フレッツ光 電話料金。 テレホンカードによる通話料金のお支払(テレカ充当)

プラン・料金|フレッツ光|法人のお客さま|NTT東日本

フレッツ光 電話料金

キャッチホン• ボイスワープ• 迷惑電話お断りサービス• 回線種別 ご利用形態 月額利用料 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ 無線LANカードを追加する場合(2枚目以降1枚ごと) 330円 フレッツ 光ネクスト• ファミリー・ギガラインタイプ• ファミリー・ハイスピードタイプ• ファミリータイプ• ビジネスタイプ• プライオ10• プライオ1 フレッツ 光ライト・ファミリータイプ フレッツ 光ライトプラス 無線LANカードを利用しない場合 無料 無線LANカードを利用する場合 330円 無線LANカードを追加する場合(2枚目以降1枚ごと) 330円 フレッツ 光ネクスト• マンション・ギガラインタイプ• マンション・ハイスピードタイプ• ファミリー・ギガラインタイプ• ファミリー・ハイスピードタイプ• ファミリータイプ• ビジネスタイプ• プライオ10• プライオ1 フレッツ 光ライト・ファミリータイプ フレッツ 光ライトプラス 内蔵無線LAN機能を利用しない場合 無料 内蔵無線LAN機能を利用する場合 330円 無線LANカードを追加する場合(1枚ごと) 330円 フレッツ 光ネクスト• マンション・ギガラインタイプ• マンション・ハイスピードタイプ• 「フレッツ光 ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」は光配線方式でご利用いただけます。

次の

ドコモ光電話

フレッツ光 電話料金

この記事の目次• 「固定電話」は、NTTが提供のアナログ回線などを利用した電話回線で、市外局番と市内局番を用い、地域によって通話料金が異なる電話のことを言います。 「光電話」は、ネット回線を利用した電話回線で、通話料金は全国一律ですが、一部発信できない電話番号(「114」お話中調べや「0170」伝言サービスなど)があります。 NTT固定電話の番号は光電話でも引き続き利用可能ですが、NTT固定電話の番号をお持ちでない方には、「050」から始まる電話番号がドコモ光電話で新しく発番されます。 1 NTT固定電話とドコモ光電話の基本料金 NTT固定電話とドコモ光電話の基本料金に、ドコモ光電話のお得なオプションパックを含めて表にまとめました。 またドコモ光電話には、6つのオプションサービスと480円分の無料通話が付いたお得な「ドコモ光電話バリュー」というオプションセットがあります、こちらのプランを選んだ場合でも、NTT固定電話の基本料金より安く利用できるのでおススメです。 ドコモ光電話バリューに含まれるオプションは、後程詳しく紹介します。 2ドコモ光初期費用 初期費用は、契約方法により料金がだいぶ違ってきますので、ご自分の契約パターンがどれに当てはまるのかご確認ください。 【ドコモ光と光電話を同時に申し込んだ場合】 【ドコモ光契約後に光電話を追加で申込む場合】 このようにドコモ光と光電話は同時に申込むと、光電話の事務手数料はかからず、光電話の工事費も安く済ませることができるので、一緒に契約する事をおすすめします。 3ドコモ光電話通話料金 NTT固定電話とドコモ光電話の通話料金も、比べて表にまとめました。 5円 このようにNTT固定電話に比べ、ドコモ光電話のほうが、通話料金も安いことが分かります。 光電話は、県内・県外でも同じ通話料なのが特徴となっており、県外に電話をかけた場合に特にお得感が得られるでしょう。 4ドコモ光電話オプションサービス NTT固定電話で利用中の「ナンバーディスプレイ」などのオプションサービスは、ドコモ光の光電話でも引き続き利用可能です。 また、ドコモ光電話では基本料とオプションをセットにした「ドコモ光電話バリュー」を1,500円で提供しており、これに加入するとほとんどのオプションが利用できる他、毎月480円分の通話が出来るのでお得です。 