アキラ トレーダー。 Twitter界に現れた凄腕億トレーダーアキラとは?

Twitter界に現れた凄腕億トレーダーアキラとは?

アキラ トレーダー

この記事でわかること ・アキラって本当に億トレーダーなの? ・デモとリアルどっちなの? ・アキラ FXの手法が知りたい ・ミラトレしたら勝てるの? 上記を解決する記事を書きました。 投資歴15年以上の伊藤が解説しますね。 この記事に書いてある「アキラの噂話」「ミラトレした結果」「アキラの手法」を知れば変な人にダマされなくなり、無駄な時間を過ごさなくて済むようになります。 アキラ fx億トレーダー本人のツイート、週刊誌の情報、ブロックされた被害者などを参考に投資初心者でも丁寧に解説するのでゆっくり読んでくださいね。 まずはじめにアキラがFXを始めたきっかけについてお話します。 手法について学びたいならこちらの記事も参考になります。 影響力を持ち ・稼ぎたい人達の応援をする ・稼ぎたい人達を食い物にする詐欺、商材屋を駆逐する おれがツイッターをする目的も決まった。 彼女が交通事故で無くなる。 彼女の家に行き部屋を見るとFXの本があった• 中を見ると線を引いたりメモ書きがたくさんあった• 自宅に帰ってアキラはFXをググり猛勉強。 このとき24歳• 負けを何度も繰り返すがうまく波乗りしハイレバで14億円稼ぐ 億トレーダーの証拠とは? アキラの正体は3年という短い期間で14億円を稼いだ億トレーダーです。 証拠は先ほどのツイートとツイッターにあるヘッダー画像の下の記事になります。 日刊ゲンダイにのるほどの実力者 アキラはされるほどの実力者です。 ツイッターのヘッダー画像も実は2019年9月18日発売した日刊ゲンダイの紙面によるもの。 この日刊ゲンダイという大手メディアに掲載されたことで大きな信用を得たかもしれません。 アキラ fx億トレーダーの評判 圧倒的な実力とメディア掲載による信頼で爆発的に人気者になったアキラ。 しかし人気の反動なのか悪い評判も目立つようになってきました。 アキラの評判、実はデモ/バーチャルトレード? 資産が14億円ということがあり最初の悪評はデモトレード(バーチャルトレード)の結果をツイートしているのでは?というものでした。 デモトレードは自分のお金を使わず仮想資金を使い練習するもの。 そのためツール上の仮想資金が減っても実際のお金は減らないので好き放題自由なトレードができる。 このデモトレードの噂についてアキラは動画をとり全力で否定しています。 ツイッターのプロフィール欄にアキラが使っている業者のリンクが貼ってあったのですがそのリンクがアフィリエイトと言われていました。 アキラはアフィリエイトを使っていたのか? この件について、悪評が出た当時のリンクを見ていましたがアフィリエイト用のリンクではありませんでした。 アフィリエイトか通常のリンクかは少しHTMLの知識があればわかります。 アキラは億トレーダーとして人気が出てきて「どこの業者を使っているか?」と多くの質問が来ていてそれに答える形でアフィリエイトではない通常のリンクを貼っていました。 しかし業者とつながっているという悪い評判が立ち、怒ったアキラは通常のリンクからアフィリエイト用のリンクに変更した経緯があります。 ここまでのシナリオを読んでアフィリエイト用のリンクに書き換えているとしたら相当の策士ですね。 fxsuitについて アフィリエイト用のリンクを貼っていた業者は「fxsuit」です。 アキラがでてくるまでほとんど世に知れ渡ることのない業者だったため一気に悪いうわさが広がりました。 fxsuitの評判については怖いもの好きの先駆者たちが入金しています。 なので時間がもう少し経ち出金している人が多くなってくれば信頼できるかどうか判断できるようになってきます。 アキラをツイッター分析してみた ここまでくるとアキラは実在しない人物なのでは?という話も聞こえてきます。 アキラはどこの住んでいてどんな性格なのかをツイッターを分析してわかったことをまとめます。 そのため日本に住んでいる可能性が大きいということがわかります。 ツイート内容 ツイートの内容を視覚的にわかりやすく分析します。 大きな文字ほどよくツイートしている内容。 通貨ロング• ツイッター• アキラ• 〇〇〇• ドル円• アンチ• 商材屋• アキラ fx億トレーダーの成績は? ここではアキラの成績について探っていきます。 日本人ランキング1位 アキラはFXで日本人ランキング1位と書いていますがそれはあくまで「自称」です。 なんのランキングかを聞いただけでブロックされた人も。 何か都合が悪いことがあったのでしょうか。 FXで10連続勝利は難しい話じゃない。 1年やってれば10回くらい勝てそうなチャンスはあるさ。 当然失敗することもある。 でもマイナスは最初の10万円だけ。 10万円で0か100かのゲームをすれば、単純に0になるか20万になるかだ! そしたら、もう一度MAXBETで勝負20万円が40万円に、次は40万円を80万円にする。 10万円スタートで何回勝てば1億円になると思う?たった10回だぞ。 たった10回でいい!本当だ。 彼のフォロワーが数万人いるので、確率通りならすでに億トレーダーが何名か誕生している計算になります。 しかし実際は誰一人として億トレーダーは誕生していません。 いかに理論通りトレードが進まないか分かる結果ですね。 アキラ fx億トレーダーの手法を分析 ここからはアキラのトレード手法を分析しています。 アキラは億り人の排出にこだわりがあるためハイレバトレードを推奨しています。 トレードする通貨ペアは限られている トレードする通貨は• ドル円• ポンド円• ポンドドル この3つの中でドル円が多い印象です。 ちなみにトルコリラなど高スワップ通貨はトレードしません。 トレードスタイルはデイトレ アキラはデイトレでトレードしています。 だいたいドル円なら10〜15pips抜いて利確。 詳しいタイミングは後述します。 ハイレバのため海外業者を使う ハイレバでやるために先程からでているfxsuitを使います。 理由は2つあります。 国内業者ではレバレッジが25倍に規制され資産を倍にするのに時間がかかる。 ハイレバでやるためリスクも倍増する。 海外はゼロカットシステムがあり資金以上の損失がない。 まずは2020年2月のこのトレードを見ていきましょう。 おはようございます やっぱり昨日の損切りは夢じゃなかったんだな 先週の履歴見ると9億以上の損失がある。 しかもその損切り後、アキラの予想した通りロング方向へいくというトレードあるあるのパターン。 アキラ fx億トレーダーについてまとめ 結論として2019年はアキラのミラトレしても勝てませんでした。 むしろ損失が大きくアキラも9億円の損失を出しましたし、アキラを信じていた人の中に退場した人もいました。 なのでアキラについてはネタとしてみるのが一番ではないでしょうか。 どうしてもFXで勝ちたいと思うならアキラのミラトレを参考にするのではなく、下記の記事でしっかり手法を学ぶことができるので一度みてください。 最後まで読んで頂きありがとうございます。 このブログを読んでいるということはFXで勝ちたいと思っているはずです。 そんなあなたは「手法」を探していませんか? 「手法」を探して勝つことができましたか? あなたがもしFXで勝てずに悩んでいるとするならば「手法」は関係ありません。 実は「手法」より大事なことがあります。 それは自分の意識を変え、自分の行動を変えること。 それ以外にFXで勝つ方法はありません。 これからは勝てもしない「手法」にこだわり、あなたの貴重な時間を無駄に過ごすのは今日で終わりにしましょう。 投資歴15年以上におよぶ著者が改善すべきポイント、取り組み方、効率的な学習法などの具体的かつ、すぐに始められるアクションプランをまとめました。

