ポケモン ユキメノコ 育成論。 ユキメノコ/対戦

[mixi]ユキメノコ育成論

ポケモン ユキメノコ 育成論

基礎データ ずかん No. 3m おもさ 26. 8倍の補正がかかる。 フィールド時 手持ちの先頭にいて、尚且つフィールドの天候が「雪」の時、野性のポケモンと会いにくくなる。 名前の由来は恐らく「 ユキ 雪 + メノコ アイヌ語で"女の子" 」。 「メノコ」と短縮して呼ばれることもある。 また、胴体の形状から、日本の伝統工芸品の1つであるもモチーフにしていると思われる。 振袖のように見えるのは実は腕で、 頭から直接垂れ下がっている。 胴には赤い帯のようなものがあり、胴は空洞となっている。 雪女の伝承と同じようにに生息しており、では雪山で遭難した女性の魂がつららに乗り移って生まれたという言い伝えが残っている。 また、特にのを好物とするようで、酷いの晩にはそれを狙って人里に下りてくると言われている。 もしノックされても決してドアを開けてはいけない。 もちろん、ゲーム中ではそんなことは起こらないので、トレーナーの皆さん(特に男性キャラを使っている人)は安心していただきたい。 よく勘違いされがちだが、顔の牙のようにギザギザになっている部分はオニゴーリ同様のようなものであり、口は人間とおおよそ同じ位置に、人間と同じような物が存在する。 でも「かみくだく」は使える不思議。 デザインから人気の高いポケモンであり、、を問わず多数の絵が投稿されている。 宣言をしている人も多い。 だが、では、や時代のと似たような状況に陥ってしまった。 エルレイドはORASでメガシンカが追加されたため、この先の作品でのメガシンカが待たれる。 ゲームでの特徴 新たにゴーストタイプが付加され、こおり・ゴーストというタイプの組み合わせは ユキメノコのみ。 こおりタイプの弱点の一つで、使用率の高いを相性の良い組み合わせである。 「すばやさ」がと同じ種族値 110で高い。 こおりタイプではに次いで速く、を抜いてと同速。 それ以外の能力は、攻撃ととくこうが80、防御ととくぼうが70と平均的である。 特性があるので、天候が状態で回避率が上がる。 その技のレパートリーから、霰パでは採用率の高いポケモンのひとつ。 攻撃技は霰状態で必中の 『』をはじめとして 『』『』『』『』などが候補にあがる。 補助技は 『』『』『あられ』『かげぶんしん』など。 防御面に不安があるのでを持たせるとよい。 「すばやさ」が高いので 『みちづれ』も狙いやすい。 ゴーストタイプゆえか、覚える技こそ強力だが、攻めの強さを最大限生かすにはやはり技マシンが必要となる。 イメージに合わないが「こうげき」と「とくこう」の値が一緒なので、物理型も少なからず存在したりする。 特に第8世代においてはDLCの「鎧の孤島」の教え技にて 『』、 『』を得たため、 特殊型にも劣らぬ活躍に期待される。 足が速くたいていのドラゴンタイプに先手を取れるのでドラゴンキラーとして期待できるように思えるが、とくこう80はやや中途半端で防御も低いため、ガブリアスやのように氷が4倍弱点で有利でも、万が一『きあいのタスキ』で仕留めそこなったりすれば、ドラゴンのサブウェポンとして定番の『』で返り討ちにされる可能性が高い。 また、相性で有利なかくとうタイプ相手でも『』『』を食らったりすればあっさり落ちてしまうこともある。 どちらにせよ、素早さ以外が中途半端で長期戦には向かないポケモンといえるが、短期決戦しようにも『』を覚えないためそれも簡単にはいかない。 勝てない相手と感じたら「みちづれ」を使って相手とともに潔く散るのも手だろう。 夢特性はのろわれボディ。 相手が使ってきた攻撃技をかなしばり状態にするという強力な特性だが、ユキメノコは耐久が低く弱点も多いのでほどはうまく使いこなせない。 みちづれの相性が悪いのも欠点。 みちづれを失敗して倒されてしまった時に効果が発動すればラッキー、程度に考えた方がよいだろう。 とはいえ、第6世代では発生させた天候の継続に最大8ターンの制限がかかった事で天候パの需要がガタ落ち状態、それに伴いゆきがくれも生かしづらくなっているため結局対戦ではこちらの採用率の方がわずかに高い PGL統計。 第7世代ではゴーストタイプだからか新たに 「」を習得した。 氷タイプのおにび習得者は初... と言いたいところだが、フォルムチェンジしたがいたではないか。... とにかく、高い素早さから撒けるのは単純に良い。 物理アタッカーへの嫌がらせにどうぞ。 同時にこの世代では 「ぜったいれいどがこおりタイプに無効化される」ようになり、一撃必殺技は以外通らなくなった。 ふうせんで浮けばそのじわれもスカせる・・・が、あくまでネタなので実戦では使いにくいか。 では に実装された。 とはいえ、その進化条件もユキワラシのアメ100個+ とかなり面倒。 進化前のユキワラシもなかなか入手の難しいポケモンなので、総じて入手難易度の非常に高いポケモンとなっている。 そんな入手難易度に反して、性能の方もお世辞にも良いとは言えず、攻撃面・耐久面共に低いためにバトルでお呼びがかかることはまずない。 原作ではすばやさの高さが売りであったが、生憎本作ではそもそもゲームシステム上すばやさの概念自体が存在しないので、完全に自身の強みを潰された形となってしまっている。 こんな有様なので、現状では図鑑の穴埋めのためのやりこみ要素や観賞以外の用途はほぼ皆無。 よほど思い入れがあるという場合を除けば無理に強化する必要はないだろう。 主な使用ポケモントレーナー•

