浮気 罪になる。 不倫や浮気は違法なのでしょうか?

家庭内別居中の不倫・浮気は罪になる?慰謝料出来る場合と出来ない場合とは

浮気 罪になる

浮気した時に感じる「罪悪感」とは? 罪悪感とは、自分が間違った事をしてしまった事による申し訳なさと、相手の信頼を裏切ってしまった事への 後ろめたい感情の事です。 浮気による罪悪感は、この相手の信頼を裏切ってしまった事に対する罪悪感が大きいのではないでしょうか? 相手が気づいていなければ余計に罪悪感は募ります。 自分が裏切ってしまった事を、相手が知らないまま過ごす様を見ているのは、かなり胸をえぐられる光景です。 しかし、中には浮気に対する罪悪感を覚えない人もいるのです。 本来、人を裏切ってしまったのだから、罪悪感を覚えるのは当たり前の事です。 場合によっては何年もその罪悪感に苛まれる事になるでしょう。 罪悪感を覚えない人の特徴や心理も紹介していきますので、合わせて参考にしてみてください。 浮気して罪悪感でいっぱいになる理由 では、浮気して罪悪感でいっぱいになる理由をみていきましょう。 後ろめたい• 裏切ってしまった• 冷静に戻るため• パートナーの存在• 気づかれていない 続いて、浮気して罪悪感でいっぱいになる理由を、それぞれ詳しくみていきます。 パートナーに対する後ろめたいと考える瞬間は、パートナーと一緒にいる間、不意に訪れる強い罪悪感という感情です。 もし結婚し一緒に生活している相手を裏切ってしまった場合、一生、パートナーへの後ろめたい感情を抱えて生きていく事になります。 さらに、いつ浮気した事がバレるか分からないという緊張状態が続く事になります。 後ろめたいと思う気持ちは、意外と人間の心にプレッシャーを与えるものなのです。 浮気はそのままパートナーを裏切る行為です。 裏切り行為に対して悪い事をしたと考えない場合、少し人間性に問題があるといえます。 浮気はパートナーの存在があって初めて浮気になります。 パートナーがいるからこそ浮気となり、浮気する事はパートナーを卑怯な手で裏切る事にもなるのです。 大事なパートナーの見えない所で、実は別の誰かと恋をするなんてひどい裏切りです。 しかし一度浮気相手と離れ、 冷静さを取り戻すと、相手に酷い事をしてしまったという考えに駆られる事になるでしょう。 自分が人の道を外れた行為をしていた事に気づくはずです。 それからは犯した罪の意識に苛まれ続ける事になるでしょう。 あるいはその罪の意識からのがれる為に、自分を正当化しようとする筈です。 あれは浮気にはならない、浮気と呼べる程のものではないと、自分の心を守らずにらいられない程の罪の意識に襲われます。 つまりパートナーがい続ける限り、たった一度の浮気だったとしても、ずっと罪の意識に追われる事になります。 浮気は罪の重さを考えると割に合わない行為でもあります。 一度目の浮気に対しても、二度目の浮気に対しても罪の意識にそこまでの差はありません。 一度でも二度でも、相手を裏切った事に変わりはなく、罪悪感に大小はありません。 その為、一度浮気をしてしまうと何度も繰り返してしまう場合もあるでしょう。 パートナーが優しくしてくれたり、自分の為に何かしてくれる度に、浮気した事による罪の意識が脳裏をよぎるでしょう。 それは同じパートナーと一緒にいる限り、永遠にあなたを苦しめ続ける事になります。 何も知らない相手に、しめしめ気づかれていないと思うようでは、人として大事なものを欠如させています。 相手への強い罪の意識がある分、抑制剤にもなります。 もう二度とこの人を裏切りたくないと思える事が出来れば、一度きりの浮気で終わる場合も多いでしょう。 浮気しても罪悪感を感じない女性の心理 では、浮気しても罪悪感を感じない女性の心理をみていきましょう。 冷めてしまった• 裏切られた事がある• 惚れやすい性格 続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。 そもそも好きではないので、裏切ったとしても悪いとは思えません。 むしろ冷めてしまっているから浮気をするのです。 他の男性を愛し、愛される事で冷めてしまった感情を、別の男性で紛らわし、新しい恋を求める傾向にあります。 一度冷めてしまうと、女性は中々同じ男性をまた好きになる事は難しいでしょう。 驚愕!