エクセル 関数 カウント。 エクセルCOUNTIF関数で日付を指定してカウントする方法!

エクセルで文字列をカウントする方法|Office Hack

エクセル 関数 カウント

エクセルの文字数カウントに使える関数は? エクセルでセルに入力された文字数をカウントする際には、「LEN関数」「LENB関数」を用います。 「 LEN関数」は単純にセル内の文字数をカウントする関数です。 一方、「 LENB関数」は指定セル内にある(文字数の)バイト数をカウントします。 LENB関数では、半角文字が 1バイト、全角文字が 2バイトとしてカウントされます。 LEN関数でエクセルの文字数をカウントしてみよう 実際に LEN関数を使ってセル内の文字数をカウントしてみましょう。 文字数を表示したいセルに LEN関数を入力します。 引数には文字を数える対象のセルを選択します。 入力が終わったら、「 OK」をクリックしてください。 文字数が出力されました。 セル内の文字が 4文字なのに対し、「 5」と表示されているのはスペースが 1文字としてカウントされているためです。 他のセルにも LEN関数を入力しました。 半角の文字やスペースも 1文字としてカウントされていることがわかります。 LENB関数を使う方法は? LENB関数も LEN関数と使い方は同じです。 バイト数を表示したいセルに LENB関数を入力します。 関数の結果としてバイト数が出力されました。 全角文字のバイト数は 2バイト、半角文字のバイト数は 1バイトです。 全角の文字に関しては、 LEN関数の 2倍になっていることがわかります。 全角や半角の文字数をカウントするには? LEN関数とLENB関数を併用すれば、セル内の全角文字と半角文字をそれぞれ個別にカウント可能です。 LENB関数の結果から LEN関数の結果を引けば、セル内にある全角文字の数が出力されます。 LEN関数の結果を 2倍した数から、 LENB関数の結果を引くと、セル内に含まれる半角文字の数が割り出されます。 【エクセル】文字数カウントの上級テクニック LEN関数を活用すれば、さらに複雑な操作も可能です。 以下では文字数カウントの上級テクニックをいくつかご紹介します。 特定の文字数をカウント セル内に含まれる特定の文字のみをカウントしたい場合は、 LEN関数と「 SUBSTITUTE」関数を併用します。 SUBSTITUTE関数は、指定文字を別の指定文字に置き換える関数です。 文字列から特定の文字を削除することもできます。 まず、 SUBSTITUTE関数を使い、指定文字を削除した文字列を作成しました。 次に、 LEN関数で全体の文字数と、指定文字を削除した文字列の文字数をカウントします。 全体の文字数から指定文字以外の数を引くと、指定文字の数が出力されます。 指定文字が 1文字場合はこの手順で問題ありませんが、指定文字の数で割れば 2文字以上の文字列を指定した場合にも対応可能です。 わかりやすくするために手順を分けましたが、以下のように数式をひとつにまとめることもできます。 セル内に入力できる文字数を制限 セルに入力する文字数を制限することもできます。 ひとつはエクセルの機能である「入力規則」を用いた方法です。 セルを選択した状態で、「データ」メニューから「データの入力規則」を選択しましょう。 「入力値の種類」から「文字列(長さ指定)」を、「データ」から「次の値以下」を選択します。 「最大値」には、入力を許可する最大の文字数を入力してください。 指定文字数を超えた文字数が入力されると、アラートが表示されます。 LEN関数と「条件付き書式」の機能を併用して文字数を制限することもできます。 LEN関数を入力したセルを選択した状態で、ホームメニューから「条件付き書式」の「新しいルール」を開いてください。 ルールの種類は「指定の値を含むセルだけを書式設定」、「次のセルのみを書式設定」では「セルの値」「次の値より大きい」をそれぞれ選択します。 値には最大の文字数を入力してください。 書式設定では、最大文字数を超えた場合の書式を設定できます。 今回は「塗りつぶし」を選択し、わかりやすい色を選びました。 指定文字を超えると、書式設定の色でセルが塗りつぶされます。 エクセルの内部では日付を、 1900年 1月 1日を基準として 1日に 1ずつ加算する連番で処理しているためです。 05」として処理されるため、 LEN関数をカウントすると「 3」が表示されます。 見たままの文字数をカウントするためには、「 TEXT関数」を使います。 TEXT関数は指定した値を任意の形式に変換する関数です。 TEXT関数と LEN関数を併用すると以下のように表示されます。 エクセルでテキストを頻繁に扱う場合、文字数を数えるケースは数多くあります。 LEN関数とLENB関数を自由に使えるようになれば、文字数カウントが大幅に効率化されます。 今回ご紹介した方法をぜひ身につけておいてください。

