番号変えずに格安sim。 格安SIMで出来ることと出来ないことは何ですか?

電話番号を変えずに格安SIMへ乗り換える方法

番号変えずに格安sim

新しい電話番号で格安SIMに申し込む場合 090・080・070を選ぶことはできない 格安SIMの申し込み方法は店頭で申し込む場合、オンラインで申し込む場合の2種類があるというのは既にご存知ですよね。 店頭に置いているSIMカードには「黒SIM」と「白SIM」と呼ばれる2つがあります。 黒SIMは既にSIMカードに電話番号が書き込まれている、つまり電話番号が決まっているもの。 白SIMはSIMカードに電話番号が書き込まれていないもので、まだ電話番号が決まっていません。 白SIMの場合は電話番号の下4桁が選べますが、それについては後述します。 管理人がソフトバンクで働いていた時点で黒SIMはほぼなくなっていたので、現在は白SIMが主流かと思います。 もし黒SIMがある場合はこちらから選ばせて欲しいと言えば、お店によっては在庫から選ばせてくれることもあるかもしれません。 一方、オンラインでは電話番号を選ぶという手続きや項目は存在しないので、どんな番号が割り当てられるかはまったくの運です。 真ん中4桁、下四桁の番号を選ぶこともできない 電話番号は「090(もしくは080か070)-〇〇〇〇-〇〇〇〇」という数字の羅列なので、覚えやすい番号にしたいと連続する4桁の部分にこだわりたい人もいるでしょう。 語呂が良い、同じ数字が連続している、もしくは自分や家族の誕生日、記念日のように、思い入れがあって、覚えやすい日付等をあてはめた経験はありませんか。 格安SIMの店舗に運良く自分が希望している数字の羅列が含まれている電話番号があれば良いのですが、在庫である分しか確認してもらえないので、なければ諦めるしかありません。 ましてや希望する番号をエントリーするなんていう仕組みもありませんので、与えられた電話番号を一生懸命覚えるしかないのです。 大手キャリアなら下四桁のみ選ぶことができる 格安SIMでは全く選べない電話番号も、大手キャリアならば下4桁のみユーザーの方で選ぶことができます。 ソフトバンクのHPでは、契約時に店頭で申し出をすれば無料で下4桁が選べます。 (オンラインの申し込みではサービス対象外) ですが、連続する数字(1111、7777等)や、既に使用されている番号等は利用を制限される場合もありますので、候補を複数持っておくのが良いでしょう。 なお、ドコモにも同様のサービスがあるのですが、こちらは有料サービスとなっており、料金は300円です。 auは、新規契約の場合「YOU選番号サービス」の手数料として300円が発生し、電話番号変更の場合は「電話番号変更手数料」に含まれるため無料という扱いになっています。 下4桁だけでも好きな番号を使うことによってその番号への愛着が沸くでしょうから、こだわりが強い人はこのようなサービスもうまく活用してください。 乗り換え MNP の場合は電話番号はそのまま 大手キャリアで使用している電話番号を使いたいのであれば、MNPを利用すれば良いのですが、絶対できるというわけではありません。 1つめは名義の問題で、大手キャリア時代の名義と格安SIMに変更する際の名義は同じでなければいけません。 ですから、大手キャリア時代は親の名前で契約していたけど、格安SIMに移行する際に子供の名前にする…といった場合は契約者が違うので即座にMNPを受け付けてもらえません。 格安SIMに変える前に大手キャリア時代の名義を変えておけば手続きがグッと楽になりますので、まずは契約書や電話会社のサイト(マイページ等)で契約者の名前を確認して下さい。 MNPと聞くと「電話してMNPの予約番号を取得する」というのがメインの作業のように思われていますが、同じ名義かどうかを確認することも実は大事な作業なのです。 2つめは、未払い金の問題で、大手キャリアで契約している時に月額料金の未払いがあった場合信用に欠けるということで手続きができないこともあります。 確信犯でお金を払っていない人もいれば、口座変更したせいでうっかり払い忘れていた人等、未払いの理由は様々ですが、悪質とみなされた場合端末を一括購入しなければならない等制限も出てきますので要注意です。 