浮気をしたことのある女性は5割 みなさんは浮気をした経験はありますか? 実際どのくらいの... 女性は男性に裏切られると、二度と信用出来ない節があります。 口では許していても、心から許しているという事はまずありません。 男性が裏切り行為をしていた訳ではなくても、女性は自分を蔑ろにされたり、雑に扱われたりすると裏切られた様な心地にさせられます。 そうなってしまうと浮気をしたとしても、中々罪の意識は覚えられません。 いつも恋愛をしていなければ気が済まないので、浮気する事が当たり前であると考えている場合もあります。 女性は常に恋愛をしている生き物なのだから、浮気をしたって仕方がないと考えています。 こういった女性は反省したとしても、またすぐに同じ事を繰り返す傾向にあるでしょう。 惚れっぽい女性の特徴 では、惚れっぽい女性にはどのような特徴があるのでしょう。 恋愛脳... noel編集部 浮気しても罪悪感を感じない男性の特徴 では、浮気しても罪悪感を感じない男性にはどのような特徴があるのでしょう。 男は浮気する生き物• 男尊女卑• バレなければ良い• 本気にならなければ良い 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 男はそういうモノだと思い込んでおり、それが当たり前なのだから浮気を責められるいわれはないとさえ考えている場合があります。 本当にそうだとしたら、そもそも結婚の意義も無くなってしまいます。 こういった男性は自分に都合が良いから男は浮気するものだと思い込もうとしています。 自分が浮気したいから、それが当たり前だと相手に強要しているのです。 女性は男性に従っていればいいと思っており、女性が意見する事を許せないタイプでもあります。 ただ単に浮気して遊びたいだけにも関わらず、女性に何か言われると女の癖にと訳の分からない事を言い出します。 しかしこういった男性は、実は浮気相手には頭が上がらない場合も多く、便利だから男尊女卑を持ちだしている場合もあります。 相手にバレなければ罪の意識を覚える必要もないと考えているので、かなり性質が悪く、平気で裏切り行為を繰り返します。 こういった男性はバレた時に初めて後悔をしますが、中々反省はしないかもしれません。 バレてしまったとしても、何故バレる様な事をしてしまったのか、そういうった点でしか反省をしません。 本気にならなければ良い訳はありません。 男性も実はそれを分かっています。 だからこそパートナーには自分が浮気している事を悟られない様に注意しています。 本気にならなければ良いというのは、自分の行為を正当化したいが為の、自分への言い訳にすぎません。 自分が浮気した罪悪感から解放される方法 では、浮気した罪悪感から解放される方法をみていきましょう。 罪滅ぼしをする• 浮気を告白• 忘れる• 相手に尽くす• 戒めをする• 浮気相手と手を切る• 自分を責め過ぎない• 罪悪感を受け入れる• 開き直る• 別れる 続いて、浮気した罪悪感から解放される方法を、それぞれ詳しくみていきます。 浮気に対する罪の念は一日や二日で簡単に消えるものではありません。 何年、何十年と続く場合もあるでしょう。 パートナーが大事なら、何年も罪滅ぼしを続け、罪の意識を忘れない様にしましょう。 毎日相手への贖罪を忘れず、罪の意識を持ち続け、相手へ罪滅ぼしを続ける事によって、時間はかかりますが少しずつ、裏切り行為に対する罪の意識は消えていく筈です。 しかし相手へ浮気した事を正直に告げる事になるので、破局、あるいは離婚の可能性は大きくなります。 相手が許すか許さないかは相手が決める事です。 もし許してくれた場合は、相手のその優しさを忘れてはいけません。 二度と同じ事を繰り返さないと、相手に深く謝罪し誠意が伝わる様な謝罪をしましょう。 謝り方を失敗すると、相手の怒りを余計煽る事になりますので気をつけましょう。 しかし相手を裏切る事をしてはいけないという事まで忘れてはいけません。 裏切りに対する罪の意識を忘れるといっても、完全に記憶から消去する事は出来ません。 常に罪の意識を感じている必要はありませんし、日中は忘れていても良いです。 しかし数日に一回、あるいは一年に数回はふと思い出す事が大事です。 完全に忘れてしまうと、罪の意識も忘れてしまい、また同じ事を繰り返してしまうかもしれません。 