みんな で 早 押し クイズ 問題。 Quizletを使った、むらくも流「みんなで早押しクイズ」で強くなる(レートを上げる)方法!

【神アプリ】みんなで早押しクイズはアプリ最高峰の楽しさ【みんはや】

みんな で 早 押し クイズ 問題

過去問暗記から早押し練習まで!浦和高校「クイズ研究会」とは? 毎年夏に開催され、テレビ放送もされている「全国高等学校クイズ選手権」 以下、「高校生クイズ」 のエントリーが今年もスタート! この大会は、全国各地の高校生が二人1組でクイズに挑戦して、その頂点を決めるというもの。 昨年、この大会で3回めの優勝を手にしたのが、埼玉県の浦和高校「クイズ研究会」だ。 全35回の大会史上、3回の優勝歴をもつ高校はこの浦和高校と、東京の開成高校だけ! 浦和高校クイズ研究会には、現在17名が在籍しており、毎日放課後に自主的に集まって活動しているという。 でも、クイズ研究会って一体どんなことをするんだろう…? さっそく、浦和高校へ行ってみることに! 早押し練習から過去問の暗記まで! まずは、活動内容を顧問の武藤和孝先生に聞いた。 「クイズ研究会は、『高校生クイズ』に出場するため、23年前に生徒によって作られた愛好会です。 当初は『高校生クイズ』への出場が目的でしたが、現在は、中学生から大学生までが出場できる『abc』という大会や、近隣の高校のクイズ研究会が集まって開催している『例会』など、さまざまなクイズ大会に出場しています。 各大会で好成績を残すため、日々練習を積んでいるんですよ」 教室では、生徒たちが「ピポン!」と鳴る本格的なボタンを使って早押しクイズの練習中! 日本一というだけあって、みんなものすごいスピードで問題に答えている! 「ぼくたちの活動の大半は、早押しクイズの実践練習です。 クイズ研究会には、過去にいろんなクイズ大会で出題された問題集がたくさんあるんですよ。 その中から1日につき400問程度を出題して、ひたすら解答しています。 『高校生クイズ』や『abc』などの大会では、問題の9割が過去問から出題されるので、毎日解き続けて、問題文と答えを暗記することが大事なんです。 優勝を争う強豪校の間では、正解がわかっているのは当たり前。 早押しボタンをいかに早く押して解答権を得るかが勝敗のカギになるのだとか。 出るとしたら、どんな問題だろう」と常に考えているとか。 最初のころは、ほかの人に負けてばかりで解答権を得られなかったのが、問題を暗記したり、予想できるようになることで、確実に正解数が増えていくんです。 自分の努力の結果がすぐに出てくるので、どんどん突き詰めたくなります」 小久保くん 「クイズを通してたくさんの知識が身につくので、趣味が違う人や大人の方とでもコミュニケーションが取れることが、クイズの魅力だと思います。 実際、クイズ研究会では、スポーツや歴史など、いろんな話題で盛り上がっています」 2年生・勝川竜太朗くん 最後に、連覇がかかった今年の「高校生クイズ」で、ライバルとなる強豪校について聞いてみると、 「優勝回数が並んでいる開成高校ですね。 彼らは中高一貫校なので、中学生の時からクイズ研究部で活動しているんです。 実力やキャリアに差はありますが、絶対に負けたくないです!」 吉岡くん と熱い言葉が! 後日、彼らの想いを開成高校のクイズ研究部に伝えると、 「昨年は浦和に敗れて準優勝だったこともあり、ぼくらも手強いライバルだと思っています。 でも、ぼくらの先輩方は、優勝を逃した翌年から3連覇を成し遂げたという実績があります。 ぼくたちも今年こそは負けません!」 2年生・司馬部長 と気合十分! もうすでに、熱い戦いは始まっているようだ…! 高校生なら誰でもエントリーできる高校生クイズ。 彼らのような優勝争い…とまではいかなくても、夏の思い出にみんなで参加してみるのもいいかも?.

次の

Quizletを使った、むらくも流「みんなで早押しクイズ」で強くなる(レートを上げる)方法!

みんな で 早 押し クイズ 問題

ミッションクリアでポイントをゲット! 「みんはや」ではミッションを達成することによってポイントを獲得することが可能です。 現在のランクはホーム画面の左上より確認することが可能で、 あとどれくらい勝利すればランクが上がるかについても確認することができます。 なお、ランクは次のシーズンに入るごとにリセットされるようになっていますので、メンタルリセットして上位トップを目指しましょう! 「みんはや」の攻略やコツ ルールをきちんと理解しよう! 「みんはや」は1問正解すれば勝ち・・・というルールではありません。 ルールを知らずにテキトーに回答すると、痛いペナルティを受ける恐れがあるので、きちんとルールを理解して、万全な状態でクイズに挑むことをお勧めします。 クイズの中には自分のわからない問題が必ず出てきます。 クイズに正解してポイントを貯めるのも大事ですが、それを減らさずにキープすることもまた大事です。 分からない問題はあえてスルーして、大切なポイントの維持に専念するのも戦略の一手! 「クイズ履歴」を復習して知識を深める 「みんはや」には、ある種の救済措置として「これまで出てきたクイズの履歴」を確認することが可能です。 これにより、過去のクイズを復習して勉強することができます。 クイズ履歴を確認するには、ホーム画面右下の 📄アイコンをタップしてください。 履歴画面では最新10件のクイズが記録されており、 それらをタップすると、該当問題の答えを確認することができます。 ネットの遅延=早押しのチャンスが減る 「みんはや」では如何に他のプレーヤーよりも「早押し」できるかが大事です。 画面左下には 作問のガイドラインがあるので、しっかり読んで正しい問題を作るようにしましょう! まとめ いかがだったでしょうか? 2018年には流行アプリとして賞も受賞している 「みんはや」。 問題数は数えきれないくらいあることから、2020年からも大人気クイズアプリとして飛躍的に成長すること間違いなしですね。

