ティー アップ 漫才。 漫才 ティーアップ【コンビニ】

ティーアップ

ティー アップ 漫才

メンバー [ ] 前田 勝(まえだ まさる、 - ) 出身。 ボケ、ネタ作成担当。 で二児の父。 (、自身の誕生日であるに12歳年下の一般女性と結婚) 5期生。 近畿大学商経学部経済学科中退。 同期には、、、などがいる。 当時から今に至るまで、ずっと老けた風貌をしている。 デビューはNSC入学3か月目で、お笑いコンビ『前田・平田』で心斎橋にあったが初舞台。 その年の暮れには、京都花月で進行係をしながらの出番を貰い、そこで今の相方である長谷川と出会う。 翌年1月の『第8回ABC漫才・落語新人コンクール』にNSC在学中に予選を通過、本選進出する。 『前田・平田』解散の後『スプーン』というコンビ名で『第9回』にエントリーするものの、当時の相方の連絡ミスで、予選と本選のネタを変えなければいけないこと知らず、急ごしらえのネタで本選に挑むも2位。 その後、『』でのコーナーで、4人組の中最後のオチを担当することになり、視聴者に覚えてもらいやすくする為に、顔の雰囲気がバカボンに似ているという理由から『バカボン前田』という芸名を名乗っていた。 ティーアップ結成後はCMにも使われるようになり、『(初代)』『』『』『』等に出演。 『黒ラベル君』に選ばれた頃は、そのとぼけたキャラクターがウケてそれなりの人気を呼んでいたが、前田自身がそのことを鼻にかけてになってしまい、CMのプロデューサーとケンカして、同社のCMを降板させられてしまう。 前述の事件後、テレビでの露出が減り低迷期を迎え、酒浸りなどの日々が続いたが立ち直り、これをきっかけにテレビへの露出から漫才に打ち込む方向に姿勢を変え、現在では舞台を中心に活躍の場を据えて活動している。 2014年に慢性により入院。 2015年の8月にも治療により入院。 見た目としわがれ声から『』では、「おじいちゃん」と呼ばれている。 (はせがわ ひろし、 - ) 出身。。 ツッコミ担当。 の弟子。 出っ歯が特徴。 趣味は。。 愛称は ハセ兄(にい)。 ティーアップ結成以前、漫才コンビ『テイクアウト』で短期間活動していた。 洒落者として知られており、『』()ではに楽屋入りする際の私服姿が『長谷兄NGKコレクション』として季節ごとに放送されている。 安田の好みの男性。 『2008』()にて、自身は番組に出演していなかったが、安田から生放送の公共の電波を通じて、「宏、いやダーリン、一緒にカナダに行こう!! 」とプロポーズされた(カナダは、同性の結婚が認められている)。 かつては、と交際していた。 ネタ [ ]• ネタ制作担当は、前田である。 主に基本に忠実なを披露する。 「お前酔うとんのか〜」など、前田のダミ声による味のあるボケに長谷川が絶妙のツッコミを入れていくのが特徴である。 2004年から毎年なんばグランド花月にて『漫才攻め』という漫才のみの単独ライブを開催している。 なんばグランド花月の他、やの出演など、舞台での仕事が多く、テレビでは漫才特番に顔を出す程度であるが、漫才の評価は高く、多くの賞を受賞している。 受賞歴 [ ]• (・制作)• (サンテレビ)• (、月曜)• (、水曜日)• () - 長谷川のみ。 『長谷兄NGKコレクション』にて3ヵ月に1回ほど出演している。 脚注 [ ].