つまり パートナーにしっかり尽くす事が、罪の意識を軽減する事にも繋がります。 浮気した事を告げないのなら、相手には絶対に悟られてはいけません。 裏切られた事を悟った瞬間、相手は深く傷つく事になります。 それでは相手に尽くす事にはなりません。 相手を傷つける事なく、浮気を悟られる事なく、何年も尽くす事を心がけて下さい。 好きな物を一生食べない、好きな趣味を止めるといった戒めです。 相手を裏切ってしまったのだから、自分も罰を受ける事によって、犯した罪を軽減させようという事です。 好きな物を一生食べる事が出来なくなると考えて見て下さい。 それはかなりの戒めになるはずです。 さらに自分の好きな趣味をもう二度と楽しむ事が出来ない事は、娯楽が大幅に減る事でもあります。 もし職場に浮気相手がいる場合、その相手とは一切の関係を断ち切りましょう。 言葉を交わす事はもちろんの事、視線を合わせる事さえ避けた方が良いです。 もし相手が怒ったとしても、パートナーの方が大事なら浮気相手をフォローしたり、懇意にするべきではありません。 浮気相手と自分のパートナーを天秤にかけ、両方に良い顔をするのは止めましょう。 それではいつまで経っても罪の意識を消す事は出来ません。 浮気に対し反省する事は何よりも大事です。 しかし自分の心が罪の意識によるストレスでおかしくなってしまう程の罪の念は良くありません。 人間性がおかしくなってしまいますし、パートナーへ裏切りを悟られてしまう危険性があります。 罪悪感はつねに持っていた方が良い物ですが、度を超えた罪悪感は必要ありません。 もし裏切りの罪によって自分を責め過ぎている人がいるなら、もうこれだけ苦しんだのだから自分を許してあげても良いかもしれないと考えてみてください。 罪の意識とはそう簡単に消せるものではないからです。 しかし罪の念によって身動き取れなくなるくらいの息苦しさを覚えてしまうなら、その 罪を受け入れ、自分の一部として考えてみましょう。 罪を拒絶するから苦しいのです。 自らその罪を受け入れてしまえば、今ほどの苦しみはない筈です。 この方法は十分に反省した後の方が良いでしょう。 対して反省もせず開き直ってしまうと、近いうちにまた同じ事を繰り返します。 次も何事もなく浮気が行えるとは限りません。 次こそはパートナーとの破局を迎える可能性だってあるのです。 開き直るのは良いですが、しっかりと反省し、相手に贖罪の気持ちを持ってからにしましょう。 あまりにも罪悪感に苛まれる場合は、 今のパートナーと別れてしまうのも手でしょう。 もし相手が許してくれたにも関わらず、強い罪の意識が消えないのなら、別れてしまった方が気持ち的には楽になる筈です。 相手が許しても、罪の意識が消えない場合は別れてしまい、次の恋に進んでしまった方が良いでしょう。 もしも浮気されたら?浮気した相手に罪悪感を持たせる方法 浮気されていた事が分かったにも関わらず、相手にあまり反省の色が感じられない場合は、 わざと相手に罪悪感を持たせましょう。 罪の意識を抱かせるには、ダイレクトに悪いと思っているのかと口にするより、チクチクと少しずつ責める方が効果的です。 あの時何してたの?誰と会っていたの?どこへ行っていたの?と責める様な声色ではなく、あくまで疑問であるという風を装った方が効果的です。 あるいは浮気した相手にわざと尽くしたり、優しくすると罪の意識が募りやすいでしょう。 他にも目の前で泣いて見せるのもかなり有効な手です。 女性100人に聞いて判明!5割が浮気経験者 Q. 浮気したことはある? Q. 浮気されたこと... noel編集部 罪悪感が消えない... 男性が浮気を後悔する彼女からのLINE では、浮気を後悔するLINEについてみていきましょう。 心配そうな内容• 優しく諭す• 怒らない• 冷たい• 素直な内容 続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。 人は酷い事をしてしまった相手に優しくされると、どうしようもない罪の意識に苛まれるものです。 しかし怒られないままだと、浮気という裏切り行為をした彼氏はいつまでも制裁を受けていない状態が続き、罪の意識は全く消えません。 そんな状況のまま、LINEでも怒らず悲しんだ様子を見せられたら、彼氏は罪の意識を覚えずにはいられないでしょう。 