ポケモン マスター 最強。 【ポケモンGO】マスターリーグ最強ランキング【ポケGO】

【ポケモンGO】対メルメタル最強ポケモン!? ハイパーやマスターリーグの環境をガラッと変える!? ほのおのパンチを覚えた限定グラードンの使い道を紹介

ポケモン マスター 最強

ディアルガ,ギラティナ アナザー ,ラグラージ,カビゴン,トゲキッス,メタグロス ディアルガ ギラティナ アナザー ラグラージ ドラゴン はがね ゴースト ドラゴン みず じめん SCP:3687 SCP:3709 SCP:2924 カビゴン トゲキッス メタグロス ノーマル フェアリー ひこう はがね エスパー SCP:3449 SCP:3243 SCP:3549 総評 タイプ・技範囲が優秀な ギラティナと ディアルガを中心に組んだパーティ。 取り巻きは ディアルガをはじめとする鋼タイプの対策として ラグラージ、マスター環境の強力な ドラゴンタイプへの抑止力となる トゲキッスを採用。 さらに相手の フェアリータイプ対策に メタグロス、技範囲が広く型が豊富で 相手のギラティナを牽制できる カビゴンを採用した。 オプション パーティに格闘打点が欲しい場合はメタグロスを メルメタルに変更できる。 ディアルガ,ミュウツー,カイリキー,ギャラドス,カビゴン,メルメタル ディアルガ ミュウツー カイリキー ドラゴン はがね エスパー かくとう SCP:3687 SCP:3651 SCP:2819 ギャラドス カビゴン メルメタル みず ひこう ノーマル はがね SCP:3212 SCP:3449 SCP:3585 総評 技範囲が優秀で相性補完の良い ディアルガと ミュウツーを中心に組んだパーティ(ディアルガが弱い格闘タイプにミュウツーが強く、ミュウツーが弱いバンギラス・ギラティナにディアルガが強い)。 続いて相手の ディアルガ・カビゴン・メルメタルへのケアとして カイリキーを採用。 さらに、ここまでで一貫している メタグロス・ラグラージへのケアとして ギャラドス、 フェアリー・飛行タイプへのケアとして メルメタルを採用。 最後に 技範囲が優秀でゴーストタイプから一貫を切ることができる カビゴンを採用した。 オプション 相手の カイリキー+ギラティナの並びを意識するのであればカビゴンを トゲキッスに変える選択肢もある。 しかし苦手な相手に対しての有効打を持たせたり(悪タイプ対策のきあいだま、ゴーストタイプ対策のシャドーボール)特定の並びを対策する技構成(ミュウツー・ギャラドスの並びに対してシャドーボール・10万ボルトなど)にすることもできるので状況によって使い分けたい。 ただし サイコブレイクとシャドーボールは両方ともレガシー技で両立できない点には注意したい。

