イエ ユウレイグモ。 家の中に出る蜘蛛(クモ)の種類一覧【画像あり】|毒の有無と家に蜘蛛が出る原因

イエユウレイグモの退治方法

イエ ユウレイグモ

だって・・・面と向かって指摘されたら・・・反論を返せないのが悔しいですが、半分は当たっているのです・・・ギャハハ。 ) 私の主張とは、 ユウレイグモを殺さないで! だって、 小さい虫を食べる 益虫だから! はい、ここで「 ゆうれいぐも?」と疑問を持たれた方、恐らく今までに一度くらいは目にしたことがあると思います。 え?いえいえ、水木しげる先生の妖怪じゃありませんよ。 家の中で普段、誰も立ち入らない場所でホコリが溜まっていればいるかもしれませんよ。 または殺虫剤スプレーでプシューッ!と吹きかけていたり。 でも、実際はこの蜘蛛は小さい虫を食べてくれる益虫なんですよ。 だから極力、殺さないで欲しいのです。 我が家では場所を移動して欲しくて巣を壊すことはあってもユウレイグモ自体に攻撃を加えません。 逆に、「いつもありがとう」なんて言葉をかけながら網を壊しつつ蜘蛛は移動してもらいます。 はい、つまり常に掃除を心がけて掃除する場所にはユウレイグモはなかなか巣を張りません。 我が家では家の中で見かけた時は捕獲して外へ逃します。 で、ホコリが溜まっている場所は掃除し、外でユウレイグモにいて欲しい場所は掃除しません。 そこから虫の侵入を防いでくれるから。 とても面白いブログですね! 我が家では、虫の安全を確保するという方針で、ゴキブリ、ハエやイエユウレイグモ、色んな虫が我が物顔で家の中を闊歩しています。 まあ、猫がヤッたりもするんですがw たまに犠牲者の亡骸がぽつぽつと床に落ちています。 外にできた蜂の巣も壊しません。 桃の木につくイモムシを肉団子にしてくれますからね。 あ、イモムシ嫌いなわけじゃないんですけどw 人間は、自分たちが偉いと勘違いしすぎていると思います。 自然、動植物、菌やプランクトンなど、色んなもののおかげで私たちがいるのだともっと自覚すべきですよね。 イエユウレイグモですが、私は逃がすときなんかは手の上に乗せますよ。 かわいいのでやってみてください。 うちはユウレイグモに人気らしく、たまにユウレイグモ同士が場所取りで喧嘩する所も見られます。 面白いですよ。 一方が相手にケンカを吹っ掛けるのですが、すぐ逃げてしまう。 でも、ちょっとするとまたちょいかけするんです。 またブログお邪魔させていただきます。 ありがとうございました。 カテゴリー• 25 記事投稿の月別表示• 4 固定ページ•

次の

家にいる蜘蛛(クモ)の種類~大きい・小さい・黒や茶色のくも画像

イエ ユウレイグモ

クモは何種類? クモ目の仲間は 世界に101科で約35000種いると言われています。 その中でも日本では57科1200種前後と言われています。 1200種類の全てを見る事は難しいですが、人間の生活圏にもっとも近い場所で活動している蜘蛛もいます。 関東だけでも400種前後の種類が生活していると聞きます。 今の時代は海外旅行をする人が増えているし海外からの留学などもありますので、荷物に紛れ込み交配を経て新種が出来いるかもしれません。 中には毒を持っている蜘蛛もいますので、十分に注意しなければなりません。 スポンサードリンク 良く見られる蜘蛛はどんな蜘蛛? 生活をしていると目に付く蜘蛛は多くいますよね? 家の中で見たりベランダや玄関などに巣を張っていたり物置や倉庫などに卵があったりと、人間の生活圏の中に紛れ込んでいます。 では、人間の生活圏で見る蜘蛛はどんなのがいるのか見てみましょう。 アシダカグモ 家の中で良く見る大型のクモ。 歩き回り餌を捕食するので網などは張らず 徘徊性が強い。 アシダカグモは ゴキブリなど衛生害虫を食べる益虫だけどクモそのものが嫌いな人には不快にしか感じない。 大きい物だと足を広げると手のひらに近い位になる。 イエユウレイグモ 薄暗い物陰に隠れ生活をする蜘蛛で、冷蔵庫の裏や階段下などの納戸の角などに不規則な網を張って中にいます。 危険を感じると体を揺さぶり網を揺らす行動をします。 新たな同居人イエユウレイグモさん。 全長10cm。 虫取ってくれるので同居を快諾。 — 洸。 主に建物の内外やアパートの階段の裏側、公園のトイレや塀などに網を張っているのが良く見られます。 ヒラタグモ ヒラタグモは名前にも付いている通り、 偏平な蜘蛛で家の壁などに網を張っているのを良く見ます。 家に生息している事が多く最も身近な蜘蛛ではないでしょうか? 巣は雨のあまり当たらない角などに テント型のクモの巣を作ります。 余談ですが日本でも最大級と言われるクモとして言われているのが沖縄にいるクモでオオジョウロウグモ、オオハシリグモ、アシダカグモがいます。 大きさは大人の人の手のひらほどあり一見、恐怖さえ覚える大きさのクモもいます。 まとめ 世界にはまだまだ見つかっていない新種のクモもいるかも知れません。 それは日本でも同じですが、見慣れた小さいクモや怖いほど大きなクモなどが民家の近くにいるかも知れませんね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

