白日 歌詞付き。 King Gnu 白日 歌詞

King Gnuキングヌー白日!読み方や歌詞・意味は?

白日 歌詞付き

King Gnu キングヌー ———2017年の結成年からフジロック・フェスティバル参戦し、2年目の2019年夏は、サマーソニック、ロック・イン・ジャパン・フェスティバル、ライジングサンロックフェスティバルなど大型音楽フェスへの参戦が決定。 2019年リリースの新曲『白日』は、日本テレビ系列ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の主題歌に起用されるなど、いま人気急上昇中のバンドだ。 そんなKing Gnu キングヌー の楽曲すべての作詞作曲を担当するのが、リーダー常田大希 つねただいき。 また同時に、彼はPERIMETRON ペリメトロン というクリエイティブチームを立ち上げ、King GnuのMVやアートワークといったヴィジュアル周りの製作をそのチームで行っている。 常田大希にインタビュー 常田大希にKing Gnu結成時から最新曲『白日』までのエピソード、そして音楽との出会いについて話を聞いた。 音楽を作り、音楽を奏で、音楽の魅せ方までクリエイトする、常田大希がいま思うこととは。 King Gnu『白日』は、ドラマ主題歌にもなり話題曲となりましたね。 今年の年末から年明けにかけて、家を出ずに部屋で1人で作って仕上げた曲なので、ヒットしてちょっと報われたって感じですね 笑。 いろんな意味で、思い出深い楽曲だったので。 年始に生まれた楽曲が、1月スタートのドラマ主題歌に起用されるとはすごいスピード感ですね。 異例なくらい急ピッチ。 年末・年始こもっている間、俺はデモを作っていて、バンドメンバーを交えて『白日』を録音したのは1月9日くらいじゃないかな。 デモの段階で自分で全パートを入れて、そのデモをメンバーに渡して、各々パートを各々のプレイに修正していくっていうのがベーシックな曲の作り方なんですが、今回の『白日』のように納期がギリギリのものは、レコーディングスタジオに入ってから詰めていく。 プレイヤー陣もスキルがあってその場でどんどん対応できるので。 4日間くらいレコーディングスタジオにこもって仕上げていきました。 King Gnuといえば、楽曲はもちろんMVも話題ですよね。 MV製作はいつも録音が終わってから。 今回の『白日』は、演奏シーン、スタジオライブだけで構成して欲しいっていうのをペリメトロンの映像チームに提案して、チーム内でロケ地はココがいいんじゃないか、白黒 映像 でいこうって膨らませていきました。 今までで携わってきた中で、思い入れのあるMVは? 「あなたは蜃気楼」。 2年前、King Gnuとして動き出して、割りとすぐ撮影したんですけど、本当に予算がなくて、自分達で何から何までいろんな仕事をやった作品なんです。 深夜ずっと撮影して眠い中、俺は朝8時頃車で機材を返しに行った。 あの頃は「これやりたい、あれやりたい」って物が全部詰め込まれていて、コントロールが効いていなかったというか。 稚拙なMVではありますが、いい思い出ですね。 楽曲を作り演奏し、その上でMV製作まで…。 常田さんが同じチーム=ペリメトロンでMV製作している意味は? 哲学が共有されるというのが一番大きいですね。 自分が成長するように、チームメンバーも各々成長していっているので。 1つ目のMVを作ったら「ここがよくなかったね」って反省して、2作目は「こうだったね」って反省して、何年も積みあげてきているので、より強固になっていくというか。 売れたから有名な映像作家さんに頼む、というやり方では到達できない領域があると思います。 同じクルーでやっていることそのものに、やりがいのようなものも感じます。 King Gnu キングヌー は、2017年の結成からわずか2年しか経てないが、常田率いるメンバーは、Srv. Vinci サーバ・ヴィンチ というバンド名で以前より音楽活動をしていた。 「King Gnu キングヌー 」への変更はいつ決めたんですか。 Srv. Vinci サーバ・ヴィンチ の時に渋谷WWW 東京・渋谷のライブスペース で、レコ発をやったんですよ。 そのタイミングで、レコ発を最後にバンド名を変えようってメンバーと話していて。 バンド名を変更することは、心境の変化の現れですか。 そう、割と完璧主義なのでコンセプトと名前が合っていないと気持ち悪いんです。 公に話していないんですけど、実はSrv. Vinci サーバ・ヴィンチ の頃は名前を3回も変えているんですよ。 内容が変化する時には、名前も変える! 笑 今は、もう変えれないですけどね。 前はならなかったけど、今はニュースになっちゃうから 笑。