次の

【ポケモンGO】対メルメタル最強ポケモン!? ハイパーやマスターリーグの環境をガラッと変える!? ほのおのパンチを覚えた限定グラードンの使い道を紹介

ポケモン マスター 最強

マスターリーグバトルに挑戦するときの参考にしてください。 メンテナンスに伴いいくつか変更点がありました。 以下リンク先からご覧ください。 現在はハイパーリーグが開催中 GOバトルリーグでは 6月2日 火 5:00〜7月7日 火 5:00までハイパーリーグが解放されています。 こちらではハイパーリーグでのおすすめパーティと編成のコツをご紹介します。 合計種族値の高いポケモンが強い! CP制限の無くなったマスターリーグでは 総合的な種族値の高さが重要になってきます。 一つに特化したステータスよりも 全体のバランスや最大CPの高さが重要になります。 ポケモンのレベルは40 MAX がおすすめ マスターリーグでは 最大CPに制限がないため、ポケモンのレベルは最大強化の40がおすすめになります。 極端な例で言うと、個体値が同じポケモンでレベルに差があるとそれだけでレベルの低い方が負けてしまいます。 耐性が多く弱点が少ないポケモンが強い! 相手の攻撃を如何に流すかが重要なトレーナーバトル。 耐性が多くダメージを軽減できるポケモンが重要視されます。 技範囲の広いポケモンが強い! トレーナーバトルでは各ポケモンが技解放により、ゲージ技を2つまで使うことができます。 PvPではジム戦やレイドバトル以上にゲージ技が重要になります。 さらに、1回のバトルでポケモンを3匹までしか編成できないので、 幅広く弱点を突けるゲージ技の種類が豊富なポケモンが活躍します。 技解放 サードアタック をしよう ポケモンの技解放 サードアタック をすることで 所持できるゲージ技が2つに増えます。 PvPでは非常に重要な要素であり、バトルを有利に進めるには必須です。 ゲージ数で技の発動速度が変わる! ジム・レイドでも同じですが、 ゲージ数が多い方 3ゲージ>2ゲージ>1ゲージ が技の発動機会が多くなり、その分威力が低くなります。 PvPでは ゲージ技発動時にお互いのポケモンが止まり、威力を上げるスワイプ動作とシールド使用の有無に分かれます。 なのでジム・レイドと違い、 ゲージ技の硬直時間は考慮せず、発動機会が多い方がダメージを与える機会も多くなります。 弱点は統一させない 弱点をつかれてしまうと、いくら耐久性の高いポケモンでもすぐに倒されてしまいます。 弱点をつかれた場合に 相手のポケモンに有利なポケモンと交代できるように 弱点や有利なポケモンを統一させないようにしましょう。 ポケモン 弱点 耐性 【 二重耐性】 【耐性】 【 二重耐性】 【耐性】 ディアルガの かくとう・じめん弱点をトゲキッスが 二重耐性で防ぎ、トゲキッスの 弱点を全て等倍、半減以下に抑えられるディアルガはタイプ相性が非常に良いです。 このようにお互いの弱点を補完し合ったポケモンを選出すると良いでしょう。 使いたいポケモンや強力なポケモンを1体選択します。 今回は例として 優秀な タイプ相性と等倍での殴り合いに強いを選択します。 上記のディアルガが苦手な かくとう・じめんタイプに二重耐性のあるトゲキッスで受けましょう。 逆にトゲキッスの弱点である こおりは等倍、その他の4つの弱点に耐性のあるディアルガは お互いに相性補完の良いポケモンになります。 上記の2体では 相手のはがねタイプのポケモンが倒しづらいので、「 みず」「 じめん」タイプではがねタイプに強いラグラージを選択しました。 編成段階では見えなかったことや実践でしかわからない弱点が見えてくるので、そこを調整しながら自分なりのパーティを作っていきましょう。 もちろん 3体で全ての相手に勝つ事は難しいです。 今後新ポケモンや技の追加で流行りのポケモンも変わってくることでしょう。 そのポケモンに対して強いポケモンを選ぶことで勝率はグっと上がるはずです。 