猫 長毛種。 白猫の種類(純血種)を紹介!気になる白い猫の性格も!

【短毛種or長毛種】おすすめの飼いやすい猫ベスト3|ねこぽちブログ(ディズニー多め)

猫 長毛種

第3位 ラグドール:ぬいぐるみが語源、世界でも人気急上昇 【被毛の特徴】• シルキーな触り心地は癒し系• 毛色は白が基調• 成長がゆっくりで毛色の定着は2歳半~3歳• ダブルコートだがもつれにくい毛質で、お手入れは比較的簡単 【性格】• 穏やかで落ち着いている• ほとんど鳴かない• 引っかくことが少ない• あまりいたずらをしない• すこし寂しがりで甘えん坊• 性格的にとても飼いやすい 【特徴】• ぬいぐるみと名付けられるほど「抱っこ」が大好き• 瞳はサファイアブルー• 意外とガッチリ系• 運動不足で肥満になりやすい• 一般の猫のサイズより大きくなる 【サイズなど】• 体重:5~9㎏(大型種)• その他:運動が苦手なのでケガに注意・キャットツリーは低めに設定 第6位 アメリカンカール:カールした耳の子が生まれる確率は50%? 【被毛の特徴】• フワフワでなめらか• 長毛種が知られているが「短毛種」も• アンダーコートが少なめでお手入れは比較的簡単 【性格】• 人懐っこく子供とも仲良くできる• 人と遊ぶのが大好きで「ピーターパンキャット」とあだ名されるほど• おとなしくいたずらはあまりしない• 留守番が上手• あまり手がかからず、飼いやすい 【特徴】• 語源となった外向きにカールした耳• カールした耳が生まれるのは50%程度• カールが定着するのは生後3~4か月• あまり鳴かない• 子猫の期間が長く成長がゆっくり 【サイズなど】• 体重:3~5㎏• その他:耳の軟骨が傷つきやすい、外耳炎にも注意 第8位 ノルウェージャンフォレストキャット:ノルウェーの神話に登場する伝説の森の猫 【被毛の特徴】• 厳しい寒さに耐える厚手で豪華なコート• ウールのようなアンダーと撥水機能にすぐれたオーバーのダブルコート• 弾力があってふわふわの長い尻尾• お手入れは意外に簡単 【性格】• 穏やかで落ち着いている• 知的で順応性が高い• 遊び好きで活発な一面も 【特徴】• ノルウェーの神話に登場する大きな猫のモデル• 大きなアーモンド形の瞳は表情豊か• 四肢の先は飾り毛がついて丸い• 大きくガッチリ体型であるが、身軽でキャットツリーが大好き• 成長がゆっくりめなので食事量は多めに 【サイズなど】• 体重:3. 5~6. 5kg• その他:運動量は多めに 長毛種の猫のお手入れはやっぱり大変? 被毛には、オーバーコート(皮膚の保護)とアンダーコート(体温調節)の2種類があります。 「シングルコート」とは、アンダーコートがない(少ない)タイプを指します。 「ダブルコート」は一般的で、2種類の被毛が揃っているタイプです。 特に換毛期は、体温を調節するアンダーコートの方が抜け替わるので、入念なブラッシングが必要です。 このことからシングルコートの猫種(ターキッシュ・アンゴラやバーマンなど)はお手入れが比較的簡単と言われます。 またコートの種類以外にも、品種によって毛質や抜け毛の量が異なります。 これらのことから、単に短毛だから楽、長毛だから大変とは言えないようです。 しかし長毛種は毛玉になりやすく、ブラッシングなど日常の手入れを怠ると、毛球症や皮膚病の原因になります。 ダブルコートの猫種の場合、 1日2回以上のブラッシングは欠かせません。 いかがでしたか? 長毛種には、美人で性格も穏やかな種類が揃っていましたね。 本稿があなたの猫種選びの参考になれば幸いです。

