無限 の 住人 しら。 無限の住人、終わりましたね。尸良がすごい死に方をしたと知り、漫画読みたく...

漫画 無限の住人 第01

無限 の 住人 しら

映画「無限の住人」のあらすじ 原作は30巻で完結しています。 実は、すでに2008年にテレビアニメ化、2016年に舞台化されているんです。 私が気になるのが、映画の尺で30巻分が収まるのか?ということ。 原作マンガ「無限の住人」では、4章に分かれているのです。 この映画では完結させずに、興行成績が良ければ、続編という手もありますね・・・ ただ、キャストが発表されているのですが、原作の最終までの登場人物が紹介されていますので、この尺で終わらせるのが濃厚です。 「無限の住人」のあらすじは、仇討ちの物語。 不老不死の体になってしまった万次(木村拓哉)が、少女、浅野凛(杉咲花)の面影に殺された自分の妹をみて、用心棒となり復讐の手助けをしていくお話です。 ラスボスは天津影久(福士蒼汰)です。 途中、たくさんの悪役、主要人物と激闘を繰り広げます。 その内容をキャラ登場人物とともに紹介しましょう。 黒衣鯖人(北村一輝)はどうなる?ネタバレ 原作では一番最初に万次(木村拓哉)にやられちゃうのが、この黒衣鯖人(北村一輝)です。 天津影久(福士蒼汰)率いる逸刀流の一味です。 「くろいさばと」と読みます。 北村一輝さんには、このアブノーマルっぽさを期待しましょう。 ちなみに黒衣鯖人(北村一輝)も強いのですが、まさか万次(木村拓哉)が不死身の体とは知らずに負けてしまいます。 敗因は完全に油断でした・・・ 凶泰斗(満島真之介)はどうなる?ネタバレ 次は同じく、逸刀流の一味である凶泰斗(満島真之介) 「まがつたいと」と読みます。 万次(木村拓哉)とのファーストバトルは引き分けに終わります。 ただこのバトルで万次(木村拓哉)が不老不死であることが、バレてしまい登場人物の関係をより複雑にしていきます。 のちに凶泰斗(満島真之介)は、万次(木村拓哉)の仲間となる、よくあるパターンで、物語の終盤まで活躍します。 逸刀流からは抜けちゃうんですよね。 凶泰斗(満島真之介)は最後まで生き延びます。 満島真之介ファン良かったね! 閑馬永空(市川海老蔵)はどうなる?ネタバレ 次に登場するのが、閑馬永空(市川海老蔵)です。 「しずま えいくう」と読みます。 実は閑馬永空(市川海老蔵)も、逸刀流でありながら、万次(木村拓哉)と同じ不老不死。 オイオイ 閑馬永空(市川海老蔵)は不老不死を無くすことができる薬をもっていました。 その薬で万次(木村拓哉)を・・・と考えていたのですが、なんとこの薬が自分にかかってしまい自爆。 万次(木村拓哉)にやられてしまいました。 「おとのたちばな まきえ」と読みます。 この乙橘槇絵(戸田恵梨香)は、メチャ強い!! ファーストバトルは本気を出さずに(やる気なし)一旦は退きますが、セカンドバトルでは圧倒的な強さを発揮して、万次(木村拓哉)を圧倒します。 乙橘槇絵(戸田恵梨香)の最後は、クライマックスの最終戦です。 天津影久(福士蒼汰)を銃弾から身をていして守り、亡くなってしまします。 心に大きな傷を持ちながらも、バケモノ並みに強い乙橘槇絵を演じる戸田恵梨香さんは、たいへんだと思いますよ。 なにより、あの凄まじいアクションができるのだろうか?・・・ 尺良(市原隼人)はどうなる?ネタバレ 次に登場するのが、尺良(市原隼人)です。 「しら」と読みます。 無骸流という流派の尺良(市原隼人)は、万次(木村拓哉)と手を組み逸刀流を倒すことになります。 しかしあまりにも非道な尺良(市原隼人)に耐えられなくなった凛(杉咲花)と仲たがいになり、チームから離脱してしまいます。 そして万次(木村拓哉)達の敵になってしまうのです。 尺良(市原隼人)の最後は、凶泰斗(満島真之介)にやられます。 