宮沢りえ 西遊記。 ドラマ「西遊記」には唐沢寿明版と宮沢りえ版があった

「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」は、宮沢りえ版の西遊記の主題歌!

宮沢りえ 西遊記

概要 [ ] 本作は、1993年に特別番組として制作された・主演版が好評だったことから連続ドラマとして制作された が、設定や俳優陣は一新されており、続編ではない。 堺正章版や本木雅弘版では描かれなかったへの到着が本作でようやく描かれるという内容も、それらとは異なる点である。 堺正章版との差別化を図るため、過去シリーズより大きく脚色している。 登場するたちが一部を除き、妖怪の王・の配下にある妖怪・率いる妖怪軍団として組織化されており、提婆達多軍団との戦いに重点を置いている。 原作と堺正章版のに相当する白竜の人間体は、最初から登場する。 また、、、白竜は提婆達多の配下から改心してのお供になったうえ、沙悟浄と猪八戒は普段は人間の姿となっており、緊急時には沙悟浄は河童、猪八戒は豚の妖怪の姿(着ぐるみ)に変身して戦うという設定である。 第14話では、の顔にメイクをした「」という形態が登場した。 主役の唐沢は過去の経験を生かし、ほとんど吹き替えなしでアクションシーンを演じた。 また、特撮シーンには当時としては画期的なが多用されている。 一見すると中国ロケのような村の風景は、に当時存在していた中国風テーマパークので撮影された。 による休止が多く 、当初は全22話の予定であったが全17話で終了した。 ビデオはから第1話を収録した第1巻のみがに発売されたがとなっており、化もされていない。 キャスト [ ] 三蔵一行 [ ] 孫悟空 演 - 石から生まれた石猿。 とから戦う力を与えられた。 自分が「釈迦と対等だ。 」と言ってしまったために釈迦に岩山に閉じ込められてしまった。 三蔵法師に岩山から解放され、緊箍児を頭にはめられてしまったため三蔵のお供になった。 他の三蔵の弟子たちの兄貴分としてその手腕を発揮する。 勇気と思いやりを兼ね備えた性格だが短気で落ち込みやすい所もある。 戦闘能力が高く如意棒を駆使して敵と戦う。 当初は人間の愛や心を理解できないでいたが、最終回で三蔵との旅で人間の心を持ち人を信じる事が出来たと自暴自棄になった三蔵に言っている。 白竜曰く「失敬な奴」で三蔵曰く「少々短気な者」。 玄奘三蔵法師 演 - 太宗皇帝から三蔵法師の法名を与えられた僧。 天竺まで有り難い経典を取りに旅に出る。 旅の途中で白竜、悟空、悟浄、八戒を弟子にする。 非常に慈悲深い性格で白竜は長安で彼に助けられたためそれを恩義に感じて弟子になる。 意地っ張りで頑固で弟子に向かって「破門する」「修行が足りませんよ」と言うのが口癖。 その反面、精神的に脆いところもあり気分次第ですぐに考え方を変えたり、時折弟子の食糧を盗み食いするといった行動に出ることもあるので全くの堅物というわけではない。 最終回で腐敗した天竺に絶望して麻薬中毒に陥ったが、本当に大切なものが経典ではなく仲間と人の心であるという事を悟って立ち直る。 沙悟浄 演 - 羅刹女の部下だった河童の妖怪。 寺の和尚(八戒の変装)の執事に化けて三蔵を地獄に連れて行こうとするが、悟空に戦いを挑んで一度は命を落とす。 しかし、三蔵に命を助けられそのとして天竺行きのお供をする事になる。 