卑怯 と は 言う まい ね。 「卑怯」とは?意味や使い方をご紹介

「卑怯」とは?意味や使い方をご紹介

卑怯 と は 言う まい ね

スポンサーリンク 卑怯な人の特徴と対処法 卑怯な人は正攻法で物事に取り組まない 卑怯な人というのは、目的を叶えるためにはどのような方法でも厭わないという特徴があります。 自分の実力などが足りないとして、そのまま正攻法で行った場合、目的を叶える事ができません。 卑怯でない人は、そこで目的が叶わなくてもあきらめるか、または実力をつけるようにしようとするものです。 しかし、卑怯な人はそういった正攻法ではなく、裏工作をしたり人にウソの情報を吹き込んだりして、自分の都合の良い形に持っていこうとするのです。 卑怯な人は、正攻法で物事に取り組まず、なんとしても自分の目的を叶える事に、執着しているといえます。 卑怯な人は自分が常に安全な所にいようとする 卑怯な人というのは、自分が窮地に追い込まれるのを極度に嫌がり、人を陥れても自分だけは安全な場所にいようとする特徴があります。 例えば仕事において、自分のミスで仕事に支障が出たのに、たまたま別の人がそのミスを押し付けられていても、正直に話す事により自分が窮地に追い込まれそうなら、決して自分のせいだと言いだす事はありません。 また、誰かがセクハラやもら原に悩まされていても、それを証言する事で自分が後々何か不利益を被りそうなら、決して人のために動こうとはしないのです。 それだけでなく、自分が窮地に追い込まれないためには、人を陥れる事にもさして痛痒を感じないのです。 常に自分の保身ばかり考えている人がいた場合、その人は卑怯な人の可能性が大きいでしょう。 スポンサーリンク 卑怯な人はネガティブな事を行う時に罪の意識がない 卑怯な人は、目的の達成や身の安全を図る為に、色々な策を練るといった事を行います。 その策を練るという方法においても、ネガティブな事、 つまり倫理的に反している事を行うのに躊躇がないのです。 躊躇がないのは、ネガティブな事を行うのに罪の意識がなかったり薄かったりするのですが、 どうしてそうなるのかというとまずは自分の身が可愛く、万が一にも自分が損をしたり何かまずいといった立場に追い込まれる事が耐えられないのです。 それは、人間性のキャパシティーが小さく、自分が追い込まれた時に耐える事ができる精神力がないためです。 卑怯な人は人間性において、いろいろな意味で劣っているといえるでしょう。 そのため、倫理的な事に反してでも、自分の身を守ったり自分の得になるようにするのでしょう。 自分は動かず、他人を動かす このタイプの人間は世話好きであったり、人付き合いが上手でいろいろと話を持ち掛けてくる人だといえるでしょう。 そして、言葉巧みに人を操りそそのかしたり、何かを勧めてくるものです。 それが果たして、自分のためになるのか、犯罪であったりリスクが高かったり危険ではないか、株式投資やFX、投資信託などリスクを承知でいるかどうか・・・。 それを見極めるのもあなた次第と言えるでしょう。 スポンサーリンク 善人の顔をしているが本性は小悪魔 本人の意思は不明ですが、小悪魔タイプの人間というものが世の中にはいるのです。 その人に悪気もなく、平気でうそをついたり行動に一貫性がなく人を振り回してばかり。 そんな人は大抵、にっこりとほほ笑みながら近づいてくるものです。 疑いようのない笑顔(作り笑い)をしながらあなたに近づいてくる人には少し警戒心を持った方がいいかもしれません。 「人の良さそうな人」や「純真な目をしている人」など、そういった人を疑いの目で見ることは気が引けるかもしれませんが、何があるか分からないのが世の中です。 色々なものに猜疑心を持つこと、そして、いたずらに敵を作らない人間関係が必要な時代になっているのかもしれません。 常に受け身にまわる傾向がある これは日本人にありがちですが、他人に任せていて何かあるとその人のせいにするのも卑怯と言えるかもしれません。 誰かに「お願い」していて、それであなたが損害を受けたり、ひどい目にあっても誰も保証してくれないかもしれないのです。 今は「お願いします」と頭を下げて他人に任せきりにしていては危険とも言えます。 医療などの福祉、自分の経済状態、仕事関係や人間関係なども自分の考え方、生き方などを考えなければなりません。 権威や権力に頼っていてもいつかは裏切られかねないものです。 他人と自分の関係を見直して、「本当にこれでいいのか?」を考えてみる時間も時には必要なのではないでしょうか。 そして、協調性も忘れないことも大切です。 