りりか sos。 ナースエンジェルりりかSOS/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・子供向けアニメとは言え、シナリオや設定、キャラクターの行動動機に至るまで分かりやすくかつ繊細に描かれている…。 #ANIME

90年代のアニメは凄かった!『ナースエンジェルりりかSOS』1995年7月スタート

りりか sos

アニメ)ナースエンジェルりりかSOS 最終回が忘れられない作品があります。 それはアニメ「ナースエンジェルりりかSOS」という作品です。 小学生の時に放映していた記憶があります。 当時の自分は内容の意味がよく分かっていなかったのですが、成人してから改めて視聴をしてみました。 心根の優しい主人公が、敵味方を関係なく相手を救おうと尽力する様は全話を通して感動できます。 子供向けアニメとは言え、シナリオや設定、キャラクターの行動動機に至るまで分かりやすくかつ繊細に描かれている印象があります。 最大の悪を倒して平和が戻ったと思っていた矢先に、ある事が原因で世界が滅ぶかもそれないという危機に立たされてしまいます。 その悲劇を回避するには、りりか自身の命を使って元凶を消滅させるしかないというのです。 「死ぬのは怖いけど、大好きな人の為にこの命を使うのなら構わない」と決意をして、りりかは自分の命を使おうとします。 小学4年生の女の子がです。 その際に、これまで戦いを共にした仲間達が必死になって止めようとするシーンがまた泣けてしまいます。 りりかは命を使って死んでしまったのか…となんて悲しい最終回なんだと思いましたが、最後の最後にりりかが目を覚ますシーンだけが描かれて終幕します。 最後のシーンは「りりかは死ぬ事は無かったんだ」と思わせてくれるようなシーンでした。 とても美しく描かれていて鳥肌が立ってしまいました。 子供向けアニメにも関わらず「自己犠牲」が描かれ、色々と考えさせられる作品でした。 素敵な余韻を残してくれるこの作品が大好きです。

次の

りりか最終話の解釈

りりか sos

アニメ)ナースエンジェルりりかSOS 最終回が忘れられない作品があります。 それはアニメ「ナースエンジェルりりかSOS」という作品です。 小学生の時に放映していた記憶があります。 当時の自分は内容の意味がよく分かっていなかったのですが、成人してから改めて視聴をしてみました。 心根の優しい主人公が、敵味方を関係なく相手を救おうと尽力する様は全話を通して感動できます。 子供向けアニメとは言え、シナリオや設定、キャラクターの行動動機に至るまで分かりやすくかつ繊細に描かれている印象があります。 最大の悪を倒して平和が戻ったと思っていた矢先に、ある事が原因で世界が滅ぶかもそれないという危機に立たされてしまいます。 その悲劇を回避するには、りりか自身の命を使って元凶を消滅させるしかないというのです。 「死ぬのは怖いけど、大好きな人の為にこの命を使うのなら構わない」と決意をして、りりかは自分の命を使おうとします。 小学4年生の女の子がです。 その際に、これまで戦いを共にした仲間達が必死になって止めようとするシーンがまた泣けてしまいます。 りりかは命を使って死んでしまったのか…となんて悲しい最終回なんだと思いましたが、最後の最後にりりかが目を覚ますシーンだけが描かれて終幕します。 最後のシーンは「りりかは死ぬ事は無かったんだ」と思わせてくれるようなシーンでした。 とても美しく描かれていて鳥肌が立ってしまいました。 子供向けアニメにも関わらず「自己犠牲」が描かれ、色々と考えさせられる作品でした。 素敵な余韻を残してくれるこの作品が大好きです。

次の

[DVDrip] ナースエンジェルりりかSOS (Nurse Angel Ririka SOS) 4.59G » AreaRaw Rapidgator Uploadable DataFile

りりか sos

ナースエンジェルりりかSOSとは、刊雑誌『』で連載されたまたは、それを元にされ、で放送されたのことである。 版は全話。 特に版は、『』と並びがとして有名になった作品としても知られている。 概要 元々の作品はがを手がけ、界の池野がを担当し、~にで連載されたである。 全4巻。 そのが開始された半年後にで版が放映された。 『』に通じる、当時の「」をにした壮絶なはの度肝を抜いた。 上述のようにこの作品で大地は筆名を挙げ、後の『』や『』などで不動の名を獲得した。 また、前番組や前々番組との兼ね合いで、当時としては異例の劇が開されている。 ストーリー 私立学園に通う小学4年生のは、10歳のに望ことからを託される。 は、を企むの野望を食い止める為にクィーン(もう一つのの)からかの住むにされたであった。 のでしたかはとなり、を倒しつつ汚染されたの人々をのワクチンで浄化していく。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の