最速ガブリアス。 ピカチュウ育成論

最速ガブリアス作ったつもりが・・・

最速ガブリアス

禁止級の中では控え目な種族値だが、配分のバランスがよく、強力な専用特性ソウルハート、専用技フルールカノンの存在もあり、他の禁止級に引けをとらない活躍が望めるポケモン。 80~100族前後に固まりがちな禁止級では飛び抜けて遅いため、トリルアタッカーとしても重宝する。 なお、入手方法は2016年映画で配布されたQRコードの入力となっており、このコードは共通で期限も存在しないため、幻のポケモンでありながら事実上通常プレイ中に入手可能である。 今作ではダイマックスのシステムと高相性。 フルールカノンのデメリットを消し、体力を底上げすることで特攻が上がったまま場に留まり易くなる等メリットが多い。 また、ポケモンHOMEで全国図鑑890種類を埋めると500年前の姿を入手できる。 なお、見た目以外の違いはない。 こうそくいどう・アシストパワー・バトンタッチ・アンコール・てっていこうせんを新規習得。 フルールカノンのデメリットを押し付ける用途のあったハートスワップは使用不可となった。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 フェアリー版オーバーヒート。 敵を倒すと特性のおかげで特攻が1段階減少で済む。 マジカルシャイン 妖 80 120 100 - 安定重視の全体攻撃技。 ムーンフォースは覚えないのでシングルでも採用可能。 アイアンヘッド 鋼 80 120 100 ひるみ30% ギアチェンジを積んだ後なら、対フェアリーにはこちらのほうが効果的なことも。 命中不安。 はどうだん 闘 80 - 必中 優秀な必中技。 10まんボルト 電 90 100 麻痺10% 対飛行など。 かみなりは覚えない。 ボルトチェンジ 電 70 100 攻撃後交代 サイクル戦向き。 れいとうビーム 氷 90 100 凍り10% 4倍ドラゴンや地面などに。 2倍ドラゴンには一致技で十分。 サイケこうせん 超 65 100 混乱10% ほぼ対専用。 サイコキネシスは覚えない。 変化技 タイプ 命中 解説 めいそう 超 - 決定力強化。 ギアチェンジ 鋼 - 攻撃を1段階、素早さを2段階上昇させる優秀な積み技。 アイアンヘッド等の物理技を採用する場合に。 こうそくいどう 超 - 素早さを2段階上昇。 特殊技のみならこちら。 トリックルーム 超 - 禁止伝説の中では遅い方。 いたみわけ 無 - 疑似再生に。 自分のHPが少なくない、または相手のHPが多くない状態では効果に期待できない。 てだすけ 無 - ダブル用。 ソウルハート発動に。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 バトンタッチ 無 - ソウルハートで上がった特攻を味方に引き継ぐ。 威力は変わらないが、HP半減のデメリットなしで連発できる。 防御上昇で味方のサポートにも。 ラスターカノン アイアンヘッド 130 195 威力上昇。 ダイフェアリー フルールカノン 140 210 場:MF 一致技。 特攻低下のデメリットがなくなる。 マジカルシャイン 130 195 単体攻撃。 トリックルーム下での運用を考える場合はれいせいも候補。 HCが主流と思われるマギアナなので、S振りにすると積まずに相手の中速相手が抜けるということも利点になる。 また、技や特性など自身の能力もダブルに向いている。 特性は味方が倒されても発動されるため非常に強力なものと言える。 耐性上には滅法弱いが、などのに非常に強く、 マギアナに対し有効打をもたないポケモンも少なくないため放置されることも多いが、 放置される程特性によって強化されるため全抜きエースとなることもある。 対マギアナ 注意すべき点 攻撃範囲が広い上、一致技の火力が高くソウルハートで高いCが上昇していくため、積まれ続けると非常に苦しい展開を強いられる。 素早さはさほど高くないが、トリックルームなどS操作技を覚えるため、速攻アタッカーでも過信は禁物。 ダブルバトル以上では、で炎技を無効化してくることもあり、炎タイプであれば安全というわけでもない。 はどうだん、サイケこうせん、10まんボルトなど苦手なタイプへの攻撃手段も多い。 対策方法 上からできる限り弱点をつくのが理想的だが、技構成や対処法を誤ると一気に苦しくなる。 耐久力や素早さを考慮するなら、一般ポケモンではやなどがやや有力。 両メインウェポンを半減するもある程度対処しやすい。 伝説ポケモンであればやが安定。 プレートでもある程度の対処は見込める。 とにもかくにもソウルハートを発動させないこと。 ダブルバトルではより対処が難しくなる。 覚える技 レベルアップ 7th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 トリックガード - - フェアリー 変化 10 1 アシストギア - - はがね 変化 20 1 ギアチェンジ - - はがね 変化 10 1 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 1 てだすけ - - ノーマル 変化 20 1 ソニックブーム - 90 ノーマル 特殊 20 1 まるくなる - - ノーマル 変化 40 1 サイケこうせん 65 100 エスパー 特殊 20 9 おまじない - - ノーマル 変化 30 17 オーロラビーム 65 100 こおり 特殊 20 25 ミラーショット 65 85 はがね 特殊 10 33 こころのめ - - ノーマル 変化 5 41 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 49 フルールカノン 130 90 フェアリー 特殊 5 57 てっぺき - - はがね 変化 15 65 いたみわけ - - ノーマル 変化 20 73 シンクロノイズ 120 100 エスパー 特殊 10 81 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 89 ハートスワップ - - エスパー 変化 10 97 きりふだ - - ノーマル 特殊 5 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技11 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技14 でんじは - 90 でんき 変化 20 技17 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技18 リフレクター - - エスパー 変化 20 技20 じばく 200 100 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技43 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技44 ふういん - - エスパー 変化 10 技60 パワースワップ - - エスパー 変化 10 技61 ガードスワップ - - エスパー 変化 10 技62 スピードスワップ - - エスパー 変化 10 技70 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技80 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20 技82 エレキネット 55 95 でんき 特殊 15 技87 ドレインキッス 50 100 フェアリー 特殊 10 技93 かいでんぱ - 100 でんき 変化 15 技94 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技08 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技19 トライアタック 80 100 ノーマル 特殊 10 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技30 アンコール - 100 ノーマル 変化 5 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技38 トリック - 100 エスパー 変化 10 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技49 めいそう - - エスパー 変化 20 技52 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技56 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 技64 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技65 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技69 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 5 技70 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技77 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技80 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技92 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 遺伝.

