グレナダ 侵攻。 グレナダ侵攻 : definition of グレナダ侵攻 and synonyms of グレナダ侵攻 (Japanese)

グレナダ侵攻

グレナダ 侵攻

1 政体 立憲君主制 2 元首 エリザベス二世女王 3 議会 二院制 (上院13名,下院15名) 4 政府• (1)首相名 キース・ミッチェル• (2)外相名 ピーター・デービッド 5 内政• (1)独立前の1950年に普通選挙が開始されて以来,グレナダ統一党(GULP)のエリック・ゲイリーが政権を維持。 (2)1979年に新宝石運動(NJM)によるクーデターが起こり,モーリス・ビショップが首相に就任,人民革命政府が誕生するも,次第にNJMの内紛により崩壊。 (3)1983年の米国によるグレナダ侵攻を受け,1984年に総選挙が行われ,新国民党(NNP)政権発足。 1990年の総選挙の結果,国民民主会議(NDC)と新党国民党(TNP)の連立政権が成立し,NDC党首ブラフィットが首相就任。 1995年の総選挙の結果,ミッチェルNNP党首が首相に就任。 1999年及び2003年の総選挙においてもNNPは勝利。 2008年7月の総選挙では,野党国民民主党(NDC)が勝利,13年ぶりに政権交代が行われた。 (4)2013年2月に総選挙が行われ,野党新国民党(NNP)が15議席中15議席全てを獲得し,5年ぶりに政権を奪還し,2018年3月の総選挙でも,NNPが15議席中15議席獲得し,政権を維持した。 1 主要産業 観光業,製造業,農業(カカオ,ナツメグ,バナナ,果実) 2 GNI 10億900万米ドル(2018年 世銀) 3 一人当たりGNI 9,780米ドル(2018年 世銀) 4 GDP成長率 5. 0%(2017年),4. 8%(2018年)(世銀) 5 インフレ率 0. 9%(2017年推定値),1. 1%(2018年推定値)(IMF) 6 失業率 未詳 7 総貿易額 (1)輸出 3,200万米ドル(2018年 WTO) (2)輸入 4億6,000万米ドル(2018年 WTO) 8 主要貿易品目 (1)輸出 バナナ,ココア,ナツメグ,果実,野菜,衣類,魚介類 (2)輸入 食料品,機械・輸送機器,工業製品,化学製品,燃料 9 主要貿易相手国(WTO) (1)輸出(2008年) ドミニカ国,米国,EU,セントルシア (2)輸入(2009年) 米国,トリニダード・トバゴ,EU,日本 10 通貨 東カリブドル(EC$) 11 為替レート 1米ドル=2. 7EC$(固定相場制) 12 経済概況 伝統的農産品(ナツメグ,バナナ,カカオ,ニクズク等)の生産と農業,各種サービス業との繋がりを保ちながら開発が進められる観光業に大きく依存する。 観光産業や急速な伸びを示した1980年代後半に高い成長率を記録したが,1990年代に入って鈍化し始め,2001年のGDP成長率は,米国同時多発テロ事件の影響でマイナス成長となった。 その後,2004年9月のハリケーン・アイバン及び2005年7月のハリケーン・エミリー被災により,国内のインフラは壊滅的な被害を受けたが,政府の取組が奏功し2006年及び2007年の経済はプラス成長を達成。 2008年以降は世界的経済不況により経済が低迷するも,IMFの貧困削減成長ファシリティ(PRGF)のもとで構造改革を実施している。 建設業と観光業を原動力に,今後とも緩やかな成長が見込まれる。 引き続き債務問題に取り組んでおり,2013年に対GDP108%と多額であった公的債務は,2016年6月末に85%にまで削減されている。 1 政治関係• 1974年2月7日 独立と同時に日本はこれを承認。 1975年4月11日 外交関係開設(在ベネズエラ大使館が兼轄)。 1979年12月より在トリニダード・トバゴ大使館が兼轄。 グレナダ側は駐日大使館未設置。 2 経済関係 (1)対日貿易 (ア)貿易額(2018年 財務省貿易統計) 対日輸出 118万円 対日輸入 10. 1億円 (イ)主要品目 対日輸出 原動機,カカオ豆 対日輸入 自動車,原動機 (2)日本からの直接投資 なし 3 文化関係 文化無償協力(楽器の供与,1998年) 4 在留邦人数 3名(2017年10月) 5 在日当該国人数 2名(2018年6月)(法務省) 6 要人往来 (1)往 年月 要人名 1994年1月 山下徳夫衆議院議員 1999年5月 亀谷博昭農林水産政務次官 2014年5月 牧野たかお外務大臣政務官(東カリブ漁業大臣会合) 2018年7月 岡本三成外務大臣政務官(東カリブ漁業大臣会合) (2)来 年月 要人名 1976年 ゲイリー首相 1993年5月 ノエル通信・公共事業・公益事業担当国務相 1993年10月 ブリザン農業・土地・林業・漁業・貿易・産業相 1996年7月 ミッチェル首相兼外相,ホワイトマン漁業相 1998年3月 バプティスト農業・国土・森林・漁業相 2000年11月 ニムロッド外相(第1回日・カリコム外相会議) 2001年1月 チャールズ農業・国土・森林・漁業相 2004年6月 ボーウェン副首相兼農業相(水産庁シンポジウム出席) 2005年1月 ミッチェル首相,ニムロッド外相(神戸防災会議) 2007年2月 ボーウェン副首相兼農業相(IWC正常化会合) 2010年9月 デービッド外相(第2回日・カリコム外相会議) 2011年3月 フッド外相(第9回気候変動に対する更なる行動に関する非公式会合) 2012年10月 バーク財務相(IMF・世銀東京年次総会) 2014年4月 ボラ農業・国土・森林・漁業・環境相(鯨類を含む海洋生物資源の持続可能な利用に関する会議) 2014年11月 スティール外務・国際ビジネス相(第4回日・カリコム外相会合) 2018年6月 ダブレオ気候レジリエンス・環境・農業・森林・漁業・防災・情報省付森林・漁業担当相(水棲生物資源の持続的な利用に関する会合) 2019年7月 ダブレオ気候レジリエンス・環境・農業・森林・漁業・防災・情報省付森林・漁業担当相(水棲生物資源の持続的な利用に関する会合) 7 二国間条約・取極 なし.

