赤ちゃん 相談 室。 【花王 メリーズ】下痢?赤ちゃんのうんちが緑色でも本当に大丈夫?

赤ちゃんからのお悩みに答える爆笑必至の「#赤ちゃん相談室」が話題…考案したママの思い|まいどなニュース

赤ちゃん 相談 室

Topics(クリックでジャンプ)• 赤ちゃんと一緒にキャンプへ行こう! ママ必見!妊娠・出産準備・産後の悩み相談室 赤ちゃんと一緒に キャンプへ行こう! 赤ちゃんが生まれると赤ちゃん中心の生活になるので、今まで行っていた遊び場所にはなかなか行きにくくなりますよね。 私が おススメするのは、キャンプです! 私は学生時代、幼児~中学生を対象にした野外活動体験のお手伝いをしていました。 子供が生まれてからも、キャンプに行くのを楽しんでいます。 キャンプの経験がない人が、 赤ちゃん・子供と一緒にキャンプに行く場合のポイントを書きたいと思います。 キャンプ場選び 海!山!高原!湖!いろんな場所にキャンプ場がありますよね。 立地については、 赤ちゃん連れであっても基本的にはどこでもOKです。 チェックすべきポイントはトイレとお風呂についてです。 おむつが外れない赤ちゃんは、トイレについてはあまり気を使わなくて良いと思いますが、 トイレトレーニング中、又はおむつを卒業した子供にとって、トイレのキレイさは重要な問題です。 テントを張る場所の近くに キレイな水洗トイレがあるか、必ず予約前に確認しましょう。 トイレには蛾や蜘蛛、カマドウマがいる場合が多いです。 キャンプですので、しょうがない部分もあります。 どうしても苦手な方は、キャンプ場内に 室内宿泊施設もある場所を選ぶと良いでしょう。 お風呂はキャンプ場によってさまざまです。 家族風呂がある場所があれば、シャワー室のところもあります。 赤ちゃんは汗かきですので、なるべく体を清潔にしてあげたいものですので、 夏にキャンプに行く場合はシャワー室以上の設備がある場所が望ましいです。 又は、キャンプ場の近くに 日帰り温泉があれば、そちらを利用するのも良いですね。 汗をあまりかかない時期のキャンプであれば、 1泊くらいならお風呂ナシ・ウエットティッシュで体を拭く事でOKでしょう。 ただ、お肌に 日焼け止め等が付着したままネンネをしてしまうと、 かぶれの原因になりますので、ご注意くださいね。 特別な持ち物 おむつ、おむつ替えマット、授乳ケープ、ミルク用魔法瓶、市販の離乳食、母子手帳…… 基本的には外泊する時の持ち物と変わりはありません。 ただ、キャンプですので、 虫よけグッズはお忘れなく。 赤ちゃんの手の届かない場所には、 蚊取り線香を。 赤ちゃんには 虫よけのブレスレットやシールを。 フツーの人が手軽に買える虫よけは 蚊に対しては効果が得られますが、アブや蜂には効果はありません。 赤ちゃんからは目を離さない様にしてくださいね。 また、ハイハイ赤ちゃんや寝返り赤ちゃんもが動けるように、 大きめのレジャーシートを持って行きましょう。 シートを敷く場所が芝生ならあまり問題ないですが、土や砂の場合、寝転ぶと痛いかもしれません。 レジャーシートに厚手の銀マットを敷くなどして対応しましょう。 とにかく「外」を楽しもう! キャンプに行って、何するの?答えは 「外にいることを楽しむ」です! テントで寝る時以外、 殆どの時間を外で過ごします。 星空観察をしたり、風と動物の鳴き声を聞きながら、薪を囲んでおしゃべりを楽しんだり。 夜目が覚めたら、ひょっとしたらテントのすぐそばに来ている動物の足音を聞くことができるかもしれません。 日常では味わえない事が沢山あります。 ぜひ 「ずっと外にいる」事を楽しんでください。 キャンプ場によって、サービスは様々です。 レンタルが充実していて、手ブラでキャンプを楽しめるところもあります。 料金は公営・民営で大きく差があります。 ぜひ、家族みんなで楽しめるキャンプ場を探してみてください。 キャンプは子供の心を豊かにします。 五感を研ぎ澄まし、日常ではできない様々なチャレンジができます。 家族全員が協力して何かをする場面が多いので、 家族の絆も深まります。 赤ちゃんがいるから……とは言わず、ぜひチャレンジしてみてくださいね! スポンサードリンク カテゴリー•