次の

メガガブリアス構築【最高レート2046 S14 真皇杯関西予選1、JPNOPEN使用構築】

最速ガブリアス

【良いところ】• メガガブリアスはシンオウ600族のガブリアスがメガシンカした姿。 メガシンカしたことで攻撃と特攻が大きく伸び、耐久も上がっています。 全体的に能力が高いため種族値合計は700に達し、メガミュウツーとアルセウスを除けば最高の種族値合計を持つポケモンです。 地面技をメインウェポンに持つため、ドラゴンが苦手な鋼やフェアリーといったポケモンで止まりません。 また特攻が高いため、特殊技を絡めた戦いもできます。 メガガブリアスは特性「すなのちから」により、天気が砂嵐のとき地面や岩といった技の威力が1. 3倍になります。 これは実質、反動なしの「いのちのたま」を持って「じしん」「ストーンエッジ」を使えることと同等です。 ガブリアスはメガシンカしなくても強いアタッカーなので、メガシンカせずに使えます。 そのためパーティにメガシンカ可能なポケモンを複数入れた場合、ガブリアスがメガシンカ枠なのかが相手にバレにくいです。 【悪いところ】• 通常ガブリアスは激戦区の100族をギリギリ抜ける素早さがウリのポケモンなので、メガガブリアスで素早さが下がったのは痛いです。 一方ポケモンXYではフェアリータイプの新登場で、ドラゴン技に無効タイプができました。 フェアリーの登場により、トゲキッスなどガブリアスが苦戦する相手が増えてしまいました。 1回のバトルでメガシンカできるポケモンは1匹までなので、ガブリアスをメガシンカさせると他の有用なメガシンカポケモンが使えなくなってしまいます。 ガブリアスはメガシンカしなくても十分強いポケモンなので、メガガブリアスではなく他のメガシンカポケモンを使うという選択もあります。 またメガシンカポケモンは火力UPアイテムを持てない関係で、メガガブリアスよりもガブリアス@いのちのたまの方が高火力です。 メガガブリアスはメガシンカにより上がった耐久と引き替えに、素早さと火力が少し下がったポケモンと見ることもできます。 素早さが高くないため全抜きには期待しにくいですが、バトル序盤~中盤にメガガブリアスの火力で相手の耐久ポケモンを突破すれば後続のアタッカーが全抜きしやすくなります。 「ねばねばネット」「おいかぜ」のサポートを受ければメガガブリアスで全抜きもできなくはありませんが、もっと素早いポケモンや高火力先制技を使えるポケモンの方が本来は向いています。 メガガブリアスはメジャータイプの耐性が少ないため耐性を生かした繰り出しに期待できません。 耐久の高さから半端な火力のアタッカーに繰り出したり、バンギラスや格闘ポケモンの「ストーンエッジ」読みで繰り出します。 また有利な相手に死に出しして交代を誘えば、交代読みで「つるぎのまい」「みがわり」など補助技が使えます。 バンギラスやカバルドンのサポートで天気を砂嵐にすると、特性「すなのちから」が発動してさらに高火力です。 メガガブリアスにメガシンカすると特性が「すなのちから」になります。 進化前のガブリアスの特性は「すながくれ」「さめはだ」ですが、どちらもあまり関係ないのでお好みで。 攻撃・素早さ全振りがベースですが、HPにも努力値を振ることでメガガブリアスの耐久を生かせます。 HP調整をするなら、HP実数値205などが考えられます。 これはLv50時にラッキー@しんかのきせきの「ちきゅうなげ」でメガガブリアスの「みがわり」を壊されず、かつ耐久も高まる数値です。 ガブリアスが個体値Vなら努力値172ポイントでHP実値が205になります。 通常ガブリアスではこの他に攻撃特化ヘラクロス@こだわりハチマキの「インファイト」「メガホーン」を耐える意味がありましたが、メガガブリアスなら耐久無振りでも確定で耐えられます。 もちろん攻撃特化メガヘラクロスの「インファイト」「メガホーン」も耐久無振りで耐えられます。 性格をいじっぱりにすると、火力が高まる代わりに最速79族~91族の相手が抜けなくなります。 この素早さ帯には激戦区の80・85・90族が含まれ、トゲキッス・カイリュー・シャンデラ・ヘラクロス・クレセリアなどが属しています。 性格をようきにすると上記の相手を抜く調整をかけることができ、最速トゲキッスやカイリューも抜くことができます。 