トイ ストーリー ひよこ。 トイ・ストーリー4

トイストーリー4のうさぎとひよこの名前は?声優はあの人だった!

トイ ストーリー ひよこ

9億円 前作 (長編作品) (トイ・ストーリーシリーズ全般) (ピクサー作品全般) 次作 『 トイ・ストーリー4』(原題: Toy Story 4)は、製作によるの・・映画。 アメリカ合衆国で2019年6月21日 、で同年7月12日公開。 監督は。 概要 1995年公開の『』、1999年公開の『』、2010年公開の『』に続く第4作目であり 、の長編映画としては2018年公開の『』に次ぎ『トイ・ストーリー』から数えて第21作目となる。 また、シリーズ初となるに対応した作品である。 やなどお馴染みのキャラクターが再登場している他、前作では別の持ち主の元へ渡ったため登場しなかったボー・ピープが20年ぶりに再登場している。 「何がおもちゃにとっての幸せなのか」というシリーズの根幹を成すテーマ、またかねてから指摘されていた「人格を持つものが人間の所有物となって良いのか」というシリーズが孕んでいる倫理的な問題をクローズアップした作品となっている。 なお、ピクサー製作の長編映画には同社の短編作品が併映されていたが、本作ではシリーズ1作目以来24年ぶりに単独上映となっている。 あらすじ 9年前の雷雨のある夜、 RCが外に放置されていたためしており、 と ボー・ピープが救出に向かい彼を救い出す事に成功するも、家に戻った直後にボーの電気スタンドが彼女ごと知人の男性に譲られてしまう。 それを見ていたウッディは悲しみに暮れる。 そして、ウッディ達が アンディ・デイビスの元から ボニー・アンダーソンの元へと渡って1年後、 らおもちゃ達は相変わらず楽しい毎日を過ごしていたが、一方でウッディは遊ばれる頻度が少なくなり悲しさを覚えていた。 ボニーは新しく幼稚園に通う事になるが、内気な彼女は中々幼稚園に馴染めなかった。 それを見兼ねたウッディの助けもあり、ボニーはやモールなどを使用して手作りのおもちゃ フォーキーを工作する。 フォーキーを作った事でボニーは明るくなり、彼は1番のお気に入りのおもちゃになった。 しかしフォーキーは、自分はおもちゃではなく「ゴミ」だと思い込んでおり、目を離すとすぐにゴミ箱に入りたがってしまう。 ある日、アンダーソン一家がでドライブ旅行に行く事となり、ウッディやフォーキーを含むおもちゃ達も同行するが、移動中、遂にボニーの元からフォーキーが逃げ出してしまう。 それにより、彼を連れ戻そうとウッディもフォーキーの跡を追う事となる。 ウッディはフォーキーを見つけボニーの元へと戻る道すがら、偶然通りかかった「セカンド・チャンス・アンティーク」で長年離れ離れでいたボーの電気スタンドを見つけ店内に入るも、そこに現れたのは内蔵されたボイスボックスが故障しているため喋る事が出来ず、それが原因で1度も子供に愛された事の無い人形 ギャビー・ギャビーであった。 ウッディのボイスボックスを奪おうと襲来する彼女から逃げる2人だったが、ウッディは「セカンド・チャンス・アンティーク」の店主 マーガレットの孫娘 ハーモニーに拾われ、店の外に連れられてしまい、彼とフォーキーは離れ離れになってしまう。 一方、キャンピングカーの中に残ったバズ達は、中々戻らないウッディとフォーキーを心配していた。 バズは2人を探し出すため車外に出るも、誤って落下したの「スター・アドベンチャー」の景品として壁に貼り付けられてしまう。 そこで、同じく「スター・アドベンチャー」の景品であるのぬいぐるみ ダッキーとのぬいぐるみ バニーと出会い、2人の協力でバズは脱出に成功する。 ハーモニーに連れられに来たウッディは、そこで偶然ボーと再会し、2人はハーモニーの隙を見てその場から逃げ出す。 知人の男性に譲られるも彼にも手放されたボーは、その後「セカンド・チャンス・アンティーク」に行き着いたのだという。 「セカンド・チャンス・アンティーク」に向かう途中、ウッディ達にバズ、ダッキー、バニー、さらにの人形 デューク・カブーンも合流する。 店に到着するも計画した作戦が上手くいかないため、ボーはフォーキーの救出を諦めようとウッディに話を持ちかけるが、それをウッディは断固拒否したうえ2人は喧嘩をしてしまい、ボー達はウッディの元から去ってしまう。 1人になったウッディは、自分のボイスボックスとフォーキーを交換するというギャビーの提案を受け入れ、ボイスボックスを彼女に譲る。 修復され喋れるようになったギャビーは早速ハーモニーの気を引くも、すぐに見捨てられてしまう。 悲しむギャビーに、ウッディは一緒にボニーの元へ行こうと提案する。 登場キャラクター 「」も参照 おもちゃ 過去作品と同様に、「 人間が見ている前では動いてはいけない」というルールのもと動き回っている。 主人公 ( Woody) 本作の主人公。 昔ながらの人形。 おもちゃ達のリーダー的な存在。 1950年代の人形劇『ウッディのラウンドアップ』の主人公であり、商品価値の高いプレミア人形である。 背中に付いた紐を引くと、内蔵されたボイスボックスからランダムで様々なセリフを喋る機能が付いている。 一人称は「俺」。 「子供に遊んでもらう事こそがおもちゃの使命であり、一番の幸せ」という信念を持っており、で元の持ち主であり長年の親友でもあったアンディから幼稚園児のボニーの元へ仲間達と共に譲られ、再びおもちゃとして大切に遊ばれている。 しかし本作では、遊びに選ばれなくなった事や、自分の存在意義が理解できずに「ゴミ」として悩むフォーキーと、破損して「人の所有物」で居られなくなったボーとの再会により、運命に翻弄される事となる。 最終的に故障していたギャビーにボイスボックスを渡して、バズの後押しもあり、ボーと共にに残ることを選び、ジェシーに保安官バッジを譲り、バズ達と別れた。 なお、過去作品ではブーツの裏にアンディの名前が書かれていたが、本作ではボニーの名前に書き換えられている。 ( Buzz Lightyear) 本作の準主人公。 スペース・レンジャーのアクション人形。 ウッディの親友である。 アクションボタンを押すとセリフを喋る、体に様々な仕掛けがあるなど、ウッディとはかけ離れた最先端のおもちゃ。 一人称は「私」。 ボニーの元から逃げ出したフォーキーと彼の跡を追うウッディを心配しから車外に出るも、誤って落下してしまった移動遊園地の「スター・アドベンチャー」の景品として壁に貼り付けられる。 心の声に従っているというウッディの言葉の意味を勘違いし、自身の音声機能に従って行動するが彼の心の声が大きな役割を果たす。 ボー・ピープ( Bo Peep) 本作のヒロイン。 元はアンディの部屋の電気スタンドに付属していた製の飾り羊飼いのの。 は「私」。 ウッディとは恋仲であったが、アンディが手放した後彼の妹であるモリーに譲られており、彼女にも知人の男性に手渡されたためデイビス家を去る事となった。 その後、様々な持ち主に渡り歩いた末「セカンド・チャンス・アンティーク」に売り捌かれてしまった。 持ち主が変わる毎に破損していき、着衣もボロボロになり、これまで被っていたピンクのやはなくなっていた。 その上右腕と手持ちの杖は欠け、それぞれ外れた際には常備している包帯やテープで固定する等、値打ちのない物へと変わり果ててしまった。 しかし、過酷な環境を生き抜いたためにすっかり逞しく別人のような姿へと変わり、ただ電気スタンドに立つのをやめ、唯一残ったの水玉模様のをのように羽織って身軽に動き回るようになった。 フォーキーを助けることに拘りすぎるウッディと一度喧嘩別れするがそれでも主人に忠実で一途な彼を想う気持ちを捨てられず、ギャビーの主人探しに協力した。 ボニーのおもちゃ 前作で元の持ち主であるアンディが大学進学に伴い実家を出たため、大抵のおもちゃはボニーに譲られた。 ドーリー以降、ミスター・プリックルパンツ以前はボニーが元から持っていたおもちゃである。 