シルク パジャマ 洗濯。 シルクパジャマの選び方・洗濯頻度・洗濯のやり方を調べてみた | 悩み解決青空ブログ

シルクパジャマの選び方・洗濯頻度・洗濯のやり方を調べてみた | 悩み解決青空ブログ

シルク パジャマ 洗濯

シルク(絹)はカイコ(ガの幼虫)から吐き出された糸によって作られた布です。 シルクの衣類は洗濯が難しいので、必然的に着用する頻度も減りがち…。 自分で上手に洗濯ができれば、もっと活躍させてあげられますね。 シルクの特色 シルクは非常に柔らかく軽い素材で、保温力に優れています。 一方、摩耗強度が弱く、使い続けるうちに毛羽立ってしまったり、擦れて破れてしまうこともあります。 また、虫食いやカビの被害にあいやすいほか、日光にも弱く、黄ばんでしまう場合があります。 更に、シルクは染色されていても他の布にくらべて色の定着が弱いという特色があり、汗にも弱いため、汗による色落ちが発生することもあります。 シルクを洗濯する前に シルクを洗濯する前に確認しておきたいのは、洗濯表示と、使う洗剤、色落ちチェックです。 繊細な衣類だけに、事前のチェックが重要になるので、ポイントを抑えて確認していきましょう。 洗濯表示の確認 まずは、衣類の洗濯表示を確認しましょう。 手洗いマーク(桶に水が張ってあるマーク)が付いていれば洗えますが、そのマークにバツ印が付いている場合は基本的に洗うのを避けたほうが良いでしょう。 シルクを洗う洗剤 洗濯マークがついている洗剤は、中性洗剤(おしゃれ着洗い用、ドライマークの洗剤)で洗うことができます。 手洗い、もしくは洗濯機のドライコース(優しく洗うコース)を使用します。 色落ちしないかチェック シルクは色落ちしやすいという特性があるため、最初に目立たない場所でテストをしましょう。 白い布に洗濯で使う洗剤を少しつけて、シルクの衣類を少しこすります。 洗剤をつけた布に色が付かなければ大丈夫です。 洗ってみよう シルクは基本的に手洗いをおすすめします。 衣類は裏返してから洗ってください。 手洗い• 畳んだ衣類を桶の中に入れて数分待ち、絞らずに、今度はきれいな水に数分浸けてすすぎます。 この作業を数回繰り返しましょう。 脱水は、数秒回し、一度止めてまた数秒回すという方法で細切れに行い、衣類にかかるプレッシャーを少なくしつつ脱水をします。 洗濯機で洗う• 汚れが気になる部分が上になるようにしてたたみ、洗濯ネットにいれます。 洗濯機のドライコース(洗濯機によっては、おしゃれ着洗いコースやソフトコースという名前です)で洗います。 干し方 洗い終えたシルクは、形を整えて日陰の風通しの良い場所で乾かします。 日光には弱いので、くれぐれも直射日光に当てることは控えましょう。 シルクの洗濯、不安であればクリーニング店へ シルクは上記の方法で自宅でも簡単に洗うことができますが、とてもデリケートな素材です。 高価な衣類や大切な衣類であれば、クリーニング店でプロに シルクの洗濯をお願いすることもできますよ。

