ウルソ 効果。 ウルソデオキシコール酸の秘密|レバウルソ

ウルソと言う薬の効能を出来れば詳しく教えてください。

ウルソ 効果

胆石は薬で治療できる? 胆石の治療の選択肢には、主に以下の3つがあります。 治療せずに様子をみる• 薬物療法 まず、胆石があっても 痛みや発熱などの症状がない場合は、基本的に定期的な経過観察で良いとされています。 ただし、将来的に痛みが出るようになるケースもあるため、医師によっては無症状でも手術を指示する場合があります。 また、 痛みや発熱などの症状がある場合には、根治治療としての手術(腹腔鏡下胆のう摘出術や開腹手術)が第一選択になります。 胆石発作の痛みには個人差があるものの、強烈な場合も多く、一度発作を起こすとその後繰り返しやすい傾向にあるからです。 そして薬物治療では、「 胆汁酸溶解療法」という内服薬で胆石の成分を溶かす治療法が実施されますが、これについては次の項で詳しく解説します。 胆石は生成過程の違いで、コレステロール胆石や色素胆石などいくつかの種類に分けられるのですが、胆汁酸溶解療法は、 直径15mm未満(できれば10mm未満が望ましい)のコレステロール胆石に有効とされています。 そもそも、コレステロールを溶かすには十分な量の胆汁酸が必要ですが、何らかの原因で胆汁酸が不足したことでコレステロールが結晶化し、胆石となります。 ただし、コレステロール胆石だとしても石灰化していたり、直径15mm以上であったり、あるいは胆石の種類が違ったりすると、そこまでの治療効果は得られません。 しかし、 薬を飲み続けないと再発する傾向にあり、再発率は1年で約17%、3年で約40%になるともいわれています。 下痢や軟便• 吐き気• かゆみ• 発疹、蕁麻疹• 呼吸困難 これらの副作用が出たら服用を中止し、早めに主治医に相談してください。 おわりに:ウルソでの治療では、胆石が再発することも多い ウルソは胆石を溶かす画期的な治療薬ですが、限られた種類の胆石でしか十分な治療効果を得られず、また服用中止後の再発率も高いというデメリットがあります。 胆石の状態によっては手術治療が望ましいこともあるので、詳しくは医師の指示に従いましょう。

次の

ウルソ錠100mg

ウルソ 効果

レバウルソの副作用がこわい!?中には危篤な症状もあり得る 肝臓の、そして忙しい現代人の強い味方となってくれるドリンク剤やタブレットが人気を博しています。 その代表的な商品 医薬品 のひとつが、佐藤製薬株式会社の「レバウルソシリーズ」です。 いざというとき、これからというときに頼りになるドリンク剤、タブレットということで、毎日のようにレバウルソを飲んで頑張る人も多いと思います。 しかしそうなると心配になるのが「副作用」ですね。 今回はレバウルソの副作用を検証します。 レバウルソは医薬品なので副作用がでる可能性はある どんな医薬品でも同じですが、ひとつの医薬品ができあがるためには、数多くの成分が配合される必要があります。 そのすべての成分が副作用の原因になりえます。 これはレバウルソシリーズについてもまったく同様です。 肝機能回復を願う人にとって絶大な評価があるのはもちろんですが、だからといって医薬品である以上副作用の危険性がゼロということはあり得ません。 レバウルソにもたくさんの成分が配合されています。 それだけに、レバウルソを含む「薬」の副作用の原因の特定は難しいことが多いです。 そういうときには、それぞれの薬の主要となる成分の副作用を検証すると、薬自体の副作用の原因特定の可能性が高まります。 レバウルソの主要成分、ウルソデオキシコール酸の副作用は? 低下した肝機能を改善する効果が高いとされるレバウルソ。 その効果の軸となる有効成分が「ウルソデオキシコール酸」と呼ばれる物質です。 ウルソデオキシコール酸はさまざまな薬に配合されます。 レバウルソの場合ウルソデオキシコール酸が主要成分なので、この物質に対する副作用の可能性を探ることによって、レバウルソの副作用の可能性を部分的に検討することができます。 ウルソデオキシコール酸に考えられる一般的な副作用• 軟便、下痢• 吐き気、胸やけ• 食欲不振 これらの症状は、レバウルソシリーズに限らずいろいろな薬でみられる副作用です。 だから副作用があってもいいというわけでは無論ないですが。 ただ、「眠気」に次いでよくある症状ではあるでしょう。 副作用である以上、症状の大小にかかわらず、なければないに越したことはありません。 しかし、発症して困るのは「重篤な副作用」のほうです。 ウルソデオキシコール酸はその可能性もわずかにあります。 レバウルソで重篤な副作用が起こる可能性がある! どんな副作用であったとしても、それが「重篤な症状」である以上、起こってよいはずはありません。 それがレバウルソであるにしても別の薬であるにしても、それは明らかなことでしょう。 そもそも、製造にかかわった人間でもなければ研究者でもない筆者が「レバウルソには重篤な副作用がある」などと発言したら、これは大問題になります。 レバウルソの重篤な副作用の心配はほぼゼロです。 ただし、副作用に関しては、ほんのわずかなリスクであったとしても、可能性がゼロでない以上は注意喚起しなければなりません。 その意味で、あくまで可能性としては重篤な副作用もありうると考えるべきです。 では、ほとんどありえないものの、わずかに考えられるレバウルソ ウルソデオキシコール酸 による「重篤な副作用」にはいったいどんな症状が考えられるのかを検証する必要があるでしょう。 レバウルソ ウルソデオキシコール酸 による重篤な副作用の可能性• 主な疾患・・・間質性肺炎• 初期の症状・・・から咳 痰を分泌しない咳 、息苦しさ、少しの動きで起こる息切れ、発熱 間質性肺炎 かんしつせいはいえん は、私たちがイメージする「肺炎」以上に重篤な病気です。 ふつう膠原病 こうげんびょう など、いわゆる難病に指定された病気の症状として見られることが多いです。 実際間質性肺炎の一種である「特発性間質性肺炎」は、難病指定があります 指定難病85。 一般的に肺炎というと、肺組織に炎症が起こるイメージですが、間質性肺炎はちょっと違うタイプの肺炎です。 「間質」は「実質」と対をなすことばで、間質の部分にトラブルがおよぶタイプの肺炎が間質性肺炎です。 間質性肺炎は、生命の危険が極めて高い肺炎です。 可能性的にもゼロに近いですし、難しいお話なので間質性肺炎についてはここまでにしますが、重要なことは、間質性肺炎の疑いをいち早く察知することです。 つまり、レバウルソをはじめ、ウルソデオキシコール酸を配合した薬を飲んだときに、上記の「初期の症状」が突然現れたら、直ちに薬の使用を中止し、すみやかに医療機関で相談してください。 基本的にはまず起こらない副作用ですが、レバウルソなど、ウルソデオキシコール酸を配合した薬の副作用の可能性としてゼロではない症状であることは、知っておいてもマイナスではないはずです。 毎日飲む医薬品だけにレバウルソの副作用にも注意したい 疲れた肝臓、低下した肝機能の改善のために飲むレバウルソは、毎日飲まなくてもいい医薬品です。 しかし毎日飲むことができる医薬品でもあります。 副作用は使用頻度にかかわらず、起こる人には起こります。 とはいえ、使用頻度が高ければ副作用の発生リスクが比例的に高まることも事実です。 それだけに、レバウルソの使用頻度が高い人は、その副作用のリスクについても少しだけ考えていただきたいと思います。 特に、具体的な副作用について示した「軽いほうの副作用」は、可能性自体そこまで高くありませんが、医薬品全般を考えてもまったくない副作用ではありません。 お腹の調子や気分がすぐれないこともあるかもしれません。 そういうときは、一時的にでもレバウルソの使用を中断し、信頼できるお医者さんに相談してみていただきたいと思います。 安心できる状態で、レバウルソの使用を再開していただきたいと思います。