忘れたころにまた冷たい内容のLINEが届く事で、彼氏は罪を忘れる事が出来なくなります。 しかし少しした後でも、あの時は本当に苦しかったし悲しかったと、浮気されていた時の事を引っ張りだされると、男性は犯した罪を忘れる事が出来ません。 浮気したのに相手が罪悪感を持っていない時のNGな接し方 では、浮気したのに相手が罪悪感を持っていない時のNGな接し方についてみていきましょう。 浮気について触れない• いつもと同じ• 完全な無視 続いて、それぞれの接し方について詳しくみていきます。 浮気が分かった時には必ず何かしらのアクションを起こしましょう。 そうなってしまうとまた同じ事を繰り返す可能性があるので気を付けましょう。 それが長く続くと相手は息苦しさに耐えられなくなり、浮気相手に本気になってしまう場合があります。 別れる気がない場合は、適度に相手に逃げ道を残しておいた方が良いでしょう。

次の

浮気は罪になる?浮気と法律の関係とは|弁護士に頼みたい5つのこと

浮気 罪になる

カテゴリー• 112• 3 ことのころ、芸能人を筆頭に不倫問題が大きく取り上げられるようになりましたね。 その報道の印象、報道を受けた反応を考えると… ものすごく大きな大罪を犯したかのようなものです。 もちろん、浮気や不倫は、許されるものとしてはいけない。 それが、現状の日本の一夫一婦制であるモラルでしょう。 けれど、本来であれば、浮気や不倫をされた側が悩む問題です。 また、浮気や不倫をしてしまった側の問題であり、浮気や不倫相手になった三人が当事者となる問題です。 しかし、当人である男女間だけで済む問題ではなくなってしまったように感じます。 当事者だけの問題ではなく、日本という規模で、浮気や不倫を問題視するのであれば… 私たちは、何を考えなければいけないのでしょうか? ・浮気や不倫をされた側 ・浮気や不倫をした側 ・浮気や不倫の相手になった側 ・浮気や不倫の当事者ではなく無関係な人 この4つの問題の切り分けが必要であると考えます。 では、本編へとお進みください。 浮気や不倫は「誰の問題」であるのか?部外者の介入が大きい世の中になった 冒頭にも書きましたが、今や「浮気や不倫」をした芸能人がいようものなら… 血祭りにあげられる騒ぎへと発展するケースが非常に多いです。 イメージが悪いと番組は放送を中止したり、本人は活動を自粛… 「不倫は文化だ」なんて、かつて仰った方もいましたが、そんなことを今言おうものなら、大炎上は免れなさそうですよね。 これだけ騒がれるようになっても、次から次へと報道されるということは… 恋は盲目である の立証なのでしょうかね… まず、1つは、そうですよね。 人の気持ちは、どんな形であれ簡単に止まらないのです。 それは、浮気や不倫をした側だけの問題ではありません。 それを騒ぎ立てる報道関係者、それにコメントを次から次へと寄せる人、それに乗っかる人… そういった人たちの抱いた気持ちも止まらないのです。 でも… そうやって、騒いでいるうちに… 誰が当事者なのかわからない。 まるで、自分が不倫されたかのように怒りを露わにする芸能人もいます。 ファンなら失望からというのもあるでしょうが、ファンでもない人からも怒りをぶつけられる現状です。 そして、外野で騒ぐ始末。 また、次のネタが上がれば、それだけ言った熱意はどこかへ飛びます。 そう思うのも… 「浮気や不倫」という行為への注意喚起でもないし、夫婦の円満を考えるでもない。 単に新たなターゲットが現れたら、そのターゲットの言動の一部始終を取り立てて、またアレコレ言うだけです。 みんなが「浮気や不倫」について考えると言うよりも、単なる いじめにしか感じません。 あまり重きを置きませんが「された側」の子どもは、完全なる被害者でしょう。 親が袋叩きにされる。 そのレッテルを貼られる。 それって、仕方がないことでしょうか? そのせいで、どんな目に遭うかもわかりません。 その責任まで考えて報道や発言をしている人はいるのでしょうか? 完璧な親などいません。 時に大きな失態をすることだってあるでしょう。 それに報道等によって、知らずに済むこともまでも「された側」は知ることになります。 垢を晒すだけでは済まない問題があることに多くの人は疑問を抱きません。 何より…騒ぎ立てている人たちは 「浮気も不倫もしたことがない人」なのかが疑問です。 