フケを治す方法。 フケは取るな!確実に治すためにやって良いこと悪いこと

【フケの主な原因6つ】体質改善のコツ|止まらない・大きいフケをなくす方法

フケを治す方法

フケが出る原因 フケには、以下の2種類あります。 乾性のフケ|主な原因は「頭皮の乾燥」 パラパラとしたフケです。 このタイプのフケの原因は、• 頭皮が乾燥している• 頭皮がダメージを受けている• アレルギー など 頭皮の乾燥は、 シャンプーをし過ぎで必要な皮脂まで洗い流されてしまい、頭皮が乾燥している可能性があります。 乾燥した頭皮は、通常のターンオーバーができず、フケが生じます。 また、 過度なブラッシングは、頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。 脂性のフケ|皮脂や菌の増殖 ベトベトしていて湿っているフケの原因として考えられるのは• 皮脂の分泌が多い• マラセチア菌• 免疫力が低下 など マラセチア菌とは、 誰でも肌にもっている常在菌です。 この菌は、 遊離脂肪酸を出すのですが、それにより頭皮が炎症を起こします。 頭皮の脂を栄養源にしているので、皮脂が多いと菌が増えます。 悪循環に陥ってしまうのです。 どのくらいの量のフケが出たら、フケ症ですか? フケの量で、フケ症かどうかが分かれます。 しかし、その量は決まっていません。 したがって、 自分自身が気になる場合や手入れをしているのにフケが出る場合などはフケ症と言えます。 フケが多い・少ないは、体質も関係しています。 大量のフケが出る・止まらないなどの原因となり得るのは、次の通りです。 洗浄力が強いシャンプーを使っている人• 食生活が乱れている人(脂質の摂りすぎなど)• 睡眠が十分にとれていない人• ストレスを感じている人 フケは 男性女性・大人子ども問わず生じます。 男性ホルモン(アルドステロン)は、皮脂腺を活動的にします。 そうすると、 皮脂の量が増えるので、フケが生じやすいことがあります。 女性や子どもの場合 女性の場合、 ホルモンバランスの乱れによって乾燥し、フケが出やすいこともあります。 また、 子どもはターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が早すぎてフケが出ることもあります。 大きなフケや塊が出るのはなぜ? 乾燥によって、 皮膚が大きくむけた場合は「大きなフケ」「塊」となります。 また、 脂性のフケの場合はフケ同士がくっつき、大きく見えることもあります。 フケのことで病院へ行くという発想はなかなかないですよね。 しかし、 適したシャンプーを教えてもらえたり、塗り薬を処方してもらえることもあります。 また、 かゆみがある場合は皮膚炎を引き起こしている場合もあります。 大量に出る場合や心配な場合は皮膚科でしっかりとチェックしてもらいましょう。 フケ対策 体質改善として、以下に方法をまとめてみました。 頭皮をケアする 頭皮が凝り固まると血流が悪くなり、ターンオーバーがうまくできません。 シャンプー時だけでなく、日中でも 頭皮をやさしくマッサージしてみましょう。 食生活を変える 脂っこいものを控えるようにしましょう。 食事の バランスも大切ですし、 細胞の再生のために良質なタンパク質も摂りましょう。 (大豆製品、魚、鶏肉など) しっかりと睡眠時間を確保する 皮膚のターンオーバーは寝ている間に行われます。 ゴールデンタイムといって、 夜の11時~2時はターンオーバーが活発です。 この時間帯に眠っていることが大切です。 まとめ たかがフケと思いがちですが、されどフケです。 日常生活でも困ることも多いでしょう。 皮脂欠乏性皮膚炎、乾癬(かんせん)など、フケ症と似ている疾患もあります。 上記の 体質改善の方法を実施しても良くならない場合は、一度皮膚科で相談してみても良いかもしれませんね。 【参考文献】 1 フケの原因と治療 2 頭美人 3 フケ症の定義-フケ症の原因と予防対策 4 髪のせんせいwomen-女性の薄毛・抜け毛予防と改善WEBマガジン 5 マイシャンプーの選び方-フケが出る-脂性フケとは?湿っぽいフケが出たら注意!原因と対策 6 予防医学のアンファーストア-フケを治すには皮膚科に行くべき?その治療法と効果.