次の

長毛猫のサマーカット・ライオンカットのメリット5選|料金や失敗例も

猫 長毛種

猫の種類!人気の長毛種11選とは? 長毛種とは? 猫には「毛の短い短毛種」と「毛の長い長毛種」がいます。 色々な国に様々なタイプの長毛種の猫がいますが、これから日本で人気の高い長毛種の品種をご紹介させていただきます。 あなたが愛猫を選ぶ時の参考にしてみてください。 アメリカンカール 反り返った耳が魅力的な「アメリカンカール」 毛の種類には短毛種と長毛種の両方がいます。 (長毛種のアメリカンカールはアメリカンカールロングヘアと呼びます) 「原産国」 アメリカ 「アメリカンカールの性格」 愛嬌があって、とても賢いです。 好奇心旺盛で人懐っこくて飼い主さんと遊ぶのが好きです。 遊び好きの性格から「ピーターパンキャット」とも呼ばれています。 他の品種との同居も可能です。 「アメリカンカールの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約3. クリリアンボブテイル 屈強な体と優しい性格を持つ「クリリアンボブテイル」 北海道の北にある樺太島(サハリン島)や千島列島(クリル諸島)に生息する猫種です。 極寒の地で暮らす為の屈強な体と精神力を持っています。 「原産国」 ロシア 「クリリアンボブテイルの性格」 強靭な体を持っていますが攻撃的な所がなく、賢くて優しい性格をしています。 そして、外交的で愛情も豊かで飼い主さんの膝の上やベッドで寝るのを好みます。 「クリリアンボブテイルの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約3. 5kg 全身をおおう被毛は柔らかくなめらかで、さわり心地が良いです。 サイベリアン フサフサでフカフカの被毛をしている「サイベリアン」 ロシアのシベリアで生まれた猫種です。 大きくて強靭な体をしています。 大きな体をしていますが機敏でパワフルに動き回ります。 「原産国」 ロシア 「サイベリアンの性格」 見た目は貫禄があって、いかつい風貌ですが性格はとても穏やかで優しい性格をしています。 そして、好奇心旺盛で勇敢な面もあります。 人懐っこくて賢いので初心者でも飼いやすい猫種です。 「サイベリアンの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約4. 0kg 大雪の中でも歩ける強い脚のチカラを持っていてジャンプ力も並外れて高いです。 スポンサーリンク スコティッシュフォールド ぺたんと垂れた耳が可愛く特徴的な「スコティッシュフォールド」 スコティッシュフォールドには短毛種と長毛種がいます。 スコティッシュフォールドの名前は「スコットランドの折れ曲がり」という意味で、イギリスのスコットランド原産でアメリカに渡ってから今の形になりました。 体はガッシリとしていて筋肉質です。 「原産国」 イギリス 「スコティッシュフォールドの性格」 スコティッシュフォールドは好奇心旺盛で愛情豊かな性格をしています。 甘えん坊な所があって飼い主さんの後をついてくることもあります。 (人のそばにいたり、遊んでもらうのが好きです) 賢くて、忠実なので性格的に飼いやすい猫種です。 「スコティッシュフォールドの特徴」 運動量=普通 食事の量=普通 体重=約2. 0kg さわり心地が良く丸くて可愛い猫です。 ノルウェージャンフォレストキャット 美しいロングヘアと堂々とした優雅さを兼ね備えた「ノルウェージャンフォレストキャット」 ノルウェーでは「森の猫」と呼ばれていて、寒いノルウェーを生きるために必要な厚いコートと丈夫な体を持っています。 ノルウェーの神話にも登場する猫種で、豪華で美しい被毛をしています。 コートは毎日のお手入れを必要としませんが、グルーミングに時間をかけてあげるとより美しい被毛になります。 「原産国」 ノルウェー 「ノルウェージャンフォレストキャットの性格」 とても穏やかでおとなしい猫種です。 忍耐強くあまりべたべたとじゃれてはこないですが、甘えん坊な所があって人と遊ぶことが好きです。 「ノルウェージャンフォレストキャットの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約3. 5kg 体が完成するまでに3~4年ほどかかります。 バーマン 魅力的な特徴がたくさんある「バーマン」 サファイアブルーの瞳、白のミテッド(白い靴下を履いたような脚先)、顔のポイントカラー、シルクのようになめらかな被毛など魅力的なチャームポントがたくさんある猫種です。 