しかし、天竺行きの一番の目的は金儲けのためであり金にがめつい。 また、三蔵法師に命を助けられた際には「このご恩は一生忘れません。 」と忠誠を誓っておきながら、きっかけ一つですぐに裏切る。 しかしながら、回を追うごとに三蔵の優しい気持ちに影響されていく。 金にがめつくなってしまった理由には彼が子供の頃に父親から何も買ってもらえなかった事がその背景にあるようである。 しかし頭は良く、、、、、の知識に秀でている。 戦闘時には人間の姿から河童の姿になり口から吐く息で敵を凍らせる。 時折、三蔵の事を「シロ坊主」と呼んでいる。 三蔵曰く「お金に卑しい者」。 猪八戒 演 - 羅刹女の部下だった豚の妖怪。 悟浄と組んで寺の和尚に化けて三蔵を地獄に連れて行こうとするが、悟空に戦いを挑んで一度は命を落とす。 しかし三蔵法師に命を助けられ、その恩返しとして天竺行きのお供をする事になる。 しかし天竺行きの一番の目的は女であり女性への執着心が病気のように強い。 食欲旺盛なために旅に必要な食糧を一人でつまみ食いする事もよくあり仲間たちの頭をいつも悩ませている。 そのせいか仲間内ではいつも損な役回りが多い(毒見や三蔵の身代わり等)。 悟浄同様、三蔵法師に忠誠を誓っておきながらきっかけ一つですぐに裏切る。 しかしながら悟浄同様回を追うごとに三蔵の優しい気持ちに影響されていく。 戦闘時には人間の姿から豚の姿に変わり口から炎を吐く。 悟浄の事を親友だと思っている。 三蔵曰く「女にだらしない者」。 白竜 演 - 羅刹女の部下・兇竜の息子。 皇帝の馬に化けて皇帝を殺そうとしたが失敗。 皇帝の命令によって処刑されそうになるが三蔵に助けられる。 三蔵に深く恩義を感じて弟子になるが、その事により提婆達多に父親を処刑されてしまう。 以後、三蔵の馬として天竺行きのお供をすることになる。 男らしく義理堅い性格で三蔵に対する忠誠心が一番高いといえる。 羅刹女の部下だった頃は自ら兵を率いて戦っていたが、三蔵の弟子になってからは滅多に戦闘に参加することはなかった。 他の弟子たちの戦い振りを横で見ているか、突込みを入れるかの役割をしている。 第16話で羅刹女の手にかかり絶命するも竜に生まれ変わって昇天する。 提婆達多群 [ ] 羅刹女 演 - 提婆達多配下の妖怪の女性。 人間の女に成りすまして太宗皇帝の妻となり子供を身篭り皇帝を殺して大唐帝国の実権を握ろうとするが三蔵法師の邪魔により失敗。 以後、妖怪軍団を率いて三蔵法師の命を狙うようになる。 冷酷非情な性格で誰が死んでも動じずにいつも不気味な笑いをしている。 人間を憎む理由は人間が妖怪を虐げてきたからだという。 その反面、人間の仕掛けた罠に落ちて泣き出してしまうといった間抜けな一面もあり、その時には三蔵の弟子たちから馬鹿呼ばわりされた。 第16話で絶命。 英竜 演 - 兇竜の息子で羅刹女の部下。 艶竜 演 - 兇竜の娘で羅刹女の部下。 英竜と艶竜は白竜の兄弟であるが、白竜が裏切ったために父親の兇竜が責任を取って処刑されたため、自分たちの命を守るためにやむを得ず羅刹女に従い前線で悟空たちと戦いを度々繰り広げる。 第16話で絶命。 提婆達多 演 - (声の出演) 妖怪の王で巨大な一つ目から発する炎が最大の武器。 五百年前に悟空に敗れ、一度は絶命するがその死は多くの妖怪を作り上げた。 三蔵が取経の旅に出る時には復活していた。 