アパート 上 の 階 うるさい。 マンションの上の階がうるさい場合の騒音問題解決方法

アパートの住人から足音がうるさいと苦情があったらどうする

アパート 上 の 階 うるさい

この記事の目次• アパート2階は子供の足音がうるさくなりがち!1階に住むことをおすすめします 上の階にちいさな子供がいる家庭に多い苦情です。 小さな子供は飛んだり、走り回ります。 ドンドンと床を鳴らします。 下に住んでいる人はうるさくて仕方ありません。 多い問題なので、小さな子どもがある家族が入居する際は、ちょっと経験している不動産営業の社員なら必ず入居する前に、子供の足音について注意すると思います。 テーブルやソファーから飛び降りると、下の部屋ではかなりの音がするアパートがあります。 マンションでも構造によっては床の音が下の部屋に響くことがあります。 小さい子供がいる家庭が、2階以上の階に住む場合は子供がジャンプや走り回ることを注意しないと、子供の足音で下に住んでいる人に迷惑がかかります。 子供が元気である程度はしゃぐのは仕方が無いことです。 しかし下に住んでいる人は子供の足音も騒音になり迷惑になるので小さな子供がいる家庭では、2階以上の住むには向いていないので、1階に住むことをオススメします。 昼間だけは仕方がありませんが、夜や休日は出来るだけ走り回らないようにしまないと下に住んでいる人も我慢が出来なくなります。 アパートの2階から足音がうるさい!原因は歩き方かも 足音は静かに生活をしていれば音がうるさいということはありません。 よほどの事がない限りうるさいと感じることはないと思いますが、たまにうるさい歩き方をするために音がするという場合があります。 僕の引っ越し先はアパート。 音も気にならなそうな作りだったのでそこに決めました。 1階にしたことをとても後悔しました。 普段は音がしませんが、上の人が帰ってくると「ドタバタ」と音が気になります。 2人で暮らしている様子です。 1人の歩いている音は気になりませんが、もう一人の男の人?が帰ってくると部屋を行ったり来たりドタドタと歩きます。 何回往復すれば気が済むんだ!どれだけ効率が悪い!要領が悪い!早く座ってほしいと思うほどです。 歩き方が「かかと」から着地する歩き方になるのでドスンという音がするんだと思います。 アパート2階に住んでいる人の足音対策!階下の住人には挨拶を アパートに住む時には、足音でトラブルを回避する為に挨拶を! アパートの騒音トラブルがマンションよりも少ないのは、住んでいる数が少ないことが理由です。 人間は知らない人が出す音はとても不快で我慢が出来ません。 しかし知人の場合は不快さが減り我慢の許す範囲も広くなります。 ですので、いかに下の階に住んでいる人を仲間意識を共有することが出来るかがとても大切です。 笑顔であいさつをして嫌に感じる人はいません。 引っ越しをした時、子供が生まれた時、歩き始める時期などに挨拶しておくだけでトラブルはとても少なくなります。 又玄関やアパートの前で会う度に「いつもうるさくしてすみません」と気を使っていることをきちんとアピールしましょう。 下の階に住んでいる人にすれば、気を使っていて出る音と、気を使っていないで出る音は、音の大きさが同じでも不快さは違ってきます。 いつも「ドンドン」していてもこれは気をつけているけど出ている音という認識があると我慢して許容範囲が広くなるのです。 アパート2階に住んでいる人は、足音対策として床カーペットを敷くと良いかも 音を出す側の場合、床に防音対策をして少しでも音を遮る必要があります。 手軽に出来る方法は「床にカーペットを敷く」ことです。 古いマンションで部屋に初めからカーペットが敷かれている物件をみたことありませんか?フローリング生活に慣れている私達には「どうしてカーペット?」と思いますが、これは騒音対策です。 上下階の足音や物を落とした音が1番響くのは木の板で出来ている「無垢板」その次が複数の板が張り合わせてある「合板フローリング」一番響かないのはカーペットなのです。 フローリングにカーペットを敷いて音を少しでも抑える工夫をする必要があります。 又スリッパではなくフットカバーのようなルームシューズを履くとパタパタをする足音が減ります。 トラブルを防ぐために!防音性の高いアパートを選ぶのも一つの方法です 一番防音性の高い建築構造は「鉄筋コンクリート」です。 一般的なアパートやマンションの構造は次の3つになります。 鉄筋コンクリート この中で一番防音が高いのは鉄筋コンクリート。 壁の密度が高いので遮音性はとても高いです。 鉄筋コンクリートの物件は、日常の生活音が周りの部屋まで響くことはありません。 逆に一番防音性が低いのは木造建築。 壁そのものが薄く、隣の人の咳の音、目覚ましの音などが聞こえてくる物件もあります。 防音性の高い部屋を探しているなら、木造の部屋や出来るだけ避けるようにしましょう。 同じ鉄筋コンクリートの物件でも防音性の高さは物件によって異なります。 意外と見落としがちなのは窓の場合もあります。 窓の構造や取り付け位置によっては、防音性が著しく低くなることもあります。 住んでいる人によっても異なります。 足音は上の階の人が直接床を振動させているので、鉄筋コンクリートの物件でも響きやすいです。

