君 の 縄。 【君の名は。】を無料で見るには。そして、「君の縄。」も

映画『君の名は。』公式サイト

君 の 縄

とあるAVがそのネーミングと内容から、話題沸騰しているのをご存知だろうか。 そのタイトルは…『君の縄。 』である。 6月23日発売 『君の縄。 巫女誕生の儀式には緊縛で体を清めることが必須。 環境に戸惑いつつも巫女としての自覚と性感を上昇し心身共に大成していく。 「君の縄。 」のここがすごい ・「君の名は。 」のifストーリーとして成立している。 ・上映時間130分 「君の名は」は112分 ・口噛み酒が発酵しすぎてもはやイカ臭い ・前前前戯でイキまくり!! 「君の縄。 レンタル開始!。。 — TSUTAYA広島安芸府中店大人の遊園地 star6704 エロDVD「君の縄。 」の満足度が、本家「君の名は。 」を上回ってて、草。。。 — heikayuuji heikayuuji 君の名は。 見たけど大して感動してないし、涙出なかったけどこれは目じゃないところからある意味涙でるかもね笑笑。。 — にしにし yamadatanaka24 謎の高満足度を叩き出しており、まだ観たことのない人たちの間で「一度は観てみたい」「本家から許しを得ているのか」など話題となっているのだ。 「前前前戯」と主題歌までパロっており、期待値が高まるキャッチコピーがてんこ盛りだ。 こういったパロディものは人気映画だと必ず出てくるものであるが、まさか『君の名は。 』でもそのあるあるが適応されるとは、思ってもみなかった人が多いようだ。 本家同様、迫真の演技が観られるのか、期待の女優である。 まだ観たことのない人は、アマゾンプライムビデオなどでも観れるので、ぜひ堪能してはいかがだろうか。 ただし、年齢制限があるのでくれぐれも注意してほしい。

次の

大ヒット映画「君の名は。」にあやかった鷹の爪GT最新作は「君の縄」

君 の 縄

本作が、これらシリーズの礎を築いたと言っても過言ではないだろう。 内容について筆者は未見だが、パニックというからには乳だらけの部屋に押し込められてパニックを引き起こす男の話といったところだろうか。 そんな部屋があるなら、むしろオッパイソムリエの筆者としては閉じ込められてみたい。 (笑) そもそも、この『パイパニック』といネーミング。 これひとつを取っても明らかだろう。 日本語タイトルを名付けたレーベル陣の尋常ならざるセンスに。 もはや疑いようもない。 天才的とでもいいましょうか、仮に思いついたとしても誰も口にしないであろうタイトル。 世が世ならオヤジギャグと揶揄されても仕方がない。 そこへ切り込んでいく彼らの勇気、スタイル、そして命知らずなチャレンジ精神にわたしは敬意を禁じ得ない。 想像してもごらんなさい。 デスクを囲んでの会議。 ホワイトボードに書き巡らされた数々の候補。 大の大人たちが眉間に皺を寄せ話し合う。 皆、真剣な面持ちだ。 社の命運を握るかも知れない重要な戦略会議。 彼らは頭を抱える。 そう、『パイパニック』を取るか、それとも『チンパニック』か。 次は『セックス・アンタト・シテェ』 このネーミングに心を鷲づかみにされたのは、多分、著者だけではないはずだ。 皆さんはどう思うだろうか? 『パイパニック』のヒットに味を占め、更に悪のりした彼らがブームに乗っかるべくして生み出された安直なタイトル。 だが、あえて筆者は拍手を送りたい。 賞賛したい。 彼らによくやったと。 w これを命知らずと言わずして何と呼ぶのか。 そもそも『君の縄』とは? 『名器の子』とは? 『名器の子』は、まあ、まだ分かる。 さぞかしアソコの具合のよろしい子なのだろう。 これは期待できる。 いや、むしろ期待しかないとさえ言える。 もし、タイトル通りの内容ならAVとしては格好の出来映えであるに違いない。 が、しかし『君の縄』とは? 縄がどうかしたのか。 苦し紛れにも程がある。 わたしは声高らかに言いたい。 これでは『ガンガル』の二の舞ではないか。

次の

【君の名は。】を無料で見るには。そして、「君の縄。」も

君 の 縄

女社長に誘惑され、先輩OLとも関係を持ち……なぜかいつもと違うこの日常の裏には何が? 想像を超えた書下し傑作官能エンターテインメント! 会社員の志郎は、6月のある日、違和感を覚えた。 きつい先輩OLや上司がなぜか、やさしいのだ。 取引先の人妻社長からも誘惑され、翌日も先輩OLに迫られて……。 人気の実力派がおくる、書下し官能エンタメ。 2011年、『蜜会 濡れる未亡人』 竹書房ラブロマン文庫 で官能長編デビューを果たす。 『二階堂家の兄嫁』『襖の陰 二階堂家の兄嫁 二 』『赤い稜線 二階堂家の兄嫁 三 』 以上、双葉文庫 という三部作での、重厚なストーリーと艶やかな描写で多くの読者を獲得する。 著書として『二人の叔母』『新人家庭教師 お母さんが教えてあげる』『人妻どろぼう』『奥さん、透けてますけど。 』『奥さん、入りますけど。 』 以上、二見文庫 、 『父の後妻』 双葉文庫 、『人妻の濡れた花びら』 悦文庫 『女医さんに逢いたい』 実業之日本社文庫 他多数。 映画などからのパロディタイトルだと時に軽妙と言うか軽薄な印象をもたらすものだが、物語性と官能面の良さで本作は図抜けている。 現実離れしたファンタジーだからこその時空を超えた愛情と官能といったところか。 社会人の主人公が普段から足蹴にされている先輩OLや取引先の女社長といったサブヒロインから唐突に、一見して脈絡もないままに甘く誘惑される豹変ギャップや、打ち明けられない恋心を抱くメインヒロインとは思わぬ形で想いが発露するところなど、通常なら理由付けが求められる局面を設定が上手くカバーしている。 また、この設定を物語の謎解きにも活用しながら最終的にはメインヒロインと結ばれるまでを破綻なく描いたところに作者のストーリーテラーとしての巧みさが窺える。 つまり、元ネタ映画を踏襲しながら官能SFとして立脚した作品と言えるのではなかろうか。 むしろ、この設定とストーリーでよくもここまで官能的に仕上げたものと(良い意味で)呆れるくらい驚いてしまう。 先輩OLと女社長を交えた3Pを中盤に盛り込むといった適度な官能的寄り道も奏功しているのであろう。 ただし、タイトルに示す程「縄」の出番はなく、緊縛の要素をさらりと用いるに留まっているのは当初よりタイトルありきだったからかもしれない。

次の