次の

COUNTA関数の使い方~データの件数を数えるには [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル 関数 カウント

セル数をカウントする関数の使い方 COUNT関数,FREQUENCY関数 :Excel関数• セル数をカウントする関数の使い方 COUNT関数,FREQUENCY関数• エクセルでデータ数を数えるワークシート関数の説明をしています。 数値データのセル数 COUNT関数 、全てのセル数 COUNTA関数 、空白のセル数 COUNTBLANK関数 の使い方の解説をしています。 区間のセル数 FREQUENC関数 の使い方も併せて解説しています。 スポンサードリンク• COUNT関数の使い方をExcel関数の技 でも具体例を示して説明しています。 も併せてご覧ください。 条件付きでセル数を求める COUNTIF関数、COUNTIFS関数 の使い方は、 をご覧ください。 複数条件でのセル数 DCOUNT関数,DCOUNTA関数,SUMPRODUCT関数 は以下のページをご覧ください。 未入力セルは数えません カウントできません。 「 未入力セル」と「 ""」 長さ0の文字列 ではカウントのされ方が違います。 数値のセルは COUNT関数でカウントできます。• 文字列のセルは COUNTA関数 でカウントできます。• 未入力セルは COUNTBLANK関数 でカウントできます。• 「""」 長さ0の文字列 は COUNTA関数 と COUNTBLANK関数 でカウントできます。• 下図ではB2:B5セルにはA2:A5で説明しているデータが入力されています。 問題1• セル範囲E4:E10とF4:F10の中で、 数値データが入力されているセルの個数はいくつですか。 E12とF12に数式を入れなさい。 セル範囲E4:E10とF4:F10の中から 文字や数値の入力されているセルの個数はいくつですか。 E13とF13に数式を入れなさい。 セル範囲E4:E10とF4:F10の中から 空白のセルの個数はいくつですか。 E14とF14に数式を入れなさい。 B C D E F G 2 2003 年 3 年月日 項目名 コード 収入 支出 収支 4 4月1日 繰り越し 17 12,345 12,345 5 4月10日 給与収入 1 200,000 212,345 6 4月12日 教育・教養費 10 なし 50,000 162,345 7 4月15日 保険料 4 30,000 132,345 8 4月16日 雑収入 3 5,000 137,345 9 4月17日 税金 5 なし 35,000 102,345 10 4月20日 食費 6 13,500 88,845 11 合計 217,345 128,500 88,845 12 数値セルの数 3 4 13 文字セルの数 5 4 14 空白セルの数 2 3 問題2• 平均点を求めなさい。 ただし欠席者はカウントしません。 なお、ここでは、AVERAGE関数は使用せず、COUNT系の関数を使って計算してください。 B C D 2 2003年 国語 1学期 3 出席番号 氏 名 中 間 4 1 相沢一郎 48 5 2 井上次男 75 6 3 上野光男 欠席 7 4 小川純一郎 77 8 5 柿元正二 64 9 6 桑田啓助 0 10 7 小島啓太 28 11 12 平均点 48. 7 13 問題1の解答例• セルの値が数値のセルをカウントするには、 COUNT関数を使います。 なお、日付や時刻もシリアル値として管理されますので、数値と同じようにCOUNT関数でカウントすることができます。 セルの値が文字列のセルをカウントするには、 COUNTA関数を使います。 セルの値が未入力および""のセルをカウントするには、 COUNTBLANK関数を使います。 数式オートコンプリートを利用して数式を入力する手順• 「COUNT」が選択されていますので、[Tab]キーを押して確定します。 キーボードから、E4:E10 とセル範囲を入力して、[Enter]キーを押して数式の入力を確定します。 後ろ括弧 は自動で補充されます。 セルには計算結果の 3 が表示されています。 関数の挿入 ボタンを使って数式を入力する手順• E12セルを選択して、アクティブにします。 数式バーの[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数の挿入ダイアログボックスが表示されます。 関数の分類で「すべて表示」を選択します。 関数名で COUNT を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 値1のボックス内をクリックしてカーソルを表示し、シートのE4:E10セルをドラッグして E4:E10 を入力します。 [OK]ボタンをクリックします。 セルには計算結果の 3 が表示されています。 問題2の解答例• ここでは、COUNT関数の説明のためにこのような数式を使ってみました。 なお、空白と「0」は区別されるので、欠席の場合のようにカウントしない場合には空白か欠席と文字列を入力します。 得点が「0」の場合は「0」と入力しないとカウントされません。 この関数は配列数式として入力する必要があります。 問題3• 【問題3】• テスト結果があります。 40点以下、70点以下、100点以下の人数をF4:F6セルに計算しなさい。 B C D E F 2 算数のテスト結果 3 氏名 期 末 4 相沢太郎 45 40 0 5 井上啓太 60 70 4 6 上野裕一 75 100 2 7 榎田浩一 41 8 大川肇 88 9 柿元仁志 70 問題3の解答例1• E4:E6に計算する区間の数値を入力します。 計算結果を表示する セル範囲F4:F6を選択します。 あらかじめセル範囲F4:F6を選択しておきます) 問題3の解答例2:COUNTIF関数を使って計算することもできます。 COUNTIF関数の使い方は をご覧ください。 セル参照の時と値を書く時とは、ダブルクォーテーションのくくり方がちょっと異なりますので注意してください。