最低利用期間とは、大手キャリアでいうところの2年縛りをイメージすると分かりやすいのですが、この期間中に解約すると解約に伴う費用が発生するものです。 格安SIMの中には最低利用期間が4ヶ月だったり、6ヶ月だったり、大手キャリアと同じ2年というのもあったり色々あるのですが、最低利用期間なしというのもあるので、値段だけではなくこのような制度の面にも注目して会社を選ぶのも有効です。 面倒臭いことと言えば何度も手続きをしなければいけない、自分の届出している情報を変更しなければならない等ですが、少なくとも使いたくもない電話番号を使い続けるストレスからは解放されますのでどちらを選ぶも契約者の自由です。 音声SIMでも最低利用期間がなくすぐに解約できる格安SIM LINEモバイル LINEモバイルは、誰もが知っているであろう「LINE」が運営している格安SIMです。 LINEモバイルの最大の特徴は、主要SNSがデータ消費なしで使い放題になるという点です。 すべてのプランでLINEが、SNSデータフリーなら加えてTwitterとFacebookが、SNS音楽データフリーならさらに加えてInstagramとLINE MUSICが使い放題です。 Twitter、Facebook、InstagramはSNSの中でも利用頻度が非常に高いものであり、意外とデータ通信量がかさんで通信制限にかかってしまうという人も多いため、そうした点を気にせず使えるのは他の格安SIMにはない大きなメリットです。 LINEモバイルでは音声通話SIMでも最低利用期間がありませんので、いつ解約しても一緒です。 解約時の手数料は、データSIMも音声通話SIMも一律1,000円です。 大手キャリアであれば2年縛りの上、更新月以外での解約は10,000円程度かかるため、非常に良心的と言えます。 最低利用期間なし、解約に伴う違約金もなしのため、新しい電話番号を取得したいならばmineoのユーザーは便利です。 勿論料金も大手キャリア時代に比べて半分以下になりますし、回線はドコモ・ソフトバンク・auの全てに対応しているのでネットワークの速度も問題ありません。 mineoで注目したいのは、パケットをシェアしあう相手が家族に限らず、mineoユーザーなら誰でもOKという点です。 見ず知らずの人ともパケットをシェアしあうことで、例えば被災地域に住んでいる人にパケットを渡すといった支援も可能になります。 コース 音声SIM データSIM SMSなし シェア音声 最大5枚 500MB 1,130円 - - 1GB 1,280円 480円 - 2GB 1,380円 780円 - 4GB 1,580円 980円 1,780円 6GB 1,980円 1,480円 2,280円 8GB 2,680円 1,980円 2,980円 12GB 3,280円 2,680円 3,580円 20GB 4,680円 3,980円 4,980円 30GB 5,680円 4,980円 5,980円 40GB 6,980円 6,480円 7,280円 50GB 8,980円 8,480円 9,280円 最低利用期間 最低契約期間 なし、解約金もなしのイオンモバイルは、大手スーパーでおなじみのイオンが運営している格安SIMです。 イオンのお店で買い物した際、イオンモバイルのコーナーを見たことがあると思いますが、店頭またはオンラインで受付可能となります。 回線はドコモ回線とauの2種類選べますし、相談、トラブルが発生したら買い物ついでに店舗に行けるというのが魅力的ですね。 おすすめプランは、ドコモ回線6GBプラン、au回線6GBプランともに月々990円で契約できるところです。 (ソフトバンク回線は1,240円) QTモバイルによると、6GBプランを契約すると音声通話なら300時間以上通話可能、動画は30時間以上視聴可能となります。 余ったパケットはそのまま繰り越せますので、余ってしまった月があっても無駄になることはありません。 QTモバイルもmineoと同じくドコモ、au、ソフトバンクの3回線があるので、手持ちのスマホをSIMロック解除なしで使えて簡単に乗り換えができます。

