多 部 未華子 24 時間 テレビ。 多部未華子は不運女優?『これは経費で落ちません』好視聴率もジブリ作品に潰される? 朝ドラヒロインも波に乗り切れず?

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』|TBSテレビ

多 部 未華子 24 時間 テレビ

女優・多部未華子さん(たべ・みかこ 30歳)が主演のドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK 金曜22時)が7月26日からスタートし、 初回平均視聴率が6. 5%、録画(タイムシフト)視聴率5. 4%、総合視聴率は11. 3%と好視聴率を記録し、2日放送の 第2話も5. 8%を獲得しており、今期注目の作品として挙げられています。 『これは経費で落ちません!』は、作家・青木祐子さんの同名シリーズ小説が原作で、2017年には漫画家・森こさちさんによって漫画化もされています。 ストーリーは、石鹸メーカーの経理部に勤務するOLの主人公・森若沙名子が、各部署から持ち込まれる領収書や社内の疑惑、人間関係を洗い出し、様々な問題を解決していく姿や恋愛模様を描いた作品となっています。 キャストは多部未華子さんのほか、営業部の若手エースで、恋愛に奥手な主人公・森若沙名子に惚れて、めげずに猛アタックする山田太陽役をジャニーズWEST・重岡大毅さん、太陽の先輩・山崎柊一役を桐山漣さん、営業部部長・吉村晃広役を東京03・角田晃広さん、沙名子の同期・鏡美月役を韓英恵さん、沙名子の後輩・佐々木真夕役を伊藤沙莉さん、真夕の同期・中島希梨香役を松井愛莉さん、他に片瀬那奈さん、モロ師岡さん、平山浩行さん、吹越満さん等が出演しています。 5%を記録しており、NHKのドラマ10枠(金曜22時)で放送された初回平均視聴率を見ると、今年1月期放送の 小芝風花さん主演『トクサツガガガ』が4. 4%、4月期放送の 長谷川京子さん主演『ミストレス ~女たちの秘密~』が3. 7%、昨年放送された4作も3~4%台でした。 ちなみに、多部未華子さんは2017年4月期に同枠で放送の『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』で主演し、初回平均視聴率は5. 7%、その後も5~6%台で推移していました。 こうした数字から『これは経費で落ちません!』がいかに注目を集めたかが分かるほか、視聴者からも好意的なコメントが多数寄せられており、同時間帯にTBS系で放送の黒木華さん主演『凪のお暇』よりも面白いという声も上がっています。 しかし、夕刊紙『日刊ゲンダイ』は4話目以降の視聴率ダウンが懸念されているとし、多部未華子さんは不運続きな女優とも報じています。 4話目以降に視聴率がダウンすると予想される理由は、 16日から日本テレビ系の金曜ロードSHOW!枠(金曜21時)で毎年恒例のスタジオジブリ作品が3週連続で放送されるためで、これまで好視聴率を獲得してきた 『千と千尋の神隠し』(放送時間:16日19時56分~22時54分)、『崖の上のポニョ』(23日21時~23時4分)、『天空の城ラピュタ』(30日21時~23時34分)の3本が放送される予定となっています。 まず16日放送の『千と千尋の神隠し』は2017年1月までに計8回、金ロー枠で放送されているのですが、2003年1月の初放送は金曜ロー枠の歴代最高視聴率46. 9%を記録し、2012年7月の6回目の放送が19. 2%、2014年11月の7回目の放送が19. 6%、2017年1月の8回目の放送は18. 5%と高視聴率を記録しています。 『崖の上のポニョ』は、2010年2月の地上波初放送が29. 8%、2012年8月の2回目が16. 4%、2015年2月の3回目が15. 2%、2017年9月の4回目が11. 3%でした。 『天空の城ラピュタ』は、1988年4月の初放送が12. 2%を記録し、2010年代の数字は2011年12月の13回目が15. 9%、2013年8月の14回目が18. 5%、2016年1月の15回目が17. 9%、2017年9月の16回目が14. 4%となっています。 このような人気作品が裏で放送されるため、『これは経費で落ちません!』は第4話以降に視聴率が低下するのではないかと『日刊ゲンダイ』は報じており、さらにコラムニスト・桧山珠美さんは、 「多部さんは昔から不運な女優です」「『彼女の代表作は何?』と聞かれても答えられない人も多いのでは。 多部さんはいまいちブレークしきれていません。 新垣結衣さん 31 など同年代の人気女優に比べて、落ち着きすぎているのもあるでしょうが、最大の理由は運がないことに尽きます」と指摘しています。 