なんと凶泰斗(満島真之介)は、逸刀流を抜けた後に大切な人を尺良(市原隼人)に殺され、復讐に燃えていたのでした。 なんたる運命的相関図! 百琳(栗山千明)はどうなる?ネタバレ 尺良(市原隼人)と同じ、無骸流の一派である百琳(栗山千明) 「ひゃくりん」と読みます。 万次(木村拓哉)と手を組み逸刀流を倒すことになりますが、戦闘向きのキャラではありません。 それほどの見所もなし。 栗山千明さんどう目立つか期待しましょう・・・ 伊羽研水(山崎努)はどうなる?ネタバレ 伊羽研水(山崎努)は、加賀藩の心形唐流の2代目師範です。 「いばね けんすい」と読みます。 自分の養女と天津影久(福士蒼汰)の縁談を提案し、逸刀流と手を組もうとします。 ところが幕府から、天津影久(福士蒼汰)を切らないと養女の命がないぞ。 と脅され、やむなく門下生に天津影久(福士蒼汰)を襲わせます。 が、失敗・・・ 事を正す天津影久(福士蒼汰)の目の前で深く詫び、伊羽研水(山崎努)は、切腹してしまいます。 権力に踊らされた悲しい役です・・・ Sponsored Links 吐鉤群(田中泯)はどうなる?ネタバレ 次の敵は吐鉤群(田中泯)です。 「はばき かぎむら」と読みます。 無骸流のボスです。 吐鉤群(田中泯)は、万次(木村拓哉)の不死の秘密を解明するべく、策略をめぐらせ、万次(木村拓哉)を地下に監禁します。 万次(木村拓哉)を探す凛(杉咲花)は、百琳(栗山千明)に助けを求め、江戸城の地下牢にいることを掴みます。 そしてこのバトルで吐鉤群(田中泯)は、天津影久(福士蒼汰)に敗れます。 天津影久(福士蒼汰)はどうなる?ネタバレ さてラスボスの天津影久(福士蒼汰) 「あのつ かげひさ」と読みます。 完全なる悪役、凛(杉咲花)の復讐の相手なのですが、物語が進むにつれてその背負うモノ背景が明らかになり、けっこうイイヤツだとわかります。 この「無限の住人」の準主役級の人物になります。 特にクライマックスは、万次(木村拓哉)よりも、天津影久(福士蒼汰)がメインと言ってもいいでしょう。 吐鉤群(田中泯)のバトルに勝利した天津影久(福士蒼汰)ですが、そこに現れた万次(木村拓哉)にやられてしまいます。 正々堂々の万次(木村拓哉)との闘いにはなりません。 吐鉤群(田中泯)とのバトルの後で、かなりヘバってましたからね。 しかし、万次(木村拓哉)はトドメをさしません。 最後の最後に凛(杉咲花)がトドメをさすのです。 この上手くすれば、主役を食ってしまえる天津影久役。 私の心配は失礼ながら、福士蒼汰さんで大丈夫なのか?という不安です。 このキャストなら北村一輝、市川海老蔵や市原隼人の方が良かったのではないかと・・・ 「無限の住人」ネタバレ!最後ラスト結末は? 原作では、このクライマックスの最終バトルの後も描かれています。 なんと場面は明治時代! 最終バトルから90年後の世界なんですね。 万次(木村拓哉)が不死ですから、当然ありえます。 もう凛(杉咲花)だって死んでしまっている時代です・・・ そこに昔、万次(木村拓哉)を不死にした張本人の婆さんが現れます。 そして「今度は、布由という少女の用心棒をしろ」と言います。 その布由は、かつて万次(木村拓哉)が用心棒をしていた凛(杉咲花)の玄孫だった・・・ というラスト結末です。 凛(杉咲花)が、また巡り合うだろう万次(木村拓哉)に渡せと、代々継がれてきた短刀が最後の物語をつなげるキーになります。 90年の時を超えて、感慨深いラスト結末です。 まあ、原作に忠実に描かれるかはわかりませんが、大きくズレる事はないでしょう。 原作ありきは何かと批判されがちですが、マンガファンとしては、願わくは原作の良さをうまく残してほしいと思います。 映画「無限の住人」期待していますよ! アニメ版の「無限の住人」は、 の見放題作品です! 無料お試し31日間に解約すれば、お金は一切かかりません。