ドコモ光電話のオプションサービスの内容と月額料金、またドコモ光電話バリューで利用できるオプションを「〇」で表しました。 しかし、全ての方がオプションサービスが必要な訳ではありませんので、利便性の高いオプションサービスとそうでないオプションを分けてみていきましょう。 5ドコモ光電話で必要なオプション・不要なオプション オプションをたくさんつけると、せっかく光電話で毎月の電話代を下げる事ができても、オプション代金が高くなってしまっては意味がないので、必要なオプションと不要なオプションを整理してみましょう。 【必要なオプション:発信者番号表示・ナンバー・リクエスト・迷惑電話ストップサービス】 今では、携帯電話で電話をかけてきた人がすぐに分かることに慣れているので、固定電話で知らない人からの電話を受けるのはちゅうちょしますよね、そんな時はオプションで「発信者番号表示」を付けましょう。 また、特定の番号からの通話で迷惑を受けている場合には、「ナンバー・リクエスト」と「迷惑電話ストップサービス」がおすすめです。 「ナンバー・リクエスト」は発信者が電話番号の先頭に「186」を付け、自分の番号の通知をしないとかからない仕組みになっており、かけた相手には、番号を通知を促すアナウンスが流れます。 その後かけてきてほしくない電話番号は「迷惑電話ストップサービス」でブロックすると、迷惑電話は激減するでしょう。 【不要なオプション:ダブルチャネル・追加番号】 反対に、あまり一般の方の利用が少ないオプションサービスは、「ダブルチャネル」と「追加番号」です。 「ダブルチャンネル」では電話機1台で2回線分契約できますが、電話機がそれに対応していない場合もあります。 また「追加番号」は、電話機1台で一つの電話番号で着信している場合、他の電話番号にかかってきた電話は受けることができませんので、この二つのオプションは事業者向けのオプションと言えるでしょう。 6ドコモ光電話の解約方法と料金 ドコモ光の光電話を解約する場合、電話での解約手続きとなり、解約を伝えた日が解約日となります。 ドコモ光電話の最終利用月の請求は、基本料金等は翌月、通話料金は翌々月になります。 ご自身で設定や配線ができる場合は、工事の必要はありませんが、ご自身でできない場合は、工事という形でドコモ光に依頼することも可能です。 また、ドコモ光とドコモ光電話を同時に申し込んだ場合は、ドコモ光の工事と同時に光電話の工事も行うため、ご自身で設定を行う必要はありませんので、ネット回線と光電話は同時に申込む方が簡単で安くすみます。 電話番号はそのままで、電話回線を移行することを「番号ポータビリティ」とよび、「番号ポータビリティ」で同じ番号を引き継ぐことができるのは、一番初めにNTT固定電話で発番された番号のみになります。 また、ドコモ光を解約し次の光回線でも、同じ電話番号を利用する場合にはいったん、NTTでアナログ戻しと言う作業が必要となり、工事費に2,000円がかかります。 光電話に変更した場合、NTTの電話回線は休止の手続きが行われ、5年毎に回線の休止更新手続きを行うとNTTの電話回線を保持する事が可能です。 加入したいオプションサービスが複数ある場合は「ドコモ光電話バリュー」を選択すると無料通話も付くのでおすすめです。 また、ドコモ光の光電話への申し込みは、ドコモ光と同時に申し込むほうが、単体での工事費が不要でお得です。 これからドコモ光を新規で開設する方は、現在工事費無料キャンペーンが行われていますので、初期費用の負担が少なく始める事が可能です。 さらに、プロバイダーのGMOとくとくBBのサイトから申込みを行うだけで、ドコモ光の公式キャンペーン特典に加え、GMOとくとくBBのキャンペーンも併用して受けられますのでおすすめです。 GMOとくとくBBのお得なキャンペーン内容は、「」の記事を確認してみてくださいね。 またこれからドコモ光を始める方へ、ドコモ光の詳しい内容は以下の記事にまとまっていますので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の

