コロナ 起業。 アフターコロナで活躍する「起業家マーケター」とは:日経クロストレンド

【コロナ支援策】事業者と個人向けの情報まとめ

コロナ 起業

日本にもついにスタートアップの波が来ている。 12万部突破のベストセラー『サードドア』に描かれた著者アレックス・バナヤンの世界観は、起業家のマインド、挑戦する精神に重なるものがある。 実際に、今日本で活躍するスタートアップ起業家たちにサードドア・マインドは根付いているのか? それを検証すべく、本書に共感し、グローバルな起業シーンをよく知り世界8カ国でスタートアップ投資を行うベンチャーキャピタルのサイバーエージェント・キャピタル(CAC)代表取締役の近藤裕文氏の助力を得て、注目の4人の起業家に声をかけて座談会を開催することとなった。 参加者はサブスクライフ社CEOの町野健氏、シナモン社CEOの平野未来氏、バベル社代表取締役社長の杉山大幹氏、ペイミー社代表取締役の後藤道輝氏(文中敬称略)。 前編の「直感型の天才が打算と地味な努力にこだわる訳」に続き、後編をお届けする。 いつから起業を意識したのか 近藤裕文(以下、近藤):『サードドア』では、19歳の大学生アレックス・バナヤンが将来に悩んだことから、成功者にインタビューして「どのように成功への第一歩を踏み出したのか」を聞くというミッションを開始します。 杉山さんは学生時代から起業家を目指されたのですか? 杉山大幹(以下、杉山):いえ、最初は起業なんて考えていませんでした。 でもいろいろな出会いがつながり、この道に入ることになりました。 アレックスもたくさんの成功者に突撃していますが、僕は、それこそ正面突破ではお会いできないようなサイバーエージェントの藤田晋社長にピッチの機会をもらえたことが大きかったです。 『サードドア』のなかでアレックスは、道を拓くきっかけをつくってくれた人のことを「インサイドマン」と言っていますが、僕にとってのインサイドマンは、CACの近藤裕文さんと坡山里帆さんでした。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

持続化給付金について質問です。当方、今年4月に起業した者ですが...