一説では、浮気しない男などいないと豪語するものです。 それを是と主張するのであれば、こんな風に騒ぎ立てることはおかしなものです。 浮気や不倫について、「した人・された人・相手」三人の当事者をどのように考えるべきか? 浮気や不倫という問題には、三人の当事者がいます。 ・浮気や不倫をされた人 ・浮気や不倫をした人 ・浮気や不倫の相手になった人 誰かだけの視点では物事は解決しません。 それぞれ考えていきましょう。 「浮気や不倫をされた人」擁護の声は多いが、完全なる被害者ではない 一番守られる立ち位置になる人は「浮気や不倫をされた人」です。 あんなにいい奥さんはいないのに! 奥さんが可哀想だ!! という擁護の声はよく聞こえてきます。 でも、それは、何かのイメージであり、その人の私生活の答えではありません。 ・束縛が強かったかもしれない ・思いやりが欠けていたかもしれない ・相手に寂しい思いをさせたかもしれない こういったことは「した側」にしか感じられない思いです。 浮気や不倫をされる人にも問題はあるものです。 人は、完璧すぎても、欠陥すぎてもダメなものです。 お互いに紡ぎ合えているようで、紡げていなかったという落ち度は、両者にあって然るべきことです。 「一生懸命やってるから悪くない」そう言うのは、部外者だけであって、当事者間では通じません。 その一生懸命が重荷になることだってあるのです。 浮気や不倫をされた人は… 信じていたのに!!と、裏切られた気持ちになるものですが… 裏切られるには、裏切られるだけの理由が存在するはずです。 私が印象に残っている結婚会見があります。 「もし浮気されたらどうしますか?」の答えに、ロンドンブーツの淳さんの奥様は 「一緒に反省します」 こう答えられました。 自分にも落ち度があった上で起こるものだと認識ができているからこそ言える言葉です。 なかなか言えるものではありません。 「浮気や不倫をさせる隙を自身が与えた」 と考えられる人になれる方が、この問題からは早期に解放されていくでしょう。 しかし、被害者意識で、相手だけが悪いと考え続けるのであれば、相手への恨みは消えないばかりではなく、自分自身も幸せになっていくことは難しくなります。 「浮気や不倫をした人」批判の声は多いが、完全なる加害者とは言い切れない 男は、浮気するものだ。 男は、浮気してなんぼだ。 こんな言葉を昔から見聞きしてきた気がします。 でも、本当にそうなのでしょうか? 浮気や不倫をするには、「してしまいたくなる理由」があると思います。 主に考えられるのは、以下の2つです。 パートナーへの不満を抱えている場合 愛情不足から他者へ求めてしまうことは、人の欲求として起きても不思議ではありません。 「された人」でも書いた通り、不満や負荷に感じて、他を求めてしまうことは考えられます。 人を愛するということを知らない場合 相手が傷つくことよりも、自分の欲求だけを突き通してしまう。 しかし、一方的に責められることではない。 これまでの人生に何らかの問題があった可能性があります。 俗に浮気性と呼ばれる人は、愛を知らないとも言えるでしょう。 この場合、愛に気づけば浮気性から立ち直ることでしょう。 単純に女好き、男好きと言っても、何らかの欠如したものがあれば、そのように見えているだけです。 心の底から人を愛するということを知っていれば、起こさない行動とも言えます。 擁護した言い方をすれば、これまでの人生で、人を信じることができないといった事象があったかもしれません。 自分にとって、相手は「かけがえのないものである」という認識ができるようになることが大切です。 その対象者は、認識の問題なので誰かというものは、決まっていません。 よって 本当の愛を知らない人だと考えてもいいでしょう。 あなたが、もし、浮気や不倫をされたくないと思うのならば、あなたが気長に強く、相手に「愛」を伝え続けることが何よりも大切なことです。 「浮気や不倫の相手になった人」は、最終的に人権さえ奪われるほど罵られる存在になる 彼女・彼氏・奥さん・旦那さんがいる相手と関係を持ってしまった場合は「浮気相手とか不倫相手」と呼ばれることになってしまいます。 その事実を知っている、知っていないかは重要だったりもします。 単純に相手がフリーであると知っていた場合は、法的に見ても罪はありません。 むしろ、騙されたと訴え出れる問題になるでしょう。 