いちぎかはなんめが。 いち

ニンジン

いちぎかはなんめが

碧南産のニンジンのほとんどは、碧南市南部の海に近い砂地の畑で作られています。 畑は足が沈むようなさらさらとした砂地。 また、鮮やかな紅色を出すためには、ニンジンが伸びる時期に温度を下げすぎないことが重要です。 畝を高くし、陽の当たる面積を増やすことで地面を温める工夫をし、湿害対策も行います。 この砂地の柔らかさこそ、碧南産ニンジンの甘さと美味しさを作る秘訣なのです。 碧南のニンジン作りは大正時代から行われていましたが、その作付面積が大幅に増加したのは、海岸付近の土地改良整備が始まったころです。 新しい土の特性をみながら、土に合う品種の模索が始まりました。 誰もが手探りの中、生産者による試行錯誤の末に生まれたのが「へきなんにんじん(碧南鮮紅5寸人参)」。 平成に入ると野菜の流通は大きく変わり、従来の八百屋より大手スーパーなど大型の量販店が重要な地位を占めるようになり、長さが不揃いな「へきなんにんじん(碧南鮮紅5寸人参)」では袋詰めしにくいとの意見が強くなってきました。 こうした状況を踏まえ、地元の篤農家(研究心に富んだ農業者)と種苗会社を中心にJAが協力して、新たに誕生したのがニンジンF1品種「碧南美人」なのです。 その後、碧南人参部会(旧碧南露地野菜協議会)を中心に碧南市の協力を得て、ブランド「へきなん美人」としてPR活動を進め、現在では、中京・北陸地域に出荷し、高い評価を受けています。 つまり碧南のニンジンは品種と土の良さ、それに作る人の努力と愛情が最大限に活かされた秀逸な産物なのです。

次の

いち

いちぎかはなんめが

碧南産のニンジンのほとんどは、碧南市南部の海に近い砂地の畑で作られています。 畑は足が沈むようなさらさらとした砂地。 また、鮮やかな紅色を出すためには、ニンジンが伸びる時期に温度を下げすぎないことが重要です。 畝を高くし、陽の当たる面積を増やすことで地面を温める工夫をし、湿害対策も行います。 この砂地の柔らかさこそ、碧南産ニンジンの甘さと美味しさを作る秘訣なのです。 碧南のニンジン作りは大正時代から行われていましたが、その作付面積が大幅に増加したのは、海岸付近の土地改良整備が始まったころです。 新しい土の特性をみながら、土に合う品種の模索が始まりました。 誰もが手探りの中、生産者による試行錯誤の末に生まれたのが「へきなんにんじん(碧南鮮紅5寸人参)」。 平成に入ると野菜の流通は大きく変わり、従来の八百屋より大手スーパーなど大型の量販店が重要な地位を占めるようになり、長さが不揃いな「へきなんにんじん(碧南鮮紅5寸人参)」では袋詰めしにくいとの意見が強くなってきました。 こうした状況を踏まえ、地元の篤農家(研究心に富んだ農業者)と種苗会社を中心にJAが協力して、新たに誕生したのがニンジンF1品種「碧南美人」なのです。 その後、碧南人参部会(旧碧南露地野菜協議会)を中心に碧南市の協力を得て、ブランド「へきなん美人」としてPR活動を進め、現在では、中京・北陸地域に出荷し、高い評価を受けています。 つまり碧南のニンジンは品種と土の良さ、それに作る人の努力と愛情が最大限に活かされた秀逸な産物なのです。

次の

いち

いちぎかはなんめが

碧南産のニンジンのほとんどは、碧南市南部の海に近い砂地の畑で作られています。 畑は足が沈むようなさらさらとした砂地。 また、鮮やかな紅色を出すためには、ニンジンが伸びる時期に温度を下げすぎないことが重要です。 畝を高くし、陽の当たる面積を増やすことで地面を温める工夫をし、湿害対策も行います。 この砂地の柔らかさこそ、碧南産ニンジンの甘さと美味しさを作る秘訣なのです。 碧南のニンジン作りは大正時代から行われていましたが、その作付面積が大幅に増加したのは、海岸付近の土地改良整備が始まったころです。 新しい土の特性をみながら、土に合う品種の模索が始まりました。 誰もが手探りの中、生産者による試行錯誤の末に生まれたのが「へきなんにんじん(碧南鮮紅5寸人参)」。 平成に入ると野菜の流通は大きく変わり、従来の八百屋より大手スーパーなど大型の量販店が重要な地位を占めるようになり、長さが不揃いな「へきなんにんじん(碧南鮮紅5寸人参)」では袋詰めしにくいとの意見が強くなってきました。 こうした状況を踏まえ、地元の篤農家(研究心に富んだ農業者)と種苗会社を中心にJAが協力して、新たに誕生したのがニンジンF1品種「碧南美人」なのです。 その後、碧南人参部会(旧碧南露地野菜協議会)を中心に碧南市の協力を得て、ブランド「へきなん美人」としてPR活動を進め、現在では、中京・北陸地域に出荷し、高い評価を受けています。 つまり碧南のニンジンは品種と土の良さ、それに作る人の努力と愛情が最大限に活かされた秀逸な産物なのです。

次の