素早さ調整先の例は以下になります。 メガガブリアスでタイマン戦に勝ちたいポケモンや、パーティの苦手なポケモンを抜いておくと便利です。 【ようき】 調整先 調整先の ポケモン例 必要努力値 素早さ実数値 最速 全振り ランドロス れいじゅうフォルム 252 158 最速90族抜き ルカリオ 244 157 最速88族抜き ドリュウズ 228 155 最速85族抜き ヘラクロス 204 151 最速80族抜き カイリュー、トゲキッス 164 146 【いじっぱり】 調整先 調整先の ポケモン例 必要努力値 素早さ実数値 最速75族抜き メガヘラクロス 220 140 最速70族抜き キノガッサ、ニョロトノ、メタグロス 180 135 素早さ全振り 性格補正なし 80族抜き カイリュー、トゲキッス 164 133 最速60族抜き ジバコイル 92 124• 「だいもんじ」などの特殊技を使う場合、特攻の代わりに特防ダウンの性格やんちゃorむじゃきでもOKです。 ガブリアスナイト: ガブリアスをメガガブリアスにメガシンカさせます。 じしん: タイプ一致の地面技で、使い勝手の良いメインウェポンです。 天気が砂嵐なら特性「すなのちから」で威力アップします。 げきりん・ドラゴンダイブ・ドラゴンクロー・ダブルチョップ: タイプ一致のドラゴン技で、地面技に耐性を持つ多くの相手に等倍ダメージを入れられます。 ドラゴン物理技は半減されにくいことが評価できますが、どの技にもデメリットがあり一長一短です。 「げきりん」は威力120と高威力ですが、一旦発動させると2~3ターン連続で攻撃してしまいます。 そのため鋼ポケモンに交換されて積まれたり、フェアリーポケモンが無償降臨してくるリスクが高いです。 「げきりん」を使えるのはバトル終盤、相手にフェアリーが残っておらず、鋼ポケモンが十分弱った状態になっているときに限られます。 「ドラゴンダイブ」は威力が100と高めで2割ひるみの追加効果もありますが、命中率が75と低いためよく外れます。 「ドラゴンクロー」は威力80と低威力ですが、デメリット効果もなく命中100の安定技です。 「ダブルチョップ」は威力40の2回連続攻撃。 1回目の攻撃で相手の「みがわり」を壊せれば、2回目の攻撃を相手本体に当てることができみがわり対策になります。 命中率が90なのでたまに外れるのが唯一のデメリット。 またトゲキッスに等倍ダメージを与えます。 「だいもんじ」は特殊技で高威力のため、防御>特防であることが多い鋼ポケモンによりダメージが与えられます。 「ほのおのキバ」は物理技のため鋼ポケモンにダメージが通りにくいですが、「つるぎのまい」と合わせて使うなら候補に入ります。 ストーンエッジ・いわなだれ: 岩技では地面技が効かない飛行ポケモンの弱点をつけます。 ガブリアスが苦手とするトゲキッスやギャラドスの対策に。 また天候が砂嵐のとき「すなのちから」で威力アップします。 ついでに氷ポケモンにも効果抜群ですが、メジャーなマンムーは地面複合タイプなので弱点をつけず、ユキノオーには炎技の方が効果的です。 威力重視なら「ストーンエッジ」、命中重視なら「いわなだれ」を選択することになりますが、「いわなだれ」は威力が低すぎて狙った相手以外に当たったときのダメージが小さいです。 また「ストーンエッジ」ならHP振りトゲキッスを「ステルスロック」込みで確定1発にできます。 どくづき: ドラゴン技を無効化するフェアリーポケモンに効果抜群の毒技です。 フェアリーポケモンは地面技で等倍ダメージがとれ、地面技も効かないトゲキッスには「ストーンエッジ」の方が効くため優先度は低め。 毒技なのでメガクチートに無効化されますが、メガクチートは地面技で弱点をつけるため問題ありません。 アイアンヘッド・アイアンテール: ドラゴン技が無効なフェアリーポケモンの弱点をつける鋼技で、毒技と同様に優先度は低めです。 鋼技は砂嵐下で「すなのちから」により威力上昇します。 毒技と異なりマリルリの弱点はつけませんが、マリルリには地面技が等倍なので問題ありません。 「アイアンヘッド」は命中100で3割ひるみの追加効果がありますが、威力が80と低いです。 フェアリーポケモンとのタイマン戦を想定するならコチラの方が安全です。 