次の

上の階に住む人の生活音に気が狂いそうです・・・

アパート 上 の 階 うるさい

家計の節約には固定費を抑えることが大切です。 特に家賃は支出における割合が大きいため安価に抑えることができれば固定費の大幅削減に効果大です。 しかし、相場よりも家賃が安い物件は建物の作りもそれなりなので壁や天井の防音性能が高くなく隣近所の生活音が筒抜けでうるさいことがある。 また、建物自体はしっかりしているとしても運悪く上の階や隣の部屋にものすごくうるさい人が入居してくるリスクも当然ある。 騒音の具体例としては• 足音がうるさい• テレビの音が大きい• 話し声がうるさい• 夜中に人を呼んで騒いでいる などが挙げられます。 うるさい隣人がいる場合には最終的には引っ越しをして騒音源から逃げるのが最も効果的ですが、引っ越しには多くの労力・時間・お金がかかるのであくまでも最終手段です。 とりあえず騒音に対処する方法としては「モルデックスの耳栓」が最もオススメです。 moldex. 「耳栓を試してみたけれど騒音が筒抜けで気休めにもならなかった。 」という人は少なくないと思いますが、そういう人にこそ是非ともモルデックスの耳栓を試してみてほしいと思います。 私自身もアパートの上の階の住人の騒音に悩んでいるときにドラッグストアで購入した耳栓は全く役に立ちませんでしたが、ネット上でモルデックスの耳栓の評判をみてダメ元で試してみたら効果抜群だったのでそれ以来愛用し続けています。 どのくらい効果がある? モルデックスの耳栓には「遮音値」と呼ばれる値が設定されています。 表記は「NRR Noise Reduction Rating 」であり、「NRR : 30dB」や「NRR : 33dB」などと記載されています。 意味としては 騒音のdB デシベル 数をNRRの値の分だけ減衰させるというものです。 以下は騒音の目安の図です。 env. 約50dBは上記の図でいえば高層住宅地域 昼間 ・美術館の館内・書店の店内あたりが該当すると思います。 ゲームセンター内では騒音がうるさくて落ち着かないかもしれませんが、 モルデックスの耳栓を装着することで住宅街・美術館・書店などと同水準まで騒音のレベルを下げられると考えたらモルデックスの耳栓の凄さがよく分かるのではないでしょうか。 家の中での効果は? 私の経験の範囲内で語ると以下のような効果があります。 冷蔵庫の駆動音 ときどき「ブゥーン」と唸るような低音が鳴り響いており夜中に目が覚めたときなどには気になっていましたが「全く」聞こえなくなりました。 台所の換気扇の音 ONにするとテレビの音がほとんど聞き取れなくなるくらいにはうるさいのですが「ほとんど」聞こえなくなりました。 アパートの駐車場の車のエンジン音 寝室のすぐ隣が駐車場となっているため夜中に帰宅する住人のエンジン音で起きてしまうこともありましたが「ほとんど」聞こえなくなりました。 上の階の住人のうるさい足音 おそらくかかと歩きをしていたため、歩く度に「ドンッ! ドンッ! 」と大きな音がする・天井や近い壁が振動する・電灯が揺れるといった問題がありましたが「無視できるくらいの音量に抑えられました」。 いずれも主観的な感想なのでちょっと分かりにくいかもしれないことが申し訳ないのですが、 少なくとも上の階の住人の足音がうるさすぎてイライラする・寝られないという問題が解決する程度には高い効果がありました。 初めて購入するなら「お試しセット」がオススメ モルデックスの耳栓には色々な種類があります。 ものによって形・大きさ・固さ・防音性能が異なるため、長く使っていくのであれば自分に耳や環境に合うものを探す必要があります。 そこでオススメしたいのが「お試し8種類エコパック」です。 その名の通りモルデックスの耳栓8種類がセットになっている商品なので、各耳栓を実際に使用して最適なものを見つけることができます。 