履歴書 学歴 私立。 履歴書の「私立」の書き方は? 学歴欄のポイントを紹介|転職Hacks

履歴書に「私立」は書く?書かない?履歴書の学歴欄を迷わず書く方法

履歴書 学歴 私立

中学校や高校の学歴を記入する際は、「東高等学校」「西付属中学校」など同じ名称の学校が存在する場合も考えられるので、 「私立」「公立」の区別がつくよう記入しなければなりません。 中学校や高校は「私立」と「公立」の区別をつける必要があるものの、 大学や大学院ならびに専門学校に関しては記入しなくても問題ありません。 つまり、「私立 早稲田大学」「国立 東京大学」などではなく「早稲田大学」「東京大学」と記入すればいいのです。 私立校の多くは、運営法人が存在しています。 学歴では高校を「高等学校」とするなど、正式な学校名の記入が求められることから、書いたほうがいいのではないかと思うかもしれません。 履歴書は基本的なルールやマナーを守る 履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。 履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。 そこでぜひ活用したいのが「」です。 無料でGETできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。 実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。 学歴は、現在の自分がどのように学歴を積み重ねてきたのか、きちんと企業に伝えるために必要な項目です。 必要性の高いものをきちんと記入しなくてはいけません。 したがって、小中学校のように義務教育期間の学歴は、履歴書においてはあまり重要性を問われません。 そのため履歴書における学歴の書き出しは、中学校卒業からとなります。 学校名・学部・学科は略さず正式名称で記入する 学歴を記入するにあたっては、学校名・学部・学科は略称を用いずに正式名称で書かなくてはいけません。 最近の学校は多岐にわたる専攻課程を有したところも増えており、そのために正式名称で記入するとかなりの文字数になる場合が多くなりました。 そのため、書いた本人はわかりやすくするつもりで、簡略化した学歴を記入する場合もあります。 しかし履歴書においては、正式名称での記載が求められます。 略して記載することで、採用担当者には、手間を省いていると見られ印象は下がります。 通信課程の学歴も分かるように記載する 最近では、インターネットの普及による学習機会の増加もあり、高校や大学を通信教育で卒業する人も増えています。 通信課程や夜間部も文部科学省に認定された正規の教育です。 そのため高校や大学を通信課程で卒業した人も、通信課程と採用担当者が分かるように、履歴書に正式名称で記載するようにしましょう。

次の

私立と公立…履歴書の学歴欄はどう書く?|ハタラクティブ

履歴書 学歴 私立

実は「高校」は「高等学校」を省略して呼んでいるだけです。 そのため、高等学校が正式名称となります。 「」も参考にしてください。 私立高校の場合の書き方 私立の場合は、都道府県・市区町村は必要ありません。 「」も参考にしてください。 まとめ 履歴書の学歴欄で高校名を書くときは「高等学校」で統一しましょう。 また、私立と国公立で、高校名の書き方が変わるので注意しましょう。 高校に関する以下のページも参考にしてください。 関連ページ• 転職サービスランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サービスランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サービスランキング3位 4. 7 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

履歴書の学歴・職歴欄で差を付けろ!

履歴書 学歴 私立

履歴書の学歴欄を書くときのポイント 履歴書の学歴欄を書く際は、下記のポイントを抑えておきましょう。 学校名は正式名称を書くのが基本 学校名は、必ず正式名称で書きましょう。 都立の場合は「東京都立」、県立の場合は「〇〇県立」などと書き、略称での表記は避けるのが基本です。 また、高校は「高等学校」と表記しましょう。 記入するのは中学校卒業から 履歴書の学歴は、中学校卒業から記入するのが一般的です。 小・中学校は義務教育のため、記入は必須ではありません。 有名学校を卒業しているなど、どうしても書きたい理由がある場合は、卒業年次のみの記入にしましょう。 専門学校、高等学校、大学、大学校、大学院は必ず記入 専門学校、高等学校、大学、大学校、大学院を入学・卒業した場合は、義務教育ではないため記入は必須です。 学部・学科も表記しましょう。 <関連記事>• 学歴欄の例文をケース別にご紹介! 一口に学歴と言っても、編入や休学などがあった場合は、表記に悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ケース別の学歴欄の例文を下記で紹介しますので、ご参照ください。 履歴書を書く前に、今一度確認しておきましょう。 私立と国立、または公立のちがいはなんですか? 「私立」「国立」「公立」のちがいは、下記をご参考ください。 私立…一般的には「国立」および「公立」の教育施設に該当しない教育施設を指す。 学校法人が設置している学校。 国立…国の設置する教育施設。 国立大学の教育学部の附属高校である場合がほとんど。 公立…地方公共団体の設置する教育施設。 履歴書の学歴欄に「私立」を書き忘れてしまいました。 これだけで不採用になるのでしょうか? 履歴書の学歴欄には正式名称で書くのが無難です。 不採用になるか、といった判断は企業によって異なりますが、学歴欄を書く際、「私立」の表記は忘れないように心がけましょう。 また、大学の場合基本的に私立の表記は不要です。 詳しくは本記事「」をご参照ください。 履歴書の学歴欄にはどう書くべきでしょう? 履歴書には正式名称を記載します。 学歴欄の詳しい書き方については、本記事「」をご覧ください。 私立高校から転入し、通信高校に通ったものの一度も通わずにやめてしまいました。 その場合、履歴書には記載しますか? 通学実績がない場合、基本的に記載しません。 そのため、「私立高校中途退学」とだけ書いて問題ないでしょう。 ただし、面接の場で通信高校をどのように辞めたかなど詳細を確認される場合があります。 その際は、辞めた経緯や理由などを正直に説明しましょう。 また、大学を中退された方は、「」で詳細を説明しているので、こちらもご参考にしてください。 学校名が変更になった場合、履歴書にはどう記載すれば良いですか? 学校名が変更になった場合は、「旧名」で記載し、カッコで「新名称」を書いて補足しましょう。 詳しい書き方については、「」をご確認ください。 学歴欄の書き方について紹介しましたが、履歴書にはほかにも志望動機や本人希望欄など、さまざまな項目があります。 もし書き方が分からなくてお困りのときは、就職エージェントに相談してみてはいかがでしょう? 就職エージェントのハタラクティブは、アドバイザーが履歴書の書き方を丁寧に指導するので、自己PR欄や志望動機に何を書いたら良いのかわからないという方も安心です。 ほかにも、面接対策や自己分析のお手伝いなども行います。 的確なアドバイスを受けながら就職活動したい方は、まずハタラクティブに登録してみませんか?.

次の