しかし、相手にはパートナーがいると知っていて、浮気相手・不倫相手になってしまった場合は、法的に見ても罪が問われてしまいます。 ただ、問題なのは… ・単純にパートナーがいる相手を好きになってしまった ・相手から奪い取りたい欲求がある どちらにしても、抑えられない欲求を自分が持っているということです。 社会通念上は、人のものを取ってはいけないものとされています。 よって、どんなに正当な理由があっても責められる立場になります。 理性でコントロールできるうちはいいのですが、男女の一線を超えてしまった時、戻れないものを自分で持ってしまうものです。 そして、多くの場合は、日陰の存在として終わってしまうことです。 数ある浮気・不倫問題として考えても、日の当たる存在への昇格率は低いものです。 でも、純粋にパートナーのいる相手を好きになってしまう気持ちは、悪いとは言えないと思います。 時が違えば、大恋愛ができて、自分が本命になれたかもしれない… その報われない思いを抱えてしまう切なさは汲んであげたいものです。 そして、「された側」からはもちろん、その他外部の人たちからも責められることになってしまいます。 「わかってやってたんでしょう?」 と、言われがちですが… 人の気持ちというものは、止められないものがあります。 成就できないとわかっているうちに引き下がれれば良かったと思うものです。 後戻りができなくなってしまった時、どこまで責めていいものでしょうか? ですが… そこまで、「された側」になる相手を追い詰めてしまったことも事実です。 喜ばれることではなく、人を傷つけ悲しませることをしたのです。 自分だったら、人生の中に「現れて欲しくない存在」であるはずです。 自分がされたら嫌なことをしたことは事実でしょう。 浮気や不倫をされて喜ぶ人はいません。 何より… 自分を幸せにしてあげなかった期間を過ごしたのです。 喜ばれることではなく、人を傷つけ悲しませることをしたのです。 これは、自分さえも当てはまるのです。 浮気や不倫の相手になってしまった人は、責められて終わることがほとんどです。 だからこそ、私は「相手になった人」に伝えたい言葉があります。 責められた痛み、失う痛み…それを本心で感じたのなら まやかしの幸せを求めるのはやめて、自分を幸せにしてあげるためにこれからは生きてください。 【まとめ】当事者ではない他人の問題には、知らぬうちに傷つけている人がいる それぞれの視点に当てて、それぞれの見解を書いてみました。 あなたがどの立ち位置に当てはまるかはわかりませんが、あなたの立ち位置は明確になったはずです。 誰に起きた問題で、誰が何を考えるべき問題であるのか? この明確化をしましょう。 あなたに起きた問題ならば、対処していく方法を考えたり、今後についてを考えなくてはいけません。 今のあなたには当てはまらない問題ならば、反面教師、明日は我が身として、自分の教訓にするべき事柄になるはずです。 自分のことではないのに、さも当事者であるかのようなことは慎みましょう。 その行動によって、傷つく人は必ずいます。 あなたの一言で、事件や出来事とは無関係な子どもが傷ついているかもしれない。 子どもに連帯責任を負わせるような世の中であってはいけないと思います。 誰が被害者かと言えば、騒がれる渦中にいる子どもが被害者なのです。 そして、どんなに悪いことをしても、不特定多数から責められている姿を見て、喜ぶ親もいないでしょう。 背景には、その人の家族がいるのです。 特にネットに広まったものは、簡単に消えることはありません。 自分が発する何気ない言葉に傷つく人がいるかもしれないと考えることは大切なのではないでしょうか? 誹謗中傷することに熱中するよりも、自分への戒めや教訓だと捉えた方が発する言葉も、行動も、良い種を蒔くことができると思います。 別の形で動画にもしています。

次の

浮気調査で違法になる事と違法にならない事

浮気 罪になる