次の

ユキメノコ育成論

ポケモン ユキメノコ 育成論

私もあまり対戦は詳しくないのですが、少しでもお役に立てれば幸いです。 まず、技構成ですが「ふぶき」と「れいとうビーム」は片方に決めたほうが良いと思います。 私はユキノオーの後に出すのなら「ふぶき」でいいと思いますが… あと、ユキノオーの後で出すのなら「あられ」も抜いても大丈夫だと思います。 もし、相手のポケモンに天気を変えられたとしてもユキメノコは防御・特防が低めなので「あられ」を使うヒマがないと思うので。 「あられ」の代わりは「ひかりのかべ」が良いと思います。 相手が行動するより先に使うことが出来れば、特殊ポケとのタイマンに強くなります。 後にも残るため、サポートとしても使えます。 さらに、持ち物はガブリアスやボーマンダに1度後出しできる「きあいのタスキ」や、低めの特攻を補う「つららのプレート」「たつじんのおび」などはいかがでしょうか? この程度のことしか言えませんが、少しでもお役に立てればうれしいです。 私は「あられ」と「れいとうビーム」を抜きますかね。 いれるとしたら、水対策の「10まんボルト」や鋼・氷対策に「めざめるパワー炎」、または対ゴウカザル用に「サイコキネシス」や、ゴーストタイプを活かし、「まきびし」(ゴーストタイプなため「こうそくスピン」があたらない)などもありではないかと思います。 速さを活かして、「こだわりメガネ」装備して高威力「ふぶき」というのも私の頭には浮かんできました。 素早さ種族値が130のポケモンまたはバレットパンチなどの先制技を使用してくるポケモンには一撃でやられる可能性のある形ですが・・・ メガネをやめて「こだわりスカーフ」というのもありでしょうかね。 そうすると「ふぶき」の威力はメガネ装備時よりも落ちてしまいますが、十分な火力はだせますね。 素早さが元から高いため、ある程度のポケモンより素早く動けます。 素早さ特化型の種族値130のポケモンなどは微妙ですが・・・ 私が思い浮かんだのはこれくらいでしょうかね。 長文失礼しました。