コロナ 起業

GAFAの覇権は、コロナ後も続くのでしょうか。 日本IBMを退職して起業し、何度も倒産寸前まで追い込まれ、それを乗り越えてきた起業家の斉藤徹さんは本日発売の新刊『業界破壊企業』で、今、かつてのGAFAのように業界を破壊しているイノベーション企業をピックアップして解説しました。 本書を読めば、イノベーションはどうやって起こすのか、イノベーションを起こすのはどんな人なのか、ポストコロナの時代に生き延びるのはどんなイノベーション企業なのかがわかります。 それを知ると、イノベーションがぐんと身近になります。 大規模な技術革新はムリでも仕事の現場で小さな革新を生むことは可能です。 コロナ後を見据え、自分にとってのイノベーションとは何かを、斉藤さんと一緒に考えてみませんか。 斉藤 イノベーションによって業界の勢力図を一変させてしまう新興企業やプレイヤーのことを「ディスラプター」と呼ぶんです。 直訳すると「破壊者」ですが、「革新者」というイメージに近いかもしれません。 アメリカのニュース専用放送局は毎年、ディスラプターを50社選出して「ディスラプター50」として発表しています。 この本では、そこから20社をピックアップして解説しています。 中でも私が注目したのは、Peloton(ペロトン)です。 コロナ前に起業した企業なのに、今の時代にぴったりじゃないですか。 斉藤 そうなんです。 Pelotonは、フィットネス用のバイクを販売し、自宅でワークアウトをする仕組みを提供しています。 バイクには大型モニターがついていて、リアルタイムでインストラクターが声をかけてくれるんです。 BGMもクラブっぽいものが流れていて、家にいながらジムのクラスに参加しているような気分になれます。 男女いろんなタイプのインストラクターがいて、自宅でジムのレッスンを受けるようにワークアウトできるんですね。 これなら続きそう。 斉藤 ライブがない時間やレッスンを受けたくない場合は、録画した動画をストリーミングすることも可能です。 斉藤 この1月から3月の四半期で売上が66%上がったんです。 会員も64%増えています。 斉藤 今、僕たちが使っているZoomも、1月から4月の4カ月で、ユーザー数が30倍です。 斉藤 1000万人が3億人です。 今や全世界の学校10万校がZoomを使っています。 コロナが来ることを予想していたわけではなかった。 斉藤 そもそもPelotonは、一般のスポーツジムのように実店舗を持つ普通のフィットネスジムでした。 ただしワークアウトが独特で、クラブのような薄暗い照明で、音楽をガンガン流して、バイクを漕ぐんです。 最前列でインストラクターが声をかけながら盛り上げて、人気のクラスは予約が取れない状況が続くようになって、「自宅でできるオンラインのワークアウト」へと進化しました。 斉藤 Amazonが生まれたように、インターネット時代になってから、基本的にはどんどん物理空間が仮想空間に移っています。 その流れは確実にあって、Pelotonも最初は普通のフィットネス。 それでパンクしたから仮想空間に移りました。 だから業界破壊企業のような新しい企業は、仮想空間を中心にしたものが多いんです。 斉藤 既存のエリアは、既存の大企業が既得権益を持っていますから、新しい企業は仮想空間をベースにすることが多いですね。 斉藤 そうですね。 たまたまです。 コロナはまったく予想していなかったでしょうから。 一方で、AirbnbやUberは大変なことになっています。 まさにイノベーションでした。 斉藤 それが今は、Airbnbは25%の人員をレイオフ、Uberが14%のレイオフです。 リアルでつながることを前提としたビジネスモデルは大変な衝撃を受けています。 これらの企業は、むしろもう仮想は十分だよね、人はやっぱりリアルなつながりが大切だよねという揺り戻しがあった時に、そっちに力を入れてイノベーションを起こしました。 斉藤 これはもう仕方がないです。 今回のように国家が人の物理的なつながりを強制的に断絶するということは、これまでになかったことです。 だけどやはり、人はつながりを完全には絶てない。 だから仮想空間を使ったものがすごい勢いで伸びています。 起業の理不尽さにビビります(笑)。 何度も倒れそうになって、ひと山超えてもまた起業なさったわけですよね。 なぜそれができたのでしょう。 私はフリーランスですが、これまで山も谷もほとんどなくて。 斉藤 あ、それ、前に書いた本『再起動 ~ リブート』(ダイヤモンド社)の編集者が、僕の人生を総括してつけたキャッチコピーです(笑)。 僕も決して経営危機を作ろうと思って作ったわけじゃないんです。 