爪 類語。 【社会人必見】「能ある鷹は爪を隠す」の意味と正しい使い方とは?

「爪の垢を煎じて飲む」の意味とは?由来や類語・使い方を解説

爪 類語

「爪の垢を煎じて飲む」の意味とは? 「爪の垢を煎じて飲む」の意味• 「爪の垢を煎じて飲む」の語源や由来• 「爪の垢を煎じて飲む」の使い方• 「爪の垢を煎じて飲む」を使った例文• 「爪の垢を煎じて飲む」の類語や類義の表現 「爪の垢を煎じて飲む」の意味とは? 「爪の垢を煎じて飲む」ということわざを知っているでしょうか。 「爪の垢を煎じて飲む」は、 「つめのあかをせんじてのむ」と読みます。 有名なことわざなので聞いた事がある人が多いでしょう。 このように、教育的な使い方もされることわざのひとつ、 「爪の垢を煎じて飲む」の意味や使い方を紹介します。 なぜ誰かの爪の垢を飲まなければいけないのか、長年の疑問が晴れるかもしれません。 「爪の垢を煎じて飲む」の意味 「爪の垢を煎じて飲む」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「爪の垢を煎じて飲む」には、 「優れた人を模範にしてあやかろうとする事」という意味があります。 教科書に載るような偉人や、身近にいる立派な誰かにあやろうとする時、あやかるように諭す時に、 「爪の垢を煎じて飲む」という言葉を使います。 例えば 「A君の『爪の垢を煎じて飲みなさい』」と言われた時には、 「A君に少しでも近づけるよう、模範にして努力しなさい」という意味が含まれています。 また 「Bさんの『爪の垢を煎じて飲もう』」と言う時には、 「Bさんを模範にして、少しでも似た人になろう」という意味があります。 このように 「爪の垢を煎じて飲む」には、 「優れた人を模範にしてあやかろうとする事」という意味があります。 「爪の垢を煎じて飲む」の語源や由来 「爪の垢を煎じて飲む」という言葉にはどのような語源や由来があるのでしょうか。 この言葉をそのまま具現化すると、模範になるような人の 「爪の垢」をもらい、お湯に煮出して飲む、という行為になります。 例えば朝鮮人参のような貴重な薬草は、わずかな量でも煮出して飲む事で健康に良い効果があるとされています。 優秀な人の爪の垢も貴重な薬草のようなもので、わずかな量でも、また汚いものでも、近づけるために有効なエキスが出ているため、飲めばその人の威光にあやかる事ができるのではないかという考えがあります。 模範にしたい人の、爪そのものではなく、爪の垢という点がユニークなことわざです。 「爪の垢を煎じて飲む」の使い方 「爪の垢を煎じて飲む」という言葉は、どのように使えばいいでしょうか。 まず、大きな目標になるような人物がいて、その人に少しでも近づきたいと思った時に、 「爪の垢を煎じて飲む」という言葉を使う事ができます。 例えばA君が目標になるような人物で、近づきたいのがB君だった場合、 「B君は、A君の『爪の垢を煎じて飲みたい』と思った」という文章になります。 また、説教をする時にも、 「爪の垢を煎じて飲む」という言葉を使います。 例えば自分は子供が勉強ができないと感じた時に、優秀な子供の同級生を見習いなさいと言う時、 「爪の垢を煎じて飲む」ということわざを使います。 優秀な同級生がC君だったとしたら、 「お前もC君の『爪の垢を煎じて飲む』といい」などという言い回しをしましょう。

次の

「爪の垢を煎じて飲む」の意味とは?由来や類語・使い方を解説

爪 類語

能ある鷹は爪を隠すの反対語• 能無し犬の高吠え• 空き樽は音が高い• 吠える犬は噛みつかぬ• 能なしの口たたき• 浅瀬に仇波(あさせにあだなみ) どのことわざも、能力が無い者は、おしゃべりで騒ぐばかりで実力はないという意味になります。 犬が吠えることを使うのは、愛犬家の人は心外ですよね。 この反対語のなかの「浅瀬に仇波」は文字だけ見ても、ちょっとわかりづらいかもしれません。 「仇波」というのは、意味なく騒ぐ波のことです。 川が深い場所では、波がたちにくいものです。 なので、浅瀬では、意味なく波が立ち騒ぐということで、おしゃべりで騒ぐばかりで実力はないということなんです。 能ある鷹は爪を隠すを使った例文 それでは次は、このことわざを使った例文を見ていきましょう。 能ある鷹は爪を隠すを使った例文反対語• 彼はいつも無口でいるかいないかわからないが、会社に問題が起こった時には、いつも問題を解決して助けてくれる。 まさに彼のことを 能ある鷹は爪を隠すというんだな。 彼は自分の能力が発揮できる仕事のときには、しっかりと自己主張をして意見を述べるね。 彼のような人を、人材と言い、 能ある鷹は爪を隠すというんだな。 能ある鷹は爪を隠すというけれど、あの人は、無駄な爪を出しっぱなしだから、人望がないんだよ。 能ある鷹は爪を隠す人材を必要としているんだ。 自己主張ばかりして能力の無い社員は我が社に必要はないんだよ 自己主張は今の社会では、必要です。 能力を持っていても、それをアピールできない人は、認めてもらいにくい社会になっています。 しかし、能力、実力が備わってこその自己主張です。 自己主張するなら、その根拠を示す必要があるんです。 ただ単に、騒ぎ立てるだけなら誰にでもできますから。 まとめ いかがですか。 自己主張と能力、実力があることとは別問題なんです。 能ある鷹は爪を隠すの意味は、「本当に実力や能力のある人は、いたずらにそのことを誇示したりしない」という意味です。 困っている人を助け、問題を解決するために、さっそうと登場するスーパーヒーロー。 スーパーヒーローは、いつもそこらへんを、うろちょろしてはいません。 そして、スーパーヒーローはその能力、実力を発揮して、自己主張しています。 あなたも、自己主張して、どんどんアピールしていきましょう。 あなたは、スーパーヒーローなんですから。