バーマンはビルマ(現在のミャンマー)では白猫の伝説が残っていることから「ビルマの聖なる猫」と呼ばれています。 「原産国」 ミャンマー 「バーマンの性格」 穏やかで社交的な性格をしています。 愛情深くて賢く飼い主に忠実です。 「バーマンの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約2. 5kg ガッシリとした体型で筋肉質です。 ペルシャ 世界的に大人気の猫種「ペルシャ」 世界的に見ると昔から最も人気のある猫種です。 繊細でフワフワした美しい被毛とぺしゃっとした愛らしい顔がとても魅力的です。 はるか昔から華やかな存在で人々の憧れだった猫で「猫の王様」と呼ばれています。 「原産国」 アフガニスタン 「ペルシャの性格」 とても穏やかで大人しい性格をしていてほとんど鳴くことがないです。 遊ぶことが好きですが派手に暴れたりすることはなく、静かに遊んでいます。 とても賢くて環境の変化にも適応しやすいです。 静かで平和的なので飼いやすい猫種です。 「ペルシャの特徴」 運動量=普通 食事の量=多め 体重=約3. 5kg ガッシリとした体型で筋肉質です。 メインクーン 大きくて優しい「メインクーン」 メインクーンはアメリカ最古の品種です。 北米の厳しい環境に適応するために大柄な体と分厚い被毛を持つようになりました。 大きな体で温厚な性格をしているので「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」と呼ばれています。 「原産国」 アメリカ 「メインクーンの性格」 非常に賢くて優しい性格をしています。 堂々としていて鳴くときは小さな声で鳴きます。 無邪気で甘えん坊な一面もあります。 「メインクーンの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約4. 0kg 体が完成するまでに3~5年ほどかかります。 ラグドール ぬいぐるみのように愛らしい姿と性格の「ラグドール」 フワフワで淡い色の豊かな被毛、ブルーの瞳、穏やかなたたづまい。 見ているだけで癒される可愛い猫種です。 気まぐれで、神経質な猫が多い中で抱かれることを嫌がらない珍しい品種です。 ラグドールという名前は英語で「ぬいぐるみ」という意味です。 「原産国」 アメリカ 「ラグドールの性格」 とても穏やかで優しい性格をしています。 静かで従順で愛情深いです。 「ラグドールの特徴」 運動量=多め 食事の量=多め 体重=約3. 0kg 成猫になるまでに3~4年ほどかかります。 ソマリ 光の加減によってキラキラと輝く被毛を持つ「ソマリ」 ソマリは「アビシニアン」の長毛種です。 (アビシニアンから、たまに生まれる長毛種が起源だと言われています) 毛の1本1本に「ティッキング」という濃くて淡い色のタテ模様があって、光の当たり具合によってキラキラと輝いて見えます。 「原産国」 イギリス 「ソマリの性格」 好奇心旺盛で遊ぶことが大好きな性格をしています。 (遊び足りないとストレスがたまることもあります) 賢く人懐っこいですが神経質な一面もあります。 「ソマリの特徴」 運動量=多め 食事の量=普通 体重=約3. 0kg 色々なことに興味を持ち運動神経も抜群に良いので機敏に動き回ります。 マンチカン 短い脚がカワイイ「マンチカン」 マンチカンには長毛種と短毛種がいます。 短い脚で歩く姿がキュートでとても人気がある猫種です。 マンチカンは短い脚をしているのでヨチヨチと歩くイメージを持たれやすいですが実際には低姿勢で運動神経が良いので機敏に動き回ります。 「原産国」 アメリカ 「マンチカンの性格」 好奇心旺盛で外交的な性格をしています。 子供や他のペットとも仲良くなれる性格をしています。 遊び好きで走り回ることが好きです。 賢くて愛情深い性格をしています。 「マンチカンの特徴」 運動量=多め 食事の量=普通 体重=約5. 0kg 以前は見た目から遺伝子疾患や免疫力が弱いと思われていた時期もありましたが、とても丈夫な骨格を持ち健康な体をしています。 さいごに 長毛種は短毛種に比べると被毛のお手入れが大変ですが、とても美しい被毛をしています。 それと、長毛種は体の大きなタイプが多いですがほとんどの猫種は優しくて大人しくて平和的な性格をしています。 性格的にとても飼いやすい猫種が多いです。 品種ごとに毛色や毛質が全然違うので、一緒に暮らす長毛種のパートナーを選ぶ時には実際に触ってみることをおススメします。

