大津 日赤 産婦 人 科。 歯科口腔外科

入院のご案内

大津 日赤 産婦 人 科

新型コロナウイルス感染症の対応について 下記リンクよりご確認お願いいたします。 新生児科の医師や助産師など多種の院内スタッフと常に連携をとりながら、母児にとって最も安全な分娩を提供できるように努めています。 また合併症を持っておられる妊婦さまには、必要に応じて専門的な他科医師の診察を受けてもらいながら一緒になって周産期管理を行っています。 総合周産期母子医療センターの詳細はをご確認ください。 婦人科では、地域の先生方から貴重なケースをご紹介していただくことも多く、患者さまが十分納得された上で最適の手術・治療を受けていただけることを常に心がけています。 どの患者さまにも、医局員が同じ目線で向き合えるように連日のカンファレンスを通じるなどして統一性をとれる対応を整えております。 1.婦人科診療 良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍など 可能な症例には保存療法(子宮筋腫・子宮内膜症に対するホルモン療法など)で対応し、手術をしなくてすむように努めております。 手術が必要な場合や手術を希望される場合は、できる限り侵襲の少ない手術(腹腔鏡下・子宮鏡下・腟式)を提示させて頂いております。 短時間の腹腔鏡手術には臍部単孔式や脊椎麻酔下吊り上げ式を用いており、術後1~3日での早期退院が可能です。 脊椎麻酔下吊り上げ式は他院ではほとんど行われておりません。 悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど) 毎年、子宮頸がん10-20例、子宮体がん10-20例、卵巣がん10-20例の新規患者を治療しております。 悪性腫瘍の治療は手術療法・化学療法(抗がん治療)・放射線療法などを組み合わせた集学的治療を積極的に行っております。 早期がんで適応があれば、妊孕能を温存する治療も行っております。 腹腔鏡下子宮体がん手術の施設認定を受け、現在は保険診療で行っております。 新しい医療も導入して、患者さまの生活の質(QOL)をできるだけ維持しながら、治療成績を向上させることを目指しています。 女性ヘルスケア(月経関連疾患、更年期医療、骨盤臓器脱) 最新のガイドラインに基づき適正なホルモン剤(低用量ピル、子宮内黄体ホルモン放出システムの挿入、ホルモン補充療法)、漢方薬の投与を行っております。 骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤)に対しては、病状及びご要望に応じて保存療法あるいは手術療法を選択しております。 不妊治療 濃縮精子を用いた人工授精までの不妊治療を行っております。 体外受精が必要と判断される場合には、ご希望に応じて近隣の不妊クリニックを紹介しております。 2.周産期医療 当院は総合周産期母子医療センターに指定されており、あらゆるハイリスク妊娠に対応できる体制を常備しております。 切迫早産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、多胎妊娠、妊娠糖尿病など産科疾患の治療を幅広く行っています。 重症化した場合でも母体胎児集中治療室(MFICU)を完備しておりますので管理も行いやすくなっています。 内科など他科疾患を合併されている妊婦さまには他科との連携で対応しております。 この10年間で母体死亡は0であり、同じ施設内の未熟児センターとの緊密な連携のもと、出生児の予後も全国レベルに達しております。 里帰り分娩を希望される方へ 最初に妊娠20週前後に一度当院産婦人科を受診して下さい。 その際、必ず紹介状をお持ち下さい。 後の流れについて詳しく説明させていただき、分娩予約を取らせていただきます。 里帰りは遅くとも妊娠34週までに必ず受診して下さい。 ただし、異常が指摘され、管理が必要な方、帝王切開が必要と言われた方は妊娠32週までに里帰りして下さい。 その際、里帰りするまでの経過や検査データを持参して下さい。 里帰りの妊婦健診の外来予約は1か月前には電話予約して下さい。 希望日の2日前までは予約ができますが、ご希望の予約枠が取れないことがあります。 万が一、予約が取れなかった場合は当日受診も可能ですが、待ち時間が長くなることをご了承下さい。 お問い合わせ• 担当:4階ブロック受付• 対応時間:14:00〜16:00• TEL:077-522-4131(代表) 診察券番号・氏名・希望日時・希望医師をお伝え下さい。 当院産婦人科での見学を希望の研修医や学生さんへ 当院は基幹病院として大津赤十字病院専門研修プログラムの中で研修を行える体制でありますが、それに加えて京都大学産婦人科専門研修プログラムや滋賀医科大学産婦人科研修プログラムとも連携関係にあり修練医の受け入れを行っております。 周産期専門医や婦人科腫瘍専門医を取得できる環境にもありますのでプログラム終了後の研修にも魅力がある病院だと思っています。 熱意があって勉強好きで楽しい医師が集まっています。 ご興味があれば日々忙しい中、助け合いながらがんばっている現場を一度ご覧になっていただくことをお勧めします。 いつでもお待ちしていますので下記連絡先まで一報をお願いします。 お問い合わせ• 担当:人事課• TEL:077-522-4131(代表) 平成31年度採用後期臨床研修医の詳細はをご確認ください。