自主性と協調性を適度にバランスさせられれば、あなたも現代を生き抜く大人として立派に生きていけるはずです。 スポンサーリンク 卑怯な人の心理 自分のことが好きではない人 卑屈な人は自分のことが好きではありません。 人間は、自分が嫌いな人のことはどんなことでも目に付き、他の人がやれば気にならないことでも、嫌いな人であれば些細なことでもビットがたってしまうものです。 自分のことが嫌いな卑屈な人は、自分のやることなすことが気に入りません。 そうすると、他の人のことを批判するように、自分のことを批判するのです。 自分が嫌いな自分自身のことを、当然周りの人も好きになってくれるなんて思えるはずもなく、ことあるごとに「自分はだめだ」「自分に価値なんてない」といいます。 こういう人は他人への攻撃性はどちらかといえば低いことが多く、自分のことをその分攻撃するのです。 ほかの人に対して、悪口を言うとき、多少は良心が働いて「本人には直接言えないな」という思いが発生しますが、その言えないことを、全部自分で言って、自分で受け止めてしまうのが卑屈な人です。 他人の言葉をまっすぐに受け取れない 卑屈な人は、自分のことを前向きに見たり考えたりことができません。 何か作業をした際に、誰かから賞賛されることがあったとしましょう。 卑屈な人は、誰かから自分が褒められると、「自分が駄目だから、褒めて持ち上げようとしてくれてるんだ」と感じます。 逆に説教をされると素直に「自分が駄目だから、叱られるんだ」と感じてしまいます。 つまり、褒めても何をしても「自分が駄目だから」という風に結び付けてしまいます。 自分のやっていることに自信がもてず、他人の批判を甘んじて受け入れるべきと考えているので、そういった考え方になってしまうのです。 もちろん褒められたことに対して、愛情や想いを感じないわけではありません。 しかし、「この人は優しいから、叱るのではなくて、 という手段をとってくれるんだ」という考え方になります。 スポンサーリンク 真面目な人でいたいと考えている 自分は駄目な人間で、勉強も仕事も出来ないから、せめてルールや規則を守り、誠実に、規則正しく日々をすごそうとします。 一見すると真面目で誠実に作業や業務に取り組んでいるように見え、事実そうではあるのですが、あまり融通が利かないタイプです。 なぜなら 自分の判断に、やはり自信がもてないからです。 そのため、ルールに則って自分の活動の根拠を常に明示しようとします。 ある意味、作業・活動の根拠となる事象・理由が明確であるため、作業内容自体は正確ですが、その反面、応用作業をすることが出来ません。 なぜなら自分の判断に自信がないため、自分の考えで作業をすることを苦手としているからです。 そのため、報告・連絡・相談をきっちり行う一方で、細かすぎると周りからは認識されていることがあります。 他の人への気の遣い方が心配になる 自分の立場を少しでも低くして、ほかの人へ気を遣うことを好みます。 飲み会では積極的に動き、雑務を引き受けることが好きです。 そうすることで、自分の存在意義をかろうじて見出そうとする反面、誰も助けてくれないと「自分はその程度のことしか任せられないその程度の人間なんだ」と負の連鎖に陥ることもあります。 周りから見ると、一見優しい人、頼りになる人、 が出来る人、自己主張が少なく場の空気を大切にする人に見えますが、実際はその行動をとることによって、他の人から評価を得ることで、かろうじて自己満足を満たそうとします。 しかしやはり、ルールに則った生活をするなど、基本的には真面目な性格であり、自分よりも他人を気にするタイプであるということから、性根は優しい人であることは間違いありません。 卑怯な人の心理を理解する いかがでしょうか。 卑怯な人の特徴についてお伝えしましたが、卑怯な人というのは、もともと人間性において劣っているという事です。 しかし、もし自分にそういう要素があるなら、一つ一つ改善していけば、卑怯な人と呼ばれる事もなくなる日も来るでしょう。 人は誰しも卑怯な部分を持ち合わせているものです。 その心理を理解することで、相手に対する許容範囲も少しは広がるのではないでしょうか。 つまり、客観的な視点を持つことが大切であるとも言えるでしょう。 また、仕事先で卑怯な人に悩まされていて、 ・・・と感じている人は「」をしっかり読んでみましょう。 あなたがやるべき行動がしっかり理解できるはずですよ。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