それぞれが マスターリーグで最強クラスの性能、 優秀なタイプ相性と種族値の暴力を振るっていました。 メルメタルは入手方法が特殊ですが、ゲージ獲得量の多い「 でんきショック」から素早くゲージ技を放ってくる連打力が驚異となりました。 弱点もある程度補完しつつメジャーポケモンを対策 ディアルガやメルメタルのかくとう弱点をギラティナが補い、ギラティナのこおり・ドラゴン・フェアリーなどの弱点をメルメタルが補っています。 ディアルガが辛い や格闘タイプにはギラティナで対策し、この2体で相手をしづらい や相手のディアルガに強いメルメタルで対策をしています。 伝説蔓延る魔界だということだけ理解していただきたいと思います。 あくまで「 マスターリーグでもある程度戦えて、少しでも用意しやすいポケモン」で組んだパーティになります。 ランキング上位のポケモンを対策 それぞれに役割があるのでそこをしっかり守って戦いましょう。 もちろん解放できればそちらの方が強くなります。 かくとうタイプ自体は需要があるのですが、 伝説ポケモンと対するには種族値が不足しています。 「 ばくれつパンチ」ではなく「 」も有用。 【 カビゴン】 主に専門の対策ポケモン。 ミュウツー アーマード含む などのエスパータイプにも有利に戦えます。 耐久力が非常に高いので降り対面からクッション役もこなせます。 【 ラグラージ】汎用性の塊。 弱点のくさタイプがマスターリーグでは滅多に出てこないので動きやすいです。 強力な「 ハイドロカノン」で等倍相手に大ダメージを与えたり、「じしん」でディアルガなどの相手もできます。 ハイドロカノンはコミュニティデイ限定なので、無い場合は「」か「」で妥協しましょう。 通常技はタイプ一致の「」が非常に強く、ゲージ量の少ないタイプ一致技「」でシールドを削り、大技である「」、または「」を技解放で入れておくと非常に強力です。 相性補完にトゲキッスとラグラージ タイプ相性の補完や、 ギラティナが倒せない相手に対してトゲキッスとラグラージを選択しました。 ディアルガの弱点である かくとう・じめんに強いトゲキッス、この2体が倒しづらい はがねタイプにラグラージを出しましょう。 ゲージ消費量の少ない「」はタイプ一致の高火力技としても優秀です。 ゴッドバードが通らない相手にはゲージ量は重いものの、みずタイプの「」が等倍以上で刺さることが多いです。 「」はゴッドバードと役割が被ることが多いので不採用。 相性補完にルカリオとバンギラス ルギアが苦手な相手 、、、など に有利に立てるとを編成しました。 あく・はがねタイプにはルカリオを、 ゴースト・エスパータイプにはバンギラスを後投げしましょう。 ルカリオは「」、バンギラスは「」で幅広く役割が持てます。 主にカイリューの「」「」での等倍火力とシールド剥がしが主軸になります。 相性補完にメタグロスとカビゴン カイリューの弱点を全て半減にできるメタグロスが優秀です。 攻撃面でも「」がゲージ消費量が少なく強力。 この2体だとギラティナが重いので対策に受け回しやすいカビゴンを採用。 ゲージ技の「」でディアルガなども相手ができます。 雑なように見えて それぞれの攻撃範囲は非常に広く、多くのポケモンを相手にできます。 先発は他2体に比べて耐久が少し薄いが、 一番ゲージ技を早く打てるミュウツーで様子見&シールド消費を狙いましょう。 グラードンは「」のゲージ溜め性能が高いが消費量の多いゲージ技しかないので、できるだけ相手のシールドを消費させてから出しましょう。 環境によって技構成を変更するだけで使いまわせる ミュウツーは レガシー技を含めゲージ技が8種類もあるので、環境や他2体が苦手なポケモンに勝てるよう技構成を変更しましょう。 「」はゲージ消費量が低く高威力なので等倍相手にどんどん放ちましょう。 グラードンとカイオーガはそれぞれミュウツーが覚えていないタイプのゲージ技があると便利でしょう。 グラードンは「」で 自分の苦手なみずタイプを、カイオーガは「」で みずタイプミラーを意識してみました。

