アバウト タイム キャスト。 1日を大切にしたくなる映画『アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)の感想と考察

韓国ドラマ【アバウトタイム~止めたい時間】の相関図とキャスト情報

アバウト タイム キャスト

財閥御曹司のドハは、成長環境と辛い初恋が原因で不安障がいを患っていた。 友達で精神科専門医のソンビンは、ドハに持続的な相談治療を勧めるが、順調に進まない。 一方、ミカは7歳の頃から人の寿命が見えるようになった。 運命は変えられると最初は助けようとしたが、寿命時計が変わることがないことを知っている。 ふと突然、自分の腕に寿命時計が刻まれているのを発見する。 彼女に残された時間は100日余り。 最後の人生後悔なく生きようと孤軍奮闘している。 二人の出会いはドハが病院を出て行こうとしていたとき、ミカと最悪の出会いを果たす。 ミュージカルのオーディションで音楽監督のジェユに感情がこもってないと酷評されたミカは、なんとしてもミュージカルに受かるため、偶然会場に来ていたドハにキスをする。 初対面で無礼なミカをドハはもう関わることはないと突き放すが、中国・海南で二度目の再会を果たし、ドハは自分の人生にズカズカと入ってくるミカが次第に気になるように。。。 そして、ミカがドハの手を握った瞬間、ミカの寿命時計が止まった。 ドハとミカの不思議な時間が始まった。 日本語字幕放送・全22話 イ・ドハ 33歳 MK文化カンパニー 代表理事 イ・サンユン 「」「」「2度目の二十歳」「」 建設事業を拠点に、病院やホテル、文化事業にまで手を伸ばしているMKグループの三男。 がさつで短気のドハは全般性不安障害の患者。 ドハが不安障害を患うようになったのは環境的要因もあったが、初恋の女性との別れが一番の原因であった。 ドハが戦略結婚の相手として選んだ財閥の一人娘スボンと結婚しようと努力していた時、突然彼の人生に飛び込んだ彼女、ミカ。 愛などもう二度としないと心に決めていた臆病者ドハの人生がミカで色づき始めた。 チェ・ミカ 31歳 アンサンブル専門ミュージカル俳優 イ・ソンギョン 「」「ドクターズ~恋する気持ち」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」 まだ7歳の頃、祖母が車に引かれるのを目撃した時、初めて人の寿命時計が見えるようになった。 あの日以来ミカはすべての人々の寿命時計が見えるようになったのだが、身体にカチカチ流れるその時計が、人の寿命を意味することをミカはしばらくした後に気づいた。 時計の存在を受け入れた後のミカの人生は180度変わった。 誰にも言えない秘密を抱えて激情の思春期を送った少女は大人に成長した。 いつもと変わりのない毎日を送っていたミカは、自分の手首に寿命の時計が刻まれたことを発見する。 寿命時計が変わることがないことを知っているミカは、残りの人生を思いっきり生きようとしていた。 ところが、偶然ミカの人生に登場してきたドハ、彼の手を握った瞬間、ミカの寿命時間が止まったのであった。 この高貴な名前のおかげで、どこへ行っても笑い者にされた学生時代。 それに耐えられなかったスボンは、名前を改名し、ベスで生きていくことを決意した。 それからというもの、会社の人間、友達までスボンと呼ぶことは許されない。 彼女の人生のモットーは「他人の顔色を見ずに好き向くままに生きよう」、まっすぐな性格のスボンは恋愛に対しても直球であった。 3年前のパーティーでドハに一目惚れをしたスボンは、どうにかドハを戦略結婚の相手にし、愛以外は全て捧げるとのドハを振り向かせたい。 しかし、いつからかドハの眼差しが自分ではない、違う女性に向いていることを知り、ショックを受ける。 チョ・ジェユ 26歳 ミュージカル音楽監督 キム・ドンジュン 「ブラック~恋する死神~」「」「町の弁護士チョ・ドゥルホ」「恋する下宿24番地」 4歳の頃ピアノを初めて学び、才能を開花させる。 クラシックの人生を歩ませようとする母親の願いとは裏腹に、ミュージカルに魅了されブロードウェイの音楽監督を夢見るようになり、実力を認められ今の地位まで登ることが出来た。 天性の才能を持つジェユは、平凡な人間を理解することが出来ず、他人に反感を買うこともしばしば。 韓国での活動を決意して帰国し、ミュージカルも軌道に乗っていたのだが、オーディションに現れたミカの登場で彼の人生にブレーキがかかる。 歌の音程もリズムもミスだらけなのに、感性が今にもなくなってしまうような切ない女性。 まったく分からないこの感情が、混乱してしょうがない。