「卑怯」とは?意味や使い方をご紹介

卑怯 と は 言う まい ね

「我が生涯の忍びよ。 不死断ちをお願いできますか。 」 おそらく攻略サイトみないで進めてたら最初に行き着くエンディング「不死断ち」。 その最後のムービーで竜胤の御子こと九郎さまが今作の主人公である忍びの狼へのセリフ。 ここに到るまで九郎は主人として狼には主人らしく背伸びしたような言葉遣いをしていた。 「世話をかけるな・・・」 「狼よ・・・、米は炊いた方がうまいぞ?」 など、親密さは感じるもののどこか無理しているような言葉遣いだった。 しかし、 最後の最後、竜胤を断ち切ることを狼にお願いする時には「お願いできますか」と、敬語になっている。 狼にとって守るべき主人を自らの手で殺めさせるという辛い行為を強いることを心苦しく思いつつも、狼なら葛藤しながらも忠実に実行してくれるであろうという信頼、そんな狼に対する尊敬の念が現れているように思える。 九郎はストーリーの中でも狼の強さや絶対的な主人に対する忠誠心に苦労が心動かされている場面が数多く存在する。 九郎にとって狼は僕である忍びというだけではなく、もっとも尊敬に値する人物なのだろう。 「我が生涯の」というセリフも、狼が唯一心から信頼しているのは狼だけだったと伺える。 狼=プレイヤーで感情移入しまくりだった僕はちょっと泣きそうだった。 というか泣いた。 御子様、そんなに僕を信用してくれてたなんて・・・。 殺したくない。 しかし、主人はそれを望んでいる。 「為すべきことを、為すのです」・・・ 2. 「迷えば、敗れる」 今作のラスボス葦名一心がことあるごとに口にする言葉。 剣聖葦名一心を倒すのに5時間かかった僕は、この言葉を何度聞いたかわからない。 しかし、 このセリフはこのゲームの精神性を体現している。 敵と戦う時にどんな行動をとればよいのか?ということに一瞬でも迷いが生じれば、それが隙になり一気に攻撃を叩き込まれて「死」。 わかってる・・・、わかってるんだけど、一心さん、あんたの攻撃読み切るの難しかった。 モーションランダムで変えたりしないでくれよ、迷っちゃうよ。 しかし、最終的にランダム要素の強い攻撃は迷いなく回避し、弾ける攻撃は迷いなく弾く、隙を見つければ迷いなくあらかじめ決めてある数だけ剣戟を打ち込む。 これがセキロのムーブの根幹だ。 「さっ、セキロできるようになったかな?」 という、フロムからの試練であった葦名一心。 現実世界でも「迷えば、敗れる」な場面は数多くある。 フロムがまた僕に人生を教えてくれた。 「最後の不死を、成敗いたす」 「人返り」エンドにて狼が自害する寸前に呟くセリフ。 九郎が人として生きていくためは竜胤の呪いを断ち切る必要がある。 九郎が常桜の花によって竜胤の力を失い、竜胤の残滓はもはや狼だけとなる。 その「最後の不死」である自分自身を切ることによって竜胤は消え去り、九郎の人返りが成る。 最高にかっけえ設定だ・・・。 まず、 自らを「最後の不死」と呼ぶおしゃれさ。 世界の理を歪める不死をことごとく滅してきた狼が最後に成敗するのは自分自身・・・というのは切ないが、心に響くラスト。 殺す、とかじゃなくて「成敗」ってのも日本語の奥ゆかしさが見えていいよね。 ソウルボーンの世界観は全体的にプレイヤーが「なんとなく察する」ものだった。 その精神が婉曲表現だらけの日本語にマッチしないわけがない。 狼は2度死んだ。 梟の謀反から九郎を助けるために死に、九郎を竜胤から解き放つ為にまた死ぬ。 だから、シャドウズ・ダイ・トゥワイスー影(忍)は2度死ぬー 「人返り」がトゥルーエンドで異論はありませんか?よし、ないね、結構。 「お前さん、ありがとうよ・・・」 今回の鍛冶屋ポジである「仏師」こと「猩々」。 その成れの果てである「怨嗟の鬼」。 自らを死という結果を持って怨嗟の炎から解放してくれた狼に対する仏師こと怨嗟の鬼からのセリフ。 初見見たときはマジで誰かわからなかったよね。 いきなり何もわからずなんか知らんけどやばそうなボスがいるエリアに飛ばされてぶっ殺されまくってた。 死闘の末とどめ忍殺を決める時のセリフでやっと気づいた。 仏師はことあるごとに「炎」や「修羅」という言葉をつぶやいていた。 