多部未華子さんは2002年に女優デビューし、2007年7月期放送の嵐・二宮和也さん主演ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)で民放の連ドラに初出演、2009年にはNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『つばさ』のヒロインをオーディションで勝ち取りました。 その後も様々なドラマや映画、CMに出演し活躍しているのですが、桧山珠美さんによれば多部未華子さんは朝ドラヒロインをきっかけに波に乗り切れなかったとし、 「この時期は朝ドラ低迷期と呼ばれていて、視聴率が低かった。 『朝ドラをなくそう』という声もあり、ヒロインでさえあまり注目されませんでした」と理由を説明しています。 また、同時間帯に演技派女優の黒木華さんが主演の『凪のお暇』が放送されていることも不運とし、『これは経費で落ちません!』は1週遅れでスタートしたため、もし先に放送していればさらに高い数字が狙えたのではないかと語っています。 ちなみに、『凪のお暇』は7月19日の初回平均視聴率が10. 3%、同26日の第2話が9. 5%で、同枠のドラマとしては平均的な数字になっています。 そして、多部未華子さんが不運続きの女優という報道に対してネット上では、• 多部ちゃんはしっかりと演技ができるいい女優さん。 不運とか言葉を使わないで欲しい• このドラマは非常に面白かったし、多部さんの演技も好感が持ててよかった。 ジブリはもう飽きたし、次回もこちらを見たい。 綺麗になってきたと思う。 いい女優さん。 視聴率はあまり気にしなくていいのでは? 録画派の人も多いのだし。 NHKはCMもないしスポンサー云々も関係ないし録画でも問題ない• 視聴率は大切かもしれないけど、もう全番組録画の時代。 視聴率はあてにならないと思います。 多部さんはコメディもできるし、シリアスな演技もできる名バイプレイヤーです。 つばさは多部ファンである自分から見ても駄作で、正直黒歴史だからね。 多部ちゃんも朝ドラのことは特段語らないし、その後、朝ドラの人との交流も伝わらないし。 まあ、しばらくNHKにも出てなかったけど、最近よく出るようになって良かったよ。 多部ちゃんは確かに大当たりはないけど、視聴率的に厳しそうな題材で意外と高視聴率を生むから、局的には助かると思うよ。 まあ、ファン的には確かに大ヒットも欲しいけど、何やっても安心感あるし、今のままでも充分だと思う。 「逃げ恥」の最終回の裏で高橋一生さんと演じたラブコメが面白かったのに、放映時期が悪くて気の毒だったりとかはあるけど、正直そんなに気にしなくても良いんじゃないかな 演技力がしっかりしているのでブレイクなんて波みたいなものだし、大事なのはブレイクした後も自分を支えていける演技力があるかだし、多部ちゃんにはそれがあるので、ゆっくりしっかりお仕事して欲しいです。 今回のドラマも凄く面白くて多部ちゃんの実力が遺憾無く発揮されていますよね。 正直下手な人が演じたらあんなに共感できません。 これからもずっと応援します。 などのコメントが寄せられてます。 多部未華子さんが過去5年に主演やヒロインなどメインキャストを務めた連ドラは、『先に生まれただけの僕』、『ツバキ文具店』、『仰げば尊し』、『視覚探偵 日暮旅人』、『ドS刑事』、『僕のいた時間』などとなっており、今年も『これは経費で落ちません!』で主演しているほか、3本の映画に出演しています。 また、エスエス製薬『ドリエル』、リクルート『じゃらん』、キリンビール『淡麗グリーンラベル』、三井不動産商業マネジメント『三井アウトレットパーク』、UQコミュニケーションズ『UQ mobile』『UQ WiMAX』など、複数のCMにも出演しており、同年代の女優の中ではトップクラスの活躍ぶりです。 一方で、同年代の新垣結衣さん、吉高由里子さん、戸田恵梨香さん、堀北真希さん等と比べると、今いちブレーク出来ないまま現在に至っているようには感じますし、容姿についても微妙という声はありますが、安定感のある演技力には定評があります。 他の女優と比べると華は無いかもしれませんが、ここ数年は綺麗になったという声も多く上がっており、演技だけで見れば同年代の女優では上位に入る方だと思いますので、今後のさらなる活躍に期待したいです。 そして、ジブリ作品の放送で『これは経費で落ちません!』の視聴率低下が心配されていますが、今はリアルタイム視聴ではなく録画視聴の方も多く、ドラマの評価も上々なことから、そこまで視聴率を心配する必要は無いかと思いますね。

