素早い 類語。 「迅速な対応」の意味・使い方・読み方・類語|メール/上司

素早いの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

素早い 類語

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

素早い 類語

「早速」の意味とは? 「早速」の意味は「行動や対応が素早いこと」 「早速」は「さっそく」と読み、「行動や対応が素早いこと」を意味する単語です。 すぐに取り掛かる・早い段階で行動することを「早速」と表現します。 「すぐに」「直ちに」「速やかに」などの意味で使うことのできる単語です。 なお、「早速」には、「さっそく」という読みの他「さそく」や「そうそく」という意味もありますが、先述の意味で使用する場合は「さっそく」と読むのが一般的です。 「早速」の使い方と例文 ビジネスメールでは「早速ですが」と本題・用件を切り出す ビジネスメールでは、挨拶文に続いて本題を切り出す際に「早速ですが」というフレーズをよく使用します。 「すぐに本題に入りますが」という意味もありますが、「起こし言葉」として、深い意味を持たない決まり文句と覚えておいても差し支えないでしょう。 早速ではございますが、現況についてご報告いたします。 早速ですが、先日の議事録を送付いたします。 なお、この「早速ですが」という表現は、メールに限らず口頭でも使用できます。 たとえば、プレゼンテーションの場などで「本日はお集まりいただきありがとうございます。 早速ですが、お手元の資料に沿って説明を始めさせていただきます」などといった使い方もよくある例です。 「早速のご対応・ご返信」と敬語でも使える表現 「早速」は「早速対応します」のように、自分の行動に対して使うこともできますが、相手の行動に対しても使うことができます。 この場合「早速」の後に続く言葉を敬語にすることで、失礼のない表現となります。 たとえば、「早速のご対応ありがとうございます」は、自分の依頼に対して素早く対応してくれたことへの感謝の意を伝える表現です。 また、(メールの返信に対して)「早速のご返信ありがとうございます」といった表現も、取引先とのメールでもよく目にします。 お忙しい中、早速ご対応いただき感謝申し上げます。 早速ご手配いただき、助かりました。 早速のお返事ありがとうございます。 なお、細かい点ですが、「早速ご対応いただき」とは言っても、「早速のご対応いただき」とは言いません。 「早速のご対応」という表現を使う場合は、「いただき」を使わず、「早速のご対応ありがとうございます」とします。 「早速取り掛からせていだたきます」もよく使うフレーズ ビジネスシーンでは「早速取り掛からせていただきます」というフレーズも大変便利です。 たとえば、取引先から仕事の依頼を受けた場合に「かしこまりました、早速取り掛からせていただきます」と返答すると、「すぐに対応します」という意味になり、良い印象を与えることができます。 他にも、「早速問い合わせてみます」「早速調べます」なども「すぐに対応する・行動する」という姿勢を伝えることのできるフレーズです。 「早速」の類語 「早々(そうそう)に」は「すぐに・急いで」の意味 「早々」は、「早々に(そうそうに)」と読む場合と「早々と(はやばやと)」と読む場合で意味が異なりますが、「早速」の類語としては「早々に」が挙げられます。 