お 仕事 お疲れ様 です。 仕事で「お疲れ様です」という言葉をよく使いますが、「不適切で…

上司にお疲れ様ですはあり?電話とメールでの使い方とは

お 仕事 お疲れ様 です

「お疲れ様」の意味 「お疲れ様」にはどのような意味があるのでしょうか? 本来「お疲れ様」とは労いの言葉として使用されています。 すれ違った時や帰宅時の挨拶として使用する場合も、よく終業時に「お疲れ様」が飛び交いますよね。 何気なく口にしていた「お疲れ様」にも、ちゃんとした意味があったのです。 しかし、 「目下の人が目上の人に労いの言葉をかけること自体が失礼である」とした考え方もあります。 挨拶としての「お疲れ様」なのか、労いの意味を込めた「お疲れ様」なのかを見極める必要がありそうですね。 ビジネスマナーの基準として考えられている秘書検定では、 「お疲れ様です」が目下から目上の人に言う言葉 「ご苦労様」が目上から目下の人に言う言葉 となっています。 ですので、 上司から「ご苦労様」と言われたら「お疲れ様」と返せばよい良いということになります。 では、「お疲れ様」と言われた場合、どのように返事をすれば良いのでしょうか? どうやって返事をする?上司、同僚、友人別 先ほど「お疲れ様」が挨拶なのか、労いの言葉なのか見極める必要があるという話をしました。 でも、それをとっさに判断するのは難しいですよね。 そこで「お疲れ様」にかわる言葉を探してみました。 ・ありがとうございました ・失礼します ・とんでもございません これは 上司へ返事する際に使用できる言葉です。 上司が「お疲れ様」と言ってきたら、状況に合わせて言葉を選んでみてください。 もし、帰りに「お疲れ様」と言われたら 「お先に失礼します」。 特大イベントが終わった後に「お疲れ様」と言われたら 「ありがとうございました」「とても勉強になりました」。 といったように状況に応じて言葉を選べる人は、人間関係をより深められる人でもあります。 ボキャブラリーを増やすことで「オウム返し」が少なくなります。 その結果、場面に応じて言葉を考えて返せる人であると思われ、信頼されやすくなるのです。 では、同僚や友人に対してはどのように言えば良いのでしょうか? 同僚や友人には「お疲れ様」と返して問題ありません。 しかし、「お疲れ様」と言われたのに「ご苦労様」と返すと、高圧的な人間だと思われてしまう可能性もあります。 「ご苦労様」を使わずに返事をしましょう! また、 同僚から自分の帰宅時に「お疲れ様」と言われたら「お疲れ様」と返すよりは「お先に失礼します」の方が丁寧であるといわれています。 その同僚が、まだ仕事をしているのか、もう帰宅するのかを把握してから返事をしても良いでしょう。 「お疲れ様」には思いやりと一緒にビジネスマナーとしての要素を持ち合わせています。 では、メールで「お疲れ様」ときた場合、なんて返信すれば良いのでしょうか? メールは相手の表情がわかりにくい連絡手段です。 不快にしてしまっては、今後のビジネスにも影響を及ぼしてしまいます。 ここはしっかりと返信をしたいですよね。 取引先から「お疲れ様です」ときた場合「お世話になっております」の書き出しから始めるのがベストです。 いつもお世話になっていなくても、「お世話になっています」を使用するのがビジネスマナーとされています。

次の

「お疲れ様です」を目上の人に使うのはOK?それともマナー違反?

お 仕事 お疲れ様 です

まず結論を。 「お仕事をお疲れ様です」は相当ヘン。 Xと言っていいかも。 「を」を削除した形で十分通じると思うが、何かを省略している感じがある。 いったい何を省略しているのだろう。 1 お仕事( )お疲れ様です 2 お仕事( )頑張ってください 1 に入る助詞は……思いつかない。 ヲ、ニ、デ……どれもむずかしそう。 あえて言うなら「ヲされて」「ヲなさって」くらいかな。 ちなみに、こういう話になると「目上に対してはお疲れ様。 ご苦労様は同格か目下に使う」と言われる。 個人的には疑問があるが、世間の風潮にムヤミに逆らうのはやめよう。 いやその、適切な代案があるなら逆らってもいいけど、何も浮かばない(泣)。 この問題を考えると、いつでも浮かぶのが任侠映画のワンシーン。 兄貴分だか親分だかが刑期を終えて出所する。 出迎えた若い衆がねぎらいの言葉を口にする。 「お務め、ご苦労様です」 ここは是が非でも「ご苦労様です」なんだよな。 目上が相手でも「お疲れ様」では感じが出ない。 ただ、兄貴分だか親分だかが塀の中で、最近の敬語の風潮を仕入れていたら、ぶん殴られるかもしれない(笑)。 この場合も助詞はいらないと思うが、ちょっと修飾句がつくと感じがかわる。 「長きにわたるお務め( )ご苦労様です」 これだと、ヲやデが入ってもいいかなって気がする。 2 はやはり本線はヲだろう。 ニでもおかしくない気がする。 「仕事( )頑張る」ならどちらでもOKだろう。 微妙なのはデ。 間違いではないけど、妙なニュアンスがくっつく。 受験で考えるとわかりやすいかも。 「英語がダメだったから、国語デ頑張る」。 実際には当日になって頑張ったってしょうがないんだけど(笑)。 アレ? 「国語( )頑張る」の場合はヲはアリだろうが、ニはヘンだな。 なんでだろう。

