リンク され て いる google アカウント の 重大 な セキュリティ 通知。 Googleアカウントに不正アクセスされていないか確認する:Tech TIPS

Googleアカウントが不正アクセスされていないか確認する方法

リンク され て いる google アカウント の 重大 な セキュリティ 通知

スポンサーリンク 2017年2月24日未明から、一部のユーザーがGoogleのサービスを利用しようとした際に、「Googleアカウントが変更されました。 セキュリティ保護のためもう一度ログインしてください」と表示され、強制ログアウトされていることがニュースになっています。 幸いにもGoogleの調査によれば、今回のトラブルはセキュリティ上の問題は無く、再度Googleアカウントにログインすれば、通常通り利用できるとのこと。 しかしながら今回のトラブルでは、個人が使う身近なサービスであるGoogleアカウントから強制的にログアウトされてしまい、• もしかして、不正にアクセスされたのではないか?• もしかして、アカウントが一時的に乗っ取られていたのでは? など、不安に思ったユーザーもいるんじゃないかと思います。 そこでこの記事では、自分のGoogleアカウントが不正にアクセスされていないかどうか?を確認する方法を詳しく解説します。 なお、記事の中ではXperia X Performanceを使用して説明を行っています。 もくじ• Androidスマホから確認する方法 まずは、「設定(歯車のアイコン)」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「アカウントとサービス」のところにある「Google」をタップします。 「Google」画面が表示されるので、「ログインとセキュリティ」をタップします。 「ログインとセキュリティ」画面が表示されるので、「最近使用した端末」をタップします。 「最近(過去28日間)使用した端末」が表示されます。 上記のように、Googleアカウントにアクセスしようとした他のユーザーの端末情報も表示されます。 この画面で、明らかに自分以外のユーザーがアクセスしているのを見つけた場合は、不正にアクセスされたことになります。 明らかに不正なアクセス、もしくは怪しいアクセスがあった場合は、すぐに対策すべきです。 すぐに「不審なアクティビティや端末が見つかりましたか?」にある「アカウントを保護する」をタップして「セキュリティ診断」を行ってください。 セキュリティ診断の具体的な方法 「セキュリティ診断」は「バックボタン」をタップして、「ログインとセキュリティ」の画面から行うことも可能です。 まずは、「アカウント復旧情報の追加」から。 「再設定用の電話番号」、「再設定用のメールアドレス」のどちらか、もしくは両方を追加入力します。 (セキュリティの向上を考えると両方追加入力しておくことをおすすめします) 「最近のセキュリティイベントの確認」画面に進みます。 「パスワードの変更履歴」などを確認します。 万が一、覚えのないパスワード変更が行われていた場合などは、「覚えがない」をタップします。 万が一、勝手にパスワードを変更されていた場合は、Googleのアドバイス通りに「パスワードを変更」しておくべきです。 「パスワードを変更」をタップするとGoogleアカウントへ再度ログインする画面に進みます。 ここでは、勝手にパスワードが変更されていた場合でも、きちんと普段使っていたパスワードでログインできます。 ここでパスワードを変更します。 「新しいパスワード」は、きちんと記録しておきましょう。 「新しいパスワード」を入力すると、「セキュリティ診断」は終了です。 「Google Smart Lock」でパスワードを保存する場合は、「保存」をタップしてください。 個人的には、「Google Smart Lock」でパスワードを保存しておくことをお勧めします。 まとめ 上記のようにパスワードを変更した場合は、設定した機器以外で同じGoogleアカウントを使ってる機器では、再度ログインが必要となります。 例えば、スマホで設定した場合は、同じGoogleアカウントを使っているパソコンやタブレットのほうは、再度ログインしなければならないので注意してください。 関連記事.

次の

Googleアカウントが乗っ取られたかどうかの確認方法と対処方法!予防策も教えます

リンク され て いる google アカウント の 重大 な セキュリティ 通知

こんにちは。 Google でブロックしましたが、状況をご確認ください。 」という文章と確認用のURL(ホームページのアドレス)が記載されていました。 まずは 『そのメールは本当にGoogleから来たのか?』ということが重要です。 Amazonや楽天を騙る偽メールが新聞に載っていましたが、本文内にURLが書いてあったり、ボタンが準備されているメールは、基本的に 『偽メール』ではないかを疑ってください。 ただ、偽メールかどうかの確認はとても難しいです。 ではどうしたらいいかというと、そのメールのURLやボタンをクリックしたりせず、違うルートで確認をしましょう。 今回はGoogleのホームページから利用状況を確認します。 以下はその方法です。 最近のセキュリティイベントの部分を見てください。 メールでお知らせが来ていたような怪しい動作が記録されていませんか? 画像は私のGoogleアカウントの情報ですが、「安全性の低いアプリからのログインをブロックしました」とあります。 ブロックしたとの事なので、今のところ大丈夫ではありますが、念のためパスワードを新しい物に変更しておきましょう。

次の

googleから不正アクセス疑いの通知、間違いでは?

