郵便局 窓口業務 時間。 【郵便局】ゆうちょ銀行(貯金窓口)の営業時間は?

ゆうゆう窓口と郵便局窓口の違い。土日夜間も営業?

郵便局 窓口業務 時間

通常の郵便物 普通郵便、速達、書留、簡易書留、現金書留など• 保管郵便物、不在時預かりの郵便物の受け取り• はがきの購入• 年賀状の購入 在庫がある場合のみ• 封筒の購入 一部の郵便局のみ• 収入印紙の購入• 現金書留封筒の購入• ゆうパック• レターパックの購入と発送• 電子郵便• 国際郵便• 住所変更の届出• ヤフオクやゆうゆうメルカリ便の発送 一般的な郵便局とゆうゆう窓口とでは営業時間が大きく異なりますが、利用できるサービス内容については大きな差はありません。 ただし、ゆうゆう窓口によって、 封筒の購入ができないところがあるので、事前に確認が必要です。 封筒は、あらかじめ用意してから行くと安心でしょう。 郵便物に関しては、書留や速達も利用できるので、急用の際にも助かります。 また、上記で紹介したゆうゆう窓口で扱っているサービス内容について、押さえておきたいポイントを以下にまとめました。 地域によってはないところもあるので、その点については把握しておきましょう。 まとめ 夜間や休日に郵便物の発送や受け取りができるゆうゆう窓口は、営業時間を把握して利用するととても便利です。 封筒の購入はできないものの、書留や速達などの一通りの郵便物は出すことができ、国際郵便の取り扱いも行なわれています。 一方、 貯金や保険の業務、通帳の繰越などのサービスは実施していないので、気をつけましょう。 ゆうゆう窓口によっては、平日と土曜、日・祝日などによって営業時間に違いがある場合もあるので、よく利用するゆうゆう窓口については確認をしておくと安心です。 また、 24時間対応しているゆうゆう窓口がない地域もあるので、夜間や休日に郵便局に行く用事ができた場合には、郵便局のホームページで確認してから行くようにしましょう。 ゆうゆう窓口でできることとできないことを知っていると、急な時にも対応できます。

次の

郵便窓口・金融窓口の営業時間の短縮について(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県および福岡県)

郵便局 窓口業務 時間

【 年齢 】30 【業種・職業】郵便局員 【仕事内容 】窓口 【 年収 】460万円 【残業時間 】20時間 【ボーナス 】90万円 【 休日 】土日祝 【何か一言 】 とある都道府県の何千人といる窓口社員の中でも保険営業で20位以内に入ってます。 なのに年間の手当てはカタログ、貯金、保険を合わせても42万…460万中のたったの42万だよ。 自分でも言うのもなんだけど、管内トップクラスで頑張ってもせいぜいそんなもんですわ。 ストレスは溜まるし、サービス残業だってしてるし最悪だよ。 自分より若い社員なんて、もっと年収低いだろうから、生活できないと思う。 経営も危なそうだし、トップがおかしいから、辞めたほうがいいですよ。 【 年齢 】40歳 【 地域 】中国地方 【業種・職業】郵便局 【仕事内容 】窓口、事務 【 年収 】490万 【ボーナス 】50万円 【残業時間 】月3~5時間 【 休日 】土日祝 【何か一言 】 無駄な仕事が多い。 (意味不明な報告など。 ) 営業ノルマはあるが病気になるほど深刻なものでもない。 (できなくても、そこまではつめられない。 ) 休日は多い。 昇進などを含め、おかしいことだらけの会社だが、基本的にあまりやる気がないので、まったりできる人なら問題なし。 バリバリ仕事しても局長になれる可能性は、1に血縁、2に運。 仕事の成績は関係なし。 ほんと血縁が一番。 局長になりたい人は仕事より局長の娘を口説いたほうが出世できる。 結局やってもやらなくても、昇進などは関係ないので、そこを割り切れる人ならいい職場かもね。 【 年齢 】59歳 【 地域 】近畿地方 【業種・職業】郵便局株 【仕事内容 】特定郵便局長 【 年収 】860万 【ボーナス 】年150万円 【残業時間 】月10時間 【 休日 】年120日 【何か一言 】 事業が下降線を辿っているのに、郵便局の数が多すぎる、特定郵便局長会が諸悪の根源。 郵便局員は民営化して待遇が悪くなった 郵便局員が公務員だったころに比べると、優先民営化されたあとは待遇が悪くなったとなげく人が多いです。 半公務員のようなモノなので雇用は安定していますが、 いまの20~30代の人は現在の40~50代ほどは給料をもらえないでしょうし、将来どうなるかは分からないので公務員に比べると不安感があると思います。 また 銀行員と同じようにノルマが厳しいので、営業が得意な人はいいですが、そうじゃないと上司に怒られたり、肩身を狭い思いをするので転職を考える人もいます。 ストレスを限界までためて、 うつ病になってしまうと社会復帰までに半年~1年以上休むこともあります。 なのでムリせず限界を感じたら転職するのもアリですね。 いま転職をする気がなくっても転職サイトに登録しておいた方が良いですよ。 なぜなら精神的ストレスで疲れがピークに達すると、転職サイトに登録する気力すらなくなるからです。 気になる求人情報をストックしておくだけでも 「仕事を辞めるという選択肢」が出来るため、精神的ゆとりも生まれますし、過労で倒れる前に転職できるようになります。 求人サイトは登録無料。 あなたの条件にピッタリと合った新規求人・転職可能なオススメ求人がメールで届くから、いまは会社を辞める気がなくても登録しておくべきです。 優良な求人情報が集まる転職サイトは、最大手の です。 年を取ったら仕事を辞めたくても辞めれなくなります。

次の

郵便局窓口の営業時間は?【平日・土曜日・日曜日・祝日】ゆうちょATMの利用時間は?