次の

シルクの洗濯方法、シルクにやさしい洗濯の仕方

シルク パジャマ 洗濯

【スポンサードリンク】 シルクを洗濯する前の準備 まず、 洗濯表示を確認します。 手洗いOKのマークがあれば自宅で洗濯が可能です。 ない場合は、クリーニング店にお願いしましょう。 おしゃれ着洗い専用の洗剤が販売されているので、そちらを使ってください。 ない場合は ヘアシャンプーで代用可能です。 シルクも髪の毛も同じタンパク質なので、代用できるんですよ! そしてシルクは色落ちしやすい素材のため、 色柄物の場合は目立たない場所で色落ちしないかテストを必ずしてください。 シルクの洗濯方法 シルク製品は手洗いするのがオススメです。 シルクは擦れに弱い素材なので洗濯機でガシガシ回してしまうと毛羽立ったり、ひどい時は破れてしまいます。 どうしても洗濯機を使う場合は、ドライコースで脱水は最短にしてください。 手洗いの場合• 中性洗剤を適量の水道水またはぬるま湯に加え、洗濯液を作ります。 パジャマを軽く畳み、洗濯液に5~10分漬けながら軽く押し洗いします。 水をきれいなものに取り換え、同様に押し洗いしながら軽くすすぎます。 脱水は洗濯機の機能を使用し、シワになるのを防ぐため、高速回転になったら5秒程度で止め、形を変えながら数回繰り返します。 【スポンサードリンク】 シルクの乾燥方法 干す時は、 軽くシワをのばすように整えてから陰干しで乾かしてください。 直射日光が当たってしまうと色落ちしやすく、黄変してしまいます! 乾燥機はもってのほかです。 シワになる上に、擦れるので生地を傷めてしまいます。 シルクはカビが発生したり虫食いが起こりやすいため、しっかりと乾燥させてくださいね! アイロンをかける場合は、生乾きの状態で当て布をし、内側からかけてください。 シルクの保管方法 シルクは先に紹介したとおり、タンパク質で構成されています。 そのため、カビが発生しやすく虫食いが起こりやすいです。 湿気のある場所での保管はNG!乾燥材を使用するなどして、湿度のない涼しい場所で保管しましょう。 クリーニングから戻ってきたものをそのまま片づける場合は、かかっている ビニール袋は外してくださいね! 湿気の原因になる他、クリーニング時の溶剤が揮発せず残ってしまい シミの原因になります。 最後に いかがでしたでしょうか。 大切なシルクのパジャマ、結構手がかかりますがお気に入りは長く着たいですよね。 適切な洗濯・乾燥をし、保管方法を間違えたりしなければ痛みも少なくなります。 しっかりとお手入れをすれば長い間愛用できますので、かわいい子を守る気分でシルクのパジャマを愛でてあげてくださいね! またシルクによく似た生地のレーヨンについては、 の記事で紹介してますのでこちらもチェックしてみてくださいね! それでは最後までお読みいただきありがとうございました。 少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

次の

シルクの洗濯方法、シルクにやさしい洗濯の仕方

シルク パジャマ 洗濯

どうしよう・・・ シルクのパジャマをもらったけど、 お手入れの仕方がわからない! シャツやシーツ、ストールなど、シルク製品は様々ありますが、中でもシルクのパジャマに心奪われる女性は多いですよね。 私もシルクのパジャマに憧れるひとりでしたが、とにかくお手入れが大変そうで手を出せずにいました。 そんな中、祖母がシルクのパジャマをプレゼントしてくれたのです! 憧れていたシルクのパジャマに、私のテンションはぐんぐんアップ! でも、ちょっと待って!• シルクのパジャマって、普通に洗濯してもいいの?• 自宅で洗濯するときの注意点は? お手入れの仕方を知らないと手を出しにくいシルクのパジャマですが、ちょっとしたコツをつかめば、自宅でも簡単にお手入れできるんです。 これを読んで、安心して憧れのシルク生活をはじめましょう! 理想のパジャマの洗濯頻度より少しだけ間隔をあけて洗濯するのがオススメです。 理想のパジャマの洗濯頻度は、 夏で週3回以上、冬は週2回程度と言われています。 しかし、綿素材に比べてデリケートなシ ルク素材を同じ頻度で洗濯してしまうと、生地をいため寿命が短くなる原因になるので、理想の頻度よりは少し控えめに洗濯しましょう。 ただし、 特別に汗を多くかいた日は別です! 「汗のにおいがしない=汚れていない」ではないので要注意! シルク素材は、吸湿性・放湿性・保温性に優れているうえ、繭のもつ抗菌性により、綿素材 より汗のにおいがつきにくいのも特徴ですが… 汗のシミはそのままにしておくと落ちにくくなるので、早めに洗濯しましょう。 洗濯表示を確認する• 他の洗濯物と分け、衣服を裏返して洗濯する• ぬるま湯で、優しく手洗い(押し洗い)する• 洗濯機の場合は、弱洗いまたはソフト洗いを選択する• 塩素系洗剤はNG!中性洗剤を使用する• 脱水機は短時間&乾燥機NG!• 陰干しで、しっかりと自然乾燥させる• アイロンがけは、当て布をして、裏側から低温でかける• 長期保管のときは、防虫剤・乾燥剤を使用する• クリーニングの外袋は、外して保管する シルクの素材って、ちょっと高級で手を出しづらい印象があったのは、私だけではないと思います。 でも、ちょっとしたコツを知っていれば、自宅でも簡単に洗濯できるアイテムと分かってもらえたでしょうか? ただし、ここぞというときの高価な一張羅や大切な衣類は、やはりクリーニング店を利用するほうが安心だと思います。 シルクのパジャマを堪能できる方が増えますように。

次の