次の

【答え付き】10%の人しか解けない超難問ひっかけクイズ|クイズ論〜知的好奇心の塊〜

みんな で 早 押し クイズ 問題

その年には流行った事や、会社のネタを問題にしたり、景品をめぐってチーム戦にしてみたりと、盛り上がりポイント盛りだくさんのクイズ大会の秘訣! 手っ取り早くて誰もが参加でき、みんなで楽しめる。 忘年会の最強余興のひとつともいえるのが、クイズだ。 クイズは酔った頭を刺激するばかりではなく、珍回答や名回答も飛び出し、なかなか楽しませてくれる。 全員参加型がキーポイント それでは忘年会で楽しめるクイズのポイントとはどんなことだろう?まずは全員をチームに分けて参加させる、いわゆる「全員参加型」が盛り上がる秘訣。 チーム内でワイワイ、回答でワイワイと賑やかになることは予想できる。 次に「クイズの内容」が重要だ。 時事ネタ、社会政治ネタのような堅いものから会社のエピソードや個人の暴露系まで、さまざまな要素を盛り込めばグッと内容も充実する。 最後に景品。 これは予算もあることだから千差万別だが、なるべく誰に当たっても「使える」ようなモノがおすすめだ。 例えば旅行券や食事券など、持ち帰りやすいものがベスト。 グラスやワインなどの割れ物などは避けたほうが無難だ。 大きなものは目録にして、後から郵送するなどの心遣いが必要。 この場合、忘年会の翌日に発送するのがいい。 あまり遅いと感動も薄れてしまうからだ。 会社のノベルティグッズなどがあれば、それをうまく活用しても経費削減になって喜ばれる。 個人に関する問題は配慮も忘れずに クイズの内容だが、必ず盛り上がるのは会社の個人に関するエピソードクイズだ。 例えば、「私は誰でしょうクイズ」。 会社の机の上の写真を披露し、また普段飲んでいる飲み物やよく行くランチの店などのヒントを与え、それが誰かを当てる。 「いつも貧乏ゆすりをしている」「電話をするとき必ず窓際に移動する」「ネクタイは意外とアニマル柄が多い」など、その人のクセや身なりをおもしろおかしく盛り込めば、さらにウケるだろう。 それが気難しい上司や役員であればなおさらだ。 ただしあくまでもプライベートクイズは、どこまで暴露していいか本人の許可を事前に得ておくことが大切。 もうひとつ、個人エピソードクイズで人気なのが、小さい頃の写真を見せてそれが誰かを当てるクイズ。 これも本人の許可を得た上で、なるべくおもしろい写真を用意してもらう。 例えば真っ裸で寝そべる赤ちゃん時代の写真や泣き顔、あるいは変顔の子ども時代の写真など。 上司や同僚の子ども時代を知ることで、より一層コミュニケーションも高まるというものだ。 間違えると悲劇が起きるかも? 会社ネタもテッパンだ。 例えば「3代目社長のフルネームは?」「アメリカの支社ができたのは何年?」など社史に関わるクイズをあえて年輩の社員、もしくは新入社員に答えてもらうのはいかがだろう。 またこれらのクイズを3択方式で行う、あるいは忘年会の会場が広いならフラッグを設けておき、わかったらそのフラッグを取りに走ってから答えるというのも楽しい。 会社ネタは、社員でも意外と知らなかったこともあるので盛り上がること必至だ。 酔った頭で考える頭脳系クイズも好評 難しすぎる問題はNG 少し頭を使うクイズも、チーム戦で行えば楽しいもの。 例えば漢字のへんやつくりを当てる漢字クイズをはじめ、同じ漢字クイズでも少しひねったものもいい。 例えば「宿+飯=2,寒+温=7,さてこの方式に乗っ取るなら転+倒はいくら?」というクイズ。 これは四文字熟語で一宿一飯、三寒四温という具合。 そうなれば必然的に「七転八倒」となり、答えは15となる。 こうしたクイズは見事答えた人がヒーローになれるという特典つきだ。 また「入浴と10回いった後、アメリカの首都は?について答える」「ケンタッキーと10回いった後、洗濯物を乾かす機械は?について答える」など、いわゆる「10回クイズ」も単純明快で笑いを誘う。 堂々と間違った答えをいう上司の姿に、無礼講で大笑いする若手社員たちの姿が見られるのもこうしたクイズならではだ。 参考: クイズ問題の用意は参考サイトを活用しよう 実際、クイズ問題を用意するのは結構大変だ。 そんな時は参考になるクイズ問題を色々と公開してくれているWEBサイトが役に立つ。 ぜひ、参考にしよう。

次の