次の

私汚い!?中学・高校生の思春期フケの原因と対策・治し方

フケを治す方法

Contents• 栄養とフケが関係すると言われている理由 様々な栄養素を体内に取り入れて、健康を維持する為に肉や魚や野菜などバランスの良い食事を摂る事は常識中の常識です。 バランスよく栄養を取り入れる事で、フケが出にくくなると言われる要因を調べてみました。 1 ビタミンB2とフケの関係性 ビタミンB群は皮膚の代謝を促す作用があります。 中でもビタミンB2は、脂質の代謝と関係しているため、不足によって皮脂腺が多くある頭皮環境を整える力が弱まるのです。 引用: 頭皮環境が悪いと、ベタつきやフケ、乾燥・抜け毛など様々な悪影響を及ぼします。 では、ビタミンB2はどのような食べ物に含まれているのでしょうか。 油揚げ• きな粉• 味噌 その名の通り、大豆を原料とする加工食品が目立ちます。 栄養価も高く、ダイエットにも良い食べ物が揃っていますので、ダイエットと合わせてフケ対策をしてみてはいかがでしょうか? 食べ物とフケの関連性について 冒頭にも記述しましたが、 フケと食べ物の関係性は密接なものです。。 しかし、フケを治すために食事さえ気をつけておけば治るといった事は絶対にありません。 これは私の体験談ですが、1日3食、野菜や卵、肉などを中心としたバランスの良い食事を摂取するように心がけ、そのほかの生活リズムは一切変えずにフケが治るかを実践してみました。 肉や魚、野菜などのバランスを考え、ほとんど毎食 納豆を食べるよう心がけていました。 気づいた方もいらっしゃると思いますが、 納豆にはビタミンB2、ヒアルロン酸、大豆イソフラボンという3つのフケに効く成分が含まれた対フケ用の万能食材なのです。 そこで私はフケを治すために本やネットなどで様々な情報を集め、食べ物だけではなく「十分な睡眠時間」、「ストレスのない生活」、といった改善策、そして 頭皮に直接影響のある アミノ酸シャンプーや頭皮専用オイルを使用した頭皮ケアをまとめて行う事にしました。 その生活を約2週間ほど続ける事で驚くほどにフケの発生量が収まりました。 正直自分でもどれがフケ症に効果的であったかは定かではありませんが、フケの量が減ったのは紛れもない事実です。 フケ症は人それぞれ原因が異なりやすく、「これをやれば治る!」と言い切るのはとても難しい病気です。 なので、フケを治す事でできる事は徹底的にやる。 その中で自分に合うフケ改善方法がきっとあるはずです。 必要なのは治したいという意思!ひとまず1ヶ月徹底的にフケ改善生活を行って見てください。 最後に私が行ったフケを改善する1日のプランをまとめた記事をご紹介させていただきます。 参考になれば幸いです。

次の

眉毛からフケが止まらない?!それって脂漏性皮膚炎かも!

