むかつく 類語。 「ピキる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

ムカつく人への大人の対処法13選。黙らせるにはコレ!

むかつく 類語

自分が初めて「ほっこり」を目にしたのは、もう10年程前になるだろうか。 初めて目にした言葉にも関わらず、とんでもなくイラッとしたのを覚えている。 いや、「イラッとした」というよりは、もはや「殺意が湧いた」という方が近い。 その頃から、そのような意味での「ほっこり」が流行りだしていたと思う…多分。 以降色々な所で目にするようになったし、あまつさえ一般人の口からも同様の発言が認められるようになってきた。 全く許し難い風潮である。 という事を、下記の記事を見て思い出した(「ほっこり」という単語が使われている、というだけのことなのだが。 内容は非常に面白い)。 ちなみに「『ほっこり』ってなんかむかつくんだけど」という人は、少なくとも自分の周りには結構いて、全くの少数派とは思われない。 そして「ほっこりむかつく派」の人々は、大体が「ちょっとむかつく」というより「毛嫌いしている」人が多い。 何故「ほっこり」はこうもイライラするのか(以降「ほっこり」という時はこの「心がほっこり」系の意味とする)。 で「ほっこり」がネガティブに語られている。 ちなみに自分は京都人ではなく、京都の言葉に思い入れも無い。 加えて「正しい」日本語にも興味が無い。 言葉は時代によってどんどん変わるのが当たり前だと思っているので、そこら辺ではイラッとしない。 たまに「メニューは以上でよろしかったでしょうか」と言われた時に、発狂して店員をぶん殴りそうになる程度である。 前記のブログでは「ほっこりの受け入れ難さ」について、 これは誤用の"ほっこり"の持つ意味よりも、使われるシチュエーションや使う人に対するところが大きいんだと考えています。 大抵、誤用の"ほっこり"を使う人は、丁寧な暮らしや や人間の手が入らない自然が大好き。 誤用の"ほっこり"を、自分の心がいかに満たされているか、他人にアピールするときに使います。 (偏見) と、「使用する人間・シチュエーション」への嫌悪感が語られている。 確かに、上記の人間とシチュエーションについては、自分も軽い吐き気(内臓が全て出るくらい)は催す。 しかし例えば、きれいな女性に全裸で「一緒に温泉でほっこりしよ!」と言われたとしても、イライラは変わらないと思う。 思わずバケツ一杯の氷水を浴びせかけるであろう。 少なくとも自分は、誰がどんな場面で使っても、カチンとくる。 何故こうもイライラするのか考えていたのだが、他の言葉と比べてみて、ちょっとわかった気がする。 例えば「温泉に入って、ほっ」ならば、その前に緊張感があったことが示唆されるし、「温泉に入って、だらだら」は弛緩しつつも疲労感の存在が匂うし、あるいはその状態について多少の疑問や後ろめたさを感じている雰囲気がある。 「温泉に入って、のんびり」であれば、後ろめたさは無いが疲労感はやはりあるし「温泉に入って、ゆったり」はかなり身体感覚よりの表現で、心理的に捉えると緊張感からの解放、というニュアンスだ。 それに比べて「温泉に入って、ほっこり」はどうだ。 この言葉からは、1mmの緊張感も感じられないではないか。 苦労も、ストレスも、疲労感も全然感じられ無い。 にもかかわらず、ただのうのうと、くそ能天気に心地よさをむさぼっている。 その上、苦労無く快楽をむさぼっている状況に、 何の疑問も、後ろめたさも感じておらず、ただただ満足しきっているのである。 そして、自分はこういう「自らに疑問を全く持たず、満足しきっている」存在がこの世で一番嫌いなのである。 「ほっこり」している奴らの満足しきった顔が、気持ち悪くてしょうがないのである。 もっと後ろ暗くなれ!!罪悪感を抱け!!何かに怯えろ!!自信を無くせ!! takemoto666.

次の

「胸糞が悪い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

むかつく 類語

偉そう• 冷たく感じる• 高飛車っぽい• 自分の意見を言った後に「あしからず」と言われると「反論は受け付けない」と感じる• 上から見られてるよう• これ以上話したくないと受け止めてしまう• そもそも友達間で使うには、「あしからず」はなんだか堅苦しいですよね。 とりあえず「あしからず」を「感じ悪い」と思ったのが私だけじゃなくて安心しました笑 スポンサーリンク 「あしからず」を感じ悪くならないように使うには 「あしからず」を使う時、より丁寧な言い方をすると感じ悪くなりません。 以下の例文を比較してみます。 「こちらの商品は返品不可なのであしからず」 「こちらの商品は返品不可となっております。 忘れたわけじゃないのであしからず」 「連絡が遅れてごめん!いきなり残業でした。 以下がまとめになります。

