ピクシブ 著作権。 Pixivとcomicoにイラストや漫画の著作権侵害を通報したらどうなるか? 警察が捜査に動いたらどうなるか?

著作権 (ちょさくけん)とは【ピクシブ百科事典】

ピクシブ 著作権

この記事の目次• ピクシブのAIお絵かきとは 2017年5月24日に、ピクシブが発表した、AIで自動的に着色できる、というもの。 >> Webアプリになっていて、線画のイラストをアップすると、自動で着色してくれます。 最後の仕上げは、人間が行うとあり、補助的なツールとして公開されました。 pixivが運営するマストドンのPawooでも、 自動着色 ハッシュタグが盛り上がっています。 >> こちらのURLからAIによる自動着色を試せます。 >> それでは、実際のWebアプリを見ていくことにしましょう。 AIで自動着色をする方法 ピクシブのAI自動着色の使い方 使い方は簡単です。 上記URLにアクセスし、ファイルをアップロードします。 アップした画像が表示されましたら、AIによる自動着色のタッチ(塗る雰囲気)を選ぶだけです。 たったこれだけ! 閉じてない線も塗ってくれる ペイントソフトなどで塗りをしようとしたら、線が閉じてなくて、全画面がばばばーっと1色に塗られてしまった経験はありませんか? AIはそのあたりが凄いです。 自動的にたぶんここまでが頭だよな、と過去のデータから何となく理解して、それらしい色にも塗ってくれるのです。 ここまで開きっぱなしの線画で、一瞬でここまで塗ってくれるのは驚きです。 タッチも2パターンを試せますので、良い方を選び仕上げの補助的着色レイヤーにできます。 では、塗り方の2パターンを実際に見てみましょう。 線画をアップロードして試した 結構、よい感じに塗ってくれます。 こうした優しいタッチと、絵画風のはっきりした色合いで塗ってくれる2パターンあります。 この線画については、前者のほうが良い感じに塗ってくれますね。 さて、じつはこの自動着色、もう少しカスタマイズできますので、早速描きこんでみましょう。 色の補完で精度が上がった! ペンツールで、塗ってほしい色を上書きします。 するとそれを学習して、補完した着色をしてくれます。 ここまで精度上がりました。 ただし元画像は、線画なら線画の方が良いようで、以下はあまりうまく行きませんでした。 意外と難しい。 おそらく学習パターンに無いものだと、AIのほうも困っちゃうのですかね。 こちらの投稿でも詳しく境界着色の基礎が解説されています。 >> さて、それでは線画以外だとどうなるのか。 試してみました。 画像をお借りしちゃいましたが、まずければご指摘ください。 それではどうぞ。 これがAI自動着色の実力だ! これら補正したもの含めてすべて 1分もかからず塗った ものばかりです。 いやはやほんと驚くほかありません。 トランプ大統領をAIで自動着色 超いい人っぽくなったw。 黒板アートをAIで自動着色 これ、なんと一発です!!!黒板アートとAI、相性良いです。 すげええええ。 昔の写真をAIで自動着色 普通に塗ったらほんと普通になっちゃったので、変化球で攻めてみました。 これはこれでありかも。 回想シーンに使えそう!AI自動着色 こちらも一発AI自動着色です。 回想シーンとかに普通に使えそうですよね。 癖はありましたが、用途によっては、かなり使えるのではと思う精度でした。 ブログの挿絵やアプリで遊ぶ あたりの使い道にはすごくいいんじゃないでしょうかね。 アプリ出さないですかね。 いやはや、凄いです。 みなさんもぜひ。 >> 関連情報リンク 絵師さんにはまったく叶いませんが、用途を絞ると明らかに効率化。 >> 時代の流れ。 >> ギーク集団。 >> まとめ AI を耳にする機会が増えましたが、実際に使うことではじめて付き合い方が見えてきますね。 >>人気の「wacom」最新一覧はこちら。 今回のピクシブAIでは、用途さえ絞れば結構使えるのではないかなと思いました。 またいろいろと試そうと思える精度でした。 しかし、AIの著作権とかほんと気になりますね。 今後もキャッチアップしてきますね。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