次の

グレナダ侵攻 : definition of グレナダ侵攻 and synonyms of グレナダ侵攻 (Japanese)

グレナダ 侵攻

グレナダ侵攻とは グレナダ侵攻は、 1983年にアメリカを中心とした軍隊が、グレナダに侵攻した出来事を指します。 アメリカが引き起こしたグレナダへの軍事介入と言うこともできます。 アメリカとアメリカに味方する一部のカリブ海諸国に対して、グレナダとそれを援助していたキューバなどの国が敵対するという構図です。 戦力差や武器の差が圧倒的てあったと言われていて、アメリカ軍を中心とした軍隊は、約7000人いたのに対して、グレナダ側は約2000人でした。 侵攻そのものは、10月25日に開始され、グレナダは民間人も含め、大きな損害を受けました。 アメリカ軍側の侵攻目的は、グレナダに滞在しているアメリカ人学生の保護などでしたが、実際は、グレナダが社会主義国家になることを危惧して、行われた侵攻と言われています。 グレナダ侵攻の背景・原因 グレナダ侵攻の背景には、 東西冷戦やベトナム戦争後のアメリカの内情などが大きくかかわっています。 グレナダは、政権の移り変わりとともに、東側の 社会主義国寄りの動きがみられるようになっていました。 具体的には、軍事基地になると予想される空港の建設や、グレナダとソ連の軍事協定などで、アメリカはそれらを非常に危険視していました。 当時、アメリカの大統領であったレーガンは、グレナダとの戦争を想定した軍事演習なども行っていて、両国が緊張状態にあったことがわかります。 グレナダの社会主義国化をおそれていた時期に、当時のグレナダ政権下でクーデターが発生します。 グレナダが不安定化したことを直接のきっかけに、アメリカはグレナダ侵攻を決めます。 グレナダの民主主義とアメリカ人学生の保護を戦争の大義としていましたが、レーガン大統領自体が、戦争による勝利を求めていたという背景もあるようです。 ベトナム戦争の悲惨さから、アメリカ国内で戦争に対するマイナスイメージが蔓延していたのを、グレナダに武力介入し勝利することで、払拭したい思惑があったとされています。 グレナダ侵攻の流れ グレナダ侵攻の流れとしては、独立後のグレナダの動きが大きくかかわっています。 グレナダは独立後、エリック・ゲーリーの独裁政治によって、貧困が問題視されていました。 この独裁政権は、ニュー・ジュエル運動と呼ばれる、教育などの自由を求めるクーデターによって倒されます。 そのあとに樹立されたビショップ政権は、近代化を進めていく過程で、カリブ海の一部諸国との関係悪化による 孤立化と、 東側の社会主義国との繋がりが強くなっていました。 キューバからは、実際に軍事的な援助などを受けています。 ビショップ政権でもクーデターが発生し、それを機に、中米で社会主義国家が誕生することをおそれたアメリカが、グレナダ侵攻をするという流れになりました。