次の

産婦人科─診療科案内:大森赤十字病院

大津 日赤 産婦 人 科

新型コロナウイルス感染症の対応について 下記リンクよりご確認お願いいたします。 特色 日本麻酔科学会認定病院でかつ日本ペインクリニック学会指定研修施設です。 麻酔科常勤医は9人で、その内訳は、麻酔科指導医• 専門医7人(制度移行中で細かく分けていません)、麻酔科レジデント2人です。 非常勤として京都大学から武田親宗医師、大阪医科大学から門野紀子医師に来ていただいています。 京都大学からの武田親宗医師には待機もしてもらって大変助けられています。 梅田弥生医師にも非常勤で来ていただいています。 また大津赤十字病院は関連研修施設として、京都大学プログラム、北野病院プログラム、滋賀県立総合病院プログラム、市立大津市民病院プログラムに参加しています。 心臓血管外科休止中は三菱京都病院で心臓血管外科麻酔を研修してもらいましたが、2020年度からは当院で研修できます。 大津赤十字病院麻酔科の特徴のひとつは、多くの種類の手術に対応していることです。 外科系標榜科は、一般外科、小児外科、整形外科、呼吸器外科、形成外科、耳鼻科(気管食道科)、泌尿器科、口腔外科、婦人科、眼科、です。 当院で行われていない手術は、心臓外科手術、移植(肝移植、肺移植、腎移植)などの手術だけとも言えます。 一方、大学病院と異なり高度救命救急センターがありますので、救急患者の手術にも対応しないといけません。 救急搬送されて緊急手術となる症例は、外傷(開放骨折、四肢の再接着)、腹部の救急、新生児の緊急手術(消化管先天奇形、神経系先天奇形)、脳外科手術(血腫除去術)など、多岐にわたります。 緊急手術の割合が高いことが、大津赤十字病院麻酔科の特徴かもしれません。 大津市外から患者が転送されるのはもちろん、滋賀県のみならず京都市から、小児緊急手術に対応しているということで、患者が送られてくることがあります。 大津赤十字病院は総合病院ですので、麻酔科も様々な年齢、様々な疾患に対応しています。 重篤な内科疾患を合併している高齢者が、県内の他病院から麻酔科のある病院を指定して送られてくることもあります。 NICUがあるため新生児症例もあります。 新生児から90才を超える老人まで、広い年齢層の、様々な病態における手術の麻酔に対応していることが、総合病院麻酔科としての特徴と役割です。 2014年度末に神経ブロック用にSonosite X-Porteという最新鋭の超音波診断装置が導入されました。 これは高性能で神経束がくっきり見えます。 2008年度に麻酔科用の超音波診断装置(Vivid-i、食道エコー対応)が導入されています。 適応症例にはエコー下神経ブロック(上肢、下肢、体幹)を行い、カテーテル留置も行っています。 2019年4月から放射線業務を引き継ぐかたちで麻酔科業務としてCVポート留置、CVカテーテル留置、PICカテーテル留置も加わりました。 外科が行っている病院が多いようですが、当院では麻酔科が医療安全体制維持に貢献しています。 症例・治療・成績 症例・治療・成績 2019年の手術件数6872件中(以降、単位省略、カッコ内は2018年の件数)、麻酔科管理件数は2282(2068)です。 うち全身麻酔は2176(2005)、全身麻酔のうち神経ブロック(硬膜外、クモ膜下、末梢神経ブロック)を併用するものは1001(983)です。 また緊急手術は185(126)でした。 全身麻酔以外は、脊椎麻酔硬膜外100(53) 硬膜外麻酔 2(0)脊椎麻酔2(9)です。 麻酔科管理症例は、1999年1730、2000年1859、2001年2011、2002年2041、2003年2053、2004年2261、2005年2159、 2006年2134、2007年2035、2008年1872、2009年2022、2010年2121、2011年2210、2012年2024 2013年1974、2014年1955 2015年1964 2016年1935 2017年1957 2018年2068、2019年2282という数字でも分かるように、2004年をピークに減少しました。 必然的に麻酔科管理件数は減少しました。 2009年は常勤医師非常勤医師ともに増えましたので麻酔科管理症例数も増え、2010年、2011年も増やしましたが、2012, 2013, 2014, 2016, 2017年は麻酔科医の人数が減っています。 内視鏡手術が増えてきたので、平均手術時間が増えています。 症例数だけでは分からない手術時間増加つまり麻酔科医勤務時間増加もあります。 2015年8人の麻酔科常勤医で麻酔科管理症例数1964、2017年は6人の麻酔科常勤医で麻酔科管理症例数1957でしたので、2017年は麻酔科にとって負担が大きい年でした。 2018年は新しい人たちが来てくれて平均年齢も下がり、麻酔科管理症例も増えました。 2019年の各科別の麻酔科管理症例数は呼吸器科159(147)、外科688(692)、小児外科142(128)、心臓外科7(46)、整形外科 315(239)、形成外科131(153)、泌尿器科 115(117)、婦人科351(188)、耳鼻科241(245)、脳外科63(62)、眼科6(9)、歯科63(41)、内科6(1)でした。 当院のもう一つの特徴は緊急手術の多いことです。 麻酔科管理症例2282(2068)中、185(126)が緊急手術です。 一般病院ですが、小児症例が意外と多く、6歳未満の手術が135(169)例あります。 2007年から公式に疼痛外来(ペインクリニック外来)を始めています。 人手不足ですので、外来他科からの紹介と入院患者のみを対象にしています。 局所麻酔薬によるブロックだけでなく、透視下の神経破壊薬を用いるブロック、硬膜外カテーテルの長期留置、クモ膜下カテーテル、ポート埋込みを行っています。 高周波熱凝固装置はありません。 がん性疼痛に対応するための、神経ブロックの窓口として開いた外来ですが、本年度皮膚科から帯状疱疹後神経痛の軽症患者紹介が急増して、困惑させられています。 ICUでの患者管理についても、主治医からの求めに応じて、出来る範囲でICUに出張するようにしています。 手術室とICU が別棟にあることが不便なところです。 スタッフ紹介.