お試しセットの耳栓を一通り使った後は気に入った耳栓をリピート購入し続ければOKです。 お試しセットは販売価格も安価 Amazonでは2018年9月上旬時点で税込430円 なので、とりあえずお試しするにはもってこいだと思います。 耳栓使用時の注意点 以下では耳栓を使用する際に気を付けておいた方が良い点について解説していきます。 耳穴のサイズに合うものを使用する 耳栓はサイズが様々なので、 きちんと自分の耳穴のサイズに合うものを選びましょう 耳穴に対して大き過ぎるサイズの耳栓を使用すると圧迫感があって地味に耳が痛くなってしまいますし、逆に小さ過ぎるサイズだと耳穴と耳栓の間に隙間ができてしまって性能通りの防音効果を発揮できなくなってしまいます。 特に女性は耳穴が小さいのでしっかりと選んだ方が良いです。 先程紹介したモルデックスのお試しセットであれば、サイズや固さなどが異なるものが8種類も入っているので自分の耳にフィットする耳栓を選びやすくてオススメです。 清潔なものを使用する 耳栓は耳穴に入れるものなので使用すると耳垢や皮脂などが沢山付いてしまいます。 当然、雑菌も繁殖しやすいです。 従って、 長期間同じものを使い続けると耳の疾患 外耳炎等 にかかるリスクが高くなってしまうので適当なタイミングで交換しながら使うべきです。 幸い、耳栓自体は安価なので短期間で交換してもそれほど大きな出費にはなりません。 騒音対策に耳栓を用いるつもりならば「なぜ、上の階や隣人の騒音のために俺が 私が 耳栓代を出費しなければいけないのか?」と考えてしまうかもしれませんが、耳栓代は精神的な安息を得るための必要経費として割り切ってしまうしかありません。 目覚ましに気が付かない可能性がある モルデックスの耳栓は防音性能が高いので、著しい騒音減衰効果を得ることができます。 しかし、 寝るときに装着する場合には防音性能が高すぎるがゆえに枕元で目覚ましが鳴ってもかすかにしか聞こえないという大きな問題点があります。 目覚ましに気が付かないままだと朝に起床できなくて学校や仕事に遅刻してしまうリスクがあるのはもちろんのこと、大音量の目覚ましを鳴らし続けてしまうことで意図せず自分が騒音の発生源となってしまって隣近所に迷惑をかけてしまう可能性も存在します。 なので、モルデックスの耳栓を使用して寝るときには• スマホのバイブレーション機能を利用する• カーテンを開けて寝る 朝日で眩しくて目覚めるかも• 朝に自然と目が覚めるように早めに寝る・しっかりと睡眠を取る といった対策をすることが大切です。 ちなみに、私の場合は何故か明け方 目覚ましが鳴る前 には必ず1回は目が覚めるのでそのときに耳栓を外してから二度寝するようにしています。 まとめ 住居における騒音はかなり深刻な問題です。 普通であればリラックスできるはずの自宅が騒音のせいで全くリラックスできない最悪の環境になってしまうため、ストレスが凄まじい勢いで溜まっていって発狂しそうになることすらあります。 私も現在のアパートに入居する際には「2階だと下の階の人に迷惑をかけてしまう可能性があるけど、1階なら自分が我慢すれば良い。 」と思って1階に入居しましたが認識が甘かったと思っています。 ある程度までは話し声や物音などがしてもあまり気にならないのですが、一定以上の音量になるとどんなに無視しようと思っても無視できない・耐えられないということが判明しました。 騒音問題の解決のためには注意をするという方法もあるにはあるものの、あまり何度も注意をするとトラブルの元になる可能性が高いのであまりオススメできません 私は4~5回目くらいで逆ギレされました。 とりあえず耳栓で対処できるならそれに越したことはないと思いますので、その場しのぎだと分かっていても是非ともモルデックスの耳栓を活用してみて欲しいと思います。