次の

グレナダ基礎データ|外務省

グレナダ 侵攻

グレナダ侵攻とは グレナダ侵攻は、 1983年にアメリカを中心とした軍隊が、グレナダに侵攻した出来事を指します。 アメリカが引き起こしたグレナダへの軍事介入と言うこともできます。 アメリカとアメリカに味方する一部のカリブ海諸国に対して、グレナダとそれを援助していたキューバなどの国が敵対するという構図です。 戦力差や武器の差が圧倒的てあったと言われていて、アメリカ軍を中心とした軍隊は、約7000人いたのに対して、グレナダ側は約2000人でした。 侵攻そのものは、10月25日に開始され、グレナダは民間人も含め、大きな損害を受けました。 アメリカ軍側の侵攻目的は、グレナダに滞在しているアメリカ人学生の保護などでしたが、実際は、グレナダが社会主義国家になることを危惧して、行われた侵攻と言われています。 グレナダ侵攻の背景・原因 グレナダ侵攻の背景には、 東西冷戦やベトナム戦争後のアメリカの内情などが大きくかかわっています。 グレナダは、政権の移り変わりとともに、東側の 社会主義国寄りの動きがみられるようになっていました。 具体的には、軍事基地になると予想される空港の建設や、グレナダとソ連の軍事協定などで、アメリカはそれらを非常に危険視していました。 当時、アメリカの大統領であったレーガンは、グレナダとの戦争を想定した軍事演習なども行っていて、両国が緊張状態にあったことがわかります。 グレナダの社会主義国化をおそれていた時期に、当時のグレナダ政権下でクーデターが発生します。 グレナダが不安定化したことを直接のきっかけに、アメリカはグレナダ侵攻を決めます。 グレナダの民主主義とアメリカ人学生の保護を戦争の大義としていましたが、レーガン大統領自体が、戦争による勝利を求めていたという背景もあるようです。 ベトナム戦争の悲惨さから、アメリカ国内で戦争に対するマイナスイメージが蔓延していたのを、グレナダに武力介入し勝利することで、払拭したい思惑があったとされています。 グレナダ侵攻の流れ グレナダ侵攻の流れとしては、独立後のグレナダの動きが大きくかかわっています。 グレナダは独立後、エリック・ゲーリーの独裁政治によって、貧困が問題視されていました。 この独裁政権は、ニュー・ジュエル運動と呼ばれる、教育などの自由を求めるクーデターによって倒されます。 そのあとに樹立されたビショップ政権は、近代化を進めていく過程で、カリブ海の一部諸国との関係悪化による 孤立化と、 東側の社会主義国との繋がりが強くなっていました。 キューバからは、実際に軍事的な援助などを受けています。 ビショップ政権でもクーデターが発生し、それを機に、中米で社会主義国家が誕生することをおそれたアメリカが、グレナダ侵攻をするという流れになりました。

次の