「アイアンテール」は威力100で3割相手の防御ダウンの追加効果がありますが、命中率が75と低いです。 フェアリーへの交代読みで使うなら。 つるぎのまい: 攻撃力を一気に上げられるオススメ技。 メガガブリアスの素早さでは全抜きに繋げにくいですが、多くの相手を確定圏内に入れられます。 みがわり: 相手の交換読みで使い、交代先の相手を見てから最適な攻撃技を選択できます。 地面技とドラゴン技はどちらも無効化してくるポケモンがいますが、「みがわり」を使えば確実に相手の無償降臨を防げます。 メガガブリアスの特攻種族値120を生かせる二刀流型です。 「りゅうせいぐん」によりカバルドン・グライオン・ヤドラン等の物理受けを突破できます。 味方後続には物理受けがいなくなるメリットを生かせる物理アタッカーが待機していると吉。 特にバンギラスは砂嵐を起こせるため相性がいいポケモンです。 メガガブリアスの二刀流型は通常ガブリアスの二刀流型と大体同じです。 ガブリアス@いのちのたまの方がほんのわずかに高火力ですが無視できるレベルです。 メガガブリアスは火力アップアイテムを持てない関係で「いのちのたま」持ち特攻種族値80のポケモンと同程度の特殊火力しかありません。 味方で「ステルスロック」「まきびし」によるサポートをするとカバルドン等の相手を倒しやすくなります。 二刀流型では物理型よりも物理火力が下がってしまい、クレセリアなど特殊耐久の高い一部のポケモンを突破しにくくなります。 クレセリアはパーティでの対策が必要です。 バンギラスはクレセリア対策のポケモンとしても好相性です。 ガブリアスの二刀流型では、物理受けを突破した後にガブリアス自身で「つるぎのまい」を積んで全抜きを狙うこともできました。 一方メガガブリアスはガブリアスよりも素早さが落ちてしまった関係で、通常ガブリアスよりも自身での全抜きに繋げにくくなっています。 ガブリアスは元々攻撃範囲が広く流しにくいアタッカーでしたが、ポケモンXYではフェアリータイプが登場したのが逆風です。 二刀流の狙いは相手の物理受けを誘い出して突破することですが、代わりにフェアリーポケモンに出て来られると狙いが外れてしまいます。 メガガブリアスにメガシンカすると特性が「すなのちから」になります。 進化前のガブリアスの特性は「すながくれ」「さめはだ」からお好みで。 特攻・素早さ全振りがベースですが、素早さを調整にして残りを攻撃に振ると物理技の火力が上がります。 性格はうっかりやorむじゃきですが一長一短です。 うっかりやにするとカバルドンなどの物理受けを突破しやすくなりますが、最速79族~91族の相手が抜けなくなります。 性格をむじゃきにするとこれらの相手を抜けますが、HP振りカバルドンを「りゅうせいぐん」確定2発で突破できなくなります。 素早さ調整先は上記物理エース型を参照です。 ガブリアスナイト: ガブリアスをメガガブリアスにメガシンカさせます。 りゅうせいぐん: 物理技では突破しにくい物理受けを特殊技で突破することで、味方後続の物理アタッカーが活躍しやすくします。 使うと特攻ががくっと下がってしまいますが、メガガブリアスは物理技も使えるので問題ありません。 特殊ドラゴン技には「りゅうのはどう」もありますが、2発までの連打なら「りゅうせいぐん」の方が強いためこちらがオススメです。 じしん: タイプ一致の地面技。 ドラゴン技に耐性を持つフェアリーポケモンには等倍ダメージ、鋼ポケモンには効果抜群ダメージを与えます。 天気が砂嵐なら特性「すなのちから」の威力アップ対象に。 特攻振りなので「ほのおのキバ」より「だいもんじ」がオススメです。 ストーンエッジ・いわなだれ: トゲキッスなどの飛行ポケモンに効果抜群です。 どくづき・アイアンヘッド・アイアンテール: ドラゴン技を無効化するフェアリーポケモンに効果抜群です。 選択基準は物理エース型と同じです。 つるぎのまい: 攻撃力を一気に上げられるオススメ技。 メガガブリアスの素早さでは全抜きに繋げにくいですが、多くの相手を確定一発にできます。 みがわり: 相手の交換読みで使い、交代先の相手を見てから最適な技を選択できます。 フェアリーや鋼といったポケモンに「りゅうせいぐん」を使ってしまう事故が防げます。 役割関係.