それに山というより谷が多かった(笑)。 谷は中毒にならない。 ただ辛い。 ただひたすら辛い。 斉藤 人間には、リスクをきちんと把握して、不安な気持ちを持つという大切な遺伝子があると聞いたことがあるんですけど、それが欠けているのかもしれない(笑)。 斉藤 そう。 たとえば今のコロナを例にとると、起業家マインドを持った人たちからすると、日本は欧米と比べて死者数が極端に少ないこと、4月末には明らかにダウントレンドだったのに数値根拠が明示されなかったことなどから、自粛継続への反対を発信した起業家が多かったですね。 経営危機のときに味わう経営者や従業員の塗炭の苦しみを実感しているからかも知れません。 基本的にチャレンジングで、リスクへもひるむことはなく向かっていく。 いいとか悪いとかではなく、現実をそういうふうに捉える人たちなんですよ、起業家って。 斉藤 僕の身近にはそういう人が多いです。 斉藤 僕は日本IBMにいたのですが、当時から、目の前にプロジェクトがあって、「どれやりたい?」と聞かれると、一番チャレンジングなものを選んでいました。 普通のプロジェクトはつまんなくて、気持ちが燃えないんです。 斉藤さん制作、映画みたいな出版予告ムービー。 斉藤 そうですね。 成功確率は低いけれど、それを達成すると周りの人が笑顔になる、もしくは会社にとってポジティプな成果になるようなプロジェクトでないと、つまらないんです。 他者からの高い評価が得られるだろうとか、いいカッコができるだろうと? 斉藤 外部からの評価ではないんじゃないかな。 モチベーションは自分自身の内側にあります。 どうすれば課題を達成できるかと考えることが好きなんです。 仮りに外部からの評価をモチベーションにしていたら、これやって、失敗したらどうしようと考えてしまうと思います。 斉藤 だから完全に内発的動機なんです。 そういうチャレンジングな課題を前にすると、ドーパミンがドバドバ出るんでしょうね。 同じ失敗に対してもマイナス100と捉えるか、マイナス10 と捉えるかは人によって違うと思うんです。 マイナス100と捉えると心が折れますけど、斉藤さんはマイナス10 くらいで捉えられるということでしょうか。 斉藤 不安に対する感受性と、失敗に対する評価は、僕は別だと思います。 斉藤 不安に対する感じやすさが、起業家に向いているかどうかに影響するんです。 基本的には不安に対する感受性が弱い人が起業家になります。 鈍感力ってことかも知れないですね。 でも、それと失敗という経験をどう捉えるかは、別の話です。 僕は大学で起業論を教えていますが、生徒には起業を勧めません。 起業したいという子には僕の本『再起動 ~リブート』を見せて、こういうことがあるけど大丈夫?って。 きちんと就職して、健やかな幸せを求めるとい道もありますから、まずはそちらを考えたらどうかと言うんです。 でも、たまに全然聞かない子がいるんです。 さらにガッツが湧きますと。 そういう子は僕と同じ人種なので、もう全力でバックアップします。 自責にする人は、どんどん学習するんです。 たとえば倒産寸前になった時に、自分の問題だと捉えて学習する人と、そうじゃなくて、環境やスタッフ、お客さんなど外の問題だと捉える人がいて、後者は人がだんだん信用できなくなります。 同じように失敗しても、人はバサっとそこで分かれます。 斉藤 そう。 だからまたチャレンジするんです。 よし、もう1度やってみようと。 斉藤 少なくとも僕はそうです。 散々痛い目にあったのに、2回目の起業もまったく怖くなかった。 そもそも僕がつまずいたのは大借金があったからです。 僕の判断ミスで、会社を経営するために過剰に借金してしまいました。 31、32歳の頃のつまずきに10何年、ずっと足を引っ張られたので、それがなければ別に。 だから怖いというのはないんです。 斉藤 存在しますよ! でも回復が早いんでしょう(笑)。 レジリエンスってやつですね。 失敗に過剰に反応すると、不安が不安を呼んで、現実を正しく捉えられず、二次災害も起きてゆきます。 そういう人は起業には向かない。 まあ、なろうとも思わないでしょう(笑)。 だけど、それはリーマン・ショック以前の起業の話です。 これからはそうではありません。 無理に拡大するのではなく、持続的に、自分の幸せを基点として、周りの人たちを幸せにするようなイノベーションを起こす企業が増えてくると思います。 必然的に僕がたどってきた古い起業のスタイルではなく、もっと普通の人が起業する時代になるでしょう。 次は、現在のイノベーションのトレンド、ハッピーイノベーションについて教えてください。

