持続化給付金 会費収入。 家賃支援給付金7/14から申込!何が変わった?個人事業主の注意点を解説

【新型コロナウイルスの影響】持続化給付金には法人税が課税されるの?!

持続化給付金 会費収入

5月1日より受付が始まりました「持続化給付金」のより詳しい申請手順がこちらです。 申請は迅速に給付を行う観点等から、電子申請を原則としています。 電子申請に不慣れな方や困難な方に対しても、感染症防止対策も講じた上で、予約制の申請支援(必要情報の入力等)を行う申請サポート会場が徳島県でも5月14日に設置されました。 事前予約制となっております。 申請に必要な以下のものを準備ください。 または2. のいずれか)• 免許証(両面)• ブルーリターンAをお使いの方は別途、当会で保存しております書類(受信通知)が必要です。 に記載のgmailアドレスへ 件名に「給付金」、 本文にお名前・お電話番号をご記入のうえ送信ください。 受付順に必要書類をデータ化し返信メールに添付してお送りいたします。 書面提出の方は(青色申告会印でも申請することはできますが、証拠書類等の確認に時間を要します)と書かれていますが、 確定申告書 第1表・決算書 1面・2面とも青色申告会印で申請いただけます。 お手元の申告書控え・決算書控えの写真で申請ください。 予約時に会場コード「3601」が必要です。 センチュリープラザ センチュリーホール 住所 徳島県徳島市南昭和町1-46-1 会場コード 3601 持続化給付金が口座に振込まれた際の仕訳は下記の要領です。 持続化給付金として100万円が、普通預金口座に入金された 【仕訳】.

次の

【助成金情報】NPO法人他 経済産業省持続化給付金

持続化給付金 会費収入

Contents• 持続化給付金を受け取る条件 NPO法人の場合、持続化給付金を受け取れるかどうかの判定は2通りあります。 一般法人と同じ原則的な方法と、NPO法人など公益法人向けの特例的な方法がありますので、それぞれ解説します。 原則的な方法の場合 計算方法自体は一般法人と同じですが、対象となる収入がNPO法人特有の判断が必要となります。 この場合、対象となる収入は 「 収益事業として集計した収入金額」 のうち 「事業収益など売上高に相当する科目の金額」 となります。 具体的には、 法人税の申告の際に添付する収益事業の損益計算書(または按分計算書)に計上されている事業収益等の金額です。 (上限は200万円) つまり、収益事業を行っていないNPO法人についてはこの計算方法で申請することはできません。 イメージとしてはこんな感じです。 この場合の添付書類は一般法人と同じで ・別表一、事業概況書の表裏 ・対象月の売上台帳など ・通帳の写し となっています。 特例的な方法の場合 収益事業を行っていないNPO法人についても、特例的な計算方法を使えば持続化給付金を受け取ることができるかもしれません。 この計算方法では、収益事業であるかを問わず、全ての収入ベースで計算を行います。 (上限は200万円) イメージとしてはこんな感じです。 この場合の添付資料は ・前事業年度の年間収入が分かる書類(活動計算書など) ・対象月の売上台帳など ・通帳の写し ・履歴事項全部証明書(謄本) となります。 また、 特例的な方法で計算する場合、通常よりも審査に時間がかかるとのことですので、この点はご注意ください。 【収入の判定について】 原則的な方法・特例的な方法ともに、助成金、補助金、受取利息などの事業活動以外からの収入は除かれます。 また、国や自治体からの受託事業などの収入は含めて計算することとされています。 持続化給付金は課税対象になるか? 明確な基準は発表されていませんし、恐らくNPO向けの公式見解が出ることは無いでしょう。 ただ、NPO法人などの場合、使途が特定されない補助金については収益事業の対象外という判断をすることとなります。 今回の持続化給付金は「何に使っても良い」という給付になるため、法人税の課税対象外という判断が出来るのではないかと思います。 なお、消費税も課税対象外となります。 ただし、原則的な計算の場合、収益事業の収入や経費を補填するという性格があるという判断になれば、法人税は課税という結論になるかもしれません。 この根拠としては法人税法基本通達15-2-12です。 ここでは 「収益事業に係る収入又は経費を補填するために交付を受ける補助金等の額は、収益事業に係る益金の額に算入する」 と書かれています。 原則的な計算の場合、収益事業の金額のみを集計して申請するため、上記の「収益事業に係る収入又は経費を補填する」という要件に当てはまるという解釈がされるかもしれません。 まとめ 新型コロナウイルスの影響で大きく収入が減少しているというNPO法人も多くあるのではないでしょうか。 そのため、原則的な計算と特例的な計算をそれぞれ検証し、持続化給付金を受け取ることができるか検証してみた方が良いと思います。 要点をまとめると次のようになります。 集計する収入 法人税 消費税 原則計算 収益事業のみ 非課税 (ただし課税の可能性も) 対象外 特例計算 全ての事業の収入 非課税 対象外 関連記事 持続化給付金の制度の全体像について解説しています。 売上比較の方法なども図解しているので、ご確認ください。 持続化給付金だけでは「焼け石に水」という団体も多いと思います。 追加での資金調達は金融公庫の融資を検討してください。 また、税制面でも特例が実施されます。 資金繰りが厳しい団体は納税猶予なども検討が必要でしょう。

