アフターピル 飲んだ後 注意。 ピルの副作用、ピルを飲んではいけない人 [薬] All About

アフターピル

アフターピル 飲んだ後 注意

気分不快 多少、吐き気が出現する可能性があります。 吐き気防止薬として、プリンぺランという薬を2錠処方しますが、完全には防止できないことがあります。 おう吐 ピル服用後2時間以内におう吐した場合は、同量のピルを再度服用することが必要となりますが、再度服用しても再び吐くことが予想されますので、服用後2時間以内は安易に吐かないよう意識してください。 (服用後2時間以降のおう吐は問題ないと言われています。 )(再服用のピルは2錠:8,640円で処方は可能です。 ) 不正性器 出血 ピル内服後、少量の性器出血が認められる事があります。 その他 乳房緊満・頭痛・めまい・疲労感などを感じる事がありますが、いずれも重篤な副作用はありません。 奇形性 もしも仮に妊娠早期に、このECピルが服用されても、胎児の奇形性に影響は与えないと考えられています。 アフターピルご利用の注意• 」という考えは誤りです。 次の生理が来るまでは、コンドームを使うなどして避妊することが必要です。

次の

アフターピル(緊急避妊ピル)を服用後の生理について。

アフターピル 飲んだ後 注意

Contents• 10日経って生理がこないって妊娠!? 「アフターピルを飲んで、10日経つけどまだ生理が来ない」と不安になる人も少なくないのではないでしょうか。 実際に、服用後3日後や5日程度で生理がくる人もいます。 しかし、その症状は個人差があって当然なのです。 一般的にも、アフターピル服用後の生理は3日~3週間以内に引き起こされるとされています。 また、その期間中に生理予定日が含まれていれば、その生理予定日までに生理が引き起こされるでしょう。 その為、アフターピルを飲んで10日しか経っていないのであれば、生理がないと断定するには早すぎます。 3週間以内に生理が来るのを、待ちましょう。 それでも気になるようであれば、生理開始予定日から1週間以上が経過した時に限り、妊娠検査薬でのチェックも可能です。 不正出血が無いのは、大丈夫なの? そもそもアフターピルを飲んだ後に起こる出血を、自然に起こる生理と区別をする為に不正出血と呼んでいます。 そして、その不正出血も着床出血・排卵出血・消退出血に分けられます。 これら全ての不正出血は、起こる人もいれば全く起こらない人もいるので、この症状が無いからと言って不安になる必要はありません。 逆にほんの少しの出血があったとき注意が必要です。 排卵出血であれば、問題はありませんが着床出血だった場合、その名の通り受精卵が着床するときに起こる出血となるので「妊娠」したことになります。 不正出血のなかで、避妊が成功したときに起こるのが消退出血です。 排卵出血を起こした場合には、その直前にもし避妊しないまま性行為があったり、出血から24時間以内にまた性行為をした場合には妊娠をしてしまう可能性があります。 しかし、見た目では区別はつきにくいのでその出血からしばらく待っても、他の出血が無ければ妊娠検査薬で妊娠の有無を検査しましょう。 早すぎる出血も問題あり!? 避妊の為にアフターピルを飲むことで起こる出血は、早くても3日が経過してから起こります。 それは、薬の成分が体内に吸収されて、効果があらわれるまでにかかる時間からいえることです。 その為、もしアフターピル服用直後から3日以内に、出血などがあった場合には他の病気の症状である可能性があります。 子宮ガンや以前の性行為の際に子宮外妊娠をしていることが原因になっているとも考えられます。 3日以内に出血があった場合には、すぐ病院を受診するようにしましょう。 アフターピル服用から3週間経っても出血がない場合は妊娠の可能性大 避妊がしっかり出来ることを祈って待ち続けた結果、3週間が経過しても出血が無かった場合すぐ行動を始めましょう。 それは、妊娠の可能性が高いからです。 生理予定日から1週間が経過していることを確認した上で、妊娠検査薬もしくは産婦人科で妊娠の有無を確認しましょう。 ここで、現実から逃げて検査を遅らせば遅らせるほど、その後の行動にも遅れが生じてしまいます。 もしも「妊娠」という結果が分かった時にどうしても「出産」の選択が出来ない場合もあるでしょう。 そんな時に出来る手段は、もう「中絶」しか残されていません。 それは妊娠が発覚して、時間が経てば経つほどに身体の負担も費用も大きくなってしまいます。 そうなってしまわない為にも服用から3週間以上経過して出血が無ければ、素早く妊娠検査薬などで確かめることが重要です。 服用から3日~3週間以内に生理があれば避妊成功 アフターピルを飲んでからの早すぎる出血、もしくは3週間以上経過しても出血が無い時には妊娠もしくは何かしらの異常が起きてしまっている可能性があることが分かりました。 それでは、その間にあたる服用後3日~3週間が経つまでに生理があれば、無事避妊が成功したということもわかります。 その時の生理期間には個人差があり、2日~1週間前後続くでしょう。 強制的に生理を引き起こすことから、生理痛を悪化させる場合もあります。 市販の痛み止めなどで落ち着けば問題はありませんが、もし症状が悪化したり長引く場合には他の病気の症状が現れている可能性もあるので、病院を受診しましょう。 避妊の確率を高めるために出来ることは、避妊失敗に気付いたら早急にアフターピルを服用することです。 そしてそれは早ければ早いほど、避妊成功率は高まります。 いま妊娠、そして出産のことを考えられないという方は、緊急時のことを想定して必ずようにしましょう。 アフターピル服用後、不安になったら要確認 避妊をしたくて、アフターピルを飲んだのにそれでも避妊失敗したかもしれない…と不安になった時、まず性行為そしてを飲んだ日からの日数を確認しましょう。 そして、しっかり服用制限時間内に飲んだかどうか、他にも避妊効果を弱めるようなことはしていないか思い返してみましょう。 そこで、制限時間を超えての服用そしてアフターピル服用後に性行為をした、1回吐き出して飲み直してない、飲み直しが遅れたなどの行動に思い当たれば、避妊失敗している確率はさらに高まってしまいます。 不安を抱えた時、本来の生理予定日から1週間が経過していればほぼ確実に妊娠の有無が確認できます。 それまで待てないと言う人は、早期妊娠検査薬などもあるので、それを利用して確認するようにしましょう。