なお、前作に登場したのぬいぐるみお豆3兄妹 や、元ロッツォの仲間のの人形チャックルズ、のぬいぐるみは登場していない。 本作では押し入れのおもちゃとして、テレビスペシャル作品『』に登場したオールド・タイマーや緑のおもちゃ椅子チェアロル・バーネット、青いゾウ人形メレファント・ブルックス、ピンクのサイ人形カール・ライネロセロス、黄色い輪のトラ人形バイディ・ホワイトが登場している。 フォーキー( Forky) ボニーが新しい幼稚園の工作で、プラスチックのにモールの手やの棒を足に付けて作った手作りのおもちゃ で本作の影の主人公でもある。 一人称は「僕」。 手作り故に自分は「ゴミ」であり「おもちゃではない」と主張し、何度もゴミ箱に入ろうとしてウッディに止められるも、ボニーが目を離した隙を見て遂に彼女の元から逃げ出してしまう。 しかし、ウッディの説得で自分の役目が分かるようになる。 エンドロールでは彼にそっくりの女の子のおもちゃカレン・ビバリーが登場した。 ( Jessie) カウガール人形。 『ウッディのラウンドアップ』のヒロインで、ウッディの妹分。 バズとは相思相愛の仲である。 ウッディと同様に背中に付いた紐を引くとランダムで様々なセリフを喋る。 が得意。 一人称は「あたし」。 旅行中に姿を消してしまったウッディとフォーキーを探しに行ったバズの帰りを待つために、ボニーの一家を足止めにする。 終盤でボーと最初で最後の再会を果たし、移動遊園地に残る事を決めたウッディとの別れの際に彼から保安官バッジをもらい、ウッディに代わって彼女がおもちゃ達のリーダーとなった。 ブルズアイ( Bullseye) の人形。 ウッディとジェシーの愛馬である。 ( Mr. Potato Head) 頭の人形。 顔のパーツの取り外しが可能。 皮肉屋だが家族想い。 一人称は「俺」。 ( Mrs. Potato Head) ジャガイモ頭の人形。 ミスター・ポテトヘッドの妻で、旦那とは仲が良い。 彼と同様に顔のパーツの取り外しが可能。 一人称は「私」。 レックス( Rex) の人形。 見た目とは裏腹に臆病である。 一人称は「僕」。 フォーキーとウッディが行方不明になった際にパニックになるも、おもちゃやゲームの遊び過ぎで現実と空想と混乱しているのか、「」と無理な提案を出す。 ハム( Hamm) の貯金箱。 毒舌家である。 ( Slinky Dog) 体がバネでできたの人形。 ウッディとは長い付き合い。 冒頭シーン(9年前)の雷雨の夜、ウッディやボーと共にモリーの部屋の窓からRCを救い出した。 エイリアン( Aliens) レストラン「ピザ・プラネット」に設置されているの景品である、エイリアンの人形達。 ポテトヘッド夫妻の養子として扱われている。 旅行中は留守番をしていたため、ウッディとは最後の別れをしていない。 ドーリー( Dolly) 紫の髪をした少女のぬいぐるみ。 ボニーの家ではおもちゃのリーダーだが、勝手な行動を取るウッディに悩まされており、トラクシーやバターカップと共に無断でボニーの幼稚園へ外出したウッディを叱責していた。 トリクシー( Trixie) の人形。 レックスと同じのおもちゃであり彼とは仲が良い。 一人称は「私」。 旅行中にウッディとフォーキーが行方不明になった際、パニックになったレックスの発想に呆れるも、2人を見つけ出すまで帰路につこうとするボニーの一家を騙して自らがの音声役として移動遊園地に逆戻りさせる。 バターカップ( Buttercup) のぬいぐるみ。 ハムとは仲が良い。 旅行中にウッディとフォーキーが行方不明になった際、時間稼ぎにボニーの父親を警察に逮捕させようとする。 ミスター・プリックルパンツ( Mr. Pricklepants) のぬいぐるみ。 ボニーの劇の役になりきること拘っている。 エイリアン達と同様に旅行中は留守番をしていたため、ウッディとは最後の別れをしていない。 オールド・タイマー( Old Timer) テレビスペシャル作品『トイ・ストーリー・オブ・テラー! 』に登場した、髭を施した。 カレン・ビバリー( Karen Beverly) フォーキーと同様に、ボニーが幼稚園の工作で新たに作った手作りおもちゃ。 プラスチックのにモールなどが付けられている。 エンドロールにて登場し、初めて対面したフォーキーに「僕たちと同じおもちゃ」だと伝えられる。 セカンド・チャンス・アンティークのおもちゃ ウッディとフォーキーが迷い込んだアンティークショップ「セカンド・チャンス・アンティーク」のおもちゃ達。 ギャビー・ギャビー( Gabby Gabby) アンティーク人形。 一人称は「私」。 本作の。 ウッディやジェシーと同様に背中の紐を引っ張って喋るおもちゃであるが、ボイスボックスが故障しているため喋る事が出来ない。 その上、今まで1度も子供に愛された事がない。 囚われたフォーキーとウッディのボイスボックスを巡って対立する。 ボイスボックスをウッディから手に入れたが、店を訪れた子供に見捨てられ、ショックになっていたところ、ウッディーに救われ新しい主人に出会いウッディーに笑顔で感謝した。 ベンソン( The Bensons) アンティークの人形達。 ギャビーの右腕。 全部で4人登場している。 デューク・カブーン( Duke Caboom) のの人形。 おもちゃのバイクに乗っている。 「セカンド・チャンス・アンティーク」で知り合ったボーの仲間の1人。 過去に持ち主の子供リジャーンがいたが、テレビCMとはイメージが異なる醜態を晒した切っ掛けで飽きられてしまった事がトラウマとなり、自分に自信が持てない性格となった。 エンドロールののロゴでは、の代わりにコンバット・カールと共に登場している。 ティニー( Tinny) ピクサーの短編作品『』に登場するブリキ製の人形。 「セカンド・チャンス・アンティーク」で知り合ったボーの仲間の1人として登場している。 移動遊園地のおもちゃ ウッディ達が辿り着いた移動遊園地の射的「スター・アドベンチャー」のおもちゃ達。 ダッキー( Ducky) のぬいぐるみ。 「スター・アドベンチャー」の景品であり、誰かに持ち帰ってもらう事を夢見ている。 かなりの毒舌家で相棒のバニーとは非常に仲が良いが、喧嘩することも少々ある。 3年間もの間バニーと共に天井に吊されており、景品として間違えられ壁に吊されたバズの脱走の手助けをしてしまい、誤って落下する。 そのため、自分達が景品として子供達に売られなくなってしまい、バズを追跡し激しく非難する。 ウッディから持ち主のボニーが居る事を聞かされてから一緒に同行する。 自分達がおもちゃであるにも関わらず、ルールを破って「セカンド・チャンス・アンティーク」の店主マーガレットや「スター・アドベンチャー」の経営者アクセルを驚かそうとするような妄想を勝手に作り出すのが好き。 予告編ではバニーと漫才のツッコミをしている。 『』の大ファンであり、ウッディの真似が得意。 バニー( Bunny) のぬいぐるみ。 親友のダッキーと同様に「スター・アドベンチャー」の景品で、かなりの毒舌家で彼とは大の仲良しだが、喧嘩することも少々ある。 景品として間違えられたバズの脱走の手助けをしてダッキーと共に誤って天井から落下してしまい、自分達が景品として子供達に売られなくなってしまった事でバズを追跡し、激しく非難する。 その後はウッディ達と同行する。 ダッキーと同様に、ルールを無視して人間を驚かすような妄想を作るのが好き。 予告編ではダッキーと漫才のボケをしている。 ダッキー同様、『トイ・ストーリー』の大ファンであり、バズの真似が得意。 その他のおもちゃ ギグル・マクディンプルズ( Giggle McDimples) 1980年代に玩具シリーズとして発売された、ミニチュアのプラスチック製人形。 顔はの人形に似ている。 ボーの親友で、常に彼女の肩に乗っている。 