ダイア トニック コード 表。 各キーにおけるダイアトニックコード一覧

ダイアトニックコードをローマ数字に置き換えて覚える(ディグリーネーム)/音楽理論講座

ダイア トニック コード 表

ダイアトニックコードは安心 ダイアトニックコードや、ダイアトニックセブンスコードは、スケールの音から作り上げたコードです。 ダイアトニックコードを使っている限り、キーから外れた音が入ることはありません。 そのため、 コード進行を作る際にも、安心して使うことができます。 作曲初心者は、まずはダイアトニックコードとダイアトニックセブンスコードだけで、コード進行を自由に作れるようになりましょう。 ひと目で分かるシート【五度圏表】 さぁ。 キー・スケール・ダイアトニックコードと、種類が沢山あり、話も複雑になってきました。 でも大丈夫です! 今からご紹介するシートを使うと、キーに合ったスケールとダイアトニックコードを、 ひと目で選び取ることが出来ます。 このシートを、 五度圏表(英語:circle of fifth)と言います。 別記事で解説します。 平行調のメジャーキーとマイナーキーの関係は、すごく繊細です。 上記の編曲では、コードDを使わないように気を配りました。 楽譜のキーが、平行調のどちらなのかは、 当てられているコード進行によるということを覚えておきましょう。 まとめ お疲れさまでした! 以上で、キー・スケール・ダイアトニックコードの説明を終わります。 次の記事では、 コード進行の基本について説明します。 ダイアトニックコードを使ったコード進行を自由に作れるようになりますよ!.

次の

ダイアトニックコードの基礎知識とコード一覧

ダイア トニック コード 表

今回はマイナーダイアトニックコードについてです。 マイナーダイアトニックコードとは 以前やったダイアトニックコードはメジャースケールからダイアトニックコードを導きましたが、 ダイアトニックコードにはマイナーもあります。 あんまりマイナーキーの曲というのは少ないのですが、メジャーキーの曲の中でダイアトニックコードではないコードを見かけたことありますよね? そのようなダイアトニックコードを ノンダイアトニックコードというのですがこの「どっから来た!!?」のノンダイアトニックコードが実はマイナーダイアトニックのコードだったりするのです!! このどっからきたかわからないノンダイアトニックコード君を少しでも理解するためにマイナーダイアトニックの知識があると、 「ああ、君はあそこからきたのね。 」となったりするのです。 マイナーダイアトニックコードは当然マイナースケールから導くわけですが、メジャースケールと違いマイナースケールにはルマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、メマイナースケールの3種類もあります。 ここでは一般的なルマイナースケールでマイナーダイアトニックコードを出していきます。 ルマイナースケール 今回はAルマイナースケールを作るので12個の場所にAから並べましょう。 なんでAなのかは後でわかります。 ルマイナースケールの7個の公式は 1 M2 m3 4 5 m6 m7 です。 これは12個の音から ・半音・・・半音・・(Aにもどる)で拾ったものです。 なのでA(ル)マイナースケールの音は A B C D E F Gの7個になります。 そしてこの7個、・・・・・ メジャースケールの7個と同じですね! Cメジャースケール A(ル)マイナースケール このCメジャースケールとAマイナースケールのように使っている音が同じになっている関係性を (平行キー)と言います! (ル)マイナーダイアトニックコード ここからそれぞれの音をコード化していくわけですが、 コード化の仕方はメジャーダイアトニックコードを出した時と同じなので当然同じコードになります。 こういうことですね。 (ル)マイナーダイアトニックコード 一覧表 メジャーダイアトニックの時と同じで、 音の名前の下に付く部分(m7とかM7とか)はどのキーでも共通になるので一覧表にすると以下になります。 トニック、どちらにも行ける。 トニックに行きたがる。 ・メジャーキーから平行キーのマイナーキーを探す場合 コードを押さえてそのまま3フレット左に移動してマイナーにすればのマイナーキーです。 ・マイナーキーから平行キーのメジャーキーを探す場合 これもその逆でコードを押さえてそのまま3フレット右に移動すればのメジャーキーです。 luckywin.

次の

「曲が作れない」人はいない!ダイアトニックコードなら誰でも作曲可能です

ダイア トニック コード 表

ダイアトニックコード一覧 基本的にはこの形です。 これはキーCなので、キーDのダイアトニックであれば最初のコードのCmaj7の形で、5frから始めて、等間隔移動すればキーDです。 参考までにキーDのダイアトニックコードです。 着目して欲しいのはフレットの場所です。 コードの形は同じですが、スタートのフレットが5frに変わっただけです。 キーEであれば、最初の形を7frから始めたらOKです。 Emaj7ー F m7ー G m7ー Amaj7ー B7ー C m7ー D m7b5 キーDまでは上の形通りで弾いて問題ないですが、Eとなると12frまで行ってしまうので、別の形も覚えましょう。 Fのダイアトニックコードであれば、フレット数を+1にして弾けばOKです。 Gであれば+3、Aであれば+5、Bであれば+7もしくはダイアトニックコードキーCの形で、2frから始めればOKです。 参考までにその他キーのダイアトニックコードです。 というのも、度数で覚えていった方が楽だからです。 (大体の場合はです) マイナーキーのダイアトニックコード さて、マイナーキーのダイアトニックなんですが・・・やらない方がいいです。 (笑 3つあるので、混乱してしまう上に使用頻度が低いので、スルーしていいと思います。 ただ、簡単なバージョンがあるので、こちらは必ず覚えましょう。 先ほど紹介したメジャーキーのダイアトニックを使います。 上図はCメジャーのダイアトニックコードですが、これはAmのダイアトニックでもあります。 Cのダイアトニックは Cmaj7ー Dm7ー Em7ー Fmaj7ー G7ーAm7ー Bm7b5 Amのダイアトニックは Amー Bm7b5ー Cmaj7ー Dm7ー E7ー Fmaj7ー G7 一つだけ違うところは、 Amの5度の音であるEm7がE7に変わります。 というのも5度の音はドミナントコードで1度に行く性質があるからです。 ナチュラルマイナー・ハーモニックマイナー・メロディックマイナースケールと、3種類のスケールに対応したダイアトニックコードになります。 こちらで必要なものを紹介しているので、ご覧ください まとめ いかがでしたか? 全部一気に覚えようとすると必ず メタパニにかかるので、少しづつ覚えていきましょう。 でも紹介したように、ダイアトニックコードを知っていたら、ギタリストの天敵である 耳コピがかなりズムーズに出来るようになるので、しっかり頑張ってください。 コツは一つ一つのキーで名前を覚えるんじゃなく、下記のように1度はmaj7 2度はm7・・・・と覚えて、その都度のキーに合わせて弾いてください。

次の