次の

アイピルの飲み方|注意点|アフターピル|72時間以内|お薬ラボ

アフターピル 飲んだ後 注意

排卵日はいつ? 排卵は生理1日目から数えて14日目ごろに起こるとされています。 (生理周期が28日サイクルの場合)産婦人科ではアフターピル処方の際に、エコー検査で排卵の状態を確認することもできます。 アフターピルを服用したのが排卵前だった場合 排卵前にアフターピルを服用した場合、アフターピルを服用した次の日から飲み始める方法を取りましょう。 アフターピルを服用した時期が排卵前であれば、排卵を遅らせることができるので、避妊はほぼ100%成功します。 そのまま低用量ピルを服用することで、避妊効果を維持することが可能です。 医師がこの方法を推奨するのは、アフターピルで排卵を遅らせたことによって、その後の性行為で妊娠するケースが多いからです。 アフターピルの服用を終えた翌日からピルを飲み始めます。 毎日1錠を決まった時間に服用してください。 妊娠していないかをなるべく早く確認するために、14日間連続して服用したら、服用を一旦中止してください。 避妊に成功していたら2~3日で生理のような出血が始まります。 服用を中止してから8日目から、出血が終わっていなくても2シート目の服用を始めます。 ピルの服用を始めた時点では、避妊に成功したかは確実ではありません。 2シート目の服用を始めて7日後に避妊効果が得られると考えてください。 アフターピルを服用したのが排卵日、もしくは排卵直後の場合 アフターピルを服用した時期が排卵日もしくは排卵後の場合、アフターピル服用後の出血を確認してから服用を始めたほうがよいでしょう。 排卵日、排卵直後にアフターピルを服用しても、受精してしまう可能性があります。 受精しているのにも関わらず、低用量ピルの服用を行うと、かえって着床を促し、妊娠してしまう場合があります。 そのため、出血を待って服用をしたほうが避妊に成功する確率が高くなります。 アフターピル服用後、出血が起こって3日目から飲み始めます。 (アフターピル服用後、避妊に成功していれば出血が服用後3日〜3週間の間に起こります。 ) 低用量ピルを飲み始めたら、毎日1錠を決まった時間に服用する必要があります。 実薬を21錠服用したら、7日間の休薬期間(28錠タイプの場合は偽薬期間)を取ります。 休薬期間が終わったら、新しいシートの服用を始めてください。 避妊効果は服用を開始してから7日後に得られます。 排卵前か排卵後かわからない場合・避妊効果をより早く確認したい場合 排卵前か排卵後かわからない場合、排卵前であっても避妊効果をより早く確認したい場合は出血を確認してから3日目から飲み始めましょう。 服用方法は、上記で述べている「アフターピルを服用したのが排卵日、もしくは排卵直後の場合」と同じです。 エラの服用後に低用量ピルを飲み始める場合 の服用後5日間は低用量ピルの服用が禁止されています。 低用量ピルとの併用によって避妊効果が落ちるおそれがあるからです。 エラの服用後6日目から服用を開始します。 毎日1錠を決まった時間に服用してください。 妊娠していないかをなるべく早く確認するために、14日間連続して服用したら、服用を一旦中止してください。 避妊に成功していたら2~3日で生理のような出血が始まります。 服用を中止してから7日経ったら、出血が終わっていなくても2シート目の服用を始めます。 ピルの服用を始めた時点では、避妊に成功したかは確実ではありません。 2シート目の服用を始めて7日後に避妊効果が得られると考えてください。 避妊効果をより早く確認したい場合 エラの服用後、出血が起こって3日目から飲み始めます。 (アフターピル服用後、避妊に成功していれば出血が服用後3日〜3週間の間に起こります。 ) 低用量ピルを飲み始めたら、毎日1錠を決まった時間に服用する必要があります。 実薬を21錠服用したら、7日間の休薬期間(28錠タイプの場合は偽薬期間)を取ります。 休薬期間が終わったら、新しいシートの服用を始めてください。 避妊効果は服用を開始してから7日後に得られます。

次の