[B! 著作権][pixiv] nanakosoのブックマーク

ピクシブ 著作権

pixivの著作権についてです。 pixivに二次創作の小説を投稿しようと思っています。 その作中で、登場人物が現実にある有名な曲を歌っている、というシチュエーションを入れたいと考えています。 勿論、曲の歌詞を入れてしまっては、著作権の侵害にあたる事は分かっているので、入れません。 ですが、表す曲が何なのか、なんとなく分かる様なニュアンスを入れる事は、著作権の侵害にあたりますか? 例えば、ディズニー映画『アリエル』に出てくる、「Part Of Your World」を作中に登場させたい場合、「人魚の女の子が陸の世界への憧れを綴った歌」と表記する、という様なことです。 私自身が使いたい曲もとても有名で、ニュアンスだけで殆どの人が曲を断定出来ると思います。 pixivの著作権に対する仕組みが分かっておらず、この様な質問をさせていただきました。 是非回答よろしくお願いします。 断定できてしまうのであれば、その曲の権利者が二次利用の許可をしていなければ、勝手に使用してはいけません。 二次創作で使用しても良いかどうかは、その曲の権利者が許可しているか否かによります。 二次利用の許可がされているのであれば、おそらく、ここまでならOKみたいなガイドラインがあるはずなので、探してみて下さい。 例えば、『非営利の二次創作や同人で使用してもいいが、CD音源をそのまま使うのは禁止です』みたいな感じのことが書いてあるはずです。 ボカロは許可されていることが多いのでよく二次創作で使われてますよね。 もし二次利用の許可がされていないのであれば、その曲だと誰にもわからないように表現すれば大丈夫だと思います。 登場人物が歌っている曲の内容については触れずに登場人物が歌っている様子だけを描写したり、大多数の曲に当てはまるように表現をぼかしたりするとか…。

次の

pixivで著作権の仕組みはどうなっているのでしょうか?

ピクシブ 著作権

これについては著作権情報センター、警察、検察の全てが認めています。 具体的には、拙作を原作とする漫画とイラストの無断利用。 私はプロではありません。 アマチュアの作品でも著作権法違反が成立するという点には注意です。 事案を簡単に説明すると、次の通りとなります。 イラストレーターAは私とコンビを組み、私の小説を原作として漫画・イラストを描いていた。 私とAはコンビを解消した。 2の際、私とAとは、漫画・イラストにつき、次の取決めをした。 コンビ解消の後、私はAから執拗な嫌がらせを受け、警察へ通報した。 Aは警察から警告が与えられたにもかかわらず、嫌がらせ行為を止めなかった。 私は4を理由とし、3における利用許諾を取り消した。 Aは、5及び法定除外要件がないにもかかわらず、pixivとcomicoで漫画とイラストの利用を続けた(=削除しなかった)。 PixivとcomicoのアカウントはAのものであり、私はパスワードを知らなかった。 (=Aが漫画とイラストの管理支配権を排他的に有していた)• 私は、Pixiv・comicoの両運営に削除要請をし、警察に通報し、最終的に検察へ告訴した。 5、6、7をもってAの著作権法違反が成立します。 構造としては「 キャンディ・キャンディ事件」と同じです。 そう考えてAの告訴に動きます。 警察の捜査に対する両方の運営の対応 著作権法違反はややこしくて所轄署はあてにならないし信頼もできない。 というわけで、広島県警本部へ直接相談しました。 (何かのツテというわけではなく、一般市民として普通に電話相談。 その上で担当部署へ回されました) 担当の課長補佐はとてもいい人でした。 私の法的構成に誤りがないことを認めてくれ、所轄署へ話を下ろしてくれました。 しかしこうした根回しにもかかわらず、所轄署では担当の刑事が告訴を受理すまいとゴネます。 (刑事が私とAのチャットログを読んでAの統合失調症を疑ったのが大きな理由) 散々やりあった結果、刑事とは次の通り話がまとまりました。 警察が捜査して事実を確認した上で著作権法違反が本当に認められるなら、警察がAに対して削除警告を出す。 もしAが警告に従わなければ告訴を受理する(むしろその時点で逮捕に動く)。 警告を行うのは、本来は私の役目。 「故意(=主観的構成要件)をはっきりさせるには警告した方がいい」というのが刑事の主張でした。

次の