3匹が身を寄せ合った状態で1つのおもちゃになっている。 ボーによると性別は雌である。 名前も本作で明らかになった。 コンバット・カール( Combat Carl) 『トイ・ストーリー・オブ・テラー! 』に登場したコンバット・カール・ジュニアと同型の、迷彩服を着た黒人系軍人の人形。 他の2人も登場している。 スカンクカー( Skunk Car) ボーがラジコンカーを改造して作った物で、生きていないおもちゃにあたる。 RC( RC) アンディが所有していた。 雷雨の夜、外に放置されていたため遭難しており、モリーの部屋の窓からウッディやボー達によって救い出される。 ( Barbie) モリーが所有していた着せ替え人形。 回想シーンでは他の2人も登場しており、モリーの部屋のおもちゃ達と共にウッディとボーのRC救出「おもちゃ引き上げ作戦」に協力する。 現在はかつてロッツォが支配していたサニーサイド保育園のリーダーを務めており、ケンとは恋人。 ウッディとボーのRC救出「おもちゃ引き上げ作戦」に協力する。 人間 ボニー・アンダーソン( Bonnie Anderson) 5歳 の少女。 ウッディらおもちゃ達の持ち主。 新しく幼稚園に通う事となるが、内気なため中々幼稚園に馴染めないでいたが、ウッディの助けもありフォーキーを工作した事で明るくなった。 そして、フォーキーが1番のお気に入りのおもちゃとなり、「ゴミ」だと思い込んでいる彼が居なくなる度に彼の行方を探し心配する。 日本で公開されたのテレビCMでは小学生となり、学校に登校する姿をウッディ達が見守っていた。 ボニーのパパ( Bonnie's dad) ボニーの父親。 過去作品には未登場だったが、本作にて初登場。 終盤でバズ達に散々振り回される。 ボニーのママ( Bonnie's mom) ボニーの母親。 移動遊園地付近にて滞在中、ボニーを「セカンド・チャンス・アンティーク」へ連れて行く。 マーガレット( Margaret) 「セカンド・チャンス・アンティーク」の店主。 高齢者。 ハーモニー( Harmony) マーガレットの孫娘。 おもちゃが大好きだが、ギャビーには興味がなかった。 ハーモニーのママ( Harmony's mom) ハーモニーの母親でマーガレットの娘。 ウェンディ先生( Miss Wendy) ボニーの幼稚園の先生。 アクセル( Axel) 「スター・アドベンチャー」を経営する男性。 なぜかいつも気分が乗らない表情をしているが、バズを拾って自分の店の景品にした。 迷子の少女( Lost Girl) 移動遊園地で迷子になっていた少女。 終盤でギャビーの持ち主となる。 アンディ・デイビス( Andy Davis) ウッディ達がボニーの元へ渡る前の元の持ち主。 一人称は「俺」、または「僕」。 本作では冒頭の回想シーンで登場している。 アンディのママ( Andy's mom) アンディの母親。 彼と同様に冒頭の回想シーンのみの登場。 モリー・デイビス Molly Davis アンディの妹。 兄や母同様に冒頭の回想シーンのみの登場で、あっさりボーを手放した。 リジャーン( Rejean) デュークの持ち主だった少年。 回想シーンで登場しており、過去のテレビCMでは人気商品だったディークがイメージとは異なる醜態を晒したため、怒って見捨てる。 動物 ドラゴン( Dragon) 「セカンド・チャンス・アンティーク」で飼われている。 店内のおもちゃを容赦なくズタズタにしてしまうほど獰猛な性格。 また、監督を務めたは、本作が生まれたきっかけを「終わりはいつだって新しい始まりなんだ。 前作でアンディと別れたウッディがこれからどうなるんだろうかと考えた」と語っている。 脚本 2014年の公式発表以来、ジョン・ラセターが監督、『』のとが脚本の体制で「ウッディとバズによるボー・ピープを見つけるための冒険」をメインストーリーとして製作が進んでいた。 その後、後任の監督は『』の脚本、『』を手掛けたジョシュ・クーリー、脚本は『』にノンクレジットで携わっていたに決定し、ラセターらが手がけたオリジナル脚本の約4分の3を変更した。 ウッディの声を演じるは「今作のエンディングは歴史的瞬間でインパクト大、エモーショナルだ。 最後はスタッフの方に顔を向けられなかった」とコメントしている。 また、バズの声を演じるは「とてつもなく感動的で、とてもおかしくて、アイデアがとてつもなく素晴らしい。 『トイ・ストーリー3』が最高だと思っていたけれど、今回は最後のシーンをこなす事が出来なかったくらいだ」とコメントしている。 キャスティング ウッディ役にトム・ハンクス、バズ役にティム・アレンなど、多くは過去作のキャストが続投したが、ボニーの声優は前作のからに変更されている。 また、役のが2017年に亡くなったため、本作では過去3作品やテーマパーク、アイスショー、ゲーム用に収録されたリックルズの未使用の音声で登場した。 日本語吹き替え版においても、やら過去作のキャストは大半が続投、も19年ぶりにキャストに復帰した。 しかし、2014年にスリンキー・ドッグ役のが、2015年にハム役のがそれぞれ亡くなったため、後任としてスリンキー役にが、ハム役にがそれぞれ起用された。 また、過去作の予告編やゲーム『』でウッディの声を担当したが2018年に亡くなったため、予告編でも唐沢がウッディを演じた。 本作で初めて登場したキャラクターの声はフォーキーを 、ギャビー・ギャビーを がそれぞれ演じた。 2人の参加はスタッフによるとオーディションを経て決まったとのこと で、唐沢も20年以上前に自身がウッディ役に選ばれた経緯が実はオーディションである事を後に語っている。 音楽 過去3作品と同様に、本作でもが音楽を担当している。 ニューマンは本作のために『』と『』の2曲を新たに書き下ろした。 『君のため』はニューマンが、『孤独なカウボーイのバラード』は受賞経験のあるとが歌唱している。 監督のクーリーは「ランディ・ニューマンの音楽が作品を形づけてきたから、彼なしでの第4弾の制作はあり得なかった」と話している。 また、日本語吹き替えにおいて1作目『』から日本版主題歌を担当してきたが本作でも続投しており、本作のために23年ぶりに新録した。 さらに『君のため』も彼が担当している。 サウンドトラック 『 トイ・ストーリー4 オリジナル・サウンドトラック』 の リリース 2019年6月21日 2019年7月10日 タイトル 作詞 作曲・編曲 アーティスト 1. 「」 2. 「孤独なカウボーイのバラード」 4. 「オモチャ引き上げ作戦!」 5. 「ウッディは置き去り」 ランディ・ニューマン 6. 「はじめての幼稚園」 ランディ・ニューマン 7. 「ゴミ箱に帰りたい」 ランディ・ニューマン 8. 「アンティーク・ショップへの道」 ランディ・ニューマン 9. 「先割れスプーンは手がかかる」 ランディ・ニューマン 10. 「ギャビー・ギャビーと腹話術人形」 ランディ・ニューマン 11. 「どうする? バズ」 ランディ・ニューマン 12. 「ダッキー&バニーは名コンビ」 ランディ・ニューマン 13. 「スカンクで飛ばせ!」 ランディ・ニューマン 14. 「世界は広い」 ランディ・ニューマン 15. 「奪われた羊たち」 ランディ・ニューマン 16. 「アンティーク・ショップに潜入!」 ランディ・ニューマン 17. 「デュークにお願い」 ランディ・ニューマン 18. 「いざジャンプ」 ランディ・ニューマン 19. 「レッツ・カブーン!」 ランディ・ニューマン 20. 「すべてはボニーのために」 ランディ・ニューマン 21. 「ハーモニーに愛されたい」 ランディ・ニューマン 22. 「デュークの華麗なるクラッシュ」 ランディ・ニューマン 23. 「ギャビー・ギャビーの夢」 ランディ・ニューマン 24. 「別れと旅立ち」 ランディ・ニューマン 25. 