次の

【ポケマス】最強バディーズ(キャラ)ランキング【ポケモンマスターズ】

ポケモン マスター 最強

現在の対戦環境やポケモン単体の性能、耐性の多さや汎用性の高さに重きを置いたランク付けになっております。 対策ポケモンも記載しているのでぜひご覧ください。 ランキング上位のポケモンを対象として投票することができます。 その他を選んだ方、お手数ですがコメント欄にてあなたの最強ポケモンを教えていただけると幸いです。 投票中です... そのままお待ちください。 SSランクポケモンの簡易評価 ディアルガ 優秀な耐性と驚異的な削り性能を誇る「りゅうのいぶき」が特徴のポケモンです。 ゲージ技は小回りの効く「 アイアンヘッド」がおすすめです。 「 りゅうせいぐん」の火力は魅力ですがゲージが重過ぎるので打てない場面も出てきます。 技解放で「 かみなり」を習得しておくとさらに広い範囲を相手できます。 で 「 りゅうせいぐん」を打つと攻撃力が二段階減少、手痛い修正をうけましたが優秀な耐性と火力で採用率は未だにトップクラスです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 275 211 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ディアルガの対策ポケモン ギラティナ オリジン 高い種族値に 「 シャドークロー」「 シャドーボール」と優秀な技構成、ドラゴン技より、主に「 ゴースト」タイプとして使用していきたいポケモンです。 やなどエスパータイプに強いところも優秀。 弱点が5つと少し多いですが、 耐性も8つと多いので受け回しにも使えます。 「 あやしいかぜ」が、元々ダメージよりシールド剥がしとバフ目的なので大きい影響ではないと思われます。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 284 225 187 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ギラティナ オリジン の対策ポケモン メルメタル 最大CPと全体的な種族値が高く、「 はがね」単タイプなので耐性が非常に多いポケモンです。 タイプ一致技は「」しかないが技のレパートリーは豊富。 「」で素早くゲージを貯めてゲージ技を打ち分けられるのが強みとなり、ML環境で貴重なかくとう技「」を扱えるのは強力です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 264 226 190 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 メルメタルの対策ポケモン カイオーガ 最大CP4115と全体で見ても トップクラスの種族値から威力の高い通常技「 たきのぼり」とゲージ消費量の低い「 なみのり」が強力なポケモンです。 とにかく 「 たきのぼり」「 なみのり」の火力が高く、等倍相手でも吹き飛ばします。 ミラー対面意識で「 かみなり」を技解放しておくといいでしょう。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 270 228 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 カイオーガの対策ポケモン トゲキッス のような 「ドラゴン」や、かくとうタイプ、あくタイプに強いポケモンです。 HLに続きMLでも「ほのお」技を打てるポケモンは貴重です。 通常技は対ドラゴンを考えて削り性能の高い「 」を選択します。 「 げんしのちから」が、威力が低下したので打点よりバフ目的としての採用が強くなります。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 198 225 217 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 トゲキッスの対策ポケモン Sランクポケモンの簡易評価 パルキア 全体的にトップクラスの種族値と弱点の少ない複合タイプ、新たに習得した「 アクアテール」で一気に扱いやすくなった強力なポケモンです。 耐性は少ないので等倍でのごり押しに弱い点は注意しましょう。 通常技は他のドラゴンタイプでもお馴染み「 りゅうのいぶき」が強力です。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 189 280 215 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 パルキアの対策ポケモン レシラム 全体でもトップクラスの種族値で、 最大CP4000を超えるほのお・ドラゴンタイプのポケモン。 PvPでは ほのおタイプの需要は高いのですが、強力なポケモンが少なく悩まされていました。 レシラムはマスターリーグで活躍が期待されています。 通常技はDPS・EPS共に優秀な「 りゅうのいぶき」がおすすめです。 ゲージ技は扱いやすい「 かみくだく」はマスト、 攻撃2段階ダウンは辛いですが 「オーバーヒート」「りゅうせいぐん」は必殺の威力を誇ります。