次の

エクセルで○印をカウントする方法|Excelのキホン

エクセル 関数 カウント

しかしこのような範囲指定の式だと、この名簿に名前が新たに追加されたら……つまりデータ件数が変わったら、また範囲を変えて式を直さなければならなくなってしまいます。 そのような手間をなくしてメンテナンス性がよい式にするには、 範囲指定を「列全体」で行うという考え方が極めて大切になります。 ただし、このシートでA列全体を数える範囲とすると、A1セルの「氏名」という項目名も含めて数えてしまいます。 なのでここでは、「 A列全体のデータ数から1を引く」という、次のような式を使いましょう。 COUNT関数との違いは数値と文字列の扱い よく似た関数にCOUNT関数というものがあります。 COUNTA関数は指定した範囲で数値だろうが文字列だろうが、何かしらデータが入力されているセルの数を数えるのに対して、 COUNT関数は「数値が入ったセルの数のみカウントする」関数です。 日付が入ったセルも、日付データの実体はシリアル値という数値なのでCOUNT関数でカウントされます。 つまり文字列のセルは数えない、ということです。 先ほどのシートのように、文字列が入力された範囲のデータ件数を数えようとCOUNT関数を使ったのだが「0」という結果になってしまうのはなぜかというご質問はかなり頻繁に頂きます。 実務での必要性という点では、COUNTA関数のみ覚えておけばほぼ問題ないと言えます。 COUNTA関数では空白のセルをカウントする場合も もう一つCOUNTA関数とCOUNT関数には違いがあります。 何も入力されていない空白セルについてはCOUNTA関数もCOUNT関数も同様に、そのセルはカウントしません。 しかし関数式の結果として見た目は空白になっているセルについては、COUNTA関数はそのセルをカウントしますが、COUNT関数はカウントしないという違いがあります。 これが、 「数式の結果として空白になっているセルはCOUNT関数は数えない」ということです。 数式が入力されているセル範囲でデータ件数を数える時、式の結果として空白になっているセルはカウントから除外したい、という時はCOUNT関数を使いましょう。 その他のセル個数カウント系関数の種類• COUNTBLANK関数 指定した範囲内で、空白セルの個数を数える関数です。 これは数式の結果として空白になっているセルもカウントします。 COUNTIF関数 第一引数で指定した範囲において、第二引数で指定した条件に一致するセルの個数を数えます。 関連記事:• COUNTIFS関数 Excel2007以降から追加された、複数条件を満たすセルの数を数える関数です。 例えば、A列に数字が入っていて、その中で「30以上」であり「80未満」である数字はいくつあるか、という複数条件に一致するセルの数は次の式で出すことができます。 範囲指定と条件のセットは127組まで指定できます。 【関連記事】•

次の