次の

「白日」の楽譜一覧

白日 歌詞付き

あまりにも遠い場所を目指し過ぎて いつかきたるべき終わりに蓋をして 人の姿形など とうにないよ 宇宙規模の頭に25センチの足 一頭身の体で僕らなおも歩いていく いつも通りの道 長い助走をつけて 踏み出した一歩が ある日着地することなく 永久にただ舞う 無数に舞う ねぇ今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 僕の願いなんてさ 取るに足りはしないなら ねぇ何を差し出せばいい? 何を失えばいい? 全ての今までの 喜びが嘘になってもいいから 当たりだけのくじ ひいてはしゃいだ素振り(そぶり) 当たり前の奇跡 ほおばるでかい口 それでも足りずに 今宵も大盤振る舞い 血も涙も出ない 肉と魚を奪い 手を合わせ いただきます 笑い声 そして ハズレくじを 誰かがまとめて引くとき ねぇ今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 誰かに空いた穴はさ 誰かが奪ったもんなら ねぇ誰が償えばいい 誰を差し出せばいい たらいまわされた罪が 僕の前で止まってる 僕の瞳を見てる 今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 渡しそびれたさよならは 誰に運んでもらえばいい 交わしかけの約束は 誰と果したらいい そもそもこの声はさぁ ねぇどこに向かって歌えばいい 全ての今までの 喜びが嘘になっても 戻らない君ならば せめて出会えたこの 喜びを 白日をまずは聴いてみよう うん。 良い曲。 世間に出回っている「白日」の歌詞 あまりにも遠い場所を目指し過ぎて いつかきたるべき終わりに蓋をして 人の姿形などとうにないよ 宇宙規模 な球に25センチの 星 愛しの体で僕らなおも歩いていく いつも通りの道 長い助走をつけて 踏み出した一歩が ある日着地することなく 永久にただ舞う 無数に舞う ねぇ今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 僕の願いなんてさ 取るに足りはしないなら ねぇ何を差し出せばいい? 何を失えばいい? 全ての今までの 喜びが嘘になってもいいから 当たりだけのくじ ひいてはしゃい で素振り(すぶり) 引用: 赤字は僕が違うと踏んでいる部分です。 「素振り」以降は僕が聴き取った歌詞と完全に同じなので割愛します。 僕が正しいと思う「白日」の歌詞 自分なりの解釈付きで歌詞を見つめてみます。 あまりにも遠い 場所を目指し過ぎて いつか来るべき 終わりに蓋をして 人の姿形など当に無いよ 宇宙規模の頭に 25センチの足 (僕たちは欲が強過ぎて頭がでかくなった。 でも体のサイズはそのまま。 ) 一頭身の体で僕ら 尚も歩いていく (「宇宙みたいにでっかくなった頭」と「25センチのままの足」を一つの体に付けたら、もはや一頭身) いつも通りの道 長い助走を付けて 踏み出した一歩が ある日 着地することなく 永久(とわ)にただ舞う 無数に舞う (いつも通り生活していたが、大惨事によりたくさんの命が帰らぬ物となった) ねぇ今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 僕の願いなんてさ 取るに足りはしないなら ねぇ何を差し出せばいい 何を失えばいい 全ての今までの喜びが嘘になっても いいから (何かを差し出して帰らぬ人が返ってくる(という願いが叶うなら)なら何でもする。 何でも失うよ。 なんなら今までの幸福も無くなってもいい。 でも入ってても入ってなくても、意味に違いは生まれない) (歌詞サイトでは「はしゃいで素振り(すぶり)」となっている。 まるで「当たりクジ引いて喜んで思わず素振りしてしまう」という風に取れる。 もちろんそれでも意味は通ってるが、僕は「はしゃいだ素振り」の方が筋が通ってると思う。 純粋に、当たりくじを引いてはしゃいでいる。 という意味合いだろう。 「素振り」は単なる語呂合わせで、そこまで深い意味は無いと感じる。 ) (メッセージとしては、「毎日何の苦労もせずに我々は当たりくじクラスの食事を食べている。 」と取れる。 ) 当たり前の奇跡 頬ばるでかい口 それでも足りずに 今宵も大盤振る舞い 血も涙も出ない 肉と魚を奪い 手を合わせ 頂きます 笑い声 (そんな当たりくじクラスの奇跡を、毎日当たり前に受け取っている。 幸せな食卓を、少し皮肉りながらも描写している) そして ハズレくじを 誰かがまとめて引く時 (震災の事を、今まで我々が避けてきた大量のハズレクジとしている) ねぇ今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 誰かに空いた穴はさ 誰かが奪ったもんなら ねぇ誰が償えばいい 誰を差し出せばいい たらい回された罪が僕の前で止まってる (そろそろ自分も何かしないといけない) 僕の瞳を見てる (転調) 今すぐ飛び出してよ あの人の上に立ってよ 渡しそびれたさよならは 誰に運んでもらえばいい 交わしかけの約束は 誰と果たしたらいい そもそもこの声はさ どこに向かって歌えばいい 全ての今までの 喜びが嘘になっても 戻らない君ならば せめて出会えたこの 喜びを 結論:やっぱり白日は名曲だと思う。 何の結論か分かりませんが、やっぱり名曲だと思います。 RADWIMPS4というアルバムに「傘拍子(さんびょうし)」という曲が収録されており、僕はそれが大好きです。 そして 白日は、どことなく傘拍子に似ています。 アコギが主体なのと、 ちょっとエモいところが似てる気がします。 ラストのサビ部分でのコード進行で、 「3-4-3-4」という僕が大好きなコード進行を使ってくるところも大好きです。 野田さんは「3-4」というコード進行を多用するのに、白日の場合はあえて最後の一回しか使ってこなかったところも好きです。 おかげでドラマティック度が増しています。 野田さんは大震災後に毎年、報酬無しでYoutubeに何かしらの曲をアップロードされてますが、やっぱり僕は白日が一番好きです。 出来る事なら正式に歌詞を発表して欲しいですね。 関連記事: 名前: ぱっかん() 働き方、生き方、日々思った事、クッソどうでもいい事などをつづっってます。 僕のようなクソザコメンタルな方々の励みになれば幸いです。 あまり精力的では無いですが、「Trash Area」という名前で音楽活動をしています。 エモいバンドサウンドが好きで、そういう曲をたまに作ってます。

次の

白日 歌詞「King Gnu」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

白日 歌詞付き

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の