「孤独なカウボーイのバラード(サウンドトラック・バージョン)」 ランディ・ニューマン 26. 「ふわふわアタック!」 ランディ・ニューマン 27. 「君はともだち」 ランディ・ニューマン 28. 「君のため」 ランディ・ニューマン 公開 公開日 当初の公開日は2017年6月16日と発表されていたが、2015年にとによって1年後の2018年6月15日へ公開を延期する事が発表された。 2016年には、さらに1年後の2019年6月21日へ延期する事が発表された。 これにより、当初の計画から2年遅れての公開となった。 マーケティング 最初のティザー予告編は、2018年11月12日にピクサーの公式チャンネルで公開された動画で 、この動画では新キャラクターであるフォーキーが初めて披露目された。 その翌日には、新キャラクターのダッキーとバニーが前日に公開されたティザー予告編へのリアクションを語る映像が公開された。 さらに、翌年2月3日には3つ目の予告編が 、3月19日には4つ目の予告編が 、5月21日には最終予告編が それぞれ公開された。 では、2018年11月13日により特報映像が公開されたと同時に、日本での公開日も発表された。 翌年4月19日には、特別映像と共に日本版の本ポスターも解禁された。 また、同年5月2日〜5月4日の3日間に渡り開催されたとのタイアップが実施され、イベントでは本作の装飾がされた車両が運行した。 さらに、本作の公開に合わせて及びでは、6月14日〜9月1日のおよそ3ヶ月間に渡って「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」が開催された。 イベントでは、フォトロケーションが登場した他、グッズやフードメニューも販売された。 また東京ディズニーランドでは、体験プログラム「逃げ出したフォーキーをさがせ!」も実施された。 評価 本作は、公開前からすでに鑑賞した批評家や記者たちに大好評となった。 のは「『トイ・ストーリー4』は、シリーズにジーンとするような感動の要素を加えました。 ティッシュを忘れずに持って行ってくださいね。 フォーキー、、が人気をさらい、彼らを大好きになる事間違いなしです」と語った。 また、のは「『トイ・ストーリー4』のエンディングは、『』と同じくらい美しく温かい。 そして心を強く打たれます。 途中にはお腹を抱える爆笑シーンもあります。 ピクサーならではの優しい物語です。 すごく好きな作品」と語っている。 さらに、のは「笑い、自分の人生を思い出したり、ふり返ったりする事になり、涙さえ流すかもしれません」と感想を述べ、「デューク・カブーンはスピンオフを作ってもらうべきでしょう」とデュークの活躍を称えている。 ではスコア100%という高評価を記録し、同サイトの基準を満たして最高スコアのままCertified Fresh入りを果たした。 このようにでは好評なものの、日本ではのレビューが2019年7月時点で3. 07と不評となっている。 興行成績 とでは公開前に初週末興行収入1億4000万ドルと予想されていた。 2019年6月21日に北米4575館で封切られ、初週末興行収入1億1800万ドルを記録し、予想を大きく下回ったもののランキングでは初登場1位となった。 アニメーション映画における初週末興行収入では、『』 、『』 、『』 に続く歴代4位となった。 2週目以降も順調な興行収入を記録し、ランキングでは1位 、2位 、2位 、3位 、4位 、5位 、9位 とトップ10内をキープし続けている。 日本では、の販売枚数が65642枚を超え、これまで1位であった『』の35989枚を大幅に上回り、映画史上歴代1位の売り上げ記録となった。 そして7月12日に公開が開始され、公開3日間の観客動員数は127万人、興行収入は17億0686万円を記録し、ランキングでは初登場1位となった。 このオープニング記録は、2019年に公開された洋画において1位となり、さらに2014年に公開され洋画アニメーションにおける初週末興行収入歴代1位となった『』を上回る記録である。 なお、公開から4日間では観客動員数185万人、興行収入24億4073万円を突破している。 2週目、『』が首位となりランキングでは2位に落ちるも観客動員数63万人、興行収入8億5500万円という順調な記録を打ち立てた。 公開16日目となる7月27日には興行収入50億円を突破したが、この記録はディズニーアニメーション史上最短の記録である。 3週目以降も、ランキングで2位 、3位 、4位 とトップ10内をキープし続けている。 『トイ・ストーリー4』観客動員数・興行収入の推移 観客動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 2019年7月13日・14日 1位 103. 1 185. 0 13. 8 24. 4 累計観客動員数および累計興行収入は7月15日までのもの。 2週目の週末 7月20日・21日 2位 63. 0 298. 5 8. 6 39. 9 週末観客動員数は『』が1位。 3週目の週末 7月27日・28日 45. 6 415. 1 6. 3 55. 1 4週目の週末 8月3日・4日 3位 30. 5 512. 3 4. 1 67. 2 5週目の週末 8月10日・11日 4位 25. 6 604. 5 3. 3 78. 6 累計観客動員数および累計興行収入は8月12日までのもの。 6週目の週末 8月17日・18日 20. 0 679. 7 2. 6 88. 0 7週目の週末 8月24日・25日 5位 723. 0 1. 8 93. 3 8週目の週末 8月31日・9月1日 7位 753. 0 1. 5 96. 8 9週目の週末 9月7日・8日 10位 763. 3 0. 7 98. 2 パロディ・オマージュなど• 本作のポスター内の壁に、『』に登場するチャールズ・F・マンツとその右腕の達が描かれた絵画が飾ってある。 長編映画全てに見ることが出来る「」は、本作ではのナンバープレートに書かれている。 ボニーが幼稚園でフォーキーを工作するシーンで、『』に登場するブーらしき人物が画面右側に写っている。 『』や『』などに登場する石油会社「ダイナコ」のが登場している。 「セカンド・チャンス・アンティーク」にて、ピクサーの過去作品全てのオマージュが登場している。 のトイレは、『』に出てくるサンダーホロウ・スピードウェイのトイレと同じ。 大抵のピクサー長編映画に登場するピザ・プラネットの配達トラックは、本作ではアクセルの足にとして登場している。 「スター・アドベンチャー」の景品の1つに、『』に登場するギターがある。 ピクサーの短編映画『』に登場するおもちゃティニーが本作でも登場している。 日本語吹き替え版において、のが声の出演をしているが、役名は発表されていない。 エンドロールの最後に、原語版のの声優と、アニメーターのの追悼シーンが存在する。 エンドロールのピクサーのロゴには、デュークとコンバット・カールが登場している。 『』では、ジャック=ジャックのベッドの中にデュークのおもちゃが横たわっている。 脚注 注釈• 短編作品やテレビスペシャル作品を含めると第9作目となる。 これが後に重要な役割を果たす。 兄1人と妹2人。 手作りのおもちゃはシリーズ史上初である。 では4歳だったが、本作にてアメリカの児童が5歳になってから所属する幼稚園「キンダーガーデン」に入園している。 前作『トイ・ストーリー3』の冒頭では「俺」と語っているが、終盤では「僕」と語っている。 『』まで担当していたは公開から約4年前の2015年に死去した。 『』まで担当していたは公開から約5年前の2014年に死去した。 咲野は本作に先行し、ゲーム『』でハムを演じた。 なお、ハムがカメオ出演している『』では大塚ではなくが担当。 初週末興行収入1億8200万ドル。 初週末興行収入1億3500万ドル。 