次の

格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法、簡単に1万円〜2万円お得にMNP/機種変/SIMサイズ変更

番号変えずに格安sim

通信料金の節約のために大手キャリアから格安SIMに乗り換えを検討している方のために、乗り換え方法を詳しく解説します。 また、乗り換えにかかる費用や注意点なども分かりやすく説明していきます。 目次:• 大手キャリアから格安SIMに乗り換える方法 のドコモ・au・ソフトバンクからに乗り換える流れは、以下のようになります。 1.キャリアスマホをSIMロック解除する 2.キャリアでMNP予約番号を取得する 3. に申し込む では、それぞれの段階を詳しく解説していきます。 もちろん、別途SIMフリースマホを購入して使用するのであれば、この手続きは不要です。 大手キャリアが販売するスマホ端末は、すべてSIMロックがかかっています。 手続きをすることで、他社のSIMカードを挿して使用できるようになります。 なお、 格安SIMの回線プランを現在契約しているキャリアと同じものにすると、SIMロック解除が不要になります。 たとえば、格安SIM「」はドコモ回線なので、ドコモからの乗り換えであればSIMロック解除しないでも差し替えるだけで使えるわけです。 ちなみに、スマホをSIMロック解除した後でも、引き続きキャリアスマホとして使い続けることができます。 格安SIMは大手キャリアの回線を借用している 事業者は自社の通信回線を所有せず、大手キャリアの通信回線を借用して通信サービスを提供しています。 そのため、 でもドコモ回線ならドコモのキャリアスマホに挿して使うことが可能で、au回線やソフトバンク回線も同様です。 では、SIMロックを解除する場合の手続き方法をキャリア別に見てみましょう。 ちなみに、 各キャリアともショップに持ち込んでSIMロック解除をすると手数料3,000円(税抜)がかかります。 WEB上でSIMロック解除手続きをすると手数料無料なので、可能であればWEB手続きがおすすめです。 SIMロック解除 — NTTドコモ NTTドコモ - SIMロック解除の窓口 My docomo ドコモインフォメーションセンター ドコモの携帯電話から:局番なしの151 一般電話から:0120-800-000 ドコモショップ お近くのドコモショップにて対応 オンラインでSIMロック解除する手順: 端末のIMEI番号を確認する スマホの発信画面で「*#06#」と入力して発信すると、15桁のIMEI番号が表示されます。 このIMEI番号をコピーまたはメモしておきます。 My docomoにログインする スマホでMy docomoにログインし、左上のメニューをタップします。 IMEI番号を入力する IMEI番号を入力する欄に、先ほど調べたIMEI番号を入力します。 「SIMロック解除を申し込む」にチェックマークを付けて「手続きを完了する」を選択します。 SIMロック解除 — ソフトバンク ソフトバンク - SIMロック解除の窓口 My SoftBank Softbankショップ お近くのSoftbankショップにて対応 オンラインでSIMロック解除する手順: 端末のIMEI番号を確認する スマホの発信画面で「*#06#」と入力して発信すると、IMEI番号が表示されます。 このIMEI番号をコピーまたはメモしておきます。 My SoftBankにログインする スマホでMy SoftBankにログインし、右上のメニューをタップします。 IMEI番号を入力する 先ほどのIMEI番号を入力し「次へ」をタップします。 「解除キーを発行する」を選択すると解除キーが表示されます。 この解除キーを紙などに控えておきます。 (格安SIM購入後) を挿入し解除キーを入力する スマホの電源をOFFにした後、 の SIMカードに差し替えて電源をONにします。 この際、画面上に最初「無効なSIMカードです」と表示されますが、自動的に解除キーを入力する画面に切り替わります。 そこで先ほどの解除キーを入力して「ロック解除」を選択すると、SIMロックが解除され が使えるようになります。 「SIMロック解除が可能かどうかを確認する」を選択し、IMEI番号を入力します。 次の画面で表示される「解除の理由」に適当な答えを選択し、「この内容で申し込む」をタップして手続き完了です。 2.キャリアでMNP予約番号を取得する 次に、キャリアから に電話番号を引き継ぐために必要な「」を取得します。 