次の

アキラ@FX億トレーダーの公式ブログ

アキラ トレーダー

14億円をトレードで稼いだとされ、そして通常の専業トレーダーではありえないようなポジションや資金管理で一躍有名になったアキラ氏が本日のドル円暴落によって事実上の破産状態に追い込まれたことが判明した。 最盛期は14億円の口座残高が存在 アキラ氏はハイレバレッジの海外口座にて投機的な運用を繰り返し小資金から14億円までの口座残高まで増やしたとされる、が最初から実際に実況したことはなく数億円単位からのスタートでハイリスクローリターン手法によって損切りをせずに増やした。 デモ口座を疑われる事態に アキラ氏の手法は通常のトレーダーがコツコツ積み上げていくものとは異なり、数日間で資金が何倍にもなるナンピン手法を繰り返していた。 意外かもしれないが億単位を稼ぐトレーダーとは基本的に欲張ることをせず小さい損切りで損を抑えることが定石で200億円を株式トレードで稼いだBNF氏やCIS氏も何年もかけてこの資産を築いた。 その事実からアキラ氏は本当にトレードで資金を稼いでいたのか?仮想資金の口座ではないか?といった疑問の声が以前から湧き上がっていた、特にアキラ氏の行うナンピン手法(株価が下がったら買い増しし平均取得価格を下げる)というのものは現物株式ならそこまで問題にならないがレバレッジが効くFXや先物取引では相場が大暴落したときなどは死を意味する、この手法を続けてればいつかアキラは破産してしまう、トレードとしては決してうまくはないとの声が上がっていた。 ここでは真偽については触れないが、アキラ本人も口座開設アフィリエイト等により収益を得ていたことから更に疑念の声が上がった。 顧客がトレードして損した分はsuitの収益になりsuitの用意したデモ口座のアキラは無傷でコピトレ勢だけ丸損。 アキラにさらに高額のコピトレのIB報酬 — れいたん ccfmtWT3e2LvVLK 遅かれ早かれ破産する運命 このような形で事実上の破産に追い込まれてしまったアキラ氏であるが、今後はどうするのか?ツイートによればアカウント削除を示唆する発言も確認できる。 アキラ氏の言う通り小資金から14億円をハイレバレッジトレードで作ったことが事実ならばそれをもう一度やると確実な証明になるので面白い展開になると予想されるが、破産したからアフェリエイトを再開しカンパを募るという予想もある 今後の動向に注目だ。 しっかり受け止めろ。 デモやろうけど— かず吉 Luckyboy777Mr お疲れ様でした アキラさんは僕に大切な事を教えてくれました ミラトレは何も生まないと言う事 投資は自己責任と言う事 ハイレバは危険という事 去年ミラトレで溶かし自分で必死に勉強と検証を続けています 現在まだ勝ててはいませんが生き残っていますし成長を感じています 本当にありがとうご— ニョロ nyorodesu20196 おつかれさま、、 ワイも口座壊滅してしまったんだけど、一緒に何かできることさがす?— ユーロルベイビー@しかばね momohax1 これは見事。 何故最後までそのままだったのだろう。 — yuzutarox yuzutarox FX って本当に怖いんですね 教えてくれてありがとう— TIH TIH98121638 関連記事.