次の

メガガブリアス育成論

最速ガブリアス

禁止級の中では控え目な種族値だが、配分のバランスがよく、強力な専用特性ソウルハート、専用技フルールカノンの存在もあり、他の禁止級に引けをとらない活躍が望めるポケモン。 80~100族前後に固まりがちな禁止級では飛び抜けて遅いため、トリルアタッカーとしても重宝する。 なお、入手方法は2016年映画で配布されたQRコードの入力となっており、このコードは共通で期限も存在しないため、幻のポケモンでありながら事実上通常プレイ中に入手可能である。 今作ではダイマックスのシステムと高相性。 フルールカノンのデメリットを消し、体力を底上げすることで特攻が上がったまま場に留まり易くなる等メリットが多い。 また、ポケモンHOMEで全国図鑑890種類を埋めると500年前の姿を入手できる。 なお、見た目以外の違いはない。 こうそくいどう・アシストパワー・バトンタッチ・アンコール・てっていこうせんを新規習得。 フルールカノンのデメリットを押し付ける用途のあったハートスワップは使用不可となった。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 フェアリー版オーバーヒート。 敵を倒すと特性のおかげで特攻が1段階減少で済む。 マジカルシャイン 妖 80 120 100 - 安定重視の全体攻撃技。 ムーンフォースは覚えないのでシングルでも採用可能。 アイアンヘッド 鋼 80 120 100 ひるみ30% ギアチェンジを積んだ後なら、対フェアリーにはこちらのほうが効果的なことも。 命中不安。 はどうだん 闘 80 - 必中 優秀な必中技。 10まんボルト 電 90 100 麻痺10% 対飛行など。 かみなりは覚えない。 ボルトチェンジ 電 70 100 攻撃後交代 サイクル戦向き。 れいとうビーム 氷 90 100 凍り10% 4倍ドラゴンや地面などに。 2倍ドラゴンには一致技で十分。 サイケこうせん 超 65 100 混乱10% ほぼ対専用。 サイコキネシスは覚えない。 変化技 タイプ 命中 解説 めいそう 超 - 決定力強化。 ギアチェンジ 鋼 - 攻撃を1段階、素早さを2段階上昇させる優秀な積み技。 アイアンヘッド等の物理技を採用する場合に。 こうそくいどう 超 - 素早さを2段階上昇。 特殊技のみならこちら。 トリックルーム 超 - 禁止伝説の中では遅い方。 いたみわけ 無 - 疑似再生に。 自分のHPが少なくない、または相手のHPが多くない状態では効果に期待できない。 てだすけ 無 - ダブル用。 ソウルハート発動に。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 バトンタッチ 無 - ソウルハートで上がった特攻を味方に引き継ぐ。 威力は変わらないが、HP半減のデメリットなしで連発できる。 防御上昇で味方のサポートにも。 ラスターカノン アイアンヘッド 130 195 威力上昇。 ダイフェアリー フルールカノン 140 210 場:MF 一致技。 特攻低下のデメリットがなくなる。 マジカルシャイン 130 195 単体攻撃。 トリックルーム下での運用を考える場合はれいせいも候補。 HCが主流と思われるマギアナなので、S振りにすると積まずに相手の中速相手が抜けるということも利点になる。 また、技や特性など自身の能力もダブルに向いている。 特性は味方が倒されても発動されるため非常に強力なものと言える。 耐性上には滅法弱いが、などのに非常に強く、 マギアナに対し有効打をもたないポケモンも少なくないため放置されることも多いが、 放置される程特性によって強化されるため全抜きエースとなることもある。 対マギアナ 注意すべき点 攻撃範囲が広い上、一致技の火力が高くソウルハートで高いCが上昇していくため、積まれ続けると非常に苦しい展開を強いられる。 素早さはさほど高くないが、トリックルームなどS操作技を覚えるため、速攻アタッカーでも過信は禁物。 ダブルバトル以上では、で炎技を無効化してくることもあり、炎タイプであれば安全というわけでもない。 はどうだん、サイケこうせん、10まんボルトなど苦手なタイプへの攻撃手段も多い。 対策方法 上からできる限り弱点をつくのが理想的だが、技構成や対処法を誤ると一気に苦しくなる。 耐久力や素早さを考慮するなら、一般ポケモンではやなどがやや有力。 両メインウェポンを半減するもある程度対処しやすい。 伝説ポケモンであればやが安定。 プレートでもある程度の対処は見込める。 とにもかくにもソウルハートを発動させないこと。 ダブルバトルではより対処が難しくなる。 