次の

「不敵な笑み」の意味と使い方、心理、例文、類語、英語表現

むかつく 類語

「ピキる」の意味とは? 「ピキる」の語源や言い換え• 「ピキる」の使い方• 「ピキる」の例文• 「ピキる」の派生語 「ピキる」の意味とは? 「ピキる」の意味は、 「イラっとする」 「怒る」です。 ものすごく激怒したり、少しイラっとしたりするなど、怒りの程度は様々ですが、怒る感情がこみあげてくること。 これが 「ピキる」です。 例えば日常において、仕事中に隣で無駄口ばかり叩いている仕事仲間、自分より後から来た客なのに自分よりも料理が出てくる順番が早い、駅のホームで割込みしてくる人などにイラっとすることがあるでしょう。 それが 「ピキる」の感情です。 なぜ、イラっとして怒ることを 「ピキる」というと、 「ピキピキ怒る」からきている言葉だからです。 「ピキピキ」という怒りの擬態語から 「ピキる」という言葉が生まれています。 ちょっとしたことだけど腹が立つこと、何気なく言われた言葉にイラっとしたときなどに使用します。 「むかつく」 「ピキる」の類語として、 「むかつく」が挙げられます。 「むかつく」には、 「吐き気がする」という意味と、 「しゃくにさわって腹が立つ」という意味の2つがあります。 そして 「ピキる」の類語として挙げられるのは、後者の 「しゃくにさわって腹が立つ」という意味の方です。 そして、現在は、 「むかつく」という言葉は、どちらかといえば、 「腹が立つ」という意味で使われているのが主流です。 しかし、この 「むかつく」という言葉は、もともとは 「吐き気がする」 「胸やけがする」といった意味が主流でした。 1960年代までは、 「むかつく」といえば、 「胸やけでもしたのかな」などと思われていたものです。 しかし、時代が移りにつれ、 「むかつく」は徐々に 「しゃくにさわって腹が立つ」という意味が主流となっていきました。 今では、 「吐き気がする」 「胸やけがする」という、本来の意味を知らない人もいるかもしれません。 例文としては、 「あいつの態度、まじむかつくわ〜。 」 あいつの態度、本当に腹がたつ。 などが挙げられます。 「カチンとくる」 「カチンとくる」は、頭にきたときに使う言葉です。 何かをみてイラっとしたときに 「カチンとくる」などと使います。 「ピキる」もまたイラっとしたときに使う言葉なので、 「カチンとくる」も類語として挙げられるでしょう。 「カチンとくる」の 「カチン」は、映画の撮影に用いられている 「カチンコ」からきているそうです。 撮影の始まりを意味する 「カチン」という音が、何かをきっかけにして 「カチン」と怒る姿に重ねることができます。 「ピキる」は、怒りの表現を 「カチン」ではなく 「ピキピキ」と表現したものです。 イラっとしたとき 「カチン」ではなく 「ピキピキ」という表現にしただけ。 そのため、 「ピキる」と 「カチンとくる」は非常に似ている言葉だといえます。 例文としては、 「あいつの横柄な態度がカチンとくる」 あいつの横柄な態度が頭にくる などが挙げられます。 「胸糞が悪い」 むなくそがわるい 「胸糞が悪い」とは 「不愉快」 「我慢ができない」といった意味です。 これも人が何らかの出来事に出会い、頭にきたときに使う言葉です。 さて、 「胸糞が悪い」の 「胸糞」とは、一体、どのような意味なのでしょう。 「胸糞」には 「胸を卑しめて」という意味があります。 「胸を卑しめて」とは心の中で思っていることが下品なことを意味しており、卑しいことを考えていることを意味する言葉です。 つまり、胸糞とは、人の感情が下品な様子、下衆な様子を表現しています。 確かに、イラっとする感情は、寛大な心とは対照的で品のない感情だといえるのかもしれません。 そして、こういった表現に 「糞」 くそ という言葉を使うあたり、その下衆さ加減を見て取ることができます。 例文としては、 「あの人の顔をみると、嫌な記憶が思い出し、胸糞が悪くなる」 あの人の顔をみると、嫌な記憶が思い出し、不愉快になる。 などが挙げられます。 「ピキる」の使い方 「ピキる」の言葉は、誰かに怒りを覚えたとき、不愉快になったとき、嫌な目に遭った時などに使います。 その対象となる物に対し、何かしらの怒りがこみあげていることがポイントです。 怒りと非常ににた感情に 「イライラする」という感情があります。 渋滞にはまってイライラする、並んだレジの行列がなかなか前に進まずイライラする…などの経験は誰しもあるのではないでしょうか。 しかし、インターネットなどでよく見かける使い方は、この 「イライラ」の感情ではないようです。 あくまでも 「イライラ」ではなく、対象物などに対し、怒りがこみあげているときに使われています。 だから、 「渋滞にはまってイライラする」を 「状態にはまってピキる」は言いません。 ピキってる 「ピキる」の派生語に 「ピキってる」という言葉が挙げられます。 「ピキっている」とは、 「ピキる」の現在進行形バージョンです。 つまり、 「ピキっている」というと、まさに今、怒っている状態であることを意味しています。 怒りが落ち着いた様子がなく、今も怒っていることを表現する言葉です。 例文をいくつか挙げてみます。 「今、彼氏と喧嘩してピキってる。 」 今、彼氏と喧嘩して頭にきている。 「ピキってる奴といても、つまんないよ。 」 怒っている奴といても、つまんないよ。 「飲み会のメンバーに入れてもらえなくて、ピキってるから。 」 飲み会のメンバーに入れてもらえなくて、怒ってるから。 「あいつ、ピキってるから、喋らない方がいいと思うよ。 」 あいつ、怒っているから、喋らない方がいいと思うよ。 などが挙げられます。 どの例文も、現在進行形で怒りがこみあげている様子を確認することができます。 他にも、 「ピキってます」 「ピキってきた」 「ピキり」などの表現もあります。 それぞれ、 「口うるさい先生にピキってます」、 「先生が口うるさくピキってきた」、 「口うるさい先生のピキり」などと使っています。

次の