過去に修羅になってしまうほどに人を殺めた仏師は怨嗟が集まる対象になってしまっていた。 内府の侵攻で世界の怨嗟が高まりそれを一身に受けた仏師が怨嗟の鬼と化してしまった。 仏師を解放してやれたことはよかったけど、結局怨嗟に呑まれてしまったことは残念でならない。 あとどうせなら「一定の条件満たしたらエマ参戦!」みたいな激アツ展開が欲しかったところ。 エマさん、仏師どのに得意の「投げ」打ち込んじゃってください。 あ、浮舟渡はいいです。 「狼よ、我が血と共に生きてくれ・・・」 初めて死んでしまった時に挿入される九郎のセリフ。 この演出のあとに桜の舞うエフェクトとともに狼が回生したときはかっこよすぎて笑った。 のちにこのセリフは過去に九郎がいた平田屋敷というところで、九郎を守る為に死んでしまった狼に九郎が竜胤の契りを与えるシーンの記憶だったということがわかる。 最高にかっこいいセリフだが、周回を重ねていると全く死ななくなり、終盤くらいでうっかり死んじゃったときにやっとこのセリフムービーが挿入される。 遅すぎ。 もちろん毎回このセリフは聞く。 それにしても竜胤の契りってなんなんだ? 不死斬りじゃないと九郎の血は流れないから、血を飲ませたってことでもないだろうし。 今年の夏はそういうことを真摯に考察した薄い本がいっぱい出そうですね。 「忍びよ、卑怯とは言うまいな」 唯一の負けイベントボスである葦名弦一郎が狼を倒したあとに不意打ちで左腕を切り飛ばしたときに言うセリフ。 狼に倒されても言うけど。 このセリフもまたSekiroというゲームを体現するセリフの一つだ。 スニーキングからの忍殺、鉤縄アクションによるショートカット、道具を使った勝ち確パターン、敵全スルーのダッシュおしっぱ、死んでも蘇りまくる狼・・・。 今までのソウルボーンだと 邪道チックな卑怯プレイもこのセリフを心の中で呟けばオールOKだ。 このセリフを心に刻み込ませることで、今回のSekiroは今までのソウルボーンとはプレイスタイルが全く違うよ、ってことを教えたかったんだと思う。 弦ちゃん、行動パターン読みやすいから、刀踏みにじりまくったり、必殺技を一文字で潰したりしてごめんな。 弦一郎、「卑怯とは言うまいな」・・・。 「影落とし・・・、お返しいたす・・・」 狼が一度過去に死んでいるが、その犯人は義父であり忍びの師である「梟」だった。 「影」=「忍び」を殺めることを「影落とし」といい、それを再会した梟に狼が叩き込むときのセリフ。 そもそもの平田屋敷襲撃の主犯格であった梟に主人を捨てるように言われ、断ると梟との戦闘になる。 「親は絶対」という鉄の掟を破ってでも、主人を守ることを貫いた狼。 ここで本物の自律した忍びになった意義深いシーン。 「忍び」を「影」と呼び、「殺めること」を「落とす」という言葉選び。 やはり狼は文豪。 細雪もおしゃれ。 ここで「御子を捨てる」を選択する人は一度心に潤いを取り戻した方がいい。 どうせドラクエ5でもフローラとかデボラを選んで生きてきたんだろう。 悲しい。 この後イベントを進めれば全盛期の梟と戦うこともできる。 自らの名を轟かせたいという忍びにあるまじき思想に染まった梟は弱くなってしまっている。 と思いきや、僕的には過去の全盛期梟のほうが戦いやすい。 フェニックス後の突き攻撃ありがとうございます。 というか 現在梟の方があらゆる汚い手を使ってくる感じが悪役に徹してて好き。 「やれい!」 ラスボス剣聖・葦名一心が狼との戦いに敗れた後潔く切腹して介錯を頼むシーンのセリフ。 弦ちゃんの体から這い出してくる衝撃的な登場シーン、ラスボスにふさわしい苛烈なモーション、そしてこの負けた時の潔さ・・・、最高のラスボスじゃない? あ、弦一郎さん、時間稼ぎお疲れ様です。 一心は結局最後に破れるわけだけど、一心自身この結果はわかっていたと思う。 なぜなら一心は「迷った」から。 竜胤をはじめとする不死の力に否定的だった一心が最後に、孫の頼みだ・・・、と言って自らが不死として蘇る。 一心さん、ブレてます、迷ってます、だから破れるんだ。 わかっていたからこそ切腹する覚悟はとうにできていて、すぐに迷いなく切腹したんだと思う。 最後には迷いなし。 やはり一心はラスボスだ。 まとめ:順位つけないとか言ったけどやっぱ一番は・・・.