初週末興行収入1億2100万ドル。 2019年6月20日閲覧。 The Advertiser. 2019年6月20日閲覧。 British Board of Film Classification. 2019年6月20日閲覧。 Ryan Faughnder. 2019年6月20日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 com. 2019年6月19日閲覧。 com. 2019年6月19日閲覧。 「」『GIGAZINE』。 2018年11月13日閲覧。 CINRA. NET. 2019年4月18日閲覧。 ciatr. 2018年11月13日閲覧。 2019年8月号22項• THE RIVER 2019年6月17日. 2019年6月17日閲覧。 Foutch, Haleigh 2019年1月28日. Collider. 2019年3月30日閲覧。 ディズニー公式. 2019年5月30日閲覧。 ディズニー公式. 2019年5月30日閲覧。 ディズニー公式. 2019年3月22日閲覧。 com. 2019年3月22日閲覧。 ファミ通. com. 2019年4月12日閲覧。 ORICON NEWS 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 映画ナタリー 2019年5月15日. 2019年5月15日閲覧。 com 2019年6月5日. 2019年6月5日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年5月30日. 2019年5月30日閲覧。 THE RIVER 2019年3月25日. 2019年3月25日閲覧。 cinemacafe 2019年5月9日. 2019年5月22日閲覧。 Comicbook. com 2019年3月28日. 2019年3月28日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年3月30日閲覧。 com. 2019年4月19日閲覧。 ScreenRant 2018年11月12日. 2019年3月30日閲覧。 Barden, David 2018年11月4日. HuffPost. 2019年3月30日閲覧。 com. 2019年3月29日閲覧。 N'Duka, Amanda 2019年3月22日. Deadline. 2019年3月30日閲覧。 THE RIVER 2019年3月30日. 2019年3月30日閲覧。 CINRA. NET. 2019年7月13日閲覧。 ファミ通. com. 2019年7月13日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2019年7月13日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年7月13日閲覧。 ドワンゴジェイピーnews. 2019年6月16日閲覧。 管理人 2019年6月11日. uDiscoverMusic 洋楽についての音楽サイト. 2019年6月16日閲覧。 ディズニー公式. 2019年6月20日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年6月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年10月9日. 2015年10月9日閲覧。 McClintock, Pamela 2016年10月26日. The Hollywood Reporter. 2016年10月26日閲覧。 BBC News. 2018年11月12日. 2018年11月13日閲覧。 日本語. シネマトゥデイ. 2018年11月12日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年11月12日。 2018年11月13日閲覧。 日本語. シネマトゥデイ. 2018年11月15日閲覧。 日本語. IGN Japan. 2018年11月13日. 2018年11月15日閲覧。 National Review 2019年2月7日. 2019年3月22日閲覧。 web. archive. org 2019年3月20日. 2019年3月22日閲覧。 Romano, Aja 2019年5月21日. Vox. 2019年5月22日閲覧。 日本語. シネマトゥデイ. 2018年12月2日閲覧。 「」『cinemacafe. net』。 2018年12月2日閲覧。 Inc, Natasha. 映画ナタリー. 2019年4月19日閲覧。 2019年3月29日. 2019年3月29日閲覧。 西鉄くらしネット. 2019年3月29日閲覧。 www. fashion-press. net. 2019年4月11日閲覧。 株式会社インプレス 2019年4月11日. トラベル Watch. 2019年4月11日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年6月12日閲覧。 THE RIVER 2019年6月15日. 2019年6月15日閲覧。 Metro 2019年6月14日. 2019年6月15日閲覧。 Yahoo! 2019年7月22日閲覧。 「」『Reuters』、2019年6月24日。 2019年6月24日閲覧。 スポーツ報知 2019年6月25日. 2019年6月24日閲覧。 com. 2019年7月9日閲覧。 com. 2019年7月9日閲覧。 com. 2019年7月16日閲覧。 com. 2019年7月23日閲覧。 com. 2019年8月1日閲覧。 com. 2019年8月7日閲覧。 com. 2019年8月14日閲覧。 プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo. 1|PR TIMES. 2019年7月16日閲覧。 株式会社インプレス 2019年7月16日. AV Watch. 2019年7月16日閲覧。 com. 2019年7月22日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年7月29日閲覧。 com. 2019年8月5日閲覧。 com. 2019年8月14日閲覧。 com. 2019年8月14日閲覧。 com. 2019年7月16日閲覧。 com. 2019年7月29日閲覧。 com. 2019年8月5日閲覧。 com. 2019年8月13日閲覧。 com. 2019年8月19日閲覧。 com. 2019年8月26日閲覧。 com. 2019年9月2日閲覧。 com. 2019年9月9日閲覧。 Metro 2019年3月21日. 2019年4月15日閲覧。 日本語 , 2019年8月2日閲覧。 www. milenio. com. 2019年4月15日閲覧。 tvgroove 2019年6月10日. 2019年6月10日閲覧。 Movies. 2019年4月15日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年7月19日閲覧。 ScreenRant 2019年3月21日. 2019年5月22日閲覧。 HikakinTV 2019-07-12 , , 2019年7月13日閲覧。 CINEMABLEND 2019年2月27日. 2019年4月15日閲覧。 関連項目• 外部リンク• (日本語)• - (日本語)• (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• toystory - (英語)• toystory - (英語).