次の

アパート、1階の音は2階に聞こえますか? 賃貸アパート2階建ての1階角部屋に夫婦で住んでいます。

アパート 上 の 階 うるさい

アパートで上の階の足音がうるさい、隣人の生活音がうるさいといった騒音問題のトラブルをよく耳にします。 そういうときどう対応すればいいのか、自分でできる対策はあるのかといった疑問を解決していきます。 実際に騒音トラブルに巻き込まれた人の実体験も赤裸々に公開しています。 また、おすすめの防音グッズや、騒音が改善されずに限界を超えたときどうすれば良いのか、新しい新居で騒音問題に巻き込まれないお部屋の探し方も紹介していきます。 アパートで他の住人の足音が気になるときはどうすべき? アパートに住んでいると、他の住人の足音が気になるという人は少なくありません。 「近隣住民の足音に悩まされて夜も眠れない」「足音が気になってゆっくりできない」など騒音に悩まされている人のために、3つの対策方法と体験談を紹介します。 管理会社に相談する 「足音をたてるのをやめてほしい」「足音がうるさくて眠れない」など苦情を言いたくなったとしても、自分で言いに行くのはやめましょう。 つい感情的になって言い合いになってしまったり、逆ギレされたりして話がスムーズに進まないどころか、さらなるトラブルの原因にもなってしまいます。 騒音を解決したいときは、管理会社や大家さんに相談しましょう。 相談するときは「いつ頃」「どこから」「どんな音が」しているのかを日頃からしっかり記録しておきましょう。 可能であれば、スマホで動画や音声を録って管理会社に送るとよりスムーズです。 ただし、管理会社も以下のように段階を踏んで注意をするため、静かになるまで数日~数週間かかる可能性があります。 家具を配置するときは、壁とくっつけずに1cmほど離して置くのがコツです。 壁にくっつけてしまうよりも、遮音効果が高まります。 また、ベッドの位置も騒音がする壁から遠ざけておくとより効果的です。 防音グッズを使う 遮音シートや吸音パネルなどの防音グッズを使うのも手です。 退去時に余計な費用がかからないように、賃貸でも使える貼ってはがせるタイプのものがおすすめです。 安くて手っ取り早い方法なら、耳栓やヘッドホンを使うのも効果的です。 以下で、賃貸でも使えるおすすめの防音グッズを3つ紹介します。 amazon. 非常に軽く、虫ピンで付けられるので天井や壁などどこにでも使用できます。 外したときの穴も目立ちません。 色を互い違いにすればおしゃれなインテリアグッズにもなります。 サイズや素材にもよりますが、縦横40cmの吸音パネルなら1枚あたり2,000円ほどで手に入ります。 amazon. パズルタイプなら好きな大きさで敷けて、汚れた部分だけ取り替えられるので便利です。 また、お部屋のアクセントにもなります。 画像の防音マットなら、4枚セットで1,400円ほどで手に入ります。 amazon. 裏側に取り付けるので、お気に入りのカーテンもそのまま使えます。 ニトリなどで1枚1,500円ほどで売っているので、気軽に取り付けられます。 こちらは、外からの音も軽減してくれるので、1階に住んでいる人にもおすすめです。 隣人が大音量でテレビを見たり音楽をかけたりするんですよ。 あまりにも寝れなかった時、1回壁ドンしちゃったんです。 それでも連日うるさくて管理会社に相談したら、僕がクレームを出したってバレて嫌がらせを受けました。 音がますます大きくなるし、ゴミが玄関のドア前に置かれているんですよ。 酷いときには、玄関のドアにコーヒーをぶちまけられていました。 それでも管理会社は直接注意できないって言うので、僕が引っ越ししましたね。 ニュースでも報道されているように、騒音トラブルから事件に発展したケースもあります。 管理会社に相談したとしても、なかなか動かなかったり改善してもすぐに再発する恐れがあり、ますますストレスが溜まるので、心機一転して生活環境を変えたほうがいいです。 ただ、せっかく引っ越ししても同じようなトラブルに巻き込まれてしまっては意味がありません。 以下で騒音が気になりにくいお部屋の選び方を4つ紹介するので、参考にしてみてください。 ・鉄骨鉄筋コンクリート造のお部屋にする ・最上階のお部屋にする ・居室が隣接しない間取りにする ・昼と夜2回内見する 鉄骨鉄筋コンクリート造のお部屋にする 防音性を重視するなら、鉄骨鉄筋コンクリート造 SRC造 のお部屋がおすすめです。 鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄筋を組んだ枠の中にコンクリートを流し込んで固めたものを、更にコンクリートで補強した構造です。 非常に高い防音性・耐震性・耐火性・耐久性を兼ね備えています。 その分家賃は高くなりますが、近隣住民の足音を気にせず生活できます。 最上階のお部屋にする 最上階のお部屋なら、少なくとも上の階からの足音に悩まされる心配がありません。 回数が多いマンションの最上階なら、道路の音や周辺を歩いている人の話し声なども届きにくいので静かに暮らせます。 居室が隣接しない間取りにする 上記の図のような間取りであれば、生活スペースの中心である居室が隣り合っていないので、話し声やテレビの音などが聞こえてくることはほとんどありません。 もし、気に入ったお部屋があったら隣のお部屋の間取り図も確認させてもらえないか、不動産屋のスタッフに相談してみてください。 昼と夜2回内見する 昼はほとんどの人が仕事で家を空けており、足音など住人による騒音があるかどうかわかりにくいです。 可能であれば、昼だけでなく夜も内見して近隣住民の生活音や、どんな人が住んでいるのかをチェックするとより安心です。 防音性の高いお部屋を探すならイエプラがおすすめ 「イエプラ」はチャットやLINEでスタッフと会話するネット上の不動産屋です。 対面では言いにくいことも、文章で伝えるので相談しやすいです。 プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます! おすすめ関連記事.

次の