次の

映画「アバウト・タイム」あらすじ・キャスト・見どころを紹介! | 8ラボ(はちらぼ)

アバウト タイム キャスト

主人公ミカ(イソンギョン)は子供のころから人の寿命が見えるという不思議な能力を持っていた。 あるとき自分の寿命が見えてしまい、残り100日の命だと知る。 ひょんなことから出会ったドハ(イサンユン)だが、彼と一緒にいるときだけ寿命時計が進まないことがわかった 「2度目の二十歳」から3年ぶりにイサンユンさんとキムヒョンシク監督が再会した作品。 キャストのイソウォンが不祥事で途中降板するという事態があり(後述)、悪いイメージがついてしまいましたが、ファンタジー要素の強いロマンチックな作品はそれをものともせず、視聴者に愛される作品となりました。 キムヒョンシク監督は制作発表の場で 「イソウォンが務めていた役は比重の大きい役ではないが、ストーリー展開上必要な人物で、それを務められる俳優を探している。 」 と発表。 そしてアバウトタイムのスタッフであるというあるネチズンが 「すでに12回まで撮影を終えてるのに、死にそうだ」 とSNSに投稿したことが話題になると、監督は 「スタッフの投稿と思われる書き込みを見た。 俳優一人が変わることで無理が生じないように追加の人材を入れて、日程を調整できるように協議している」 と話しました。 ただでさえ韓国ドラマ撮影のスケジュールは過密で、たびたび問題になります。 この書き込みが本当にスタッフのものなのかは不明なままですが、キャストの急な降板で、スタッフがどれだけ大変な思いをしたか想像に難くありません。 のちに、キムドンジュンさんが代打を務めることとなりました。 友達で精神科専門医のソンビン(テ・イノ)は、ドハに持続的な相談治療を勧めるが、順調に進まない。 一方、ミカ(イソンギョン)は7歳の頃から人の寿命が見えるようになった。 運命は変えられると最初は助けようとしたが、寿命時計が変わることがないことを知っている。 ふと突然、自分の腕に寿命時計が刻まれているのを発見する。 彼女に残された時間は100日余り。 最後の人生後悔なく生きようと孤軍奮闘している。 ドハが病院を出て行こうとしていたとき、ミカと最悪の出会いを果たす。 ミュージカルのオーディションで音楽監督のジェユ(キムドンジュン)に感情がこもってないと酷評されたミカは、なんとしてもミュージカルに受かるため、偶然会場に来ていたドハにキスをする。 初対面で無礼なミカをドハはもう関わることはないと突き放すが、中国・海南で二度目の再会を果たし、ドハは自分の人生にズカズカと入ってくるミカが次第に気になるように。。。 そして、ミカがドハの手を握った瞬間、ミカの寿命時計が止まった。 ドハとミカの不思議な時間が始まった。 bs11. イソンギョンさんに合った背の高い俳優がいいとのことで、年齢差はあるけど長身の二人のビジュアルが重視されたようです。 イサンユンさんは1981年生まれ、185㎝ イソンギョンさんは1990年生まれ、174㎝ です。 イサンユンさんは 「平均身長180㎝カップル」と自ら話し、さらに 「イソンギョンはかわいらしい人だから、ビジュアル的な面で押されないように、ダイエットしたりエステに通ったり、服装も気を付けたり努力している」 と話しました。 イソンギョンさんは本作でミュージカル女優の役を演じました。 「台本がとても面白く、女性なら夢見るファンタジーロマンスに惚れた。 ミュージカルおたくというほどミュージカルが好き。 」 イソンギョンさんはモデルになる前は音大を目指していたほどで、歌もピアノもとても上手。 音楽と演技を愛するミカ役はまさに適役と言えるのではないでしょうか。 監督が主演の二人を起用した理由は 「イソンギョンは常々エネルギッシュな女優だと思っていたが、会ってみて本当に情熱あふれる人だと思った。 上手なことも多い。 今回また彼の魅力をたくさん見せたいと思った」 と話しています。 ファンタジーだいすき! 歌がうまいことは元々よく知られていましたが、この作品で魅力を最大限発揮されたと言えます。 イサンユンさんは老け顔(失礼!)、イソンギョンさんは若々しいイメージで実際の年齢差9才よりも、ずいぶん年の差を感じてしまいました。 視聴率が期待されたほど伸びませんでしたが、総じて評判のよかった作品です。 最後に 本作はイソンギョンさんの魅力がたくさん詰まった作品です。 監督は 「誰でも本当に幸せな瞬間が止まってくれたら、と思うもの。 すべての登場人物が最も幸せな瞬間を探していくドラマ。 心が温かくなり、この時間が止まってほしいと思うような気持で見てほしい」 と語っていました。

