二宮金次郎 何した人。 二宮金次郎は何をした人なのか

二宮金次郎(二宮尊徳)に関する4つの謎。彼の生涯を知るおすすめ本5冊も

二宮金次郎 何した人

二宮金次郎、後の尊徳(そんとく、たかのり)は江戸時代後期の1787年、相模国に生まれます。 幼少の頃は裕福だった金次郎ですがたび重なる災害によって田畑を失い、借金を抱え貧困生活を余儀なくされます。 しかしその中でも努力を重ね、20歳の頃には実家の借金を返済する程の成功を収めました。 その功績が認められ、小田原藩主の大久保忠真に仕えると1823年には下野国の小田原藩領にて復興事業の役を命じられます。 そしてその地にて行われた報徳仕法と呼ばれる政策は見事成功を収め、他藩でもお手本として広く伝わって行くこととなりました。 その後、1833年に天保の大飢饉が発生すると藩命により下野国をはじめ小田原、駿河・相模・伊豆を転々とし、各地で復興のために尽力します。 その後も各地で復興事業にあたり、生涯で600以上の村々の再興を成し遂げることに成功したといわれています。 その功績を称えられ、死後、明治政府より従四位が贈られました。 「倹約を心がけ、それによって生じた余剰物資を以て拡大再生産に取り組む」 報徳思想と呼ばれるこの思想は後の松下幸之助や渋沢栄一をはじめとする多くの経済人達にも多大な影響を与えることとなります。 「薪を担ぎながら勉学に励む殊勝な少年」というテーマを天皇陛下が大変気に入られたということですが、その像のモデルとなった人物が二宮金次郎だったのです。 明治政府が国策として掲げたのが富国強兵策でした。 そしてそれを支える人材の育成として教育の充実が求められました。 国民は彼のように勤勉であれ、その才は長じて国家に奉仕するものであれ、と「天皇陛下のお墨付き」の下、その像をモチーフにした銅像が全国へと普及するようになりました。 そうして二宮金次郎は「小田原藩の名士」から一躍「全国区の存在」へとなっていきます。 ちなみに戦時中の金属供出により、銅像の多くは軍に供出されることとなります。 それによって全国の学校からその姿を消すことになりました。 現在、学校にある銅像の多くは戦後に建立されたもので、戦前からある像は多くが石像です。 なお、その中でも一部、供出を免れた銅像がいくつか残されております。 「金次郎少年は薪を背負いながら本を読み、勉学に励んだ」と、彼の勤勉さを象徴するエピソードのように語られています。 実はこの薪なのですが、単なる「農作業の手伝い」ではありません。 実は金次郎は担いだ薪をどこに運んでいたかというと「売ってお金を儲けていた」のです。 当然ですが江戸時代は電気もガスもない時代でした。 都市に生活する人々は電気の代わりに油を買い、ガスの代わりに薪や炭を買いました。 薪を販売する二宮金次郎は、今でいう「軽トラックにプロパンガスを積載して販売しているガス販売業者」といったところでしょうか。 とりわけ金次郎の地元である小田原は宿場町です。 旅の宿には食事の提供される「旅籠宿」と食事の提供されない「木賃宿」があるのですが、多くの旅人は食事がない代わりに宿泊費が安い木賃宿に宿泊しました。 その木賃宿では宿泊客が宿から薪を買い、客は自炊することが基本でした。 この薪代を「木賃」といいます。 すなわち薪の需要が非常に高かったため、彼が背負っていた薪も当時はとてもよく売れたのです。 当時の学習方法は「素読」が中心で、とにかく読むことが重視されました。 また、試験のようなものもありませんでしたので「書いて覚える」方法はあまり重視されませんでした。 銅像からでは伝わりにくのですが、単に読んでいるだけではなく音読をしているとされています。 すなわち「声に出して」読んでいる可能性が高いです。 電車やバスの中でイヤホンで英会話を聞いている人をたまに見かけますが、感覚としてはそれに近いと言えるでしょう。 しかしこれは必ずしもそのような内容で作らなければならないというものではありません。 最初に像が設置された学校とされる、愛知県にある豊橋市立前芝小学校の像は薪ではなく魚籠(ビク)を担いでいます。 