「早々に」とは、「すぐに・できるだけ早く」という意味です。 「新年早々に風邪をひいてしまった」というと、「新年になってすぐに風邪を引いた」という意味になります。 この「早々に」は、通常同僚あるいは部下など自分と同等以下の人にのみ使う表現ですが、すでに完了した行為に対しては目上の人にも使えるという特徴があります。 たとえば、「早々にお返事いただきありがとうございます」はOKですが、「早々にご対応ください」は失礼にあたるので注意が必要です。 なお、「早々と(はやばやと)」と読む場合には「急いで物事を行う」という意味があり「早々と帰宅する」などといった使い方が可能です。 「迅速」は「物事の進捗・行動が非常に速いこと」 「迅速(じんそく)」とは、「物事の進捗や行動が速いこと」を意味する単語です。 行動が素早いという意味では「早速」と似たニュアンスがありますが、「迅速」は「速」の字にもあるようにスピードが速い場合・スピード感を強調したい場合に用いる点が特徴です。 たとえば、「納期よりも3日も早く納品してくれた」という場合にはその対応スピードの速さに対して「迅速な対応」ということができるでしょう。 この「迅速」は自分の行為にも目上の人にも使える表現です。 迅速に対応します• 迅速なご対応ありがとうございます 「取り急ぎ」は異なるニュアンスの単語 「取り急ぎ、ご連絡しました」などに使われる「取り急ぎ」という表現は、「真っ先に・すぐに」といった意味がありますが、「早速」とは少しニュアンスが異なります。 「取り急ぎ」には、「急な事態に急ぐ」というニュアンスがあり、「細かいことは気にせず・準備は不十分だが・とにかく」という意味を含むのです。 そのため、特段急ぎではない用件に対し「取り急ぎ」と使うと準備不足の意味にとられることもあります。 「早急」は差し迫る様を含む単語 「早急(さっきゅう・そうきゅう)」とは、「非常に急ぐ様・差し迫っている様」という意味があり、「至急」と同様に急を要する場面で使用されます。 たとえば、「早急にご対応いただきありがとうございました」「早急なご対応のおかげで、無事、納期に間に合いそうです」などと使うことができます。 目上の人に対しては、すでに完了した事柄について使うことはできますが、「早急にお願いします」「早急に頼みます」といった使い方は「急いで」というニュアンスを含むため、失礼です。 「早速」の英語訳 「早速」は英語で「immediately」 英語で「早速」を意味する単語は「immediately」です。 「immediately」には、「すぐに・直ちに・早速」などの意味があります。 また、「promptly」も同様の意味を持つ単語です。 たとえば、日本語で言うところの「早速のご返信ありがとうございます」は、「Thank you for your prompt reply. 」と表現することができます。 また、「早速のご対応ありがとうございました」は、「I appreciate your prompt response. (早速のご対応に感謝します)」と表現することも可能です。 他にも「早速」のように「すぐに・迅速な」という意味の表現はいくつかあり、以下のように表すこともできます。