フケを治す方法

[目次]• パラパラとはがれ落ちるフケとは何? フケは、頭皮の角質がはがれ落ちたものです。 通常、人間は頭皮だけに限らず、皮膚は全て一定の期間で生まれ変わるターンオーバーという機能が備わっているので、古い角質細胞がはがれ落ちること自体は、おかしな話ではありません。 正常にターンオーバーがなされているときにはがれていく角質細胞は、肉眼ではとらえることができないほど小さなものです。 しかし、フケとして目に見えるようになるほど大きな角質細胞がはがれ落ちているのは、正常なターンオーバーができていない証拠なのです。 髪の毛に隠れているせいで見落としがちですが、頭皮も顔と一枚の皮でつながっている皮膚ですから、正常にターンオーバーができなければ、肌トラブルを引き起こすのです。 フケが出たら、そこから別の頭皮トラブルに発展する可能性のある警告ともいえるので、たかがフケだと侮ることは危険です。 頭皮のフケの原因とは 肉眼で確認できるフケには、カサカサとした「乾燥性フケ」とベタベタとした「脂性フケ」の2種類があります。 発生する原因がそれぞれ異なるため、以下ではそれぞれの原因について解説します。 乾燥性フケ(カサカサしたフケ) カサカサとした乾燥性フケの原因は、その名の通り頭皮の乾燥です。 顔や身体でも、肌が乾燥してカサカサになったりすることがありますが、それと同じく頭皮も乾燥することがあるのです。 では、頭皮はなぜ乾燥するのでしょうか。 それには、3種類の原因が考えられます。 皮脂の分泌量が不足している• 正常に分泌された皮脂が必要以上に取り除かれている• パーマ液やヘアカラーなどによる接触性皮膚炎 皮脂というと肌トラブルのもとになるといった悪いイメージが先行しがちですが、実は皮脂は肌にとって必要なものです。 肌の一番表面にある角質層を、紫外線をはじめとした身体の外から受ける刺激から守ってくれているのです。 皮脂の分泌量の減少は、栄養バランスの偏った食事やストレス、生活習慣などによって起こります。 また、必要以上に頭皮の皮脂を取り除く行為として、髪の洗いすぎや皮脂を取り除きすぎるシャンプーの使用などがあげられます。 脂性フケ(ベタベタしたフケ) ベタベタとした脂性フケは、主に「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」という病気の症状です。 脂漏性皮膚炎の原因は、過剰な皮脂をエサに増殖した「マラセチア」というカビです。 マラセチアはどのような人の頭皮にも住み着いている常在菌の一種で、脂を栄養にしています。 マラセチアの分泌するリパーゼという酵素には、脂質を脂肪酸へ分解する働きがありますが、この脂肪酸が皮膚の炎症を招くのです。 つまり、皮脂の分泌が過剰になるとそれをエサにマラセチアが増殖し、皮脂を脂肪酸に変えて炎症を起こすため、脂漏性皮膚炎になるということです。 皮脂の分泌量が増える原因は数多くあげられます。 季節(夏など暑い時期)• 食事(ビタミンB群や亜鉛の結合、糖質・脂質の過剰摂取)• ストレスや生活習慣(ホルモンバランスの乱れ)• 洗髪(頻度が少ない、皮脂を取りきれない洗い方、皮脂を取りすぎる洗い方など)• 洗髪後のケア(湿った状態が続くとマラセチアの増殖を招く) 乾燥性フケでもいえることですが、自分に合っていない洗髪方法や洗髪回数、栄養バランスの乱れた食事、ストレスや生活習慣の乱れがあれば見直すことをおすすめします。 では、フケとも関連の深い頭皮のかゆみはどのような原因で起こるのでしょうか。 一旦フケから離れ、頭皮のかゆみについて解説します。 頭皮のかゆみの原因とは かゆみの原因はどのようなものがあるのでしょうか。 頭皮の乾燥は間違った髪の洗い方が原因 一番にあげられるのは、頭皮の乾燥です。 頭皮が乾燥する原因としては、髪の洗いすぎや、間違った洗い方で、頭皮にとって必要不可欠な皮脂までとってしまっていることがあげられます。 その状態でさらに刺激を与え続ければ、頭皮に傷がつき、化膿してしまうことにもつながり、さらに深刻な状況を引き起こすことにもなりかねませんので、頭皮には適度な水分が必要です。 不潔な頭皮環境 逆に、あまり洗髪をせずにいると、頭皮に余分な皮脂が溜まり、そこに細菌が繁殖して、かゆみを起こすことがあります。 また、余分な皮脂は毛穴を塞ぎますので、うまく新陳代謝ができなくなった頭皮はどんどん機能が弱まっていきます。 頭皮の機能が弱まれば、シラミなどの寄生虫による感染症にかかってしまうこともありますので、あまりにかゆみがひどい場合は、そういった可能性も考える必要があるでしょう。 フケやかゆみを解消するおすすめのシャンプーとは フケや頭皮のかゆみの原因をここまでで解説しました。 よく見てみると、いずれも洗髪の方法や回数、シャンプー選びが原因のひとつとしてあげられていることがわかります。 頭皮のかゆみやフケの対策として、シャンプー剤や洗髪の方法を見直すことが有効な可能性があるのです。 まずは、シャンプーの選び方について解説しましょう。 