次の

トイストーリー4のエンドロール後のラストシーンの意味

トイ ストーリー ひよこ

トイストーリーのウッディとバズとグリーティング ファンタズミック!のあとは、スタバでと、温かいチェストナッツプラリネラテを購入し暖を取りつつ・・・。 (ファンタズミック!で水被りすぎて寒かったのもありますが、やっぱり12月の夜はフロリダとは言え寒かったです) ハリウッドスタジオ内で、まだ訪れていなかったこのエリアへ! 時刻は19:35くらい。 ピクサースタジオエリアです。 入ってすぐにグリーンアーミーメンに絡まれる。 激しい(笑)。 主人はウッディに頭ぐりぐりされていじられていたらしいですw 私はバズと絡んでましたが、なんというか男気溢れて強そうでした(笑)。 バズとグリーティングできなかったので、ここで会えて嬉しかったです。 この日最後のお目当ては、ミッキー&ミニーとグリーティングが出来る「 レッドカーペットドリームス」です! 20時すぎにも関わらずこのグリーティングも人気で、30分程度は待ったと思います。 日中も比較的待ち時間がありました。 建物の中には動くポスターが。

次の

トイストーリー4が日本でのみ酷評された理由って結局何なんや?

トイ ストーリー ひよこ

この項目では、シリーズ第1作について説明しています。 シリーズ全般については「」を、その他の名称については「」をご覧ください。 概要 配給の作品。 劇場用長編映画としては世界初のフル作品であり、全世界で約3億6200万ドルの興行収入を上げた。 これは、当該年度の第1位である。 日本での公開は。 日本でのセルビデオ出荷本数は190万本。 制作は。 監督(ピクサー)。 長編フルCGの作品を生み出した制作チーム統括の業績に対し、監督ラセターはを受賞した。 他に候補として、脚本賞ノミネート(アンドリュー・スタントン)、オリジナル主題歌賞ノミネート(" You've Got a Friend in Me")、作曲賞(コメディ部門)ノミネート(ランディ・ニューマン)。 (日本では)には続編『』が公開され、以降として続編や関連作品が発表されている。 10月2日には、『トイ・ストーリー2』との2本立てで版が2週間限定で全米公開、日本では2月6日に公開された。 に発表されたでは99位にランクインした。 にはアメリカのTotal Film誌で行われた「史上最高のアニメ映画50」にて第1位に選ばれた。 ストーリー のは、古めかしいおしゃべり人形。 背中の紐を引っぱると、パンチの効いた「カウボーイトーク」を聞かせてくれる。 そんなウッディは アンディ少年の大のお気に入りで、彼は毎日のように、いろいろなを取り混ぜながらカウボーイごっこに興じるのだった。 そうしてアンディが楽しく遊ぶおもちゃ達には、とても大きな秘密があった。 彼らは実は生きていて、話したり自由に行動したりできるのだ。 しかし、それを人間に知られてはいけないというのが「 おもちゃのルール」なのだ。 ウッディは、アンディの一番のお気に入りのおもちゃで、おもちゃ達のリーダーでもあった。 そして、今年もアンディの誕生日がやってきた。 おもちゃ達はこれから共に過ごすことになる新顔に興味津々。 ウッディがおもちゃ仲間の グリーン・アーミーメンにプレゼントを偵察させたところ、プレゼントの中から現れたのは、最新の、だった。 技術の粋を結集したようなバズに、アンディは案の定夢中になってしまう。 また、バズ自身も自分が本物のスペースレンジャーだと信じて、飛行能力を証明するため高みから飛び降りたりするが、飛びはしなかったものの、派手な動きで恰好よく落ちたことから、これにはアンディのおもちゃ達までが心を奪われてしまう。 そんな中、デイビス家が引っ越すという新たな問題が持ち上がる。 その騒ぎの最中、バズのことが面白くないウッディは、バズにちょっとしたイタズラを仕掛けるが、アクシデントが重なったことでバズはアンディの部屋の窓から転落するという大事故に見舞われてしまう。 しかし、他のおもちゃ達は、ウッディが自分に取って代わりそうなバズを突き落としたのだと誤解しはじめる。 一方ウッディは、アンディに連れられて「ピザ・プラネット」というレストランに連れて行かれる途中、二人を尾行してきていたバズに会って喧嘩となり、夢中になるうちでアンディとはぐれてしまう。 必死に彼を追う二人だったが、道すがら「おもちゃ殺し」と称される隣家に住む少年 シドに発見され、そのまま連れ去られてしまう。 彼の部屋に閉じ込められたウッディとバズは、もうすぐ引っ越してしまうアンディの家へ戻ろうと試みる。 しかし、テレビで流れていたバズ・ライトイヤーのを見たバズが自分がおもちゃであることに気づき落ち込み、さらにはシドがバズにロケット花火を括り付け爆発させようとする。 ウッディはシドのおもちゃたちの協力を得て、バズを救出することに成功する。 だが、デイビス家が乗った車やアンディのおもちゃたちを乗せた引っ越しトラックが出発してしまう。 ウッディとバズはトラックを追いかけるが、間に合わなかった。 そんな中、ウッディがバズに括り付けられたロケット花火の存在を思い出す。 2人は、ロケット花火を利用してアンディの元へ戻ることが出来た。 その後、アンディ達は引っ越し先でを迎える。 おもちゃ達は、新しいおもちゃがプレゼントされないか心配していたが、プレゼントの中身は子犬(バスター)だった。 そして、冒険を共にしたウッディとバズは固い友情を誓ったのだった。 登場キャラクター 詳細は「」を参照 主要キャラクター (Woody Pride) アンディのオモチャたちのリーダー的存在のカウボーイ人形。 お調子者で明るい性格。 背中についたひもを引くと、内蔵されたレコードで「を捨てろ、手ぇあげな。 」「やられたぜ! 」などとランダムにしゃべる機能が付いている。 アンディの一番のお気に入りだったが、バズがやってきてからはそのポジションが怪しくなっていく。 バズを驚かそうとイタズラをするが、不幸な事故でバズが窓から落ちたため、仲間達から「オモチャ殺し」と疑われ、バズ本人とも当初は喧嘩が絶えなかった。 しかし互いの本心を知って和解してからは二人で協力し、アンディのもとへと向かう。 (Buzz Lightyear) アンディの誕生日にプレゼントとしてやってきた、体にいろいろな仕掛けがある流行のオモチャ。 発売されたばかりで、自分が子供向けの大量生産された玩具ではなく本物のスペースレンジャーだと信じており、空も飛べると考えていた(実際は飛んでいないが、本人は目を瞑っているため気づいていない)。 しかし、シドの家に連れて行かれた際、テレビCMで自身の正体を知り、一時意気消沈するもウッディの説得と本心を知り、彼に協力する。 アクションボタンを押した際に再生される"To infinity and beyond! "(日本語版では「無限の彼方へ さあ行くぞ! 」)が決め台詞。 仲間のおもちゃたち レックス(Rex) 恐竜のオモチャ。 見た目とは裏腹に臆病で、自分より怖い恐竜が来るのではないかと思っている。 