次の

ユキメノコ : 霰パーティー

ポケモン ユキメノコ 育成論

ユキメノコの歴史 第四世代 まだメタがそれほど充実していなかった当時、と共に対策として利用されることはあった。 ただ、マニューラよりが低く、火力指数もを考慮したところでマニューラとそう変わりはなかったため、の一貫性が高いパーティには強い反面、世代末期の環境で成立した「結論パ」などのバランスの良いには種族値の差で押し切られたりプレイングで流されたりすることもあった。 その結論パの1体となったへの対策となるがゲンガーと同じ110族としてそのまま刺さることが多かったため、を持たせないとこの頃は特にキツかった。 で、、、を、でをそれぞれ獲得。 第五世代 、など新規のの台頭、、などの既存のドラゴンの環境への居座り、の登場などから、ドラゴンメタとしては需要が伸びた。 一方、、、などのの高火力アタッカーの登場などから、ユキメノコが不利対面に出くわす場面は第四世代よりも増加。 をとして獲得しており、消去法で考えてだが比較的汎用性の高い特性を得た格好となった。 の獲得によって、、ではユキメノコのでのを瞬時に発動する「メノコケンタ」が成立。 、無効なので、コンボ成功率はそこそこ高い。 ただし、ユキメノコはケンタロスと同速なので、ユキメノコのこおりのいぶきよりも後で動かなければ意味が無い都合上の方が最速にしづらいという難点がある。 第六世代 の登場によってドラゴンメタとしては需要が低下し、、、といったの威力が仕様変更によって低下。 最速同士だとの先手で出落ちになることもあって、第五世代よりも大幅に弱体化。 一方で、の強化、の技の相性仕様変更によってに対して等倍となったことなどから、ユキメノコはゴーストタイプとしての性質が強くなった。 世代終盤になるとあまりにもガブリアスやボーマンダが警戒される傾向が強くなったため、ユキメノコもそのメタとして利用されることがあった。 を上から叩いたりをみちづれで1:1交換に仕留めるのにも向いており、実はORASリーグ使用率1位から3位の常連に対しては強力であったが、ほのおの増加は総合的に見ると如何ともし難かった。 PGLレーティングバトル統計データからは、れいとうビーム、シャドーボール、みちづれという主流技に、、などのような補助技を1つ加えた構成がメインであったことがうかがえる。 性格は最速を意識したが、持ち物は低耐久を補うが定番であった。 特性はが多数派であった。 発動役としては、こおりのいぶきの威力が上方修正されたことが仇になって弱体化。 これにより、もし採用するなら味方へのを抑えるために低レベルに調整した上でエースとのあるいかりのつぼ持ちより速く動けるようを持たせる必要に追われた。 一方、トリプルバトルでは「メノコケンタ」にを防御手段として加えた型もあり、実際の対戦ではケンタロスに加わる量を承知でレベル50ユキメノコを使うケースも少なくなかった。 第七世代 やの登場などの仕様変更により、ドラゴンメタとしてはますます需要が冷え込んだ。 さらに、の仕様変更によって、最速同士がかち合うと1ターン目からに先手を取られるようになったという仕打ちに遭った。 一方、の習得によって面では強化された。 といっても、この世代には通常特性にを追加された、同じゆきふらし要員としては初手で味方をサポートできるなどが登場しており、ユキメノコの特性がどれも即効性に欠けることもあって、こおりタイプとしては第六世代よりも立場を弱めた。 対戦では大きな単体構成の変化はない。 USUMリーグシングルバトルシーズン7では、このシーズンに採用された通常火力技最上位のが搭載率6位の28. 環境が特殊寄りになって特殊耐久ベースの型が増えた結果としてはのが比較的低めなユキメノコがアタッカーを諦めたのは必然と言える。 第八世代 の獲得によって型が強化された。 ただ、攻撃性能が低いのでシングルバトルで使うと積みなどの起点にされやすい。 では無効のサポーターとして稀に採用され、前作に引き続きでの素早さ操作等をするものの他、新たに味方がダイアイスをした脇でを展開するコンボが知られる。 一般的な育成論 が高い以外は平均前後の能力と心もとない。 単にアタッカーとなるにはの劣化となるので補助技を活かすか、状態でアドバンテージを得るパーティに入れたい。 その高い素早さで補助役だけに徹するのもアリ。 早い段階でまきびしを撒け、ちょうはつも使いやすい。 攻撃系の能力値に努力値を割かなくても、があるのでその気になれば敵を倒すことはできる。 第五世代なら、ダブル・トリプルバトルで、を持った味方にを当ててやってもいい。 これらのときにも、すばやさが生きてくる。 ダメージに期待しないならこごえるかぜも優秀。 攻撃技としてはタイプ一致の、を筆頭に、、などを入れたい。 とにそれほど差がないので、物理と特殊、好きなほうに育成していい。 進化前から、などあまりイメージじゃない技を引き継ぐこともできる。 ただし、二刀流になれるほどには能力値に余裕がない。 ならば、やも候補となる。 も取得でき、晴れパに組み込んでやを追い詰めることもできる。 補助技は、、、、などがあり、まきびしを遺伝するときは、サボネア(ノクタス)から、ロゼリア(ロズレイド)を経るといい。 隠れ特性は。 耐久力が低いため、のように意図的に発動を狙うのは厳しいが、ゆきがくれはあられ状態でないと意味が無い特性なので、あられパでないのなら一考の余地はある。 他のポケモンとの差別化点はとを唯一両立できる点にある。 みちづれを放った後で優先度が-であるゆきなだれを使うということは、みちづれの実質的な持続期間を少しでも伸ばすことができるという意味である。 また、タイプ統一パーティや、パーティを組みたい場合は、『を無効にできるこおりタイプ』という特徴がかなり大きくなってくる。 を狙ってきそうな相手に交代読みで繰り出して反動ダメージを狙うことができるし、も覚えるため半端な素早さと特殊防御のかくとう(ついでに)にはそこそこ強く出られる。 特殊攻撃種族値80とはいえ、タイプ一致で威力130になる技はそれなりに痛く、かを撒いてからでを殴るのもいい。 最悪、半端な素早さの味方を補助するために、こごえるかぜかでんじはを使ってから退場するだけでも、意外と仕事になる。 自分もバツグンをとられてしまうが、のおかげで積み技・補助技メインのも狙えるかもしれない。 高い素早さ、、あられという条件が揃っているため、や持ちにもやや有利。 気を付けたいのは、タイプはもちろん、かくとうのサブウエポンのと、バツグンをとられる先制技の、、あたり。 を使う味方で補助してもいいかもしれない。

次の