MNPって何のこと?MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティの略)とは、現在使用している携帯電話の番号を変えずに、契約事業者を変える手続きのことです。 電話番号が変わってしまうと不便ですが、このMNP手続きをすると電話番号が変わらず便利なので、現在ほとんどの人はMNP手続きを選択しています。 番号そのままで事業者を乗り換えるMNPは、キャリアをただ解約するだけの手続きとは違います。 MNP予約番号を取得するとキャリアでの手続きは終わり、乗り換え先の契約が成立した時点で自動的にキャリアが解約となります。 では、キャリアごとのMNP予約番号取得の流れを見ていきましょう。 MNP予約番号取得 — NTTドコモ でMNP予約番号を取得するには、オンライン・電話・ドコモショップと3通りの方法があります。 それぞれの方法を紹介します。 オンラインや電話でなく、顔と顔を合わせて相談したいという人はショップがおすすめです。 MNP予約番号取得 — ソフトバンク でMNP予約番号を取得するためには、基本的に電話かソフトバンクショップで手続きすることになります。 3Gケータイ(ガラケー)のみ、オンラインでMNP予約番号を取得できます。 では、それぞれの方法を見てみましょう。 MNP予約番号取得 — au でMNP予約番号を取得するには、基本的に電話かauショップで手続きする必要があります。 3Gケータイ(ガラケー)のみ、オンラインでMNP予約番号を取得できます。 では、それぞれの方法を見てみましょう。 3.格安SIMに申し込む MNP予約番号を取得できたら、いよいよ に申し込みます。 SIMロック解除したスマホは回線にかかわらず使用することができますが、現在利用中のキャリアと同じ回線を提供している なら使い勝手もいいのでおすすめです。 以下では、キャリア回線別に主な を挙げています。 それぞれの の特長やポイントについては、 名のリンクをクリックすることで解説を読むことができます。 格安SIMでスマホ購入も可能 申し込み時に、SIMカードと一緒にスマホ端末を購入することもできます。 によっては、Android機種だけでなくiPhone機種も扱っていることもあるので、まずは販売機種をチェックしてみるのもいいでしょう。 だけでなく、Amazonや楽天市場などネットショッピングで購入することもできます。 SIMフリースマホを別に購入して、 ではSIMカードのみ契約するのも一つの方法です。 2019年10月以降の契約だと、乗り換え費用は合計7,000円前後と安くなります。 この金額の違いは、2019年10月1日より「電気通信事業法の一部を改正する法律」が施行されたことによります。 契約の縛り条件が大幅に緩和されたので、他社への乗り換えがより身近になりました。 1,000円(ドコモ・au)• スマホ端末が に対応していないことがある• ではキャリアメールは使えない• 設定や手続きは基本的に自分で行う スマホ端末が格安SIMに対応していないことがある キャリアスマホの中には、 に対応しておらず使えない端末もあります。 たとえば、 2015年4月以前に発売された機種はSIMロック解除ができない仕様になっているため、同キャリアの回線以外では使えません。 その他、 によっては対応機種が限られている場合もあります。 現在使用しているスマホが に対応しているかどうかは、 各 の公式サイトにて「動作確認済み端末の一覧」を参照してください。 格安SIMではキャリアメールは使えない に乗り換えるとこれまでのキャリアメールは使えなくなり、基本的にGmailやYahoo! メールなどのフリーメールを使うことになります。 によっては独自のメールサービスを提供していることもありますが、PCメールとして扱われます。 そのため、送信先がキャリアメールアドレスの場合は迷惑メールフィルターに引っかかってしまう可能性も。 このように、これまでキャリアメールを多用していた人にとって、 に乗り換えてキャリアメールが使えないのは不便に感じるかもしれません。 格安SIMは設定や手続きなどを基本的に自分で行う に申し込むと、設定や手続きなどは基本的に自分で行う必要があります。 大手キャリアにあって にはない最大の違いは店舗サポートです。 大手キャリアは全国にショップがあり何でも気軽に相談することができますが、 は料金が安い代わりにショップは全くないか、あっても少数なので店舗サポートは期待できません。 そのため、スマホの扱いに疎い人や設定などが面倒くさい人は、 に向いていないかもしれません。 もちろん、 は低料金が大きな魅力なのは間違いないので、周囲に設定を手助けしてくれる人がいれば検討する価値は大いにあります。