当初はスリンキーやボーと共にウッディを信用していたものの、誤解によって信用できなくなってしまう。 しかし、真実を知るとウッディに和解する。 ミスター・ポテトヘッド(Mr. Potato Head) 組み付けパーツ付のオモチャ。 口が悪く皮肉屋。 バズに嫉妬したウッディを最後まで見下したものの、真実を知った時は和解した。 妻のミセスに会うのが夢でラストでそれが実現した。 ハム(Hamm) ブタの貯金箱のオモチャ。 ポテトヘッドと同様、ウッディを疑っていた。 後に、真実を知ると描写はないがウッディと和解した。 スリンキー・ドッグ(Slinky Dog) 体がバネでできた犬のオモチャ。 オモチャの中では最年長でウッディとは長い付き合い。 ウッディが疑われた時も信用していたものの、誤解によって信用できなくなり、ウッディを見捨てざるを得なくなってしまう。 しかし、終盤で真実を知ると罪悪感と後悔を感じ、誰よりも彼らを助けようと奮闘する。 ボー・ピープ(Bo Peep) 電気スタンドの人形。 アンディのオモチャ達の中では紅一点。 最後までウッディを信じており、ウッディとバズの活躍を見て誤解であった事実を伝えた。 3匹がくっついているため首が3つあるようにも見える。 名前は「ビリー・ゴート・グラフ」。 グリーン・アーミー・メン(Green Army Men) リーダーの 軍曹(Sarge)率いる、小型の兵隊たちの集団。 ウッディの命令には忠実だが、ウッディがバズを突き落とした時は「おもちゃの面汚し」と言い放った。 RC バギーのラジコンカーのおもちゃ。 ウッディに操作ミスで、誤ってバズを落とした。 引っ越しの時に、ウッディとバズを乗せて、引っ越しトラックまで走った。 ロッキー・ジブラルタル(Rocky Gibraltar) 力持ちのおもちゃ。 その怪力でウッディを投げ飛ばしたが、事実を知るとウッディとバズを助けるために協力した。 エッチ・ア・スケッチ(Etch A Sketch) スケッチボードのおもちゃ。 ダイヤルを回すことで絵を描くことができる。 早撃ちも得意。 レニー(Lenny) 双眼鏡のおもちゃ。 おもちゃたちが遠くを見るのに使う。 終盤ではウッディとバズが追いかけるのを目撃し、それをみんなに報告したことでウッディの疑いが晴れる。 ミスター・スペル(Mr. Spell) 文字を押すと声が出るオモチャ。 一応喋れるが、リアクションなどは文字で表す。 バズを救出しようと出されたが、人数が足りなかった。 サルの鳴き声しか発さない。 ミスター・シャーク(Mr. Shark) 笛付のサメのオモチャ。 ウッディの物真似をして、本人からダメ出しを食らう。 ロボット(Robot) 足がキャタピラのロボット。 ロッキーと共にウッディを投げ飛ばした。 スネーク(Snake) ヘビの人形。 ウッディがバズやRCを落とした時に足に巻き付いた。 占いボール(Magic 8-Ball) ビリヤードのように8と書かれた黒いボール。 それを振ると「望み薄」などと書かれた運勢が出る。 ウッディがそれを見て机の下に落としたが、これが事件の始まりとなってしまう(幸い下には誰もいなかった)。 ほかにもやブロック人形、ホッケーパックのオモチャなどがアンディのおもちゃとして登場している。 エイリアン(Aliens) ピザ・プラネットのクレーンゲームの景品のエイリアンの人形。 集団で行動しており、クレーンを神と呼ぶ。 そのうち一体はシドのオモチャとなり、スカッドによって無残な姿にされたが、終盤でシドに復讐した。 ミュータント・トイ(Mutant Toys) シドによって改造され、奇妙な姿にされたオモチャたち。 赤子の人面を持つ金属のカニ、人形の足を付けた釣り竿、人形の代わりに手のついたびっくり箱、後ろ足がタイヤのゼンマイガエル、スケボーに付けられた上半身だけの人形、アヒルのレスラー、焼き焦げた人形、の片手が付いた人形など。 全員不気味な外見とは裏腹に優しい性格で、他所者の片腕を失くしたバズを修理したり、終盤ではウッディに協力してシドに復讐した。 人間 アンディ・デイビス(Andy Davis) ウッディたちの持ち主の少年。 当初はバズばかり遊んでウッディに興味を示さなくなったが、引っ越しの際にはウッディとの興味を取り戻す。 モリー・デイビス(Molly Davis) アンディの妹。 引っ越しの際にオモチャが動くのを目撃した。 シド・フィリップス(Sid Phillips) 本作の。 よくオモチャを改造したり、破壊したりするのでアンディのオモチャ達から恐れられている。 わがままで子供とは思えない乱暴者。 あまりの乱暴者で、サマーキャンプを追放されている。 母親の前では良い子を演じている。 乱暴な性格から、友達が出来ず、友達が一人もいない。 ピザプラネットにも一人で遊びに来ていた。 ウッディの作戦でおもちゃ達から復讐され、妹の人形でさえも怖がるほどおもちゃ恐怖症となる。 ハンナ・フィリップス(Hannah Phillips) シドの妹。 年相応にわがままだがシドと比べておもちゃに対しては優しい。 片腕の取れたバズを人形達のお茶会の相手にしていた。 動物 スカッド(Scud) シドの飼い犬。 獰猛な性格でよくシドが購入したオモチャを無残にする。 終盤でウッディとバズを追いかけるが、車に囲まれて動けなくなってしまった。 バスター(Buster) アンディの飼い犬でママからのプレゼント。 ラストのみの登場。 キャスト 役名 原語版声優 日本語吹替 レックス ハム ボー アンディ・デイビス 市村浩佑 シド・フィリップス 堀裕晶 アンディーのママ (デイビス夫人) 軍曹 (グリーン・アーミーメン) 部下 (グリーン・アーミーメン) ハンナ 笠原清美 エイリアンたち レニー バズ・ライトイヤーのCMナレーター ピザ・プラネットの音声案内 デビ・デリーベリー 不明 ミスター・スペル ジェフ・ピジョン 不明 ロボット 不明 MR. また別の業界者によればバズは玄田哲章ではなくであるとの証言もあるが 、この初回収録版は2020年現在関係者以外には公開されていない為、真相は不明である。 日本語版制作スタッフ• 演出:• 翻訳:いずみつかさ• 訳詞:• 音楽:深澤茂行(ミュージッククリエイション)• 録音:伊藤恭介• 調整:井上秀司• 録音スタジオ:• 日本語版制作:スタジオ・エコー スペシャル・エディション• 日本ではが劇場公開した2000年3月に「メイキング・オブ『トイ・ストーリー』」を収録したスペシャル・エディション版VHSが発売された。 トリビア• 本作は、アメリカの中流家庭の子供部屋が主な舞台となっており、実際にアメリカで売られている、または売られていたおもちゃが多数登場する。 、See'n say、バケット・ソルジャー、スリンキー、 、トロール、バレル・オブ・モンキー(つなぐでござる)、Majic8Ball、エッチ・ア・スケッチ、リトルタイクスなどがそれである。 