アニマ ストリーム。 【ロマサガリユニ】槍の試練でウンディーネが便利すぎる件【無課金】

【ロマサガRS】最強おすすめ陣形と入手方法一覧【ロマサガ リユニバース】

アニマ ストリーム

ウルトラハード25を安定周回するための条件とは? ボスとなるプラズマは取り巻きをすべてやっつけないとガードアップ(大)が付与されて、与ダメがだいたい3分の1くらいになってしまいます。 その取り巻き連中は耐久力こそそれほどではないですが、攻撃力が高く、先に動かれてしまうと1ターン目から壊滅的なダメージを受けてしまいます。 そこで取り巻きからダメージを受けないために先制しつつ全体攻撃を連発する必要があるのですが、これがけっこうスタイルや陣形を選ぶ。 少しでも先制する確率を増すために、ラピッドストリームなど素早さ補正のかかる陣形が第一候補となります。 しかし、鈍足スタイルだとそれでも素早さが足りず、相手に先制を許してしまうこともしばしば。 つまり、ある程度の素早さと初手全体火力を備えたスタイルでなければ使いにくいということになります。 この「縛り」について、アニバウンディーネを入れることで素早さという条件が解放されるんですね。 アニバウンディーネがもたらすメリットとは? サンダークラップによって、初手で取り巻き全員にスタンを付与することができます。 サンダークラップは、フル覚醒でBP10、威力Bの雷属性でスタン付与(確率小)ができる冷術です。 アニバウンディーネ自身は、全スタイルトップレベルの素早さと知力を兼ね揃えており、スタン付与係としては全スタイル最高の適正を誇ります。 私の場合、スタイルレベル50にしているのでかなり知力は高い状態ですが、陣形で知力補正をしなくても見事に取り巻き全員にスタン付与をしてくれます。 また、アニバウンディーネ自体の素早さが高いため、ほぼ先制してくれますが、先制をより確実にするためにカラーレンジャーの素早さ枠に置いています。 先制スタン付与のおかげで、取り巻きに動かれることなく一方的に攻撃できるため、素早さを気にする必要がありません。 特に槍で火力の高いスタイル(ハンニバルやナイトハルト)は素早さが低いことが多いため、実質先制攻撃のようにできるのは恩恵がでかいです。 素早さを気にする必要がなくなることで、ラピッドストリーム以外の陣形も使いやすくなります。 私はカラーレンジャーで腕力、器用さ、知力補正の位置にそれぞれの適正スタイルを置くことで与ダメを増やし、周回速度を早めています。 さらにアニバウンディーネは「生命の水」を継承することができるため、初手スタン付与後はヒーラーに移行できます。 ボスであるプラズマは状態異常が一切効かず、全体・単体火力ともにけっこう高いため、ヒーラーを置くことで安定度がグッと増します。 相手を動けなし、ヒーラーもできるという点では、佐賀ロックブーケでの全体マヒ付与や佐賀タリアでの全体石化付与でもいけなくはないですが、先制するための素早さを考慮するとアニバウンディーネが一番適正です。 素ステ90超えが当たり前になっているあたり、インフレが進んだなぁと感じざるを得ない。 この「槍の試練」というイベント、突属性のキャラクターを育成するにはもってこいのイベントなので、とにかく時間ができたら周回することをオススメします。 アニバウンディーネを持っている人はぜひ試してみてください。

次の

決戦!クィーンを周回しよう!

