アウター ワールド ストーリー。 メインストーリーをクリアした「アウター・ワールド」の感想・評価|みそじの自分速報

高い自由度が魅力のSF RPG『アウター・ワールド』、10月25日に発売決定!

アウター ワールド ストーリー

一方、戦闘とグラフィックには「薄味」との声も もっとも、『アウター・ワールド』は完璧なゲームというわけではないようだ。 ストーリーを称賛する声が多い一方で、アクションRPGにおいてストーリーと両輪をなす戦闘やグラフィックに関してはやや淡泊な印象を指摘する海外メディアが少なくない。 そうした指摘が以下である。 ・このゲームで最悪なのは、グラフィック上のリアクションが薄いことだ。 (プレイヤーは何でもできるので)世界の変化は記録されるが、その変化が表に現れない。 少なくともプレイヤーが期待しているような変化がない()。 ・アウター・ワールドが生きたものとなるか死んだものとなるかは、テーマとストーリーにかかっている。 というのも、戦闘システムはさして面白くないからだ() ・戦闘における唯一の欠点はゲームが推奨する通常の難易度では、最終的にヌルゲーになってしまうことだ…最後には銀河でいちばんのシューターとなってしまい、無敵なように感じてしまう() ・(グラフィック関連のバグの多い『Fallout』と比較して)アウター・ワールドのグラフィックは例外的に優れているのだが、The Witcher 3やGod of Warほどではない()。 まとめると、『アウター・ワールド』はストーリーに没入したいプレイヤーにはおすすめのタイトルと断言できるが、バトルやグラフィックにこだわりを持っているプレイヤーは満足できないものかもしれない。 VR/AR、AI関連の記事の執筆経験があるほか、テック系企業の動向を考察する記事も執筆している。 Twitter:• 2 current.

次の

古臭いけどアウターワールドには圧倒的自由感がある【評価/レビュー/感想】

アウター ワールド ストーリー

昨日開催されたThe Game Awards 2019において、見事今年のGOTYとベストナラティブ、ベストパフォーマンス、ベストRPGを含む4部門ノミネートを果たしたObsidianの新たな傑作「アウター・ワールド」ですが、本日PS4とXbox One、PC向けの1. 2アップデートが配信され、コンソール向けの視野(FoV)設定や全プラットフォーム向けの追加設定を含む幾つかの新機能と広範囲な修正が適用されました。 また、Obsidianが公式フォーラムを更新し、The Game Awards 2019における4部門ノミネートを感謝するメッセージが掲載され、なんとDLCの開発を進めていることが判明。 今のところ、DLCに関する詳細は不明ですが、後日続報が報じられる予定となっているほか、高い評価を得た本作の成功について、開発を率いた黄金コンビLeonard Boyarsky氏とTim Cain氏の心温まるメッセージが掲載されています。 私達は素晴らしい仕事を成し遂げたチームとファンの多大な支援に個人的な感謝を伝えたかった。 あと、ティムは私と共に仕事ができて光栄だったと言いたいんです。 — レナード どっちでもいいよ、レナード。 これで仕事は終わったので、約束通りあの写真は破棄しておいて。 — ティム なお、本作のDLCについては、Obsidianが予てから開発を希望していたほか、幾つかの科学兵器をDLCとして導入したいと伝えていました。 2パッチの新要素• 大文字モードの更新• 武器をしまう行動がインタラクションを邪魔しないよう修正• 誤って失敗扱いとしていたコンパニオンクエストを修正 この他、パッチ1. We released patch 1.

次の

【評価・レビュー】実質フォールアウト新作!『アウター・ワールド』は神ゲーか?