三蔵の取経を阻止し、妖怪たちの世界を築き上げようと目論む。 第16話で悟空の特攻を受け絶命。 ゲスト [ ] 第1話 「オープニングスペシャル 豪華絢爛摩訶不思議、CG特撮笑いと涙、何でもありの超大作」• 太宗皇帝 -• 兇竜 -• 観世音菩薩 -• 旅人 -• ナレーション -• 、 第2話 「何でもかなう願いの木」• 老婆 -• 農家の主 - 第3話 「善人村には落とし穴」• 広智坊 -• 馬大人 -• 麗芳 - 第4話 「三蔵の心臓が食べられちゃう! 春麗 -• 李白 -• 道順 -• 、 第5話 「怒りの三蔵vs.霊感大王」• 卜全 -• 天天 -• 安安 -• 霊感大王 -• 刑事妖怪 -• 医師妖怪 -• 、、 第6話 「霊界からよみがえった妖怪」• 南大 -• 外道神 - 第7話 「如意棒が盗まれた! 韋駄天小僧 -• 夜叉丸 - 第8話 「悟空vs.大たぬき妖怪!! 村長 -• 美麗 -• 恩来 -• 狸穴大王 -• 、 第9話 「悟空vs.時をこえる妖怪」• 重来 -• 時獏 - 第10話 「悟空破門! キント雲で金もうけ」• 劉洪 -• 李彪 -• 医者 -• 、 第11話 「未来を見通す家なき子」• 香琳 -• 周 -• 胴元 -• 宿の女将 -• 、、 第12話 「みんなまとめて破門します!? 鈴蘭 -• 源白 -• 源黄 -• 源黒 -• 、 第13話 「悟空vs.男をのろい殺す女妖怪!! 金炎 -• 武竜 -• 独秀 -• 、、、 第14話 「悟空狂乱! 村人たち全員誘拐! 俊英 -• 香蘭 -• 陳尚文 -• 牛頭魔王 - Ronny santana 第15話 「恐怖の妖怪収容所」• 孫子 -• 理空 -• 石像 - 第16話 「さよなら白竜・悟空vs.提婆最終決戦」• 妙珍 -• 家来 - 、 最終話 「ついに到着! これが天竺大雷音寺だ! マヤ -• 賊の頭 -• ハヌマン - スタッフ [ ]• 脚本 - 、、、、、、、、、、• 音楽 -• 監督 - 、、、、、• 特撮監督 -• 主題歌• 「」 番組前半ではオープニングテーマ、第1話と番組後半ではエンディングテーマ• infix「」 通常は挿入歌だが、最終話のみエンディングテーマとして使用された• 選曲 -• 音楽プロデュース -• 技斗 -• 特殊メイクデザイン -• 特殊メイク - 宗理起也、織田尚• 特殊造型 - 水野伸一• キャラクター造型 - 、、高柳祐介• CG - テクノネット• 光学アニメーション -• 操演 - 亀甲船• ロケ協力 - 登別中国庭園・天華園• 技術協力 -• スタジオ -• 音響効果 - ()• 小道具 -• 衣装 -• 装飾 -• 美粧 -• プロデュース - 、西牟田知夫、鍋島壽夫、吉田多喜男• 制作協力 - ライトヴィジョン、• 製作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 1994年4月 08日 オープニングスペシャル 豪華絢爛摩訶不思議、CG特撮笑いと涙、何でもありの超大作 柴英三郎 一倉治雄 12. 深沢正樹 11. 峯尾基三 門奈克雄 08. 尾西兼一 09. キント雲で金もうけ 尾崎将也 門奈克雄 07. 丸山比朗 吉田啓一郎 0 7. 布勢博一 村田忍 08. 村人たち全員誘拐! 田上雄 杉村六郎 09. これが天竺大雷音寺だ! 田上雄 門奈克雄 08.