次の

「爪」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

爪 類語

「爪の垢を煎じて飲む」の意味と由来 「爪の垢を煎じて飲む」の意味 「爪の垢を煎じて飲む」とは、 優れた人や尊敬できる人を手本にしてあやかるように心がけることという意味のことわざです。 このことわざには、手本とする人の 言動や行いを真似るといった意味も含まれています。 「煎じる」の意味は「茶などを煮詰めて成分を取り出す」 「煎じる」とは「茶や薬草などを煮詰めて成分を取り出す」という意味です。 単にお湯を注ぐだけよりも、水に浸した茶や薬草をぐつぐつと煮出すことで薬効成分が抽出されます。 また煮出された湯を飲めば、その成分が体に吸収されやすくなります。 「爪の垢を煎じて飲む」では、爪の垢のようなわずかなものでも煎じれば優れた人の良い部分が抽出されて、それを飲めばあやかれるという発想のもとで「煎じて飲む」という表現が使われています。 なぜ「爪の垢を煎じて飲む」のか?由来とは 「爪の垢を煎じて飲む」の由来は、 優れた人のようになるには、その人の爪の垢のようなわずかで汚いものでも薬にして煎じて飲めば、少しは似てくるかもしれないという考えです。 「爪の垢」は 少量やほんのわずかなもののたとえとして使われる表現で、「爪の垢を煎じて飲む」ということわざでも「爪の垢」はたとえとして使われています。 優れた人のほんのわずかなものでも飲みさえすれば、その人のようになれるのではないかという必死さが伝わってきます。 「爪の垢を煎じて飲む」の類語 「採長補短」の意味は「人の長所を取り入れ自分の短所を補うこと」 「採長補短(さいちょうほたん)」とは、 人の長所を取り入れて自分の短所や足りないところを補うという意味の四字熟語です。 この四字熟語は、人に関してだけでなく物事についても使われます。 物事のいいところを取り入れて不備なところを補うという状況でも使われます。 真似るという意味なら「右へ倣え」や「顰に倣う」がある 「爪の垢を煎じて飲む」の意味で優れた人の言動や行いを真似るという意味に着目した類語ならば、「右へ倣え(みぎへならえ)」や「顰に倣う(ひそみにならう)」があります。 「右へ倣え」は子供のころ、運動会などで聞いた覚えがある方もいるでしょう。 自分の右手にいる人にならうという意味の整列するときの号令という意味の他に、比喩的な表現として「他人の真似をする」という意味があります。 また「顰に倣う」とは 善悪に関係なくむやみに人の真似をすることという意味です。 「顰」とは 眉間に眉を寄せることです。 春秋時代、中国にいるある美しい人が胸の病により苦痛で顔をしかめている表情を見た醜女が、勘違いして美しいと思い顔をしかめながら街を歩いた、というエピソードが由来のことわざです。 「何時だと思ってるんだ!お隣の〇〇君はこんなに遅くまで外でふらふらしていないぞ。 「今月も営業成績がよくないんだ。 部長から営業成績トップの〇〇の爪の垢を煎じて飲めって嫌味を言われたよ」 爪の垢を煎じて飲むことの効果とは? 「爪の垢を煎じて飲む」の意味を取り違えないように注意 「爪の垢を煎じて飲む」の意味は尊敬できる人にあやかるように心がけるという意味です。 「実際に人の垢を煎じて飲みなさい」と言っているわけではないので、言葉どおりには取らず、実践を通して尊敬する人の言行などを真似るなどして相手に近づけるように努力しましょう。 「爪の垢を煎じて飲む」の英語表現 直訳の代わりに「follow in the footsteps of」 「爪の垢を煎じて飲む」の英訳は「follow in the footsteps of someone」という表現になります。 意味は「(人)の足跡をたどる」で、転じて「(人)の先例にならう」となり「爪の垢を煎じて飲む」と同じ意味合いで使えます。 ただし「follow in the footsteps of」は「爪の垢を煎じて飲む」のように説教や説得するために使うことはありません。 優れている人を倣い行動している人を説明するときに使います。 直訳せずに「follow in the footsteps of」を使うようにしましょう。 「爪の垢を煎じて飲む」の英語例文• Goldberg follows in the footsteps of his father. 「もしも私のお茶の先生の詰めの垢を煎じて飲めば、先生のようになれるかしら」 まとめ 「爪の垢を煎じて飲む」とは優れた人のように心がけたり、その人の言行を真似たりすることです。 自分にとって分が悪いときに使われることが多いことわざなので、あまりいい印象がないかもしれません。 模範となる人がいることを幸いだと思い、ポジティブに考えるようにしましょう。

次の