豆腐 ひき肉 ハンバーグ。 鶏ひき肉と豆腐のハンバーグ おろしソース 作り方・レシピ

豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

豆腐 ひき肉 ハンバーグ

ヘルシーでダイエット中のママも嬉しい豆腐ハンバーグ。 木綿、鶏ひき肉、合い挽き肉使用の和風/洋風ソースの簡単&人気レシピを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたものの中から厳選してまとめました! 豆腐ハンバーグ&ソースのレシピ 【1】豆腐ハンバーグみそバターソース 淡白な鶏ひき肉とヘルシーな豆腐は相性抜群!塩分ひかえめなのに風味のいいソースで子供も大人も満足な一品です。 【2】ボウルにひき肉と【1】を入れてよく練り混ぜ、【A】を加えて混ぜて、4つに丸める。 【3】フライパンにサラダ油を熱して【2】を入れ、ふたをして片面4分ずつ焼き、器に盛る。 【4】フライパンを拭いて【B】を入れ、煮立ったらバターを加えて混ぜながら溶かし、【3】にかける。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号 つなぎなしで作れる豆腐ハンバーグレシピ 【1】煮込みハンバーグ 高野豆腐は高タンパク質躰カロリーの優秀食材。 いつものハンバーグがいつも以上に栄養バッチリに。 【A】のきくらげは水で戻して洗い、みじん切りにする。 【2】ボウルに合いびき肉、高野豆腐を入れてよく練り混ぜ、さらに【A】を加え混ぜてよく練ってから6等分にして形作る。 【3】フライパンに油を熱し、【2】を入れて強火で片面2~3分ずつ、両面焼く。 【4】細かくつぶしたトマトの水煮、おろしにんにくをフライパンに入れて煮立て、フタをして10分煮る。 【B】を加えてさらに3~4分煮る。 【5】皿に盛り、パセリを散らす。 教えてくれたのは 藤井 恵さん ふじいめぐみ/料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 和風豆腐ハンバーグレシピ 【1】にんじんの照り焼きハンバーグ すりおろしたにんじんでジューシーな仕上がりに。 色味もほんのりオレンジ色でかわいらしい。 豆腐をキッチンペーパーに包んで耐熱皿にのせ、電子レンジ(600Wの場合)で2分加熱して水きりする。 【2】ボウルに【1】と【A】を入れて、手でよく混ぜ合わせ、小判形に丸める。 【3】フライパンにサラダ油を中火で熱して【2】を並べ入れ、焼き色がついたら裏返し、水50ccを加えてふたをし、3分ほど蒸し焼きにする。 砂糖、酒、しょうゆの順に加えて煮からめる。 *ゆでたじゃがいもやアスパラガスを添えても。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん おしゃれで実用的なレシピが人気。 双子の女の子と、男の子の母。 『ベビーブック』2012年5月号 木綿使用の豆腐ハンバーグレシピ 【1】ハンバーグ(卵・乳製品・小麦なし) つなぎに豆腐と片栗粉を利用して。 ふわっと仕上がるハンバーグを召し上がれ。 豆腐は水きりする。 【2】【A】をあわせてよく練り、【1】と片栗粉を加えてさらに練り、4つに分けて丸める(写真はハート形)。 【3】フライパンに残りのサラダ油を熱して、【2】を強火で焼き、ふたをして弱火に し、10~13分焼く(竹串を刺して透明な汁が出ればOK)。 取り出して器に盛る。 【4】【3】のフライパンの油を拭き、【B】を加えてひと煮立ちさせる。 混ぜ合わせた【C】を加えてとろみをつけ、【3】にかける。 *アスパラガスやコーンのソテーを添えても。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 2人の女の子のママ。 「複数の食物アレルギーがある長女のために、家族みんなで食べておいしい料理作りを試行錯誤してきました。 その中から、ずっと作り続けている、わが家で人気のレシピを紹介します」 ブログ 『ベビーブック』2011年4月号 簡単にできる豆腐ハンバーグレシピ 【1】さばみそ豆腐ハンバーグ ほんのりみそ味がおいしさのポイント。 豆腐はキッチンペーパーに包み、耐熱容器にのせ、電子レンジ(600Wの場合)で2分加熱して粗熱をとる。 【2】ボウルに【1】を入れて混ぜ、6等分にして円盤状に丸め、のり2枚を両面につけ、片栗粉をまぶす。 【3】フライパンにバターを熱し、【2】の両面をこんがりと焼く。 しょうがは皮つきのまま薄切りにする。 【2】フライパンにしょうがと【A】を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたらさばを加え、ときどき煮汁をかけながら10分ほど煮る。 混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 女の子のママ。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」が毎月200万アクセスを誇る。 『ベビーブック』2013年10月号 お肉なしでヘルシー!豆腐ハンバーグレシピ 【1】豆腐ハンバーグ ひき肉なしでもバターでコクをプラス!食べ応えもお腹も満足な栄養価の高い豆腐ハンバーグ。 【2】小松菜と玉ねぎはみじん切りにし、耐熱皿に広げて、バターを散らし、ラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱する。 よく混ぜて冷ます。 【3】ボウルに【1】、【2】、【A】を入れてよく練り混ぜ、だ円形に丸める。 【4】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【3】を並べ入れ、3~4分焼く。 返してふたをして3~4分焼く。 【5】器に盛り、混ぜ合わせた【B】をかける。 *お好みの野菜を添えて。 教えてくれたのは 青木 恭子さん 小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。 2つの保育園に7年間栄養士として勤務。 0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。 現在は、雑誌から商品パッケージ、WEBなどで活躍。 『ベビーブック』2012年8月号.