次の

白猫の種類(純血種)を紹介!気になる白い猫の性格も!

猫 長毛種

またブラッシングなどの手間も少ないです。 ただ、ダブルコートでもアビシニアン、ロシアンブルー、アメリカン・ワイヤー・ヘア、ボンベイ、ブリティッシュショートヘアー、マンチカンは抜け毛が少ないといわれています。 被毛の種類1(シングルコートとダブルコート) 猫の被毛は、その構造によって「シングルコート」と「ダブルコート」に分類されます。 その理由としては、 前者は、 短毛種の方が 生え変わる長さ(限界の長さに)達するまでの期間が短いためです。 後者は、 長毛種の方が 1本あたりの毛の長さ(量)が単純に多いためです。 これは、環境(カーペットなのかフローリングなのか)によっても、どちらが抜けやすいのかの印象も変わってくるでしょう。 ただ、色々な猫関係の書籍やサイトなどを調べてみると、抜け毛が少ないとされている猫の大部分が短毛種であるのも事実です。 ( 後ほどご紹介する抜け毛の少ない猫の種類も、ほぼ短毛種となっています。 ) 被毛の種類2(短毛種と長毛種) 猫の被毛は、その長さによって「短毛種」と「長毛種」に分類されます。 また、長毛種は短毛種はより毛を飲み込む量が少なくなるので、毛玉症になるリスクも高くなります。 一般的にシルバーカラー(シルバータビー、チンチラ、スモークといったカラー)は抜けやすい毛質の猫が多いようです。 [中略] ブラウンタビー(いわゆるキジトラ)やレッドタビー(茶トラ)の抜け毛は普通で、比較的手入れが楽な子が多いようです。 [中略] タビー(縞模様)の猫と全身が一色(ソリッド)または二色/三色(三毛)の猫の中で一番毛の手入れが楽なのはタビーでしょう。 出典: また、 毛質によっても毛の抜けやすさに違いがあり、 柔らかい毛よりも硬い毛の方が抜けにくいという飼い主さんが多いようです。 このように、同じ猫の種類でも毛の抜けやすさに違いがあったりする場合は、 「毛質、毛色、柄」の違いにも注目してみるといいかもしれませんね。 以上をまとめるとこのようになります。 毛質・・・硬い(ごわごわ)毛の方が抜けにくく、柔らかい(ふわふわ、もふもふ)方が抜けやすい。 毛色・・・ブラウン・レッドなどの赤系の方が抜けにくく、シルバー・白の白っぽい色は抜けやすい。 柄・・・タビー(縞)は抜けにくく、ソリッド(無地)、二毛、三毛は抜けやすい。 抜け毛が少ない猫の特徴のまとめ これまでご紹介した 抜け毛が少ない猫の特徴をまとめると、次のようになります。 抜けにくい 抜けやすい 被毛種類1 シングルコート ダブルコート 被毛種類2 短毛種:抜け毛の本数が多い。 長毛種:1本あたりの抜け毛の量が多い。 毛質 硬い 柔らかい 毛色 ブラウン レッド(赤系) シルバー 白(白系) 柄 タビー(縞) ソリッド(無地) 二毛 三毛 スポンサーリンク 抜け毛が少ない猫の種類(品種) では、実際にどの種類の猫が抜け毛が少ないのでしょうか? ここでは、毛が抜けにくい種類の猫について、 被毛の種類・お手入れの頻度などを中心にご紹介します。 アビシニアン• アメリカンワイヤーヘアー• エジプシャンマウ• オシキャット• オリエンタル• コーニッシュレックス• コラット• シャム(サイアミーズ)• シャルトリュー• シンガプーラ• スノーシュー• デボンレックス• バーミーズ• ブリティッシュショートヘアー• ボンベイ• マンチカン• ヨーロピアンバーミーズ• ロシアンブルー 1. アビシニアン 猫の品種名 アビシニアン 被毛の種類1 シングル・ダブル ダブルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 ダブルコートのため換毛期(春・秋 には抜け毛に特に注意 被毛の外観など 個々の毛に数色の濃淡による 縞模様が入っており(ティッキング)、 色彩豊かで美しい光沢があり神秘的。 光の当たり具合や動きで毛色が少しづつ変わって見える。 アビシニアンタビーといわれる、 野性的でゴールドの毛並みが特徴的。 被毛の手触り 柔らかく、シルクのよう。 アメリカンワイヤーヘアー — 2016 5月 3 2:31午後 PDT 猫の品種名 アメリカンワイヤーヘアー 被毛の種類1 シングル・ダブル ダブルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日2回(朝夜1回ずつ) 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 ダブルコートのため換毛期(春・秋 には抜け毛に特に注意 被毛の外観など アンダーコートもオーバーコートも、縮れるか曲がっている。 他には無いタイプの被毛。 被毛の手触り ハリがあって硬く弾力性に富む。 