次の

NPOも持続化給付金の申請できます

持続化給付金 会費収入

キーワード :• 先月3日、家賃支援給付金の概要をお伝えしましたが、第二次補正予算成立後、一部に変更が生じています。 今回は個人事業主が注意すべきポイントを見ていきます。 本サイトでは国会成立前に概要をお伝え済みです。 大枠の考え方は変わらないのですが、申請要件や給付額に一部変更があります。 個人事業主の方が意識しておきたいポイントを本記事で一緒に確認していきましょう。 なお、家賃支援給付金は事業主へのコロナ禍救済策という点から、一見、持続化給付金と似ています。 「申請期限は2021年(令和3年)1月15日」「申請方法は原則オンライン」という点でも同じです。 ただ、単なる経費補填ではなく家賃支援という性質上、申請要件や必要書類が少し多くなっています。 ざっと挙げると次のようになっています。 自分の事業用として土地や建物を使い、賃料を支払っていること• 2019年以前から事業を行い、今後も事業継続の意思があること• 賃貸契約が自己取引や親族取引でないこと• 賃貸契約が2020年3月31日時点及び申請時点で賃貸借契約が有効であること• 申請する月の直前3か月間、本来の賃料を支払っていること 以下、それぞれについて解説します。 持続化給付金よりも売上減少要件が若干緩和されています。 個人については収入を「事業所得」として申告している人だけが家賃支援給付金の対象です。 雑所得や給与所得で事業収入を申告している人や今年の1月から3月に起業した人も今後給付対象になると見られますが、現時点では申請できません。 昨年中に起業した人や事業を引き継いだ人、自然災害で昨年の売上が激減した人も申請可能です。 ただし提出書類が少し増えます。 なお、又貸しは本来給付対象外ですが、自分の事業用に借りている物件の一部又貸しは申請可能です。 配偶者や親または子から借りている物件だったり、自分と自分の会社との間の賃貸契約だったりすると申請できません。 なお、原則、借主本人が給付金を申請しなくてはなりません。 しかし賃貸借契約書の名義人が申請者と異なっていても給付可能なことがあります。 この申請については追加で添付書類が必要です。 今年の3月31日以前から今日まで事業のために賃借をしていたことが条件です。 この日以降引っ越しや再契約をしても申請はできますが、別途書類が求められます。 直近3か月間の支払い実績が原則ですが、中には管理会社や賃貸オーナーとの交渉で賃料を減免してもらった人もいるでしょう。 このようなケースでは、申請日からさかのぼって1か月以内に本来の賃料を支払っていれば給付が認められるとされています。 ただ、次の点で変更が生じました。 現在、店舗数に関係なく支給上限額は中小法人600万円、個人事業主300万円です。 給付金の算定方法は次の通りです。 なお、もらえる給付金は家賃の一部だけであって全額ではありません。 算定基準となる支払い賃料は「申請日の直前1か月分」です。 自治体から支援金を受け取ると、国からもらえる金額が減ることがあります。 逆にこの目安を超えてしまうと、超えた部分の金額に関し、国の給付金はもらえません。 こういったケースで受け取れる給付金は、支払家賃から転貸部分や自宅部分を除いた部分に対応する金額となります。 この共益費・管理費については、家賃の契約書の中で一緒に規定されていれば家賃の一部として申請することができます。 なお、請求金額は消費税込です。 しかし家賃と家賃の契約書で定められた共益費・管理費以外の費用は申請できません。 つまり、次のようなものは申請対象外となります。 ・電気代、水道代、ガス代• ・減価償却費• ・保険料• ・修繕費• ・動産の貸借料、リース料• ・契約関連費用• (更新費、礼金、解約違約金など)• ・敷金・保証金• ・不動産ローン返済額• ・看板設置料• ・販売促進費• 基本の内容は次のようになります。 「最近まで家賃を減額してもらっていた」「申請者と借主の名義が違う」「賃貸借契約書や確定申告書がない」といった事情のある人は、上記以外の書類も用意しなくてはなりません。 なお、不正受給を防ぐために別途誓約書の提出も求められています。 より詳しい申請条件や必要書類、注意点は、経済産業省の以下のリンクをご確認下さい。 こちらには例外的な申請に必要な書類、各種申請書類のPDFも掲載されています。 バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます 最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

次の