次の

固まらない豆腐ハンバーグを固める方法!応急処置はコレ!

豆腐 ひき肉 ハンバーグ

豆腐のみじゃ難しい!?お肉を入れて豆腐ハンバーグを固めよう! 豆腐ハンバーグと聞くと、 普通のハンバーグのように、 ひき肉ではなく、豆腐だけで 作ったようなイメージが ありますよね。 だから、豆腐ハンバーグを作る時、 豆腐のみでハンバーグを作る人も 多いですが、結論をいうと、 それでは固まりません。 では何故固まらないのかというと、 それはつなぎが重要だからです。 そもそもつなぎとは、まとまらない 材料を1つにまとめる時に必要な ものです。 普通のハンバーグにも、つなぎで 塩を入れますが、塩を入れるのは、 ひき肉に粘り気が出て、よりよく まとまるからです。 普通のひき肉も、粘り気が出ないと 固まらないのですから、豆腐だけで 作ると他のつなぎとなる食材を 入れないといけません。 つなぎによって、ハンバーグの食感も 変わってくるので、下手に色んな 材料を入れてしまうと、かえって 失敗してしまいます。 他にも、豆腐のみでハンバーグを 作っても、「普通に豆腐を 焼いただけじゃない?」と 思う人も多いそうです。 なので、そういった事を 防ぐためにも、 豆腐のみで ハンバーグを作る時も、ひき肉を 入れましょう。 ひき肉であれば、つなぎは 塩でも十分足りますし、 出来上がった食感も、ハンバーグ らしくなります。 スポンサードリンク 肉無しで作りたいあなたに!豆腐ハンバーグを固める水切り・片栗粉 先程、ハンバーグを作るのに、 つなぎは大切だと書きましたが、 何も肉だけがつなぎになる訳では ありません。 実際、ハンバーグのつなぎに なるのはひき肉ではなく、 卵や塩、パン粉がつなぎの役目を しています。 そう考えてみると、必ずしも 豆腐ハンバーグに、ひき肉を 入れなくてもいい訳です。 では、肉無しで豆腐ハンバーグを 作りたいときに大事なのは何か というと、 水切りと片栗粉を加える事 です。 豆腐ハンバーグを作って食べたとき、 多くの人は食感が柔らかいといいます。 それもよく水気を切っていない事が 原因で、水気をよく切らないと、 食感が柔らかかったり、水っぽかったり します。 なので、豆腐の水気をしっかりと 取りましょう。 豆腐の水気を切った後は、 キッチンペーパーで、 しっかりと押さえる事が 大切です。 中には、重しなどをして、 水気を取る人も多いです。 当然ですが、重しを乗せたり、 水気を切る時に崩れたら 意味がないので、 使う豆腐は 木綿豆腐を使いましょう。 そして、次に大切なのは片栗粉 なのですが、なぜ片栗粉なのか というと理由は2つあります。 1つ目は、 片栗粉がつなぎの 役目をしてくれるからです。 なので、塩の量も少しで済みますし、 パン粉がなくとも豆腐ハンバーグが 作れます。 2つ目は、 片栗粉がハンバーグを、 固まらせる効果があるからです。 パン粉ではなく、片栗粉を入れると なると驚く人も多いですが、そもそも 豆腐だけでハンバーグを作ると、 食感は異様に柔らかいです。 だから、食感をあまり柔らかく させないといった意味では、 片栗粉を入れる事でよく固まります。 他にも、片栗粉を入れて作った 豆腐ハンバーグは、洋風のソースより 和風のソースがよく合います。 なので、洋風より和風の豆腐 ハンバーグを作りたい人は、 パン粉などより片栗粉を入れた方が 良いでしょう。

次の

ヘルシーでおいしい!人気の豆腐ハンバーグレシピ・作り方20選

豆腐 ひき肉 ハンバーグ

所要時間: 20分 カテゴリー:、 豆腐ハンバーグのレシピ! 崩れるのを防ぎ、ふわふわに作る3つのコツ 豆腐ハンバーグを作るとき、お肉と豆腐の配分はどれくらいにしていますか? 豆腐の割合を増やすと、焼き崩れてしまうことがありますよね。 ここでは豆腐と鶏ひき肉で作る、失敗しないふわふわ豆腐ハンバーグの作り方を紹介します。 ポイントは大きく分けて3つです。 作りたての国産大豆を使った豆腐は、大豆の風味が生きており特におすすめです。 ペーパータオルを敷いたお皿に豆腐をのせ、重しをして1時間ほど水切りしてください。 それでも水分を全部出しきれるわけではないので、タネにはつなぎを入れて水分を吸わせるようにします。 できれば乾燥タイプのおからを使うといいのですが、パン粉でもOKです。 なめらかになるまですり鉢で潰すといいでしょう。 フライパンはテフロンなどコーティングされているものを使いましょう。 鉄製だと、上手くはがれなくなってしまう場合があります。 豆腐ハンバーグの材料( 2人分).

次の