スチールタワシのよう。 額のM字模様、ボディのスポット模様、首元の切れたネックレスのような模様が特徴的。 被毛の手触り なめらかで、シルクのよう。 光沢があり、個々の毛にティッキングがみられる。 被毛の手触り なめらかで、サテンのよう。 短毛種:光沢がある 長毛種:尻尾の豊富な被毛がエレガント 被毛の手触り 短毛種:なめらかで、サテンのよう。 長毛種:なめらかで、シルクのよう。 コーニッシュレックス — 2017 3月 10 10:28午前 PST 猫の品種名 コーニッシュレックス 被毛の種類1 シングル・ダブル シングルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 なし 被毛の外観など 細く短い。 さざ波のように縮れたカーリーヘア。 アンダーコートがほぼない。 被毛の手触り 柔らかく繊細(摩擦に弱い) シルクのよう。 コラット 猫の品種名 コラット 被毛の種類1 シングル・ダブル シングルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日2回(朝夜1回ずつ) 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 なし 被毛の外観など 短くて細い毛。 光沢があり体に密着している。 重厚なシルバーブルーが神秘的。 「ブルーキャット御三家」 (シャルトリュー、コラット、ロシアンブルー)の1つ。 被毛の手触り なめらかで、サテンのよう。 シャム(サイアミーズ) 猫の品種名 シャム(サイアミーズ) 被毛の種類1 シングル・ダブル シングルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 なし 被毛の外観など 光沢のある短い毛が、体に密着。 被毛の手触り なめらか・繊細で、シルクのよう。 シャルトリュー 猫の品種名 シャルトリュー 被毛の種類1 シングル・ダブル ダブルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 ダブルコートのため換毛期(春・秋 には抜け毛に特に注意 被毛の外観など 被毛はやや短めで密度が高い。 水をよく弾き、防寒性が高い。 (そのため毛皮目的で乱獲・取引され一時は絶滅の危機に) 「ブルーキャット御三家」 (シャルトリュー、コラット、ロシアンブルー)の1つ。 被毛の手触り もふもふ・すべすべしていて、羊毛のよう。 個々の毛に数色の濃淡による 縞模様が入っており(ティッキング)、 色彩豊かで尽くしい光沢がある。 アイボリー系の毛色が美しい。 被毛の手触り なめらかで、シルクのよう。 スノーシュー — 2017 3月 11 3:45午前 PST 猫の品種名 スノーシュー 被毛の種類1 シングル・ダブル シングルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 なし 被毛の外観など 短い毛が体に密着している。 脚先が靴下をはいたように白いのが特徴的。 被毛の手触り すべすべ 12. うねりがあり、ゆるく縮れた短い毛が体に密着している。 サテンのような光沢と深みのあるグラデーションをもつ。 被毛の手触り なめらかで、シルクのよう。 モコモコとしたかわいらしさがある。 被毛の手触り やや硬めで、ビロードのよう。 被毛の手触り なめらかで、サテンのよう。 光沢がある。 被毛の手触り 柔らかくなめらかで、シルクのよう。 ヨーロピアンバーミーズ — 2017 2月 21 6:58午前 PST 猫の品種名 ヨーロピアンバーミーズ 被毛の種類1 シングル・ダブル シングルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 なし 被毛の外観など 短く密度が高い。 サテンのような光沢がある。 アンダーコートはほとんどない。 被毛の手触り なめらかで、サテンのよう。 ロシアンブルー 猫の品種名 ロシアンブルー 被毛の種類1 シングル・ダブル ダブルコート(メイン) シングルコート 被毛の種類2 (短毛・長毛) 短毛種 ブラッシング 1日1回 最低でも週1回(春・秋の換毛期は毎日) シャンプー 月に1回 最低でも3か月~半年に1回 お手入れの補足 ダブルコートのため換毛期(春・秋 には抜け毛に特に注意 ダブルコートが大多数だが、 シングルコートのロシアンブルーもいる。 被毛の外観など 細く短く柔らかい毛が立つように密生している。 シルバーグレーに輝き、しなやかで美しい。 ビロードのような光沢をもつ。 「ブルーキャット御三家」 (シャルトリュー、コラット、ロシアンブルー)の1つ。 被毛の手触り シルク、高級じゅうたんのよう。

次の