次の

漫才 ティーアップ【コンビニ】

ティー アップ 漫才

メンバー [ ] 前田 勝(まえだ まさる、 - ) 出身。 ボケ、ネタ作成担当。 で二児の父。 (、自身の誕生日であるに12歳年下の一般女性と結婚) 5期生。 近畿大学商経学部経済学科中退。 同期には、、、などがいる。 当時から今に至るまで、ずっと老けた風貌をしている。 デビューはNSC入学3か月目で、お笑いコンビ『前田・平田』で心斎橋にあったが初舞台。 その年の暮れには、京都花月で進行係をしながらの出番を貰い、そこで今の相方である長谷川と出会う。 翌年1月の『第8回ABC漫才・落語新人コンクール』にNSC在学中に予選を通過、本選進出する。 『前田・平田』解散の後『スプーン』というコンビ名で『第9回』にエントリーするものの、当時の相方の連絡ミスで、予選と本選のネタを変えなければいけないこと知らず、急ごしらえのネタで本選に挑むも2位。 その後、『』でのコーナーで、4人組の中最後のオチを担当することになり、視聴者に覚えてもらいやすくする為に、顔の雰囲気がバカボンに似ているという理由から『バカボン前田』という芸名を名乗っていた。 ティーアップ結成後はCMにも使われるようになり、『(初代)』『』『』『』等に出演。 『黒ラベル君』に選ばれた頃は、そのとぼけたキャラクターがウケてそれなりの人気を呼んでいたが、前田自身がそのことを鼻にかけてになってしまい、CMのプロデューサーとケンカして、同社のCMを降板させられてしまう。 前述の事件後、テレビでの露出が減り低迷期を迎え、酒浸りなどの日々が続いたが立ち直り、これをきっかけにテレビへの露出から漫才に打ち込む方向に姿勢を変え、現在では舞台を中心に活躍の場を据えて活動している。 2014年に慢性により入院。 2015年の8月にも治療により入院。 見た目としわがれ声から『』では、「おじいちゃん」と呼ばれている。 (はせがわ ひろし、 - ) 出身。。 ツッコミ担当。 の弟子。 出っ歯が特徴。 趣味は。。 愛称は ハセ兄(にい)。 ティーアップ結成以前、漫才コンビ『テイクアウト』で短期間活動していた。 洒落者として知られており、『』()ではに楽屋入りする際の私服姿が『長谷兄NGKコレクション』として季節ごとに放送されている。 安田の好みの男性。 『2008』()にて、自身は番組に出演していなかったが、安田から生放送の公共の電波を通じて、「宏、いやダーリン、一緒にカナダに行こう!! 」とプロポーズされた(カナダは、同性の結婚が認められている)。 かつては、と交際していた。 ネタ [ ]• ネタ制作担当は、前田である。 主に基本に忠実なを披露する。 「お前酔うとんのか〜」など、前田のダミ声による味のあるボケに長谷川が絶妙のツッコミを入れていくのが特徴である。 2004年から毎年なんばグランド花月にて『漫才攻め』という漫才のみの単独ライブを開催している。 なんばグランド花月の他、やの出演など、舞台での仕事が多く、テレビでは漫才特番に顔を出す程度であるが、漫才の評価は高く、多くの賞を受賞している。 受賞歴 [ ]• (・制作)• (サンテレビ)• (、月曜)• (、水曜日)• () - 長谷川のみ。 『長谷兄NGKコレクション』にて3ヵ月に1回ほど出演している。 脚注 [ ].

次の

漫才 ティーアップ【コンビニ】

ティー アップ 漫才

メンバー [ ] 前田 勝(まえだ まさる、 - ) 出身。 ボケ、ネタ作成担当。 で二児の父。 (、自身の誕生日であるに12歳年下の一般女性と結婚) 5期生。 近畿大学商経学部経済学科中退。 同期には、、、などがいる。 当時から今に至るまで、ずっと老けた風貌をしている。 デビューはNSC入学3か月目で、お笑いコンビ『前田・平田』で心斎橋にあったが初舞台。 その年の暮れには、京都花月で進行係をしながらの出番を貰い、そこで今の相方である長谷川と出会う。 翌年1月の『第8回ABC漫才・落語新人コンクール』にNSC在学中に予選を通過、本選進出する。 『前田・平田』解散の後『スプーン』というコンビ名で『第9回』にエントリーするものの、当時の相方の連絡ミスで、予選と本選のネタを変えなければいけないこと知らず、急ごしらえのネタで本選に挑むも2位。 その後、『』でのコーナーで、4人組の中最後のオチを担当することになり、視聴者に覚えてもらいやすくする為に、顔の雰囲気がバカボンに似ているという理由から『バカボン前田』という芸名を名乗っていた。 ティーアップ結成後はCMにも使われるようになり、『(初代)』『』『』『』等に出演。 『黒ラベル君』に選ばれた頃は、そのとぼけたキャラクターがウケてそれなりの人気を呼んでいたが、前田自身がそのことを鼻にかけてになってしまい、CMのプロデューサーとケンカして、同社のCMを降板させられてしまう。 前述の事件後、テレビでの露出が減り低迷期を迎え、酒浸りなどの日々が続いたが立ち直り、これをきっかけにテレビへの露出から漫才に打ち込む方向に姿勢を変え、現在では舞台を中心に活躍の場を据えて活動している。 2014年に慢性により入院。 2015年の8月にも治療により入院。 見た目としわがれ声から『』では、「おじいちゃん」と呼ばれている。 (はせがわ ひろし、 - ) 出身。。 ツッコミ担当。 の弟子。 出っ歯が特徴。 趣味は。。 愛称は ハセ兄(にい)。 ティーアップ結成以前、漫才コンビ『テイクアウト』で短期間活動していた。 洒落者として知られており、『』()ではに楽屋入りする際の私服姿が『長谷兄NGKコレクション』として季節ごとに放送されている。 安田の好みの男性。 『2008』()にて、自身は番組に出演していなかったが、安田から生放送の公共の電波を通じて、「宏、いやダーリン、一緒にカナダに行こう!! 」とプロポーズされた(カナダは、同性の結婚が認められている)。 かつては、と交際していた。 ネタ [ ]• ネタ制作担当は、前田である。 主に基本に忠実なを披露する。 「お前酔うとんのか〜」など、前田のダミ声による味のあるボケに長谷川が絶妙のツッコミを入れていくのが特徴である。 2004年から毎年なんばグランド花月にて『漫才攻め』という漫才のみの単独ライブを開催している。 なんばグランド花月の他、やの出演など、舞台での仕事が多く、テレビでは漫才特番に顔を出す程度であるが、漫才の評価は高く、多くの賞を受賞している。 受賞歴 [ ]• (・制作)• (サンテレビ)• (、月曜)• (、水曜日)• () - 長谷川のみ。 『長谷兄NGKコレクション』にて3ヵ月に1回ほど出演している。 脚注 [ ].

次の