イエユウレイグモがラボにやってきた

イエ ユウレイグモ

広告 家に出現するクモの種類 家に出現するクモは1種類ではありません。 家に出現するクモは主に3種類で、「アダンソンハエトリ」「アシダカグモ」「イエユウレイグモ」です。 それぞれを少し詳しく説明します。 アダンソンハエトリ アダンソンハエトリは別名「 家グモ」と呼ばれているほど、日本に広く生息していて、どこの家でもよく見かけるクモです。 ハエトリグモ科に属し、 体長は1cmにも満たないほど小さく黒い見た目をしています。 ジャンプするような動きも見せます。 アダンソンハエトリは巣をはらずに家中を自由に動き回り、主にコバエやゴキブリの子供など小さな虫を食べています。 アシダカグモ 足が長く、CDほどの大きさもある日本最大級の家に出現するクモであるアシダカグモ。 夜行性なので、人間が活動する時間には姿をあまり見せません。 非常に大きく、グロテスクな見た目をしているので、虫嫌い・クモ嫌いには恐ろしく見える存在ではありますが、アシダカグモの 主食はゴキブリです。 家中のゴキブリを食べつくすとその家から去ってしまうので、「軍曹」の愛称を得ているほどです。 イエユウレイグモ 足が細長く全体的に線が細いクモで、体長は1cm以下ですが、細い足の長さも合わせると、 日本最大のアシダカグモに匹敵するほどの大きさです。 イエユウレイグモは見た目が弱々しく見えるだけでなく、動きもふらふらとして不規則なのでこの名が付けられています。 クモの毒性 見た目がグロテスクなクモですから、毒性も気になるところです。 家の中で主にみられる、アダンソンハエトリ、アシダカグモ、イエユウレイグモはいずれも毒性はありません。 餌である虫を殺すための毒性は持っていますが、人間には影響はありません。 ですが、人間の身近にいながら人間を殺すほどの毒性を持っているクモも存在しています。 それが「 セアカゴケグモ」です。 セアカゴケグモはオーストラリア原産で、35以上の都道府県に生息しているといわれています。 プランターの底や家の周りなど身近にいるので 注意が必要なクモです。 万が一 噛まれてしまった場合の症状ですが、 痛みやかゆみ、発熱、リンパ節の腫れが起こり、数時間から数日その症状が続きます。 中には頭痛や不眠、筋肉痛などの症状が出て長期間続く場合もありますから、決して素手で触らないようにしましょう。 身近にいるクモなので、家の中に侵入してこないとも限りませんから十分注意しましょう。 見つけた場合は 保健所への届け出が必要になります。 広告 クモを退治する方法 いくら益虫でもできれば家の中に入らずに家の周りで害虫と戦ってほしいですね。 一般的には クモ専用の殺虫剤を使用するのが手も汚さず、必要以上にクモに近づく必要がないのでおすすめですが、値段の割のコスパが良くないのがデメリットです。 殺虫剤以外では お風呂用の洗剤を使用しても退治することができます。 お風呂用洗剤もスプレー式になっていますから退治しやすいですね。 殺虫剤やお風呂用洗剤なら動きの早いクモを逃さず退治できます。 クモを殺してしまうことに抵抗がある場合は、 虫取り網がおすすめです。 虫取り網は大きいので動きの早いクモでも逃がしにくく、誤って足を挟んでちぎってしまったりという失敗もありません。 他には 牛乳パックやペットボトルを半分に切り、壁や床にいるクモにかぶせるようにして、すくうように手首を返して持ち上げるとクモを捕まえることができます。 捕まえたクモは窓や玄関から放しましょう。 この場合またすぐに家の中に入ってくる可能性があるというのがデメリットです。 クモの侵入を防ぐ対策 クモの 侵入経路は玄関や窓です。 家の出入りのときに一緒に入り込んでいたり、荷物や服にくっついて入ってくる場合もあります。 また、風を入れるために窓を開けていると網戸をしていてもその隙間から入り込んできたりもします。 家の周辺にクモが生息しやすい環境があるとどうしても家の中にも入ってきやすくなります。 家にゴキブリなどの虫がいると、それを餌にしているクモも家の中に入ってくることになりますから、 常に清潔を心がけて掃除をするようにしましょう。 また、家の中を清潔にするとともに、行っておきたいクモの侵入を防ぐ方法は、 「ドア、窓の開閉は素早く行う」「隙間テープを窓、ドアに貼る」です。 家に侵入してくるクモの大半が玄関が侵入経路となっていますから、少し意識するだけで侵入を防ぐことができます。 虫が嫌がる環境づくりを クモも虫ですから、不潔な環境を好みます。 ホコリが積もっている、 食べかすやごみ、 髪の毛が落ちているという掃除の行き届いていない環境がクモにとっても餌があって住みやすい環境ですから、クモを寄せ付けないためにはきちんと毎日掃除をし、クモや虫の嫌がる環境を作り出すことが大切です。 虫嫌いの方は隅々までキレイに掃除するよう心掛けましょう。

次の