次の

【悲報】14億トレーダーアキラ、ドル円暴落でついに破産

アキラ トレーダー

14億円をトレードで稼いだとされ、そして通常の専業トレーダーではありえないようなポジションや資金管理で一躍有名になったアキラ氏が本日のドル円暴落によって事実上の破産状態に追い込まれたことが判明した。 最盛期は14億円の口座残高が存在 アキラ氏はハイレバレッジの海外口座にて投機的な運用を繰り返し小資金から14億円までの口座残高まで増やしたとされる、が最初から実際に実況したことはなく数億円単位からのスタートでハイリスクローリターン手法によって損切りをせずに増やした。 デモ口座を疑われる事態に アキラ氏の手法は通常のトレーダーがコツコツ積み上げていくものとは異なり、数日間で資金が何倍にもなるナンピン手法を繰り返していた。 意外かもしれないが億単位を稼ぐトレーダーとは基本的に欲張ることをせず小さい損切りで損を抑えることが定石で200億円を株式トレードで稼いだBNF氏やCIS氏も何年もかけてこの資産を築いた。 その事実からアキラ氏は本当にトレードで資金を稼いでいたのか?仮想資金の口座ではないか?といった疑問の声が以前から湧き上がっていた、特にアキラ氏の行うナンピン手法(株価が下がったら買い増しし平均取得価格を下げる)というのものは現物株式ならそこまで問題にならないがレバレッジが効くFXや先物取引では相場が大暴落したときなどは死を意味する、この手法を続けてればいつかアキラは破産してしまう、トレードとしては決してうまくはないとの声が上がっていた。 ここでは真偽については触れないが、アキラ本人も口座開設アフィリエイト等により収益を得ていたことから更に疑念の声が上がった。 顧客がトレードして損した分はsuitの収益になりsuitの用意したデモ口座のアキラは無傷でコピトレ勢だけ丸損。 アキラにさらに高額のコピトレのIB報酬 — れいたん ccfmtWT3e2LvVLK 遅かれ早かれ破産する運命 このような形で事実上の破産に追い込まれてしまったアキラ氏であるが、今後はどうするのか?ツイートによればアカウント削除を示唆する発言も確認できる。 アキラ氏の言う通り小資金から14億円をハイレバレッジトレードで作ったことが事実ならばそれをもう一度やると確実な証明になるので面白い展開になると予想されるが、破産したからアフェリエイトを再開しカンパを募るという予想もある 今後の動向に注目だ。 しっかり受け止めろ。 デモやろうけど— かず吉 Luckyboy777Mr お疲れ様でした アキラさんは僕に大切な事を教えてくれました ミラトレは何も生まないと言う事 投資は自己責任と言う事 ハイレバは危険という事 去年ミラトレで溶かし自分で必死に勉強と検証を続けています 現在まだ勝ててはいませんが生き残っていますし成長を感じています 本当にありがとうご— ニョロ nyorodesu20196 おつかれさま、、 ワイも口座壊滅してしまったんだけど、一緒に何かできることさがす?— ユーロルベイビー@しかばね momohax1 これは見事。 何故最後までそのままだったのだろう。 — yuzutarox yuzutarox FX って本当に怖いんですね 教えてくれてありがとう— TIH TIH98121638 関連記事.

次の