次の

素早い(すばやい)の類語・言い換え

素早い 類語

「早速」の意味とは? 「早速」の意味は「行動や対応が素早いこと」 「早速」は「さっそく」と読み、「行動や対応が素早いこと」を意味する単語です。 すぐに取り掛かる・早い段階で行動することを「早速」と表現します。 「すぐに」「直ちに」「速やかに」などの意味で使うことのできる単語です。 なお、「早速」には、「さっそく」という読みの他「さそく」や「そうそく」という意味もありますが、先述の意味で使用する場合は「さっそく」と読むのが一般的です。 「早速」の使い方と例文 ビジネスメールでは「早速ですが」と本題・用件を切り出す ビジネスメールでは、挨拶文に続いて本題を切り出す際に「早速ですが」というフレーズをよく使用します。 「すぐに本題に入りますが」という意味もありますが、「起こし言葉」として、深い意味を持たない決まり文句と覚えておいても差し支えないでしょう。 早速ではございますが、現況についてご報告いたします。 早速ですが、先日の議事録を送付いたします。 なお、この「早速ですが」という表現は、メールに限らず口頭でも使用できます。 たとえば、プレゼンテーションの場などで「本日はお集まりいただきありがとうございます。 早速ですが、お手元の資料に沿って説明を始めさせていただきます」などといった使い方もよくある例です。 「早速のご対応・ご返信」と敬語でも使える表現 「早速」は「早速対応します」のように、自分の行動に対して使うこともできますが、相手の行動に対しても使うことができます。 この場合「早速」の後に続く言葉を敬語にすることで、失礼のない表現となります。 たとえば、「早速のご対応ありがとうございます」は、自分の依頼に対して素早く対応してくれたことへの感謝の意を伝える表現です。 また、(メールの返信に対して)「早速のご返信ありがとうございます」といった表現も、取引先とのメールでもよく目にします。 お忙しい中、早速ご対応いただき感謝申し上げます。 早速ご手配いただき、助かりました。 早速のお返事ありがとうございます。 なお、細かい点ですが、「早速ご対応いただき」とは言っても、「早速のご対応いただき」とは言いません。 「早速のご対応」という表現を使う場合は、「いただき」を使わず、「早速のご対応ありがとうございます」とします。 「早速取り掛からせていだたきます」もよく使うフレーズ ビジネスシーンでは「早速取り掛からせていただきます」というフレーズも大変便利です。 たとえば、取引先から仕事の依頼を受けた場合に「かしこまりました、早速取り掛からせていただきます」と返答すると、「すぐに対応します」という意味になり、良い印象を与えることができます。 他にも、「早速問い合わせてみます」「早速調べます」なども「すぐに対応する・行動する」という姿勢を伝えることのできるフレーズです。 「早速」の類語 「早々(そうそう)に」は「すぐに・急いで」の意味 「早々」は、「早々に(そうそうに)」と読む場合と「早々と(はやばやと)」と読む場合で意味が異なりますが、「早速」の類語としては「早々に」が挙げられます。 「早々に」とは、「すぐに・できるだけ早く」という意味です。 「新年早々に風邪をひいてしまった」というと、「新年になってすぐに風邪を引いた」という意味になります。 この「早々に」は、通常同僚あるいは部下など自分と同等以下の人にのみ使う表現ですが、すでに完了した行為に対しては目上の人にも使えるという特徴があります。 たとえば、「早々にお返事いただきありがとうございます」はOKですが、「早々にご対応ください」は失礼にあたるので注意が必要です。 なお、「早々と(はやばやと)」と読む場合には「急いで物事を行う」という意味があり「早々と帰宅する」などといった使い方が可能です。 「迅速」は「物事の進捗・行動が非常に速いこと」 「迅速(じんそく)」とは、「物事の進捗や行動が速いこと」を意味する単語です。 行動が素早いという意味では「早速」と似たニュアンスがありますが、「迅速」は「速」の字にもあるようにスピードが速い場合・スピード感を強調したい場合に用いる点が特徴です。 たとえば、「納期よりも3日も早く納品してくれた」という場合にはその対応スピードの速さに対して「迅速な対応」ということができるでしょう。 この「迅速」は自分の行為にも目上の人にも使える表現です。 迅速に対応します• 迅速なご対応ありがとうございます 「取り急ぎ」は異なるニュアンスの単語 「取り急ぎ、ご連絡しました」などに使われる「取り急ぎ」という表現は、「真っ先に・すぐに」といった意味がありますが、「早速」とは少しニュアンスが異なります。 「取り急ぎ」には、「急な事態に急ぐ」というニュアンスがあり、「細かいことは気にせず・準備は不十分だが・とにかく」という意味を含むのです。 そのため、特段急ぎではない用件に対し「取り急ぎ」と使うと準備不足の意味にとられることもあります。 「早急」は差し迫る様を含む単語 「早急(さっきゅう・そうきゅう)」とは、「非常に急ぐ様・差し迫っている様」という意味があり、「至急」と同様に急を要する場面で使用されます。 たとえば、「早急にご対応いただきありがとうございました」「早急なご対応のおかげで、無事、納期に間に合いそうです」などと使うことができます。 目上の人に対しては、すでに完了した事柄について使うことはできますが、「早急にお願いします」「早急に頼みます」といった使い方は「急いで」というニュアンスを含むため、失礼です。 「早速」の英語訳 「早速」は英語で「immediately」 英語で「早速」を意味する単語は「immediately」です。 「immediately」には、「すぐに・直ちに・早速」などの意味があります。 また、「promptly」も同様の意味を持つ単語です。 たとえば、日本語で言うところの「早速のご返信ありがとうございます」は、「Thank you for your prompt reply. 」と表現することができます。 また、「早速のご対応ありがとうございました」は、「I appreciate your prompt response. (早速のご対応に感謝します)」と表現することも可能です。 他にも「早速」のように「すぐに・迅速な」という意味の表現はいくつかあり、以下のように表すこともできます。

次の