覚える技 レベルアップ 7th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 トリックガード - - フェアリー 変化 10 1 アシストギア - - はがね 変化 20 1 ギアチェンジ - - はがね 変化 10 1 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 1 てだすけ - - ノーマル 変化 20 1 ソニックブーム - 90 ノーマル 特殊 20 1 まるくなる - - ノーマル 変化 40 1 サイケこうせん 65 100 エスパー 特殊 20 9 おまじない - - ノーマル 変化 30 17 オーロラビーム 65 100 こおり 特殊 20 25 ミラーショット 65 85 はがね 特殊 10 33 こころのめ - - ノーマル 変化 5 41 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 49 フルールカノン 130 90 フェアリー 特殊 5 57 てっぺき - - はがね 変化 15 65 いたみわけ - - ノーマル 変化 20 73 シンクロノイズ 120 100 エスパー 特殊 10 81 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 89 ハートスワップ - - エスパー 変化 10 97 きりふだ - - ノーマル 特殊 5 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技11 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技14 でんじは - 90 でんき 変化 20 技17 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技18 リフレクター - - エスパー 変化 20 技20 じばく 200 100 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技43 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技44 ふういん - - エスパー 変化 10 技60 パワースワップ - - エスパー 変化 10 技61 ガードスワップ - - エスパー 変化 10 技62 スピードスワップ - - エスパー 変化 10 技70 トリックルーム - - エスパー 変化 5 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技80 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20 技82 エレキネット 55 95 でんき 特殊 15 技87 ドレインキッス 50 100 フェアリー 特殊 10 技93 かいでんぱ - 100 でんき 変化 15 技94 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技08 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技19 トライアタック 80 100 ノーマル 特殊 10 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技30 アンコール - 100 ノーマル 変化 5 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技38 トリック - 100 エスパー 変化 10 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技49 めいそう - - エスパー 変化 20 技52 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技56 はどうだん 80 - かくとう 特殊 20 技64 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技65 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技69 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 5 技70 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技77 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技80 エレキボール - 100 でんき 特殊 10 技82 アシストパワー 20 100 エスパー 特殊 10 技92 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 遺伝.

次の