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 275 211 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 レシラムの対策ポケモン メタグロス 優秀な耐性を持ち、回転率と威力の高い「 コメットパンチ」が優秀なポケモンです。 他のゲージ技も幅広く見られる「 じしん」と、アップデートで強化された「 サイコキネシス」と非常に優秀です。 強力なドラゴンポケモンに対する対策「 トゲキッス」に強いポケモンです。 「 じしん」を技解放することによってディアルガやヒードランにも打点が持てるようになります。 通常技の「 サイコカッター」もゲージ貯め性能が高く、 豊富すぎるゲージ技を出しやすくしてくれます。 技ガチャの闇だけが扱いにくいところ。 レガシー技の「 サイコブレイク」と「 シャドーボール」を所持している場合は忘れさせず、技解放で攻撃範囲を広げましょう。 ゲージ貯め性能の高い「 マッドショット」と御三家特有の専用技「 ハイドロカノン」が強力です。 さらに「 じしん」を技解放で覚えておくとで立ちあえる相手が多いのでおすすめです。 PvPではSLからMLにかけて全てでランキング入りする優秀なポケモン。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 225 208 175 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ラグラージの対策ポケモン Aランクポケモンの簡易評価 グラードン カイオーガと同じ種族値で、 最大CPも4000超えの強力なポケモンですが、 ゲージ技が重く扱いにくい評価でした。 しかしで特別なわざ「 ほのおのパンチ」を習得。 「ゲージ消費量が少ない」「需要の高いほのお技」と優秀な技を獲得したことでランキング入り。 通常技はゲージ獲得量が高い「 マッドショット」がおすすめ。 ゲージわざは「ほのおのパンチ」と、タイプ一致「 じしん」が強力ですが、「 ソーラービーム」もラグラージなどに刺さります。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 205 270 228 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 グラードンの対策ポケモン カイリュー 高い種族値とドラゴン技での等倍火力の強さが売りのポケモンです。 「 りゅうのいぶき」「 ドラゴンクロー」の組み合わせは攻撃速度が異常に早く、相手へプレッシャーを与えることができます。 ダメージを多く取りに行きたい場合はドラゴンクローより「 げきりん」の方がダメージ量が高いのでおすすめです。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 209 263 198 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 カイリューの対策ポケモン ドサイドン コミュニティデイ限定技の 「 がんせきほう」がとにかく強力。 PvPにおいては「 ストーンエッジ」よりゲージ消費量が少なく、威力も高い 完全上位互換。 他のゲージ技も優秀なものが多く、「 ばかぢから」や「 なみのり」と意外に広い攻撃範囲も評価されています。 種族値も高く優秀な点が多いが、 弱点は多いので戦う相手は見極めましょう。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 251 241 190 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ドサイドンの対策ポケモン ヒードラン 10種類の耐性を持ち「 はがね」タイプに通りのいい「 ほのお」タイプとして運用できるポケモンです。 トゲキッスの攻撃を全て半減以下で受けられるのでその点でも優秀。 2019年12月の技調整で扱いやすい「 かえんほうしゃ」を覚えたことも追い風になっています。 HP種族値 攻撃種族値 防御種族値 209 251 213 おすすめ技構成1 おすすめ技構成2 【通常技】 【通常技】 【ゲージ技】 【ゲージ技】 ヒードランの対策ポケモン カビゴン 「 ノーマル」単タイプなので 環境トップのギラティナのゴースト技に耐性があり、こちらは「」によって 効果抜群の通常技で殴り続ける点が評価されます。 弱点も「 かくとう」のみな上に、 MLではかくとうタイプの出番が少ないので滅多なことでは弱点が突かれません。 ゲージ技の範囲も広く、扱いやすいポケモンです。 種族値などのステータスの高さ MLでは単純に種族値の高さが強さに直結してきます。 通常技の性能 MLでは如何に通常技で相手HPを削るか、もしくはゲージを素早く貯められるかを重視します。 それぞれを「削り性能」と「ゲージ貯め性能」と表記しています。 ゲージ技の性能 単純なDPSもそうですが、PvPではゲージ技に追加効果 バフ・デバフ のある技が存在します。 シールドで防がれても追加効果は発動するので評価が高くなります。 特化した能力 合計種族値や対面勝負では不利ですが、ピンポイントで活躍できるポケモンは活躍できる場所での評価を含めて基準としています。 対面勝負での優位性 実際にバトルをする上で多くのポケモンとの対面勝負で優位に立てるポケモンを優秀と考え基準としています。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の