リンク され て いる google アカウント の 重大 な セキュリティ 通知

重要: Gmail アカウントを Outlook に接続すると、Internet Explorer から新しいログオンが検出されたことを示す警告メッセージが Gmail の受信トレイに表示されることがあります。 これは想定される動作です。 以前に Gmail の2要素認証を有効にしている場合は、モバイルデバイスに送信されたコードを入力するように求められます。 2要素認証を有効にしていない場合は、手順6に進みます。 [Google アカウントのアクセス許可] ウィンドウが表示されます。 [ 許可] をクリックします。 Outlook によって Gmail アカウントの追加が完了したら、別のメールアカウントを追加するか、[ 完了] を選ぶことができます。 ヒント:• [携帯 電話で Outlook Mobile をセットアップする] チェックボックスをオンにしても、携帯電話番号を入力できる web サイトに移動します。 また、IOS 版 outlook または Android 版 outlook をダウンロードするためのリンクが表示されます。 Outlook Mobile をインストールすることは、外出先で最新の状態を維持するための優れた方法です。 詳細設定を使用してメール アドレスを追加するための手順が必要な場合は、「」を参照してください。 Outlook でパスワードを受け付けられない Outlook でパスワードが受け付けられず、Gmail アカウントに適切なパスワードが使用されていることがわかっている場合は、以前のバージョンの Outlook で、現在サポートされていない Gmail のセットアップオプションを使用している可能性があります。 その場合は、ユーザーが Gmail アカウントにアクセスしようとしているユーザーであることを確認するために、2要素認証とアプリパスワードを使用する必要があります。 Gmail では 2 段階認証を設定したり、アプリ パスワードを使用したりすることなく、Outlook にアカウントを追加できますが、"安全性の低いアプリ" が自分のアカウントに接続することを許可する設定を有効にする必要があります。 この設定はお勧めしません。 2 段階認証を有効にして、アプリ パスワードを使用することをお勧めします。 2 段階認証を有効にして、アプリ パスワードを取得するには、次の手順を使用します。 使用しているブラウザーから にアクセスして、画面の右上隅にある Google アプリ アイコンを選択します。 左側の [ セキュリティ] を選びます。 それ以外の場合は、手順 4 に進みます。 最初の画面で [ 続行] をクリックします。 メッセージが表示されたら、Gmail のパスワードを入力し、[ 次へ] を選択します。 自分の電話番号を入力して、テキスト メッセージで認証コードを受信するか、音声通話で受信するかを選択します。 [ 次へ] をクリックします。 受信したコードを入力し、[ 次へ] をクリックします。 [ 有効にする] をクリックして、2 段階認証の設定を完了します。 画面上部の [ 2 段階認証プロセス] の横にある左向き矢印をクリックして、前の画面に戻ります。 Google のパスワードを入力して、[ ログイン] を選択します。 次の画面の下部で、ドロップダウン リストから [ メール] と [ Windows コンピューター] を選択して、[ 生成] を選択します。 Google からお客様のアプリ パスワードが表示されます。 スペースなしで このパスワードをコピーして、Outlook からパスワードを求めるメッセージが表示されたときに、このパスワードを入力します。 Gmail アカウントを追加する• メール アドレスを入力して、[ 続行] を選択します。 パスワードを入力して、[ アカウントの追加] を選択します• [ Continue] をクリックします。 Outlook for Mac で Gmail アカウントにサインインします。 これは、 ビルド 16. 18070902 以降を使用しているユーザー向けです。 Gmail アカウントを既に Outlook に追加している場合は、「されました」を参照してください。 サインインするアカウントを選択します。 アカウントのパスワードを入力します。 [Google アカウントのアクセス許可] ウィンドウが表示されます。 [ 許可] をクリックします。 [ Microsoft Outlook を開く] をクリックします。 [ 完了] を選択して、Outlook 2016 for Mac の使用を開始します。 Google IMAP アカウントの強化された認証の操作環境がリリースされる前に、Outlook for Mac に Google アカウントを追加していた場合は、ブラウザーを使用してサインインし、アカウントに接続する必要があります。 [ Google にサインインする] を選択します。 アカウントを選択します。 Outlook に、メール、連絡先、および予定表へのアクセスを許可するように求められます。 [ 許可] を選択します。 Outlook に戻るように求められます。 [ 許可] を選択します。 [ 完了] を選択して、Outlook 2016 for Mac の使用を開始します。

次の