次の

西遊記 (1993年のテレビドラマ)とは

宮沢りえ 西遊記

・孫悟空:唐沢寿明 ・三蔵法師:牧瀬里穂 ・沙悟浄:柄本明 ・猪八戒:小倉久寛 ・白竜:柳沢慎吾 唐沢寿明さんの西遊記では、なぜか西遊記でお馴染みの妖怪はほとんど出ていなかったとのこと。 羅刹女だけは出ていたものの、牛魔王も金角も銀角も登場しなかったのだそうです。 20時台に放送されているにもかかわらず、視聴率は最高でも12%台。 一桁の回も多かったようです。 ドラマやテレビ不振の今ならまだしも、1994年当時のゴールデンタイムの視聴率としてはかなり厳しいものがあります… 北海道でのロケや当時では珍しいCGを使ったりと、製作にもかなりお金もかかっていたようなのですが。 唐沢寿明さんの西遊記はDVDやブルーレイ化されておらず、観ることは不可能なようです。 当時はVHSビデオ版が発売されていたのですが、たった1巻しか発売されていないので全話を観ることはできなかったようです。 堺正章さんの西遊記については長く語り継がれている一方で、同じ日テレで放送されていたにもかかわらず話題にのぼることも一切ありませんよね… 宮沢りえ版「西遊記」も存在した! 宮沢りえさんが三蔵法師を演じていた西遊記についての情報は、さすがに少なかったです。 しかし、宮沢りえさんの西遊記が放送されていたのは本当であることがわかりました! 放送されたのは、1993年。 連続シリーズのドラマではなく、1回限りのスペシャルドラマだったんですね。 放送局は、堺正章版と同じく日本テレビでした。 宮沢りえさんが三蔵法師の役。 孫悟空の役は…本木雅弘さんでした! 宮沢りえさんと本木雅弘さんというと、どうしても伊右衛門のCMを思い出してしまうのですがw 宮沢りえ版西遊記の主要キャストは、以下の通りとなっていました。 ・孫悟空:本木雅弘 ・三蔵法師:宮沢りえ ・沙悟浄:嶋田久作 ・猪八戒:河原さぶ 宮沢りえさんと本木雅弘さんの西遊記はかなり評判がよかったようで、視聴率は26. その高視聴率が、唐沢寿明版の西遊記につながったのだそうですが… もしキャストを一新していなければ、連続ドラマ版の視聴率も違っていたのでしょうか? こちらの西遊記も、DVD化はされていないんですよね。 単発のスペシャルドラマだからなのでしょうか? 当時人気があったのに語られていないのは、勿体ない話ですが… ちなみに主題歌は、Bzの「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」だったそうですw これ知りませんでした。 あの名曲が、ドラマとタイアップだったなんて。 曲自体はいいのですが…西遊記のイメージはありませんねw まとめ 唐沢寿明版の西遊記は存在した。 宮沢りえ版の西遊記も、単発のスペシャルドラマが存在した。 どちらとも、日本テレビ(現:日テレ)で放送されていた。 宮沢りえ版の西遊記が高視聴率を出したことを受けて、唐沢寿明版の西遊記が連続ドラマになったが… こちらは逆に視聴率獲得に苦戦していた。 スポンサーリンク.

次の

西遊記の玄奘で有名な三蔵法師の仏教の本当の意味は?