お互いに思い合っていたり、節度のある行動を守ろうとする傾向にあるのがプラトニックな浮気関係の特徴です。 なので、お互いにそのルールを守ることで、細く長く繋がりを保っていることも多く、 肉体関係のある浮気よりも長続きする傾向にあるんですね。 感情や欲望など、思いのままに行動してしまいがちな体の関係がある浮気とは違い、精神的な繋がりを求めるプラトニックな浮気関係は、どことなく一歩引いて物事を考えられたりします。 相手に迷惑をかけない程度に自分たちの気持ちを優先させるという、浮気をしている時点で問題があることの論点を微妙にズラしてしまうところが、プラトニックな浮気はタチが悪いと思われる要因でもあります。 プラトニックな浮気の場合、 浮気した証拠が残りにくいです。 浮気として一番わかりやすいは、体の関係をもったもの。 ホテルや相手の家に行ったなど、帰ってきた時の香りやスマホの中身からも浮気の証拠がとられやすいものです。 しかしプラトニックな場合は、二人で会うことも用心深く避けている可能性もあります。 目的として相手が困らないように、邪魔にならないようにお互いの心の支えや繋がりをもちたいのがプラトニックな浮気なので、目に見えるものとして何かを残すということがほとんどないんです。 気持ちの変化など、パートナーから見てなんとなく気づくこともあり、目に見えた証拠がでてこないからこそ、違和感にとらわれてしまうようになります。 何かいつもと違うな?この人には特別な感じなのかな?などなど、なんとなく勘が働いたり、違和感に気づくことはあっても、確信できるものがないので余計に疑ってしまうのです。 肉体関係のある浮気はいけないこととして理解している人は多いです。 けれど、肉体関係さえなければ浮気とは言われないのだから、2人で出かけたりするのは大丈夫だろうと考える人もなかにはいます。 プラトニックな浮気をしている人のなかには、悪いことはしていないと思っていたり、そう言い聞かせることで、お互いの生活や時間を壊さない程度に中に入り込んでいき、体の関係はなくとも深い関係を築いていくようになります。 好きという感情自体が悪いとは、ほとんどの人は言えないですよね。 ただ人を好きになり、その人にはたまたまパートナーがいて、でも好きな感情は止められないから、相手の迷惑にならない程度に思うのはいいだろうと考える人も多いです。 たとえ肉体関係をもっていなくても、自分ではそのつもりがなかったとしても、 人から見て浮気と思われる行動は浮気であることを覚えておきましょう。 あなたのパートナーがあなた以外の異性と二人でデートしたり、恋をしている様子であったらどう感じるでしょうか。 それは自分もしているからいいと感じていたとして、浮気相手が自分以外にもそういう相手がいたらどう感じるでしょうか。 恋人に対しては独占欲があり、自分だけを見てほしい、認めてもらいたいと思うものですよね。 パートナーにとって自分以外の男性に目を向けられるのは、とてもショックなことです。 たとえ一線を越えていなかったとしても、 パートナーのことを傷つけてしまっているということを自覚しておきましょう。 好きな人と一緒にいられるプラトニックな浮気は、「今」は幸せかもしれません。 それでいいと考えている人も多いので、なかなか自分で区切りを決められない傾向がもあります。 ただし、パートナーを傷つけて、浮気相手が本命になることがあるのかを考えた時にはどうでしょうか。 もしくは一生、浮気相手とプラトニックな関係を続けていく気持ちが自分の中にあるのか、時には立ち止まって考えてみましょう。 出会おうと思えば私たちは様々な人と出会えます。 目の前の相手だけを見ていたら、出会うはずの人を見逃している可能性もあり、本当に大事な人がわからなくなってしまっている場合もあります。 自分が生涯を共にしたい人は誰なのか、自分の気持ちに向き合う時間を作ってみましょう。 ・プラトニックな浮気には、自分にないものやパートナーにないものを求めてまう 自分に持っていないものを持っている相手は自然と気になってしまうので、関係が発展しやすいです。 ・プラトニックでも浮気は浮気であることを自覚する パートナーがいるということ、そしてその人の気持ちを裏切る行為であることを忘れてはいけないですよね。 ・プラトニックな浮気のその先を考える お互いの気持ちも大切にしつつ、期間を決めて自分や周りの状況も含めて考え、答えを出していくようにすると関係性も含めてだんだんと変化していくでしょう。 プラトニックな浮気は体の関係をもっている浮気よりも深い絆で結ばれているように感じられ、タチが悪いと思われることも。 お互いの時間や生活など思いやりで成り立っている部分もあるのがプラトニックな浮気の特徴です。

次の