次の

産婦人科─診療科案内:大森赤十字病院

大津 日赤 産婦 人 科

病院情報についての注意事項• 掲載している大津赤十字病院様に関する病院情報は、ベビカム株式会社が独自に収集したものです。 正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている「診察時間」と実際の「受付時間」は異なる場合があります。 また、実際に受診を希望される場合、予約等が必要な場合がございます。 必ず事前に大津赤十字病院様(電話:)にお問い合わせ頂くことをお勧めします。 医院への取り次ぎや代行、医師への紹介などは行っておりません。 個別の事情に関しましては、医院様に直接お問い合わせいただきますようお願い申し上げます。 当サービスによって生じた損害について、ベビカム株式会社ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 口コミについての注意事項• 口コミは投稿者の主観に基づくものです。 価値観は人それぞれですし、状況が常に同じとは限りません。 医学的根拠に基づかない情報も多く含まれます。 実際に医療機関で受診を希望される場合は、念のため事前に確認を行ってください。 口コミは実際に受診した患者さん(またはその代理の方)の投稿のみ受け付けており、口コミの対象となる施設関係者やいわゆる「やらせ業者」による投稿は違法行為にあたる可能性があるため、固く禁じています。 もし、その事実をご存じの方は、こちらまで情報をお寄せください。 口コミ内容は法人としての見解・意向を示すものではありません。 「口コミ」は、あくまで参考材料の ひとつとお考えください。 利用規約はをご覧ください。

次の