次の

格安SIM/スマホで新規申込する時に電話番号は選べるのか?

番号変えずに格安sim

「データSIM」には電話番号が付与されませんが、LINEなどの無料通話アプリで通話することは可能です。 しかし通話アプリを利用するには、相手も同じアプリを取得している必要があります。 無料通話アプリでの通話は、通話料がかからないのは大きなメリットですが、データ通信量を消費しますので注意してください。 090などから始まる電話番号で通話する場合は、通話機能つきのプランである「通話SIM」を選びましょう。 通話SIMでの通話にはデータ通信量は消費しませんが、通話料金がかかります。 電話番号は必要だけど、できるだけ安く維持したいなどという人には「050データSIM」もオススメ。 このあとの「」の章で詳しく説明します。 090・080・070から始まる電話番号!おすすめの格安SIMも紹介 携帯電話の番号といえば、以前は090・080から始まる電話番号が一般的でした。 しかし昨今の携帯電話の需要に伴い、携帯電話番号がどんどん足りなくなってきました。 そこで平成25年11月、総務省が電気通信番号の利用設定を変更し、PHSで利用していた070の番号を携帯電話の番号としても使えるようにしたのです。 そのため格安SIMでは、携帯電話番号としてのイメージが強い090・080だけでなく、070から始まる電話番号が割り振られる場合もあります。 格安SIMをオンラインで購入する場合は自動的に番号が割り振られるので、電話番号を選ぶことができないよ。 店頭なら、在庫にある電話番号の中から選べることもあるみたいだけど、基本的には選べないんだ。 ではここからは、新規契約にオススメの格安SIMをいくつか紹介します。 圧倒的な速度を誇るUQモバイル!当サイトからの契約でキャッシュバックあり 大手キャリアから格安SIMに乗り換えて、一番不満なことといえば通信速度が遅くなること。 格安SIMはお昼休みや通勤時間帯など、速度が一時的に遅くなることがあります。 しかしUQモバイルは、どの時間帯も大手キャリアをも凌ぐ通信速度を誇っているんです。 高速データ通信が常に利用できるだけでなく、料金も大手キャリアに比べ大幅に安く、ユーザー満足度の高い格安SIMがUQモバイル。 当サイトから契約すると最大13,000円のキャッシュバックが受けられるので、検討中の方は当サイトからの契約がオススメです。 050データSIMのメリットとデメリット メリット• 月額基本料金が安い• 通話料金が安い デメリット• MNPができない• 緊急電話(110番・119番)にかけられない• フリーダイヤルにかけられない• 通話でデータ通信量が消費される• 音声品質が悪いことがある デメリットもありますが、050から始まる電話番号を持つことができるうえ、月額料金や通話料が「通話SIM」より安いのは嬉しいですよね。 ここで「050データSIM」のおすすめの格安SIMを紹介します。 楽天モバイルの「050データSIM」は通話料が安い!645円から利用可能 楽天モバイルの「050データSIM」は、050から始まる電話番号が付与される「データSIM」です。 楽天モバイルはサービスも豊富で、とても人気の高い格安SIM。 「050データSIM」以外の「データSIM」や「通話SIM」もおすすめです。 ここでは楽天モバイル「データSIM」「050データSIM」「通話SIM」の月額料金を比較をします。

次の