郵便局 窓口業務 時間

概要 [ ] 保管郵便物(不在持ち帰りや局留)の受け渡しのほか、の通常窓口が営業していない(窓口取扱時間外)や同一建物に通常の窓口が設置されていない郵便専業の郵便局ではの差出しや・類、の販売なども行っている。 全国各地における、かつての郵便事業会社の統括支店または支店だった郵便局に設置されている(ターミナル支店およびそれに准ずる分室は例外)。 国営時代には、全国のに設置されていたが、のまでに、旧公社統括センターがある郵便局を除き廃止された。 また、かつての郵便事業会社の支店・分室が併設されていない局にゆうゆう窓口が設置されていることもあった。 10月1日の日本郵便発足に伴って多少位置づけが変わり、の影響で分割状態にある郵便分室を除く分室設置のものを除き、旧郵便事業支店前身の局に併設ないしは単独で設置される窓口であるとともに、設置局は事実上の地域の基幹局扱いの位置づけとなっている。 ゆうゆう窓口の取扱業務 [ ] 郵便局により異なるが、ここでは主な郵便局の窓口での取扱いを挙げる。 なお、くじ付郵便はがき・切手(・や)の景品交換、はがき・切手の書損交換等は、各窓口とも受け付けていない。 通常郵便物・速達郵便物差出し・物差出し• 切手、収入印紙等の販売• (レタックス)• チルドゆうパックを含む• 物(物及び物)• 保管郵便物・不在留置郵便物・本人限定受取郵便物(基本型 )の受取(特定事項伝達型の本人限定受取郵便物の交付を含む)• 支店への申請・届出の受付• の設置• ただし、局の立地場所によっては、旧集配センター局だった集配局だけでなく、民営化前の時点で無集配局だったところでも、私書箱設置がある特殊なケースも存在する。 設置局・開設時間 [ ] 詳細は「」を参照 上述の外部リンクによってゆうゆう窓口の設置有無や開設時間を検索することが可能である。 開設時間は郵便局によって異なり、窓口に開設時間が記されている。 都市部の郵便局(県庁所在地の中央局など)では通常の郵便窓口も含めて郵便サービスが24時間開設であるところもある。 民営化による影響 [ ] 郵便事業時代 [ ] 2007年10月1日から、ゆうゆう窓口はが運営する事になり、不在郵便物の交付や郵便事業に関する各種申請届出は郵便事業会社が行っていた事もあって、ゆうゆう窓口が設けられている郵便事業会社の支店においては、その建物に併設されているの郵便窓口では不在郵便物の受け取りや各種手続きは出来ないとされた。 そのため、ゆうゆう窓口自体が最大24時間営業となり、郵便局の郵便窓口営業時間中であってもゆうゆう窓口が営業しているということになっていた(業務内容は時間帯によって差があるにしても、窓口自体は時間外のみの営業ではなくなったため民営化前の「時間外窓口」という概念は廃止された)。 ゆうゆう窓口のある郵便事業会社の支店においては、併設の郵便局会社における郵便窓口営業中は、ゆうゆう窓口では切手類の販売や郵便物の引き受けなど郵便局会社と重複する業務を扱わないため、郵便窓口営業時間中に不在郵便物を受け取ると同時に切手を買うなどの場合は、郵便事業会社のゆうゆう窓口と郵便局会社の郵便窓口との両方に並ばなければならなくなった(民営化に先行し、順次窓口の分離を実施した)。 なお、のひとつである「本人限定受取郵便物 特定事項伝達型」など、一部の特殊郵便に関しては、民営化後に「支店」での受取しかできなくなった。 これは、ゆうゆう窓口がその地域を統括する「支店」にしか設置されなかったことによる。 ゆうゆう窓口がない「集配センター」扱いの局では、土日祝祭日の荷物の受取や郵便物の発送はできない。 現在(日本郵便発足後) [ ] 2012年10月1日、郵便局株式会社が郵便事業株式会社をし、 日本郵便株式会社が発足した事により、これまでの郵便局株式会社及び郵便事業株式会社の両拠点とも原則「 郵便局」となったため、新仙台郵便局などの郵便単独拠点を除き再び「夜間窓口」の役割となったが、を除き、旧郵便事業支店前身の郵便局が「ゆうゆう窓口設置局」の扱いとなる。 日本郵便発足に伴い、事実上、分室を除き、集配業務の廃止イコールゆうゆう窓口の閉鎖という位置づけとなっている。 また情報通信へのシフト加速による郵便物取扱量減少により、地域区分局のみならず、集配担当局、旧集配センターに由来する配達専門局の業務整理統合も進められていることから、ゆうゆう窓口残置の郵便局でも通常窓口営業と併せた24時間受付を取り止める設置郵便局が更に増えている。 関連項目 [ ]• 註釈 [ ]• 基本型は配達は行わないため、集配担当のゆうゆう窓口に取りに行くのが原則。 ただし通知書に記載された方法での申し出により、一般の郵便局や他地域のゆうゆう窓口でも受け取り可能。 特例型は、基本型とは異なり、自宅への配達も可能だが、取りに行く場合は基本型と同じ方法になる。 ただし、受け取りの場合に提示が必要な本人確認書類が、基本型と特例型ではやや異なる。 外部リンク [ ]• この項目は、グループに関連した です。 などしてくださる()。

次の