次の

「アバウトタイム 愛しい時間について」ネタバレなし感想 タイムトラベル能力がすごい欲しくなる映画

アバウト タイム キャスト

2020. , ,• ミカ自身の寿命は100日あまり。 残された時間で主演女優の座を勝ち取ろうとオーディションに臨んだある日、なりゆきでMK文化財団理事長のドハにキスしてしまう。 その後、ドハといると自分の寿命時計が止まることに気づいたミカは、あの手この手でドハに近づこうと奮闘。 不可解すぎるミカの行動に困惑しながらも、いつしかドハはミカのことが頭から離れなくなっていた。 一方、その様子を察したドハの婚約者スボンは、ドハを惑わさないようミカに忠告をする。 キャスト イ・サンユン:イ・ドハ役 33歳 財閥家文化財団理事長。 チェ・ミカエラの寿命時計を止めることができる唯一の男 イ・ソンギョン:チェ・ミカ役 31歳 他人と自分の寿命時計が見える。 アンサンブル専門のミュージカル俳優。 イム・セミ ペ・スボン役 : 32歳 マガジンMJ取締役、メディア財閥MJBCの茂南ドクニョ一人娘。 ドハの家族 チョン・ドンファン イ・サンムン 69歳 ドハの父、MKグループ会長 ミン・ソンウク イ・ドビン 38歳 ドハの長兄、MKホテル代表 チョン・ムンソン ユン・ドサン 34歳 サンムンの隠し子、ドハの次兄、旅行作家 ミカの家族 ナ・ヨンヒ チン・ラヒ 57歳 ミカの母 主婦 ロウン SF9 チェ・ウィジン 25歳 ミカの弟、無職 ミカと仲の良い姉弟 リュ・テホ チェ・テピョン 61歳 ミカの父、服役中 パク・ヘジン ユ・コップン 享年62歳 ミカの祖母 ドハの周辺人物 テ・イノ パク・ソンビン 33歳 ドハの友人、主治医、神経精神科専門医 カン・ギドゥン パク・ウジン 28歳 ソンビンの弟、ドハの秘書 ミカの友人 ハン・スンヨン:チョン・ソンヒ役 31歳 チェ・ミカエラの大学同期であり親友 ミュージカル助演出 キム・ヘスク オ・ソニョ 68歳 親孝行代行アルバイトで出会ったミカの長年の顧客であり、友人。 MK文化カンパニー キム・ドンジュン(ZE:A):チョ・ジェユ役 26歳 ミュージカル音楽監督 幼少のころからのピアノの天才。 キム・ギュリ キム・ジュナ 33歳 ドハの初恋の相手、ミュージカル女優 チュ・ジョンファ チェPD 40代 韓国ではかなり有名なプロデューサーでMK文化カンパニーと契約されて働いている。 ドラマのストーリーも似たような感じなのかな?と思っていたのですが、全然違う内容でした。 「チーズ・イン・ザ・トラップ」や「ドクターズ」で個性的な演技を見せてくれたイ・ソンギョンと、「空港へ行く道」や「エンジェル・アイズ」で優しい男性を演じたイ・サンユンさん。 今回は特にイ・ソンギョンさんが本当に愛くるしいミュージカル女優を演じ、今までのイメージを覆しました。 そしてイ・サンユンさんは相変わらず一途な男性でこちらも胸キュン。 主人公ミカエラは人の寿命時計が見えるという不思議な設定です。 自分の寿命・未来を見てみたいという気持ちは、誰しも1度は考えたことがあるのではないでしょうか?他人の寿命が見える、そして自分の寿命さえ分かってしまうという重たい運命を背負ったミカエラ。 しかし、ミュージカル女優を前向きに目指すミカエラは、眩しいです。 そして劇中で行きかう人々の死を通して、寿命が見えて嫌なこともあるし、幸せな最期をつくることもできる。 そんなことを描いていました。 人の生死を扱った作品ですが、怖いとか暗いということはなく、どちらかというと爽やかな作品です。 主人公ミカエラがミュージカル女優なのでミュージカルのシーンがあるのも、作品が爽やかになった一因だと思います。 イ・ソンギョンさんの歌声も素敵でしたよ。 登場人物に最低なほど酷い人もおらず、気楽に観られる作品だと思うので、お勧めです。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の