次の

『無限の住人』剣士録!異形なキャラ30人と使用武器をまとめてみた

無限 の 住人 しら

無限の住人 2巻 無限の住人 2巻 逸刀流(いっとうりゅう)への復讐のための探索を続ける万次(まんじ)と凜(りん)。 黒衣鯖人(くろいさばと)、凶戴人(まがつたいと)との死闘を終えた万次が出くわした次なる刺客は、虚無僧の姿をした剣士・閑馬永空 しずまえいくう。 閑馬は、身構える万次に「共に天津影久を消し、逸刀流を乗っ取る」という話を持ちかける。 閑馬もまた、万次と同じように血仙蟲(けっせんちゅう)を身に宿し、200年… 無限の住人 3巻 無限の住人 3巻 黒衣、閑馬といった屈指の強者を万次に討ち斃(たお)され、少なからず打撃を受ける逸刀流。 ひとりの父親となっていた仇に、凜は……。 無限の住人 5巻 無限の住人 5巻 「人の恨みってこんな風に……誰かが死なないと消えないの?」 川上新夜 かわかみあらや を討ったものの、凜にとっては後味の悪い結末となってしまった。 一方、逸刀流の剣士が相次いで暗殺される事件が起こる。 かつて万次と死闘を演じた逸刀流剣士・凶戴斗 まがつ たいと は、襲撃を受けながらも生き残り、統首・天津影久 あのつ かげひさ に手… 無限の住人 6巻 無限の住人 6巻 百淋(ひゃくりん)ら謎の暗殺集団『無骸流(むがいりゅう)』に招かれた万次と凜。 月刊アフタヌーン誌上に登場するや、その圧倒的な画力・大胆な演出・斬新な殺陣……等々により「時代劇」というジャンルを一躍、エンターテインメントの主流へと蘇らせた[ネオ時代劇]!! 無限の住人 7巻 無限の住人 7巻 無骸流(むがいりゅう)の狂剣士・尸良 しら の暴走の果てに、万次と凜は辻斬りの犯人としてお尋ね者となってしまう。 統首・天津影久 あのつかげひさ を追って単独、加賀へ向かう凜。 無限の住人 8巻 無限の住人 8巻 逸刀流(いっとうりゅう)剣士三人を相手に死闘を演じる万次。 満身創痍で最後の相手・火瓦(ひが)に苦戦を強いられる万次。 一方、単身、逸刀流統首・天津影久(あのつかげひさ)を追う凜。 無限の住人 9巻 無限の住人 9巻 加賀・伊羽指南所において、統主の伊羽研水(いばねけんすい)からの思わぬ申し出に戸惑いながらも己の思惑を吐露する天津影久(あのつかげひさ)。 一方、逸刀流剣士三人を撃破したものの、深手を負い、元・幕府隠密の絵師・宗理(そうり)に拾われた万次。 そこで万次は、かつて死闘を演じた剣士・凶戴斗(まがつたいと)と再会する。 凶は、妹の面影を重ねていた遊女・お恋の仇の手がかりを探していた。 万次への復讐に燃える尸良(しら)に売られ、逸刀流(いっとうりゅう)に捕らえられた末に苛酷な拷問をうける百琳。 そして、命懸けで百琳を守ろうとした真理路(しんりじ)の遺した手がかりを元に、無骸流最強剣士・偽一(ぎいち)はようやく百琳の居場所を突… 無限の住人 11巻 凶戴斗(まがつたいと)vs. 凜(りん)を追い加賀へ向かう道中、万次(まんじ)の前に現れた狂剣士・尸良。 一方、天津影久(あのつかげひさ)は心形唐流(しんぎょうとうりゅう)併合のため、二代目心形唐流師範… 無限の住人 12巻 無限の住人 12巻 公儀からつけ狙われ、更には心形刀流(しんぎょうとうりゅう)の面々からも追われる破目になった逸刀流(いっとうりゅう)統主・天津影久(あのつかげひさ)。 そんな事、全然考えてなかった……。 病と精神的打撃で心身ともに満身創痍の天津影久(あのつかげひさ)と、仇敵と行動を共にしながら深い迷いの中を彷徨う凜(りん)。 そんな二人は、ついに心形刀流剣士たちに追い詰められてしまう……! 絶体絶命の危機……そこへ、凜を追って加賀へたどり着いた万次(まんじ)が! 凜を護(まも)るため、手練の剣士を多数相手取り、圧倒的不利な斗(たたか)いに挑む万次。 次第に苦戦を強い… 無限の住人 14巻 無限の住人 14巻 逸刀流(いっとうりゅう)vs. 決闘を一時引き分けた万次(まんじ)と偽一(ぎいち)。 その間に、凜(りん)は逸刀流に人質に取られてしまう。 壊滅的打撃を受けた逸刀流(いっとうりゅう)は、冬の決起を期し、地下に潜伏。 一方、番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の手に落ちた万次は、地下牢に幽閉される。 万次(まんじ)を地下牢に幽閉した番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)の目的は、不死の秘法を医学的に解明し、これを実用とすることであった! 