アニマ ストリーム

アニマストリーム!待望の術士特化陣形だ! 陣形メダルで交換できる陣形のひとつで、知力補正に特化しているのが特徴です。 狙われやすさが少し上昇。 狙われやすさが低下。 いや、もう、この陣形はいいよ!なんで良いのかって、 知力と素早さ同時アップが素晴らしい! 今までの陣形は知力アップさせようと思ったら素早さが犠牲になっていた。 唯一カラフルレンジャーだけは素早さダウンがなかったが、それでもプラス補正はないし、同陣形内で知力補正が1枠しかない。 とにかく全体攻撃が強い術士タイプなので、早く動けるってことは周回に便利ってこと。 それに先制確率がアップするので、動かれる前に高い知力を活かした状態異常を付与できる。 特に最強スタン付与役のSSウンディーネ(アニバ)との相性は抜群だろう。 メインアタッカー枠は知力50%アップ! 真ん中の2人には、知力が50%アップになる。 ただでさえ、高い攻撃性能に状態異常付与と優秀な術士がもっと優秀になってしまう。 しかも扱う術によって、いろいろな属性を使えるから様々な状況に対応できる。 それでいて素早さのマイナス補正はない。 今まで最強の術士陣形だった「マジカルシャワー」は、知力アップ枠には素早さダウンがあったため、敵に先制されがちだった。 だけどこれなら強力な攻撃を早めに叩き込める。 マイナス補正がいらないステばかり! 後列以外は、マイナス補正が体力と愛という、2大いらないステータスとなっている。 体力は物理攻撃による被ダメを軽減するステータスであるが、実際には属性耐性に依存するところのほうがはるかに大きく、あまり重要視されないステータスとなっている。 そんな重要なステータスだったら、体力デバフがもっと活用されているよね。 愛は回復時の回復量を左右するステータスだ。 つまり回復しない奴にとっては全くいらないステータスになっている。 また、キャラクターのステータス上昇によって愛のステータス自体が高くなっており、プラス補正がなくても十分な回復量が見込める。 白薔薇の「再生光」は、現状の上限HPよりも回復量があるため「ベホマ」なんて呼ばれているくらい。 それに、この陣形でヒーラーが欲しくなったら、愛のマイナス補正のない後列に配置すれば良いだけだし。 アニマストリームが可能にしたタームイベント高速周回 もう交換アイテムも取り終えたよって人も多いと思いますが、タームジェネラルのいるステージで全力オート安定高速周回が可能になったので紹介します。 上記画像のところで挑みましょう。 パーティー構成はさっきの陣形画像の通りです。 前の4人で手前にいるザコタームをやっつけます。 相手が動く前にウンディーネがスタンさせてくれるので、被ダメはゼロです。 もちろんスタンしないこともありますが、とりこぼしても1体なのでやられる心配はありません。 そして、満を持してデスのデスハンドでジェネラルを気絶させておしまいです。 デスが他のメンバーより早く行動してしまうと(ザコタームをやって受ける前に動いてしまうと)ザコタームにデスハンドをかましてしまいます。 それを回避するために素早さマイナス補正のかかる後列に配置し、さらに「死の鎧」など素早さマイナス補正のかかる武具を装備します。 これで気絶が入れば1ターン撃破が可能です。 仮に気絶が入らなかったとしても、ウンディーネがバブルスナップでずっとスタン付与してくれるので、ジェネラルは動くことができません。 また、このステージのジェネラルは斬属性が弱点なので、ビューネイの風切りとデスの死の剣で大きなダメージを出すことができます。 デスは、SSミリアム(2020年)でも代用可能ですが、気絶が入らなかったときに斬属性攻撃ができるという点でデスのほうが適任といえるでしょう。 前の4人はデスが行動する前にザコタームを殲滅できればOKです。 ウンディーネはスタン付与という重要な役割があるので代わりが効きませんが、他のメンバーは入れ替えOKです。 上の構成なら、ブルーが一番代えやすいかな。 ストライフにして火刑を打たせてもいけました。 これからかなりお世話になるであろう新陣形アニマストリーム。 でも、せっかくロマサガ3の続編って言っているのだから、いつかロマサガ3であったコマンダーモードの陣形技を実装してほしいですね。

次の

決戦!クィーンを周回しよう!