また、本作に登場した実在するおもちゃが映画公開後に爆発的に売れた事から、では更に多くの実在のおもちゃが登場し、中には「ツアーガイド・バービー」のように目立って自己アピールするキャラクターも多数登場する。 は当初、本作から登場する予定になっており、シドの家からウッディとバズを救出するためにバービーが大立ち回りを演じる脚本が用意されていたが、販売元のの許可が出なかったためお蔵入りとなった。 公開に合わせて発売したおもちゃの大半を、当時無名だったカナダの玩具メーカー が製造・販売していた。 トイ・ストーリーのヒットによりシンクウェイは業績を著しく上げた。 その後、や、など大手玩具メーカーが相次いで参入し、莫大な利益を生んでいる。 ディズニー関連商品を扱うでも定番商品として扱われている。 元々は、に制作された短編『』の主人公のおもちゃ「ティニー」が、仲間を探して旅をするという内容で、30分のクリスマスTV番組として企画されていた。 しかし、ディズニー側が「30分番組が作れるなら映画も作れる」と説得、劇場用作品として制作される事となった。 これには、当時ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの会長だったジェフリー・カッツェンバーグが何度もラセターを引き抜こうとして失敗し、それならピクサーにディズニー映画を作らせようという思惑があったという経緯がある。 本作の着想のきっかけを作ったのはおもちゃコレクターのである。 監督のジョン・ラセターがので北原が運営するを訪問したことで本作の構想が生まれた、という証言がある。 エンドロールにて、アニメ製作スタッフ内には「ケン・ウィラード」 1959年生 - 1995年没 の名が入っている。 ピクサーのCEOであるの資産がなければ、本作の制作は不可能に近かった。 公開までの4年間の投資額は5000万ドルにも及び、ジョブズは「こんなに金がかかるなら投資しなかった」と語っている。 しかし本作のヒットによりピクサーの株は高騰し、結果的にジョブズの資産は4億ドル増加する事となった。 詳しくはの項目とを参照のこと。 ウッディがバズをおもちゃ扱いするシーンで「他にも呼び名があるが、この映画を見てる子供の前じゃ言えない」とをしている。 『』及びにて、劇中のダイナコ石油が登場する。 また、『カーズ』のラストシーンで『トイ・カー・ストーリー』として本作の玩具の車版が上映され、ウッディがの模型、バズが玩具の宇宙自動車、ハムが風のブタ貯金車となって登場した(ハムの日本語声優はカーズ本編のマックやのイエティに従い)。 さらにジョー・ランフト追悼シーンではレニーが登場する。 又、同じくハスブロ製品であるの使用許可がなかなか取れずに苦労したと後日ラセターが語っている。 『』の待合室にある賞状の上部中央にある丸い部分にはエイリアンが隠し画像として描かれている。 本作のヒットを受けて、本作に出てきたピザ・プラネットのデリバリートラック(GYOZAバン)は、以降ピクサー作品のほぼ全てのどこかに登場している。 の内のピザ・プラネットにはかつて4代目ベースのGYOZAバンが展示されていた。 には、まで日本で唯一のトイ・ストーリーのグッズを扱う専門店があった。 2006年-2007年に自動車レースのGT300クラスに於いてから「TOY STORY apr 」という名称のマシンが参戦していた。 カーナンバーは「トイ」の語呂合わせで101番。 アンディのママの車のナンバーにはピクサートリビアではお馴染みのが使われている。 バズ玩具のCMでの玩具屋は2作目のの悪役、アルが運営する「アルのトイバーン」である。 映画公開前、アメリカとカナダの小売業者からシンクウェイ社へのトーキングバズの総発注数は6万体だったが、映画の爆発的人気で商品が枯渇し、増産に増産を重ねて全世界で900万体以上も売れて、今も増え続けている。 2008年5月31日に打ち上げたにのおもちゃを載せて、(国際宇宙ステーション)で長期間、無重力訓練などの様子が撮影された。 これはが子供達や学生達に宇宙に関心を持ってもらう為に企画された。 の一つ、ではコードネームに本作の登場人物名を付けている。 アンディの部屋に貼られているポスターの内、バズがスペースレンジャーへの入隊を募る物が有る。 最後のシーンでアンディのママが運転していた車でモリーが聴いていた曲はの「ハクナ・マタタ」。 」「Red's Dream」「Tin Toy」「knick knack」と背表紙に書かれた本が置いてあるが、これらはいずれもピクサー(及びその前身)が本作以前に制作した短編作品のタイトルである。 特に、本作の原点となった『ティン・トイ』は、背表紙に書かれた著者名が「LASSETER」()となっている。 日本語吹き替え版でウッディを演じたが、よくウッディと顔立ちが似ているため「リアル・ウッディ」と言われている。 バズ役のが『カーズ』のイベントにゲストとして参加した際、ラセターから「バズ・ライトイヤーをやってくれてありがとう。 これからもよろしく」と言われ、「『トイ・ストーリー3』があるんですか!? 」と応じていた。 なお、実際に『』は2010年7月10日より、日本でも公開された。 初めはディズニー主体で作業が進められていたが、ピクサー買収により関係が修復したことで、ピクサーにより制作された。 本作以降、日本語吹き替え版でウッディとバズは唐沢と所が一貫して演じているが、の一部やのアトラクションおよび各種パレードではバズの声を、ウッディを2018年頃までが声を当てている。 先述の通り、当初ウッディの吹き替え担当だったは、公開直前で声優を変更された事が、後に彼が自身の知名度アップの為にメディアへの露出を増やすきっかけになったという。 テレビ放送 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 (なし) 19:00 - 20:54 114分 不明 地上波初放送 ナビゲーター: 2 2000年 19:00 - 20:54 不明 最新作『』の最新映像初公開 3 20:00 - 21:54 不明 4 TBS 21:00 - 22:54 9. 5 6. 6 金 21:00 - 22:54 9. 2010年6月23日閲覧。 TotalFilm. com、2015年7月10日閲覧 [Interntet Archive]のキャッシュ。 『別冊映画秘宝 吹替洋画劇場』洋泉社、2003年6月。 『ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇』(デイヴィッド・A・プライス著、、2015年2月)214-215ページ。 20180511. 2018年8月1日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年8月5日閲覧。 テレビ欄• テレビ欄• ビデオリサーチ. 2020年3月6日閲覧。 関連項目• 外部リンク• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の