アウター ワールド ストーリー

目次でサクッと理解• 「俺は自由だ!」という感覚 なかなか良い。 悪くないです。 オフラインゲームなのでFallout 76で苦しめられてきたラグはまず無いですし、とにかく近接攻撃が当たります。 それでいてPC版の動作はまだ軽い部類に入ります。 (カクつく場面もあるけれど) Fallout 76のストーリー面の出来がひどいからでしょうか。 心理的なハードルが下がっている状態でプレイするからでしょうか。 そもそもアウターワールドはFallout New Vegasをブラッシュアップしただけのような作品なのに、とっても楽しいのです。 そして懐かしい。 特筆すべきはその自由感でしょう。 自由に何でも出来るという感覚・実感が常にあるゲームです。 なので戦闘での動きやその他様々な物が古臭かったりしても許容できてしまいます。 プレイ開始から10分も経っていないのに「俺がやりたかったゲームはこれだ!」と素直に思いました。 Fallout 76にも良いところはたくさんありますが、やはり自由にNPCを殺害できるゲームには夢があります。 寄り道してサイドクエストをこなしているとFallout的な展開に巻き込まれました。 これがとても良かった… ピッキングが楽 些細なことではありますが、個人的にいいなと感じたのはピッキングです。 Falloutシリーズではピッキング自体がミニゲーム化されていますが、正直面倒なのでMODを導入してピッキングを実質無効化していました。 しかしアウターワールドの場合はMODを導入しなくても キーボードのキーを1秒以上押し続けるだけでピッキングが可能となっており、変なミニゲームをしなくてもよくなっていてストレスがありません。 常に古臭さが漂う もちろん悪い部分もあって、戦闘は最近のゲームと比較しても凡庸です。 スライディングは出来ないですし、ダイイングライトやRAGE 2みたいにスピーディーかつ爽快に楽しみたい人には不評かもしれません。 そして 近接武器だけで戦っているとなんだかとても古いゲームで遊んでいる気分になります。 ただ、ショットガンを人間やクリーチャーに対してぶっ放すのは大変気持ちよくてストレス解消になります。 難易度も関係してくるはずですが、1周目は無難にノーマルで遊んでみて銃でNPCを撃ってみるといいでしょう。 古臭いけど世界観はSF。 そして宇宙。 バケモノがたくさんいます スニーク時の移動スピードが遅い しゃがむとスニーク(隠密状態)になりますが、 スニークしている時の移動スピードがとても遅く感じます。 潜伏系のステータスを上昇させるとスニーク時の移動スピードが多少は上がるようですが、デフォルトでこの遅さはまあまあイライラします。 こういうストレスはModで解決するのが恒例みたいなところがありますが、アウターワールドはまだModに対応する予定は無いので、自分でModを作るか有志に頼るしかないでしょう。 海外では発売前から「俺たちのならなんとかしてくれるはずだ!」みたいな風潮がありました。 PC版なら遅かれ早かれModを導入できるようになるかもしれません。 NPCを殺す前に俺(NPC)の話を聞け! ちょっと興味本位で、存在しているNPCを全員殺害するプレイスタイルで遊んでみましたがこれが非常に難しい。 というか、 ただ適当にその辺のNPCを速攻で殺すスタイルだとストーリーや世界観の理解度がガクッと落ちます。 普通に考えたらそりゃそうですけど。 ストーリーやクエストに関係してくるNPCは固有の名前を持っていて、ただのモブは「住民」とか「警備兵」みたいな感じで表示されます。 モブは適当に殺してもかまいません。 ただ、これからこのゲームをプレイする予定の人は、とにかく名前付きのNPCを適当に殺さないでください。 本当に意味が分からなくなるからです。 もったいないです。 一応、PC版(Epic Games版)には表現規制は無いようです アウターワールドはFallout New Vegasの上位互換? 結局のところFallout New Vegasの上位互換…と言ってしまうのは早計かもしれませんが、本当にアウターワールドは上位互換でしょうか? Fallout New Vegasは広大な一つの世界が与えられてそこで冒険するロマンがありましたが、アウターワールドはいくつか存在する箱庭程度の広さの世界で遊ぶことになります。 マップのことだけを言及したらFallout New Vegasの方が自由度(自由感)が高いと言えるかもしれません。 しかし……Fallout New Vegasとアウターワールドを比較するのもバカバカしくなってきました。 もうどうでもよくないっすか。 2019年はアウターワールドで遊びます。 Obsidian Entertainment and the Obsidian Entertainment logo are trademarks or registered trademarks of Obsidian Entertainment, Inc. The Outer Worlds and The Outer Worlds logos are trademarks or registered trademarks of Obsidian Entertainment, Inc. Private Division and the Private Division logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

次の