アニマ ストリーム

アニマストリーム!待望の術士特化陣形だ! 陣形メダルで交換できる陣形のひとつで、知力補正に特化しているのが特徴です。 狙われやすさが少し上昇。 狙われやすさが低下。 いや、もう、この陣形はいいよ!なんで良いのかって、 知力と素早さ同時アップが素晴らしい! 今までの陣形は知力アップさせようと思ったら素早さが犠牲になっていた。 唯一カラフルレンジャーだけは素早さダウンがなかったが、それでもプラス補正はないし、同陣形内で知力補正が1枠しかない。 とにかく全体攻撃が強い術士タイプなので、早く動けるってことは周回に便利ってこと。 それに先制確率がアップするので、動かれる前に高い知力を活かした状態異常を付与できる。 特に最強スタン付与役のSSウンディーネ(アニバ)との相性は抜群だろう。 メインアタッカー枠は知力50%アップ! 真ん中の2人には、知力が50%アップになる。 ただでさえ、高い攻撃性能に状態異常付与と優秀な術士がもっと優秀になってしまう。 しかも扱う術によって、いろいろな属性を使えるから様々な状況に対応できる。 それでいて素早さのマイナス補正はない。 今まで最強の術士陣形だった「マジカルシャワー」は、知力アップ枠には素早さダウンがあったため、敵に先制されがちだった。 だけどこれなら強力な攻撃を早めに叩き込める。 マイナス補正がいらないステばかり! 後列以外は、マイナス補正が体力と愛という、2大いらないステータスとなっている。 体力は物理攻撃による被ダメを軽減するステータスであるが、実際には属性耐性に依存するところのほうがはるかに大きく、あまり重要視されないステータスとなっている。 そんな重要なステータスだったら、体力デバフがもっと活用されているよね。 愛は回復時の回復量を左右するステータスだ。 つまり回復しない奴にとっては全くいらないステータスになっている。 また、キャラクターのステータス上昇によって愛のステータス自体が高くなっており、プラス補正がなくても十分な回復量が見込める。 白薔薇の「再生光」は、現状の上限HPよりも回復量があるため「ベホマ」なんて呼ばれているくらい。 それに、この陣形でヒーラーが欲しくなったら、愛のマイナス補正のない後列に配置すれば良いだけだし。 アニマストリームが可能にしたタームイベント高速周回 もう交換アイテムも取り終えたよって人も多いと思いますが、タームジェネラルのいるステージで全力オート安定高速周回が可能になったので紹介します。 上記画像のところで挑みましょう。 パーティー構成はさっきの陣形画像の通りです。 前の4人で手前にいるザコタームをやっつけます。 相手が動く前にウンディーネがスタンさせてくれるので、被ダメはゼロです。 もちろんスタンしないこともありますが、とりこぼしても1体なのでやられる心配はありません。 そして、満を持してデスのデスハンドでジェネラルを気絶させておしまいです。 デスが他のメンバーより早く行動してしまうと(ザコタームをやって受ける前に動いてしまうと)ザコタームにデスハンドをかましてしまいます。 それを回避するために素早さマイナス補正のかかる後列に配置し、さらに「死の鎧」など素早さマイナス補正のかかる武具を装備します。 これで気絶が入れば1ターン撃破が可能です。 仮に気絶が入らなかったとしても、ウンディーネがバブルスナップでずっとスタン付与してくれるので、ジェネラルは動くことができません。 また、このステージのジェネラルは斬属性が弱点なので、ビューネイの風切りとデスの死の剣で大きなダメージを出すことができます。 デスは、SSミリアム(2020年)でも代用可能ですが、気絶が入らなかったときに斬属性攻撃ができるという点でデスのほうが適任といえるでしょう。 前の4人はデスが行動する前にザコタームを殲滅できればOKです。 ウンディーネはスタン付与という重要な役割があるので代わりが効きませんが、他のメンバーは入れ替えOKです。 上の構成なら、ブルーが一番代えやすいかな。 ストライフにして火刑を打たせてもいけました。 これからかなりお世話になるであろう新陣形アニマストリーム。 でも、せっかくロマサガ3の続編って言っているのだから、いつかロマサガ3であったコマンダーモードの陣形技を実装してほしいですね。

次の