不死身の肉体を巡る物語は、男達の野心と思惑が交錯する[極限の密室劇]へと突入する……!! 無限の住人 17巻 無限の住人 17巻 不死の秘法を医学的に解明し、これを実用とするため、万次(まんじ)を地下牢に幽閉した番衆(ばんしゅう)・吐鉤群(はばきかぎむら)。 不死の実験体として地下牢に幽閉された万次(まんじ)を救出するため、凜(りん)は仇敵・逸刀流(いっとうりゅう)の少女剣士・吉乃瞳阿(よしのどうあ)と手を組み、共に江戸城地下へと潜入する!! しかし万次が幽閉された地下牢は、死者と犠牲者と殺戮者が蜷局(とぐろ)を巻く、恐るべき「鬼の巣」であった。 [不死力解明編]ついに!! 江戸城地下の牢獄から脱出を図る万次(まんじ)たち一行。 無限の住人 21巻 最終章!! 現存する逸刀流(いっとうりゅう)を殲滅(せんめつ)するべく吐鉤群(はばきかぎむら)の下に結集した『六鬼団(ろっきだん)』。 一方、吐によって流派壊滅の危機に晒された天津影久(あのつかげひさ)は逸刀流に心酔する亜門(あもん)らを仲間に加え、吐との全面戦争に決起を誓う。 そんななか、逸刀流の馬絽祐実(ばろすけざね)に間違えられた万次(まんじ)が六鬼団… 無限の住人 22巻 無限の住人 22巻 血に塗(まみ)れ、剣を抜く。 濁流を選びし女たち。 そして、敵を欺き天津影久(あのつ・かげひさ)をはじめとする逸刀流4人衆が向かったのは、江戸城!! 正面切って攻め入った天津たちは、数え切れぬ兵を斬り破り最後の胸突き場へ。 これぞ最終章最大の… 無限の住人 24巻 無限の住人 24巻 沸点迫る最終章、凶獣乱入。 最終章を迎え、ついに明らかになる「不死の理」! 第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。 これぞ「ネオ時代劇」だ!! 無限の住人 25巻 無限の住人 25巻 不死者と化した凶獣・尸良(しら)、壮絶すぎる散華。 物語最終章は、さらに加速・過熱する! 凍てつく沼に溺没した凜(りん)と万次(まんじ)は、逸刀流(いっとうりゅう)剣士・凶戴斗(まがつ・たいと)と公儀の忍・目黒とたんぽぽに救助される。 不死vs. 無限の住人 26巻 無限の住人 26巻 逸刀流 いっとうりゅう のうち、江戸城襲撃に加わらなかった面々は、副将・阿葉山宗介 あばやま・そうすけ に率いられ常陸 ひたち を目指す。 それらを追う幕府の前新番頭・吐鉤群 はばき・かぎむら と六鬼団 ろっきだん。 逸刀流重鎮の果心居士 かしんこじ は六鬼団の伴 ばん と燎 りょう を山に誘い込み牙をむく。 潰し合いの闘いが続く中、かつての主、吐の力になろうと偽一 ぎいち と百琳 ひゃくりん も… 無限の住人 27巻 無限の住人 27巻 逸刀(いっとう)流副将・阿葉山宗介(あばやま・そうすけ)は、自らが育てた若手門下生たちにより、意に沿わず戦いの場から遠ざけられていた。 だが、そこにかつての手下、無骸(むがい)流の偽一(ぎいち)と百琳(ひゃくりん)が現れる。 かつて、騙され毒を盛られた偽一に憤激の刃を見舞う阿葉山。 偽一も「無骸流最後の仕事」と応戦し、因縁の戦いが始まった! 一方、阿葉山を遠ざけた逸刀流若手・亜門… 無限の住人 28巻 無限の住人 28巻 ついに主人公・万次(まんじ)が到着。 さらに乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)が再参戦。 そして海から現れる天津影久(あのつ・かげひさ)!万次、凜(りん)、天津影久、乙橘槇絵、吐鉤群(はばき・かぎむら)と、偽一(ぎいち)、百琳(ひゃくりん)、六鬼(ろっき)団と、那珂湊(なかみなと)の地に役者が勢揃いする。 最後の戦いと覚悟を決め、無関係の人間さえためらいなく斬り続ける吐鉤群。 それ… 無限の住人 29巻 無限の住人 29巻 万次(まんじ)・凜(りん)、天津影久(あのつ・かげひさ)・乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)、吐鉤群(はばき・かぎむら)・六鬼(ろっき)団。 三つ巴を描く因縁が遂に直接の潰し合いに至る。 万次が挑むのは、六鬼団最高の剛力戦士・荒篠獅子也(あらしの・ししや)。 一方で、天津影久は逸刀(いっとう)流の長として、かつて逸刀流剣士を大量に謀殺した吐鉤群と決闘を開始する。 そして乙橘槇絵は、… 無限の住人 30巻 無限の住人 30巻 旅は終わる。 想いは続く。

次の

映画「無限の住人」ネタバレ!あらすじやキャラ別最後ラスト結末は?