次の

コロナ禍での起業準備7つのステップ|バーチャルオフィスならKarigo

コロナ 起業

東京商工リサーチは4月15日時点で「新型コロナ」関連の経営破たんが全国で61件に達したと発表している。 個人事業主など細かいリサーチをすればこの件数ではすまないのが現実だろう。 地区別では最多が関東18件、次いで北海道・中部・近畿が各8件で続く。 感染拡大の収束が見えない中、外出自粛や休業要請の広がりで小・零細企業は経営体質のぜい弱さなどから疲弊が加速している。 すでに手元資金に乏しい中堅クラスの企業でも資金繰りの限界が近づいている。 その中から我々が学ぶべきコトにはどんなことがあるのか、緊急取材を実施した。 スタートアップは苦境を乗り越えるために必死 フランスは早々にスタートアップへの支援対策として政府が銀行を巻き込んで5000億近くを捻出しているが、日本はスタートアップを対象にした対策どころか経済対策を含めた「あらゆる支援対策」の進みが悪い。 ところが「新型コロナ」という言葉もなかった昨年より前に起業した日本のスタートアップと言われる複数社の企業に話を聞いてみると、意外にも力強い反応が返って来た。 一方で「予期せぬ新型コロナ」という状況で起業をすることになった挑戦者たちが全国でも数多くいる。 日々、メディアでは「コロナ倒産」として話題になっているが、スタートアップのように顧客を掴み、一定の収入を確保する以前の「起業したばかり」の実態に迫るべく、緊急取材として大手企業から独立をした社会人、学生起業に挑戦している学生達に話を聞いた。 これだけ厳しい環境を経営の基準に出来たらこの先が楽しみ ラーメン店「博多一風堂」などを運営する株式会社力の源カンパニーで人事を幅広く担当していた関口 照輝氏が独立をして『sense. センス 』という屋号で新しいキャリアをスタートさせたのは3月11日のこと。 今の厳しい状況を基準に考えたら未来は明るいと考えるsense. 代表 関口 照輝氏 (写真提供:ご本人より) 本来であれば企業の採用・研修をはじめとした人事業務全般から自身のこれまでの経験で得た能力を発揮出来る仕事であればプロジェクト化して幅広く企業にコンサルティングを行う想定だった。 ところが、「新型コロナ」の影響でオファーのあった業務の大半が延期となってしまったそうだ。 何とかオンラインで対応出来ている仕事でも影響は強く感じているようだが、こんな時だからこその意識や学びもあるようだ。 オンラインだと自分の発揮すべき能力がどうしても上手く届かない点がある。 そもそも人間関係など新しい環境に適応する前にオンラインからスタートするわけですから現実的には厳しい部分が多いです。 想定していた仕事が延期になっているので時間は確保出来ますので、本来まだ考えていなかった銀行からの融資まわりや経営という視点で多くのインプットをしています。 とは言え、過去にない今の厳しい環境はすべてがオンラインで多くの制限があってリアルがないからこそ、ここを基準にすることで、コロナが終息してリアルな環境で企業と向き合えるようになったら出来ることが沢山あるように感じています。 だからこそ、今だから出来るインプットとオンラインの工夫を前向きに捉えています こんな時だからこそ必要な『日本一熱い学生が集う共創の場』を京都から 「Voltage」という学生無料のコワーキングスペースを運営する株式会社VMKは学生が起業し、本来オープン予定だった5月の準備に向けて走り続けている。 今回は代表の田中 優大氏、役員の古川 由貴氏にZOOMを使って取材をさせてもらった。 学生だけで創るコワーキングスペース「Voltage」のメンバー達(写真提供:株式会社VMK) 「Voltage」は世の中がこんな状態になることを全く考えてはなかった中で、若者が身近に繋がって、語って、時に熱狂しながら共にアイディアを共有・そして実現させるスペースを!という想いからすべて学生だけで創り上げて来ました。 コワーキングスペースのオープン予定は崩れてこれから先がまだまだ見えませんが、世の中がこんな時だから若い人のパワーは必要になると考えています。 「Voltage」で未来と向き合える仲間と出会うキッカケ、未来の選択肢を広げるキッカケ、何でも良いので若者がトキメキを生み出し続けられる場所を提供することが学生起業で柔軟に突き進める自分達の価値だと切り替えて走り抜けたいと思います。 幹部2名に直接話を聞いたが、「コロナショック」と向き合いながら先を見据えている覚悟が印象的だった。 学生起業だからという余裕ではなく、事の捉え方の工夫であり起業で社会に提供したい価値の為に「コロナショック」を逆にどうやって活用しようという、若者の柔軟性のようにも感じた。 キーワードは『こんな時だからこそ』 取材をして感じることは「事の捉え方」次第で思考が変わり、今をプラスのパワーに転換できるということ。 本来であれば考えていなかったこと、学ばなかったことを前倒しで向き合える、徹底的にインプットをして時が来たらリアルな世界でアウトプットすれば良いという考えは、学生もビジネスマンも共通して持ち合わせたい価値観のように思う。 そして、『こんな時だからこそ』と現状を捉えて若い人達に刺激を届けるべきだと方向性を定めて走り抜こうとする考え方も、これから挑戦しようとしている人や挑戦に踏みとどまっている人には刺激になるだろう。 学生起業では金融機関からの融資以外で自分達だけで資金調達をする意味を大切に「クラウドファンディング」に挑戦をしているが、(All or Nothing)つまり目標到達しないと全額返済という厳しい戦いに挑戦をしている点からも『こんな時だからこそ』の強い想いを感じられた。 「コロナ起業」となってしまった方で、悩み一歩踏み出せていない方がもしいらっしゃれば、少しでも当記事を参考、きっかけにして前に進んで頂ければと思う。 そして、 『こんな時だからこそ』頑張っている若者に大人たちが応援してあげられる社会に期待をしたい。 はたらくを楽しもう。

次の