次の

赤ちゃん&子育てインフォ|あなたの街の相談室

赤ちゃん 相談 室

淡い黄色のうんちから緑色のうんちに変わると、ギョッとしてしまうお母さんが多いようですね。 赤ちゃんの場合、健康なうんちの色にもバリエーションがあり、緑色(うぐいす色=灰緑色)もそのひとつです。 うんちを黄色っぽくする色のもとは、肝臓から出る胆汁色素のビリルビンですが、うんちがお腹の中に長くとどまっていたりガスが多いと、酸化されて緑色になります。 また、腸内のビフィズス菌、乳酸菌、大腸菌など腸内細菌の変化や、腸内のpH(ペーハー=酸性度)の違いによって、うんちが緑色になることもあります。 母乳の赤ちゃんにもミルクの赤ちゃんにもよく見られることです。 くわみさんの場合、緑便に加えて下痢気味とのことで心配しておいでですが、多少便がゆるくても、母乳やミルクの飲みがふだんと変わらず、あやせば笑うなど機嫌がよければ病気の心配はありません。 実際の赤ちゃんの様子も診てもらっているわけですし、整腸剤も処方されているのですから、「心配ない」という医師の言葉を信じてください。 もみじさんのケースも、正常な範囲内での便の変化です。 おふたりとも、これから離乳食が始まっていろいろな物を食べさせるようになると、うんちの色や性状も変わってくるはずです。 そのときいちばん気にすべきなのは、赤ちゃんの全身状態です。 うんちがいつもと違ったときは、食欲はどうか、機嫌はどうかといったことも併せてチェックしてください。 いつも通りに過ごしていれば、うんちの色が多少変わったくらいで心配することはありません。 ただし、トマトをつぶしたような赤いうんちや、タール状の黒いうんちが出たときは、腸からの出血が疑われるので要注意です。 そうした場合は、赤ちゃんも不機嫌になるはずです。 また、新生児期に真っ白な便が出た場合は胆道閉鎖や胆道狭窄が疑われますし、それ以降の時期でも激しい下痢を伴う白い水様便が出た場合はウイルス性の感染症が疑われます。 緑便で病気が疑われることはほとんどありませんが、赤・黒・白の便は緊急を要するので覚えておきましょう。

次の

【花王 メリーズ】下痢?赤ちゃんのうんちが緑色でも本当に大丈夫?

赤ちゃん 相談 室

寝たいのに眠れません。 どうしたらいいかわからず毎回とりあえず泣いています。 埼玉 生後6ヶ月 女性 A. 泣かずに寝たらいいと思います。 斬新で斜め上からの質問に直球で答えるやり取りの数々は、涙なくしては笑えません。 冒頭のツイートはこれまでに1. 9万リツイートと9. 8万いいねを集め、「いつもそばにいる女性が時々行方不明になり、不安で大声で泣くしかない」という4カ月の男性からの相談(トイレに行っただけ)や「サービスの質の低下が酷い。 ご機嫌なら『何が楽しいの〜?嬉しいことあったの〜?これ好きなの〜?』、泣いてれば『おむつ?お腹すいた?それとも寒い?』って必死に理由を探して…良いことも悪いこともいつも赤ちゃんの表情や反応を追いかけてるなぁって」 「ママだって、赤ちゃんと接していて楽しいことや苦しいことはいっぱいありますが、おしゃべりできないからこそ分かってあげたい…でも理解できているのか不安になるし、愚痴りたいときや我が子自慢をしたいときもある。 「育児のストレスや愚痴ってどうしても暗く重たいものになりがちで、周囲も聞いて気持ち良いものでもないですよね。 面白いだけでなくて癒されたり、ウルッときてしまったり感動してしまうようなツイートがすごくあって…。 短いツイートの中にそれが込められているんだからすごいですよね。 私もこのタグに癒されている1人です」 そんなもーちゃんさんですが、6歳になる長女が生まれた当時は「悩みを吐き出す場所も頼れる人もおらず、一時期していたツイッターでもなかなか吐き出せず、ノイローゼに近い状態で、ずっと泣いてばっかりだった」と振り返ります。 昨年には次女が生まれましたが、夫は仕事があり、次女が生後3カ月の頃までは、夜のおむつ替えや夜泣き対応を始め、育児のほとんどをもーちゃんさんが担っていたといいます。 「でも、ある日ぷつっと糸が切れた」ともーちゃんさん。 「泣くことしか出来なくなって、料理の味がわからなくなって、たぶん言動もおかしくなって…。 『夜が怖い。 1人で子どもと向き合う毎日が怖い』というような話をしたら、それが主人に届いたようで向き合ってくれるようになり、だいぶ協力的な旦那さんになってくれました」といいます。 今も育児の主担当はもーちゃんさんですが、「今はできる事をできる人がやる、という感じ」だといい、夜のおむつ替えなどもちょこちょこ代わってくれるように。 育児の悩みもできるだけ早い段階で共有するようになったといいます。 そして、今回のツイート。 「きついこと、悲しかったこと、嫌いだったことも、ただ視点を変えるだけで客観的に明るく共有できてしまう。 笑いに変えられちゃう。 もし、長女が生まれたときにこのタグがあったなら…。 きっと当時の私なら、 Q. 泣いても泣いても涙が止まりません。 大丈夫。 私も同じです。 今日も朝まで一緒に泣きましょう。 いつも寝ているここはどこですか?お布団より暖かくてぷにぷにします。 あなたのママのお腹です。 たまにはベッドで寝てくれるといいのですが。 でもママもとっても暖かいです。 と、書いていたのかなぁ」と笑います。 今回、10代や子育てから孫育てに変わった世代の人たちら、現在育児中でない人からも反応が続々と届いたといい、「正直、こんなに共感してもらえたり笑ってもらえたり、励ましてもらえるなんて思っていなくて…すごくすごくありがたかったし、幸せな気持ちになりました」ともーちゃんさん。 「たぶんそれはこのタグを使ってツイートしてくださった方も同じだと思います。 こんなに大きな反響があったことはもちろん、こんなに温かなタグになるなんて。 本当に、それが嬉しかったです」と話してくれました。 ちなみに、熊本県の「熊本タクシー」からは洗車機の隣に家(巣)のあるツバメのヒナさん(0歳)からの相談も寄せられ、こちらも多くのいいねを集めています。 構ってほしいパパからの相談も(大抵、切り捨てられています)。 笑いは免疫力を高め、ストレスを和らげる効果があるそうです。 家の中でたった一人、赤ちゃんと向き合う時間は、幸せを感じる半面、とてつもなく不安で孤独。 (まいどなニュース・広畑 千春) 外部サイト.

次の