無限 の 住人 しら

無限の住人、終わりましたね。 尸良がすごい死に方をしたと知り、漫画読みたくなりましたが、友達に聞いたらグロいからあなたは無理!と言われました。 確かに、人体実験からもう私には無理でした が。 友達いわく、最後、急に良い人になって、逆に万次や凶が悪人のようだったと聞きました。 練造に優しい言葉かけていたと。 (さんざん、虐待してたくせに) それは、本当ですか?なぜそうなったのかいきさつが知りたいです。 そして、私は最後まで尸良には外道でいて欲しかったです。 優しさを見せる尸良なんて見たくない! ボッコボッコにやられて、因果応報だよバーカって、清々したかったのに。 最期、良い人になったら複雑じゃないですか~(泣き) あの正義感と情の深い凛ちゃんと、関わっても、ダメだったんだから、悪を貫けよと思ってしまいました。 補足うわ~、完全にモンスターですね。 確かに良い人ではないですね、でもきっと練造以外の人ならそんなにいろいろ言わなそう。 もしかしたら、練造の事をかわいそうに思ったのかしら。 もしくは今まで世話してくれた礼のつもり?練造は尸良に対して父親みたいな気持ち少し持ってそうだなあ。 尸良と新夜って外道っぷりが似てるし。 何にしても、さんざん女性を陵辱しておいて偉そうな事言うな!と思ったのは私だけでないはず。 万次の不死力を受け継ぎ、全身の痛覚をも失った尸良は、作品中最強レベルの化け物になってしまいました。 頭を割られても死なない、痛みを感じないから斬り合いで万次よりもはるかに優位・・・・奴を倒す為に万次は凶戴斗と目黒の力を借りざるを得ませんでした。 まあ大勢でなぶり殺しには変わりありませんから、万次らが悪人に見えるのも無理は無い。 尸良は最後、不死力と四肢を失って動けなくなり、生きたまま狼の群れに喰われて、無限の住人史上最悪の死に様を晒しました。 喰われる尸良を呆然と見守る練造に対し、放たれた最後の言葉・・・・ 「おめえにあだ討ちは向いてねえよ、おまえじゃあの旦那は殺せねえわ 身内が斬られたってだけで自分が被害者と信じて疑わねえ そのくせ 一番汚ねえ仕事は自分じゃできねえ・・・ そんな性質の悪い人間にはなるなよ!! 知らずに毒に染まる位なら毒をひっかぶって生きろ!! それが出来なきゃ腑抜けとして生きろ!! ああ・・・それと、俺のような人間の言う事は信用するな,・・・・」 練造の自由意志も考えずに凛が彼にかけた優しさも、万次が己の都合を「凛の為」と称し戦う姿も、父の正体を薄々知りながら万次への憎悪に突っ走った練造も・・・ 己に正直な尸良の目からは、欺瞞だらけのお笑い様にしか見えませんでした。 そして、それらを嘲り笑う意図が、最後の台詞には含まれていました。 私にはどう見ても・・・急に良い人になったようには見えません。 最後の最後まで尸良は尸良のままで変わりませんでした。 【補足へ】 練造が尸良に親近感を覚えるなんて有り得ませんね。 尸良が凛に重傷を負わせた時、彼女を助ける為に身の危険を顧みず離反したし。 しかし・・・外道に変わりない万次と尸良が、片方は孤独に死んで片方は仲間に恵まれたのを見て、「そんなの、不公平だろ」と切ない表情をしたのは印象的でした。 尸良に関して言えば・・・最後を看取りに来た唯一の人間である練造にある種の感謝を覚えたのかもしれませんが。 自分が外道である事に誇りを持ち、一切の後悔を抱かなかった分、いさぎよい死に様だったとは思いますよ。 ・・・・ここまで読んでくれたなら、いっその事原作読みませんか?(24巻25巻がそうです。

次の