シャンプー剤の種類 シャンプー剤は、配合されている洗浄成分によって大きく3種類に分けられます。 高級アルコール系 コストが安く泡立ちもよいため、現在多くのシャンプーで使用されています。 洗浄力が非常に高く、皮脂を取り去る力が強力です。 ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなどが配合されているシャンプーが高級アルコール系にあたります。 石けん系 石けん素地を界面活性剤として使用しているシャンプーです。 高級アルコール系シャンプーよりは弱いものの、皮脂をしっかり取り去ります。 アミノ酸系 上記の2つに比べて洗浄力がマイルドで、頭皮へのダメージが小さくなります。 一方で、コストが高く、泡立ちもやや弱めです。 グルタミン酸やココイルといった名前の成分が、成分表の前のほうにあればアミノ酸系シャンプーと考えられます。 まずは、手持ちのシャンプー剤がどのタイプのものかをチェックしましょう。 パッケージの背面に成分表が記載されているので、そこで配合されている界面活性剤を確認できます。 フケやかゆみを解消する正しいシャンプー方法 シャンプー剤は、誰でもこれを選べばよいといったものはありません。 自分の頭皮の状態や体質に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。 たとえば、高級アルコール系シャンプーを使っていて乾いた感じのフケやかゆみが出る場合は、洗浄力のマイルドなアミノ酸系のシャンプーに変えてみるのもよいでしょう。 また、アミノ酸系のシャンプーを使用していて頭皮のベタつきがなかなか取れないと感じている場合は、石けん系や高級アルコール系といった洗浄力の強いシャンプーを試してみるのも選択肢の1つです。 ただし、シャンプーだけを変えればよいというわけではありません。 頭皮をすこやかに保つには、シャンプーの方法や髪の乾かし方も大切です。 次に、正しいシャンプー方法をチェックしてみましょう。 フケを治すシャンプーの正しい洗髪方法 体質に適したシャンプーを使っていても、ゴシゴシと爪を立てて洗ったり、熱いお湯で流したりといった間違った方法でシャンプーをしていては、頭皮トラブルの改善にはつながりません。 正しいシャンプーの方法とは、どのような方法なのでしょうか。 正しいシャンプー方法 シャンプーを最大限生かすには、まずお湯で髪をぬらす前から準備を行います。 正しいシャンプーの方法を、順をおって解説します。 (1)ブラッシング お湯で髪を濡らす前にブラッシングし、髪の毛の汚れを浮き上がらせます。 (2)予洗い お湯で髪と頭皮を洗います。 1分ほど時間をかけて行うことでほとんどの汚れは落ち、シャンプーの泡立ちもよくなります。 (3)シャンプー シャンプー剤を手のひらにとり、しっかりと泡立ててから頭皮につけます。 指の腹を使い、下から上へマッサージするように頭皮を洗います。 力が入りすぎるようであれば、親指以外の4本の指で洗うようにしてください。 (4)すすぎ 洗い残しがないよう、2分ほどかけてしっかりとすすぎます。 このときのお湯もぬるま湯を使用してください。 タオルドライとドライヤーを使った乾かし方 シャンプーの後は、タオルドライとドライヤーでしっかり乾かします。 ドライヤーの熱が髪によくないからと自然乾燥にする方もいるといわれていますが、自然乾燥は濡れている状態の髪はダメージを受けやすいうえに、湿気の高い状態が続くために細菌が繁殖しやすくなります。 タオルドライの後はドライヤーをかけ、髪を乾かしましょう。 タオルドライの際の注意点は、地肌をゴシゴシとこすらないことです。 シャンプーをするときと同じく、ゴシゴシこすると頭皮に無用なダメージを与えることになります。 やさしい力で頭皮のマッサージをするように水分を取り去ってください。 ドライヤーは、髪から20cmほど離し、動かしながら風を当てていきます。 乾きにくい根元のほうは、頭を下に下げながら乾かすとよいでしょう。 全体的に8割ほど乾いたら、仕上げに冷風を当てて整えるとキューティクルが収縮して髪のツヤも出てきます。 頭皮にもしっかり保湿ケアをして対策を忘れずに 頭皮の乾燥がかゆみやフケの原因となっている場合や、乾燥が原因で頭皮の皮脂分泌が多くなっている場合、頭皮にも保湿ケアを行うとよいでしょう。 保湿に使用するローションや化粧水は、皮脂に近い成分の配合された頭皮専用のものを使用しましょう。 かゆい頭皮はまずセルフチェック!何ヶ月も治らない時は皮膚科に相談 頭皮のフケやかゆみの原因には、皮脂の状態が大きく関係しています。 皮脂は多すぎても少なすぎても頭皮トラブルにつながる可能性が考えられます。 頭皮のフケやかゆみがある場合、まずはセルフケアとして、以下の点を見直してみてください。 髪の洗い方• 髪の乾かし方• シャンプー剤が合っているか(シャンプー剤を変えてみる) なお、上記の点を改善してしばらく様子を見てもフケやかゆみが治まらない場合は、皮膚科で相談してみましょう。

次の