次の

多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

多 部 未華子 24 時間 テレビ

日本テレビ 日本テレビが毎夏放送する『24時間テレビ』が、新型コロナウイルスの影響で今年は中止になるという情報が民放各社に駆け巡っている。 「日テレの小杉善信社長が、3月24日の定例会見で『24時間テレビを今年もやる予定です』と発表したことがフライングだと波紋を呼んでいます。 とくに難色を示しているのが、協賛企業という名目でスポンサーとなっている企業だそう。 日産はスポンサー料だけでなく、各地方の日産ギャラリーなどの会場も貸すなど全面的に協力していますが、このコロナ騒動のなかでそれはできないと話しているといいます。 もしもこのまま強行するのならば、今後は協賛から降りるという話も出始めているようです」(民放関係者) 『24時間テレビ』のメイン会場には毎年大勢の観客が詰めかけ、全国各地とのロケや中継も多い。 感染症拡大防止の観点で不安は大きいため、他のスポンサーからも同様の声が上がっているという。 「調整をしている電通には、なぜこんな時期にテレビ放送をする必要があるのかとクレームも入っていると聞きます。 番組を放送しないで、純粋に募金だけにしてはどうかという話も出始めているようです」(広告代理店関係者) なぜ、そこまでして日テレは『24時間テレビ』を強行したいのか? その裏には、上層部の思惑があるという。 「社長の小杉氏は『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! 』(1988年~1996年)や『マジカル頭脳パワー』(1990年~1999年)など次々とヒット番組を連発し、視聴率が低迷していた『24時間テレビ』も人気番組へと押し上げた功労者。 その小杉氏が社長の代で、40年以上の歴史ある『24時間テレビ』を中止するわけにいかないと上層部は考えているようです。 しかし、コロナの影響で地方の撮影も出来なくなってきているなかで、ロケも出来ないのにどうやって作るつもりなんだと現場からは批判の声が上がっています」(前出の民放関係者) さらに現場を困惑させているのが、仰天の強行案だ。 「日本武道館などのメイン会場となる施設も借りられないので、汐留の日テレ本社を使って生放送を行う案が出ているようです。 本社前に野外テントを立てて、メインとなる放送は屋外で行うことでコロナの影響を最小限にしようと考えているようですが、無茶な要求をされたプロデューサー陣は頭を抱えて毎晩会議をしていますよ」(同) 困っているのは日テレのスタッフだけではなく、タレントも同じこと。 「当日は、日テレの制作スタッフだけで外注も合わせて1000人を超え、タレントや関係者も含めると膨大な数の人が出入りします。 そこでコロナに感染したとあってはタレントのイメージもダウンしますし、なにより日テレと今後、仕事がし辛くなってしまいます……」(前出の芸能事務所マネージャー) 上層部ばかりが先走っている日テレだが、すでにチャリティーマラソンのランナーも極秘に選別されていたという。 「今年はジャニーズタレントを走らせる予定だったようで、Sexy ZoneやKAT-TUNのメンバーがリストアップされ、話が進められていました。 しかし、ジャニーズ事務所サイドが、日テレ社長の『24時間テレビ』強行発言が批判を受けて炎上したことを危惧して、協力はできないと難色を示しているみたいです」(前出の民放関係者) 社長の一声で大混乱を招いている今年の『24時間テレビ』。 これだけ内外で批判されても強行するようならば「金儲けのため」と言われてしまっても仕方がないかもしれない。

次の

嵐 大野智さんの24時間テレビドラマ「今日の日はさようなら」で、...