次の

レバウルソの効果と味は?ドリンクタイプの特徴を検証

ウルソ 効果

薬で治療• 胆嚢を摘出 私の場合、気胸持ちということもあり、医師が胆嚢を取る手術はあまりおすすめできない、ということでしたので薬での治療を開始しました。 胆石の人が飲むウルソ 胆石持ちの人が飲む薬として有名なのが「ウルソ」という薬です。 医師に「胆石です」と診断された人の殆どが一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。 ウルソは、胆石を小さくしてくれたり溶かすような働きがあるようです。 または、現状維持というような感じの効果でしょうか。 初めにウルソのことを聞いたとき、 「おっ、小さくしてくれるなら溶ける可能性もある、頑張って飲むか」 と期待していたのを覚えています。 ウルソを約3年飲み続けた結果 石がなくなるのを期待し、ウルソを飲み続けること約3年。 胆石はどうなったのか。 結果から言うと… 全く効果はありませんでした。。 こういった薬は、長期的な期間飲み続ける必要があります。 それはわかっていたので、1年、2年と飲み続け、3年目に突入しましたが、私の場合なんの変化もありませんでした。 むしろ、少しですが石が増えていたようにも感じられます。 (エコー検査での見立て) ちなみに、飲んでいた量は、 食後に2粒で1日計6粒です。 以前、看護師の友達と食事をしたときに、ウルソの話を少しした時がありました。 友達はその時、「あ~ウルソかぁ、効いてる?」と尋ねてきました。 「いや~殆ど変わらない」と答えると「そうだよね」という言葉が。 その時の「そうだよね」は、こういうことだったのか。 と、ふと昔のことを思い出しました。 あまり効果がない薬ということを知っていたのかもしれませんね。 裏ではウルソで胆石が消えていた! 今までは私の話でしたが、実は 私の「姉」も胆石持ちなのです。 遺伝的なものもあるのでしょうか。 兄弟なので体質的な部分も似ていますから。 胆石が発覚したのは、私が先で、姉が後。 姉も同じく「ウルソ」をもらい飲んでいたんです。 私は、 1日6粒でしたが、姉は1日3粒。 私の半分の量でした。 6ヶ月後、病院に行き検査をしたところ、なんと小さくなっている!というのです。 そして、 約1年が経過したころには、石がなくなったと喜んでいました。 ウルソも人によっては効果があるんですね。 正直、ビックリしましたし、羨ましかった! 姉は大きめのが数個 私と姉の大きな違いは、胆石の種類です。 前述通り、私は「砂のような石が沢山」 一方で、姉は「大きめの石が数個」 もしかしたら、胆石の種類や状態によっても、ウルソが効く効かないがあるのかもしれませんね。 最後に 今回は、私のとして、実体験「胆石」のお話をさせていただきました。 胆石の痛みはなった本人にしかわかりません。 冒頭でもお伝えした通り、転げ回るほど痛い時もあります。 ただ、胆石の原因や予防法などをしっかり知っておくことで、かなり痛みを軽減することも可能です。 ウルソの薬を長期間飲んでも、効き目が薄いと感じている人は、手術を選択する前にぜひチャレンジして頂きたいです。

次の