEI P10 lite GRAND X LTE HUAWEI HUAWEI HUAWEI BLU 手のひらサイズなのに 超ワイドディスプレイ 大容量バッテリー 耐水・防塵仕様 厚さ約7. 65インチ 約6. 0インチ 約5. 2インチ 約5. 最新の端末情報は、の「端末一覧」ページでご確認ください。 エキサイトモバイルの申し込み方法 実際にエキサイトモバイルに申し込むときの手順などをまとめました。 申し込みはネットから エキサイトモバイルの申し込みは、ネットからのみ可能です。 24時間いつでも、待ち時間なしで申し込みできます。 ネットでの申し込みは、プランなどを指示に従って入力していくだけなので、20分もあれば完了します。 申し込みに必要なもの• MNP番号(他社からMNPで転入する場合のみ)• 本人名義のクレジットカード• メールアドレス 新規の申し込みにはエキサイトIDが必要ですが、無料で登録が可能です。 申し込みの約1週間後にSIMが到着し、初期設定を行えばその日からスマホを使うことができます。 ちなみに、格安スマホの初期設定は、デジタルが苦手な私でも5分ほどでできる簡単なものです。 支払方法 支払方法は、クレジット払いのみです。 「まだ学生でクレジットカードを持っていないけれど、エキサイトモバイルにしたい!」という人は、クレジットカードを持っている両親や兄姉に声をかけ、一緒にSIM3枚プランを利用するのがおすすめです。 エキサイトモバイルのサポート体制 ここまで読んでみて「エキサイトモバイルに乗り換えたい!けど、初期設定やスマホ故障時のことが心配…」と思っている人のため、サポート体制について、まとめました。 店頭での相談• なし エキサイトモバイルは、WEBでのサービスに力を入れているため、実店舗は設けていません。 しかし、実店舗を設けていないからといって、サポート体制が整っていないわけではありません。 電話やメールでしっかりとサポートしてくれます。 電話相談• あり 電話のサポートセンターは、10時~18時(年末年始を除く)の間で相談を受け付けています。 土日祝も営業しているため、平日は仕事で連絡することができないという人も安心です。 フリーコールではないため、通話料金が発生します。 メール問い合わせ• あり メールで問い合わせを送ると、48時間以内にサポート担当者から返信がもらえます。 メール返信の丁寧さは高評価です。 私も実際に「この場合の料金はいくらになるの?」というような、ふとした疑問をメールで相談しましたが、とても丁寧に分かりやすく答えてくれました。 公式には48時間以内、となっていますがメールを送って1時間以内に返信が来ることが多く、対応も迅速です。 電話は時間帯によっては、なかなかつながらないこともあるので、ちょっとした疑問なら、メール問い合わせの利用をおすすめします。 メリット・デメリットから見るエキサイトモバイルが向いている人 最後に、エキサイトモバイルのメリット・デメリットを整理し、エキサイトモバイルが向いている人についてまとめました。 エキサイトモバイルのメリット• その月の高速データ通信使用量に応じて、毎月の料金が決まる「最適料金プラン」がある• 1契約で最大5枚のSIMが使用できる• バースト機能で低速通信時でもストレスが少ない エキサイトモバイルのデメリット• かけ放題オプションがない ただし、LINEなどのアプリを利用すれば、通話料を節約しながら電話ができます。 支払いがクレジットカードのみ ただし、1契約で最大5枚のSIMが使用できるので、家族内でクレジットカードを持っている人に代表して契約してもらうことができます。 エキサイトモバイルはこんな人におすすめ! 月によってデータ使用量が大きく異なる人 「最適料金プラン」を選べば、「動画をたくさん見た先月は7GB分」、「仕事が忙しくてほとんどネットを使わなかった今月は1GB分」などその月に使った分だけを支払えばいいので、ムダがありません。 3人以上の家族でスマホを使いたい人 「SIM3枚コース」なら、別々に契約するよりぐっと基本料金が抑えられます。 また、通信を低速に設定することで子供のスマホ使いすぎも管理できます。 まとめ エキサイトモバイルは、店舗を構えていないこともあり、格安スマホの中でもあまり知名度は高くありません。 しかし、「最適料金プラン」や「SIM3枚プラン」など他にはあまりないプランを展開し、他の格安スマホ会社との差別化を図っています。 特に月によってデータ使用量が大きく異なる人や家族3人以上で使用したい人には、ぴったりの格安スマホです。

次の