多 部 未華子 24 時間 テレビ

『私の家政夫ナギサさん』は、漫画家・四ツ原フリコさんが電子書籍配信サイト『コミックシーモア』で連載中の作品『家政夫のナギサさん』の実写化です。 そんなメイを見かねた妹が家事代行サービスを頼み、28歳の誕生日にメイが帰宅すると、50歳のエース家政夫・鴫野(しぎの)ナギサがエプロン姿で突如現れ、見ず知らずのオジサンにメイは困惑し、最初は「オジサンが家にいるなんて絶対イヤ!」と拒絶するものの、共に時間を過ごす中で安らぎや温もりを感じるようになります。 一方の仕事では、外資系製薬会社に勤務する非の打ち所がない強力なライバル・田所優太が出現し、これまで成績がトップクラスだったメイは大ピンチを迎えることになるのですが、人たらしの田所はメイの警戒心をよそに爽やかに急接近し、田所の登場によってメイは仕事も恋も振り回されていき…という内容のハートフル・コメディ作品となっています。 多部未華子さん以外のメインキャストも発表されており、アラフィフのスーパー家政夫・鴫野ナギサ役は大森南朋さん(おおもり・なお 47歳)、メイを振り回す強力なライバル・田所優太役には瀬戸康史さん(せと・こうじ 31歳)が起用されています。 明るいテイストの中にもほっこりしたり、じーんとしたりと、心がほかほかするドラマになるといいなと思っています。 ぜひ、ご期待ください」とコメントしています。 ドラマの脚本は、多部未華子さん主演『ドS刑事』、田中圭さん主演『おっさんずラブ』シリーズなどを手掛けた徳尾浩司さんが担当します。 演出は、黒木華さん主演『凪のお暇』『花のち晴れ』『カルテット』などを手掛けた坪井敏雄さん、『グッドワイフ』『コウノドリ』などを手掛けた山本剛義さんが担当することが発表されています。 そして、多部未華子さん主演の『私の家政夫ナギサさん』に対してネット上では、• 原作は面白かったから楽しみ• 楽しそう!!ワクワクする!キャストもみんな好きな人ばかりだし、絶対見ます!• 多部ちゃんは、NHK『これは経費では落ちません』も笑えて、あったかくなるドラマで良かったから、このドラマも期待してます!• 『ハゲタカ』などで、シリアスな役どころのイメージがある大森南朋さんなので、このドラマすごく興味あります。 楽しみに待ちます。 大森南朋さんのエプロン姿だけでなんか 興味そそられる。 設定も珍しいし、かなり楽しみです。 待ってました!多部ちゃん「これ経」で大ファンになり注目度MAXでした。 このドラマ面白そう、お相手瀬戸君だし彼はいっつもいいポジションですよね。 今から楽しみ楽しみ!• 瀬戸くんの久々のドラマ楽しみです。 ドクターホフマンで共演した多部ちゃんに、演技派の大森さん、間違いない。 などと期待の声が上がっています。 多部未華子さんが民放の連続ドラマで主演するのは、2015年4月期放送の『ドS刑事』(日本テレビ系)以来5年ぶりで、結婚後初の主演ドラマとなるので楽しみですね。 多部未華子さんは昨年7月期に主演したドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK)でも、マジメで仕事は出来るが恋愛には不器用な経理部員の主人公を演じ、多部さんらキャストの演技や脚本・演出などが高い評価を受けていました。 5%を記録し、全10話の単純平均視聴率は約6. 6%でした。 NHKの「ドラマ10」枠(金曜22時)は平均が4~5%台で推移しており、平均よりも1%以上高い数字で、初回のタイムシフト視聴率(録画視聴率)は5. 4%、リアルタイム視聴率を合わせた総合視聴率は11. 3%を記録していました。 そうしたこともあってネット上では、『私の家政夫ナギサさん』にも期待する声が多く上がっており、果たして初回放送後にどういった反応が上がるのか、どれほどの視聴率を獲得できるのか注目したいですね。

次の