次の

【ネタバレ注意】Sekiro(セキロ)のセリフで最高なの8個選んだ

卑怯 と は 言う まい ね

日本では、昔から「卑怯」なことへの風当たりは強いようです。 いまでも武士道精神といわれることもあるように、正々堂々と勝負することが良しとされ、ときには、潔く負けなさいという考えも見受けられることがあります。 かつて武士たちの間には、「不意打ち」「だまし討ち」をするのは「卑怯であり恥」だという意識があり、正面からぶつかることが重んじられていたそうです。 また、 「背中の傷は武士の恥」であり、勝ち目がなくとも、背中を向けて逃げてはいけなかったという説もあります。 切腹もそうです。 「死に際は潔く」あることが武士の誇りであったからこそ、命乞いをして生き延びるよりは、潔く散るべきだという価値観が浸透していたのでしょう。 「だまし討ち」も「逃げること」も「命乞い」も、武士として正々堂々ではない「卑怯」なことであるとし、忌み嫌っていたのかもしれません。 特にスポーツ界では、「卑怯」であることが嫌われます。 スポーツマンシップを基本原則としているため、「ズル」をすることは下劣な行為とされています。 ここで問題になるのが、「戦略のひとつとして真っ向勝負しないのは卑怯か」という点です。 ワールドカップなどでは、わざと負けることで次の試合では弱いチームと当たることがあり、結果的に勝ち進む確率が高くなります。 「わざと負ける」ことについて、「卑怯」だと批判する人もいれば、「戦略のうち」と称賛する人もいます。 スポーツ界は「結果がすべて」という考えが一般的のようで、勝つためには手段を選ばない選手も多いようです。 勝つために負ける、あるいは時間をかせぐことは「卑怯」なのか「戦略」なのかは、よく議論の的になります。

次の