次の

ビジネスメールで「お疲れ様です」は正しいの?挨拶マナーのまとめ

お 仕事 お疲れ様 です

仕事納めの意味とは?御用納めとの違い 「仕事納め」とは、1年の終わりの大切な節目の日で、勤め人の場合はその年最後の「出勤日」となります。 同じ意味の言葉として、 「御用納め」があります。 「御用納め」は、官公庁などで使われる言葉で、「江戸時代」の役人の仕事を「御用」と呼んでいた事から由来しています。 【仕事納め】も元々御用納めと呼んでいた 官公庁の「御用納め」の日は、 法律によって決まっています。 年末年始の休みが12月29日~1月3日で年末の休みの前日、12月28日が「御用納め」になります。 12月28日が休日の場合は、前日または前々日になることもあります。 民間企業の「 仕事納め」の日は決まっていませんが、最近では、業務にさしつかえがある場合があるので、官公庁に合わせる企業も多いようです。 お金の出入りがある「年末」ということで、気になる 金融機関は、 12月30日まで仕事を行う所が多いです。 年末年始が仕事の方は、「仕事納め」がありません。 また、海外では、「お正月」よりも「クリスマス」を大切にしているので、「仕事納め」と言う考えはないようです。 「年内最後の出勤日」のことを、 かつては「御用納め」とテレビ・新聞などで言っていましたが、「御用」と言う言葉に対して クレームがあったため、 最近では「仕事納め」と言っています。 【仕事納め】の日は何をするの? 「仕事納め」の日は、 何をするのか職場によって違いますが、私が、知っている2パターンについてご紹介します。 当日の午前中まで仕事するパターン 午前中は、 今年の「締めくくり」の仕事をして、 昼からは 全員で一斉に「大掃除」を始めます。 「大掃除」終了後に、全員そろって 「今年最後の終礼」 その後、全員に「年末のあいさつ」をして回り、いつもより 1時間位早く帰ります。 仕事を前日までに終わらせておくパターン やるべき仕事は、 前日までに終わらせて、「仕事納め」の日は、9時~11時位まで、全員で一斉に「大掃除」をします。 「大掃除」終了後に、近くのそば屋で作った「カップの年越しそば」を2人前貰い、全員に「年末のあいさつ」をして回り、12時頃帰ります。 その他、通常通りの仕事をする所もあるようです。 また、「仕事納め」といえば、テレビのニュースなどで、その模様が毎年放送される 「証券取引所の大納会」があります。 その年に話題となった人が、「立会終了の鐘」を打つのが恒例となっています。 来場者には、「年越しそば」が振舞われます。 【仕事納め】の挨拶で「お疲れ様です」は失礼? 「仕事納め」で大切なのは、「挨拶」です。 「仕事納めのあいさつ」は、1年の締めくくりの 「あいさつ」と言うだけでなく、来年も、 良い人間関係を続けることができるようにするためにも、 絶対に欠かせません。 仕事納めの別れの挨拶に『お疲れ様です』は失礼? 仕事納めの日に 『お疲れ様です』といったら 失礼になるのでしょうか? 挨拶なので、 『お疲れ様です』といっても 失礼にはならないと思いますが、• 『来年もよろしくお願いします』• 『お疲れ様でした、良いお年を』 といった方が、よりベターな感じがしますね。 また、社外の人に今年最後の挨拶をする際に、お疲れ様です(お疲れ様でした)とすると、不愉快な思いをされる場合もあります。 会社や仕事によっては、仕事納めの日以降も仕事が入っている場合もあるので、注意しましょう。 仕事納めの【挨拶の仕方】一言やメール 「仕事納めのあいさつ」には、色々な立場の「あいさつ」がありますので、いくつかのパターンをご紹介します。 外回りをしている人の仕事納めの挨拶 外回りの仕事をしている人は、今年の最終訪問日に、「年内最後」の訪問であることを伝え、 「今年お世話になった お礼」と 「来年も宜しくお願いします。 よいお年をお迎え下さい。 」 と言った「あいさつ」をします。 内勤の人の社外への挨拶はメールで 内勤で対外的な仕事をしている人は、相手の「仕事納め」の日を事前に確認し、こちらの 「仕事納め」の日を連絡します。 「あいさつ」は、電話やメールで外回りの仕事をしている人と同じように 「 感謝」を込めた「あいさつ」をします。 同じ職場の人への挨拶 同じ職場の人の場合は、 「役職の上」の人から順番に 「今年1年お世話になりました。 来年も宜しくお願いします。 良いお年をお迎えください。 」 といった「あいさつ」をします。 仕事納め【挨拶】御用納めとの違い|まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は仕事納めの意味や、御用納めとの違い、挨拶例などをご紹介しました。 「仕事納め」と聞くと、これからの「年末年始の休み」がある勤め人にとっては、心が躍りわくわくする言葉だと思います。 しかし、それだけではなく「仕事納め」の日には、今年1年を振り返り、仕事に区切りをつけ、「心機一転」、新しい気持ちで、新しい年の仕事に向かえるようにしたいものです。 あわせて読みたい:.

次の