宮沢りえ 西遊記

三蔵法師(さんぞうほうし)とは 「 三蔵法師」といえば、 西遊記に出てくる三蔵法師が有名です。 三蔵法師の性別は男ですが、 日本の西遊記のドラマでは、夏目雅子や宮沢りえといった 美人女優が演じて人気ですが、性別は男性の設定です。 さらに、ドラゴンボールの孫悟空に対して、 三蔵法師がモデルになっているブルマは女性です。 このように大変有名になっている三蔵法師は もともと仏教から来たのですが、西遊記ではどんな人だったでしょうか。 西遊記での三蔵法師 「 西遊記」は、中国の16世紀の物語で 三蔵法師は「 (げんじょう)」という名前です。 お供に、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の3人を従えて、 白馬の玉龍に乗っています。 そして、中国からを求めて が仏教を説かれたインド(天竺)に旅する間に、 色々なドラマが起きるのです。 西遊記には色々な妖怪が出てきたりして、 まったくのフィクションですが、 モデルとなった三蔵法師のは、実在の人物です。 実在の玄奘三蔵 実在する三蔵法師のは、 西暦602年から664年まで生きた 中国の唐の時代の和尚さんです。 11歳でし、中国各地をめぐって高僧たちから教えを受けます。 唐の国では外国旅への出国が禁止だったのですが、 26歳のとき、法律を破って一人、インドへ旅立ちます。 西遊記ではか弱い感じのですが、 本物は一人でゴビ砂漠を越えますので、 相当屈強な男性です。 ようやくインドへたどりついたは、 人間の心の中でも最も深い本心であるから この世の一切が生み出されるという「 唯識(ゆいしき)」を学びます。 40歳まで学問を深め、中国に仏教を伝えたいと 帰ることを決意します。 今度はインドのサンスクリット語で書かれたを 22頭の馬につんでの長旅です。 インダス河で船が沈み、を失うなどのトラブルを乗り越えて ついに43歳のとき、たくさんのを中国へ持って帰ってきます。 そのときには、唐の状況が変わっており、 時の太宗皇帝が歓迎したので、 持って帰ってきたの翻訳に人生を捧げます。 それが『 解深密経』や『 大般若経』『 』 『 倶舎論』や『 唯識三十頌』『 唯識二十論』『 瑜伽師地論』などです。 その翻訳が大変すばらしかったので、 以降に翻訳された漢訳経典を「 新訳」といわれています。 その後、弟子の窺基(きき)がを開いたので、 は後に唯識に基づくの開祖といわれるようになりました。 では、こののことをよく「 三蔵法師」といわれるのは 何なのでしょうか。 三蔵法師とは? 三蔵法師の「 三蔵」とは、 「 経蔵」、「 律蔵」、「 論蔵」の3つです。 「 経蔵」とは、の教えを書き残されたです。 「 律蔵」とは、お釈迦さまの説かれたです。 「 論蔵」とは、お釈迦さまの教えを解釈されたものです。 それらの三蔵に精通したを三蔵法師といいますが、 これらはインドの言葉で書かれていますので、 それを中国の言葉に翻訳した翻訳者を三蔵法師といいます。 ですから、だけを指す言葉ではなく、 歴史上、たくさんの三蔵法師たちが存在します。 それは、インドと中国の言葉が分かり、 仏教にも詳しくなければできない、 ものすごく賢い人たちです。 そんなたくさんの三蔵法師たちの中でも一番有名なのが、 ですが、二番目に有名な三蔵法師は誰かというと、 「 (くまらじゅう)」です。 と共に「 二大訳聖」といわれます。 もう一人の有名三蔵法師・鳩摩羅什 は、よりはやく、344年から413年を生きた人です。 亀茲国といって、インドでも中国でもない国の出身です。 ところが、天才的な語学力を発揮して、 大変美しい文章で翻訳し、 の新訳に対しての翻訳は「 旧訳」といわれます。 新訳と旧訳でどのように違うのかというと、 例えば、なら、 は「 観世音菩薩」 の訳は「 観自在菩薩」 インドで唯識を大成したヴァスヴァンドゥ菩薩なら は「 天親菩薩」 の訳は「 世親菩薩」です。 多くの人に親しまれている言葉遣いで、 たくさんの重要な経典を翻訳しています。 たとえば、『 維摩経』や『 』『 』 菩薩の『 大智度論』『 中論』などです。 三蔵法師の功績 三蔵法師として、インドから中国へ仏教を伝えたは他にも、 中央アジア出身の 康僧鎧や インド出身の 菩提流支など たくさんあります。 このように、三蔵に精通し、天才的な語学力を持った、 たくさんの三蔵法師たちの命をかけた努力によって 仏教はインドから中国へ伝えられ、 歴史上、数え切れないほどの多くの人が、 仏教の教えによって本当のに救われていったのです。 その、どんな人も本当のになれる仏教の教えは、 どんなものかというと、メール講座と小冊子で、 分かりやすく学べるようにまとめてあります。 ぜひみてみてください。 メニュー•

次の