フレッツ光の電話勧誘は詐欺か代理店か

フレッツ光 電話料金

でも嘘や詐欺まがいの勧誘はダメですよね。 ブロードバンドサポートはNTTグループではない ブロードバンドサポートやブロードバンドナビなどの会社はNTTの商品を売っていることはあってもNTTの関連会社ではないので注意してください。 ただNTT(及びKDDIなど)の商品、サービスを販売しているだけの会社です。 いきなり電話してくる会社はすべて無視して大丈夫です。 乗り換えて安くなるは本当? 光コラボの勧誘電話の多くは、フレッツ光からコラボ光に乗り換えることで値段が安くなる、という内容ですが 実際に安くなることはあまりありません。 何故ならフレッツ光が他社に比べて特別高いわけではないので単に他社回線に乗り換えてもそこまで下げることはできないからです。 そもそも光コラボレーションに限っては回線業者がフレッツを購入して再販しているわけですから極端に安く提供できるわけがありませんよね… むしろ、乗り換えることで料金が高くなったり、フレッツ光への解約手数料などが発生して余計なお金を払うことになったりすることがあります。 ただし、フレッツ光から乗り換えることで スマホセット割が適用される場合は月額料金が大幅に安くなります。 auユーザーがauひかりに加入するのも同じだね。 安くなるケースはスマホセット割 スマホセット割とは大手携帯電話会社が実施しているサービスで、 スマホとインターネットの両方を同じ会社でまとめて契約することで月額料金が安くなるというものです。 スマホセット割はドコモが提供している、ソフトバンクが提供している、auが提供している等があります。 例えば現在ドコモのスマホを利用している場合はフレッツ光から ドコモ光に転用すると「セット割」が適用されます。 セット割ならプランにもよりますがスマホの 月額料金が最大で3,200円も安くなります。 このように、光コラボはスマホとのセット割引を含めて初めてお得になります。 勧誘電話などでよく言う 「乗り換えるだけで安くなる」というのは厳密には間違いで、ほとんどの場合はむしろ損をしてしまいます。 乗り換える場合は必ず本当に安くなるかどうかを調べてから検討しましょう。 勧誘電話の甘い言葉に乗せられてはいけません。 高額キャッシュバックは大半が嘘 光回線の勧誘電話ではよく 「高額のキャッシュバックが貰える」などと言われることがあります。 しかしこれは勧誘するために言っているだけで、実際にはキャッシュバックを貰うのに厳しい条件を満たさないといけなかったり、そもそもキャッシュバックを行っていないのに嘘をついていたりすることもあります。 光回線市場の約4割で使われているサービスですしね。 各事業者がそれぞれフレッツ光にはない独自のサービスを行っており、スマホセット割のようにフレッツ光から乗り換えることで実際に安くなることもあります。 注意しなければならないのは強引に加入させようとする悪徳な代理店です。 光コラボレーション自体はとても良いサービスですし、代理店の中にも優良なお店はたくさんあります。 フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合は、悪徳な代理店は利用せず、しっかりとした代理店を選ぶことが大事です。 So-net光プラスは安くてお得 光コラボレーション事業者の一例として、を紹介します。 So-net光プラスはプロバイダー会社として有名なSo-netが提供している光回線で、auと提携しているためauスマホの割引、 auスマートバリューが適用できるのが特徴です。 IPv6プラスで高速通信• キャッシュバック20,000円• dポイント2,000円分• フレッツからの乗り換えは工事不要 (それ以外の乗り換えは工事費無料)• ドコモスマホ、携帯とセットで割引 ドコモ光はドコモとセットで割引される唯一の光回線です。 ドコモを利用している方は圧倒的にお得に利用出来ます。 光回線乗り換え等の電話勧誘を断るとっておきの一言(参考) ここからは代理店業者が二度と電話を掛けて来なくなるとっておきの一言を紹介します。 どこでこの番号を知ったんですか? 電話を掛けて来るということは当然あなたの電話番号を知っていて掛けています。 おそらく回線契約時に記入したはずなので顧客リストとして情報が残っているわけですが、勧誘する業者はそのリストを参照し電話しています。 なので例えばフレッツ光を契約して、NTTやその時に契約したプロバイダ会社は当然あなたの電話番号を知っているわけです。 が、以外の身に覚えのない業者からの電話だったらその業者はどこからか知らないけど顧客リストを不当に入手しています。 これは本当によくあることです。 つまり電話主は違法行為を行っているわけなんですね。 そこで、 「どこでこの番号を知ったんですか?」 という問いかけをされると当然相手はビビります。 違法に入手した自覚がある業者なら即電話を切って二度と掛けてくることはないでしょう。 さらにこの一言は正当に顧客情報を入手したNTTやプロバイダ会社にも効果はあります。 何故なら契約時の個人情報は 本来の目的外のことで使用することが禁じられているからです。 つまり顧客管理のためや工事の日時調整、緊急連絡等以外の 勧誘行為等で使用することは禁止されているはずです。 なので、 「入手した番号は勧誘行為に使用して良いんですかね?」 と言ってあげるとそのことを知っている人であればビビります。 「有益な情報を伝えるためです。 」 と上手い逃げ道を言ってくるかも知れないけど、「必要ありません」と返してあげれば一筋縄ではいかないと思い、すぐにあきらめるでしょう。 あなたお名前なんて言うんですか? 電話勧誘業者も電話している人はただの人間です。 特に悪質な業者は会社名しか名乗りません。 何故なら悪いことをやっている自分を知られたくないからです。 なので、 「あなたの名前はなんて言うんですか?」 と聞くとビビって切ることが多いです。 名前をフルネームで聞いて生年月日まで聞かれると、自分が特定されるのではないかと不安になります。 正当で正しい行為をしていると思っている勘違い野郎には効き目がありませんが普通の神経をしている人は、やはりどこかで後ろめたい感情があるはずです。 まあこれもまともじゃない人には効果が薄いかも知れませんが、 「いい加減にしないと警察に訴えますよ!」 と言う前にこの一言を言ってあげると効果があると思います。 まとめ ここまで光回線の電話勧誘に関して解説してきました。 基本的に電話による光回線への勧誘は悪質なことがほとんどなので、すべて断るべきです。 とくにNTTやKDDIを名乗り、光コラボレーションへの乗り換えをすすめてくる電話には注意が必要です。 そういった電話はたいてい代理店が勝手にNTTなどを名乗り、強引に勧誘しようとしているからです。 光コラボレーション自体は悪い物ではないので、乗り換えをする場合は本当に安くなるかを自分でしっかりと調べ、インターネットなどで優良な代理店を探してトラブルなどを起こさないようにしましょう。 そういった勧誘についての質問とその回答をまとめました。

次の