これは学校の所在場所が海から近いため、薪よりも魚の方が地元の雰囲気に馴染むであろうという製作者(藤原利平)の意図に基づいたものだといわれています。 意外に思われるかもしれませんが、二宮金次郎像は「製作者が自由に製作してよい」のです。 製作にあたって高さが何cm程度であるとか、ポーズがどのようであるとか、あるいは薪を担いでいるべきか否かという規定は特に存在しておりません。 「どのようなポーズで、何を担いでいても構わない」のです。 実は座っている像も存在します。 栃木県日光市立南原小学校にあるのですが、なぜ敢えて座っているのかといいますと「二宮金次郎が歩きながら本を読んでいる姿は歩きスマホをイメージさせる。 これは教育上宜しくない」 という苦情が保護者から寄せられたためで、そしてその要請に応える形で「座っている銅像」にしたというのが学校側の説明でした。 さすがにこのようないきさつに対してネット上では「臭いものには蓋をしろという発想だ」などの反論があったようです。 ちなみに二宮尊徳は1823年に栃木県へと赴いて以降、かなり長い年月をその地で過ごしています。 そして1853年には再び栃木県の日光へと赴き、1856年に今市で生涯を終えます。 金次郎にとって栃木県は、いわば「第二の故郷」ともいえる場所です。 二宮金次郎の一生 二宮金次郎をあまり知らない人が読んでしまうと少々理解しがたい部分があるかもしれません。 身内からの口語伝承なので、中には内輪話みたいなものもあります。 多少の前提知識はあった上で読むものと理解しておいた方がよいかもしれません。 読み方としては、まず最初に二宮金次郎について全体的な内容をまとめた別の本を最初に読んでおくことをおすすめします。 『二宮金次郎の一生』をはじめとする彼の本を読んだ後に読むとより一層面白さが増すでしょう。 「伝記や資料にはこのように書かれているけど、実は」といった感じで伝わってくる。 いわば「読み比べ」的な読み方をするのがおすすめです。 関係者からの聞き取りを思わせる内容は郷土史研究的でもあり、そのような研究をされている方にもぜひ読んでもらいたい一冊です。 小説で読む、二宮金次郎 手腕を買われ、大役に抜擢されるも家中の偉い人達は「抵抗勢力」となって金次郎の前に立ちはだかります。 もしかしたら会社内で同じような立場に置かれている人は金次郎に共感されるのではないでしょうか。 「自分を評価してくれない」そんな気持ちになったらぜひ読んでもらいたい一冊です。 金次郎もまた、抵抗勢力と激しい対立をします。 しかしそれでも自利を捨て、奉仕の精神で取り組む姿勢はやがて反対していた多くの人の心を掴み始めます。 決して理想だけでは上手くいかない指導者の世界。 従来のイメージとは異なる二宮金次郎像を新たに伝える一冊です。 教科書では見えてこない、彼の一面を知りたい方にもおすすめします。 いかがでしたでしょうか。 これで「二宮金次郎って何やった人?」という疑問も解決できたのではないでしょうか?彼を語る上でキーワードとなるのが「理想のリーダー像」です。 多くは戦国時代や幕末。 あるいは戦後の高度経済成長期に活躍した実業家に多くスポットが当たる中、その存在はかなり地味です。 しかし苦難に直面した村々に自ら出向き、その再興に尽力した功績は決して彼等に劣るものではなく、また何よりも人々と共に苦楽を分かち合ったその生涯は多くの人の心に響くことでしょう。

次の

二宮尊徳

二宮金次郎 何した人

当時の価値観を現代に当てはめると、「多くのお米を耕すことができる=お金持ち」くらい、農民にとってお米は貴重なものだった。 大名の財政を立て直す 1812年(文化9年)、金次郎は小田原藩の家老(大名の家来の中で一番上の役人)服部十郎兵衛の屋敷に住み込んで働くことになります。 そこで金次郎が目にしたのは、屋敷に住む人たちの粗末な生活っぷりでした。 高級品を買う• 明かりの無駄遣い• ご飯の食べ残し 案の定、大名の財政はどんどん苦しくなり、多くの借金を抱える事態となりました。 農民の金次郎は、表面では派手に見える大名の、お金の無駄遣いを見て、「このままでは農民がいくら年貢を納めたところで無駄だ」ということに気がつきます。 そして金次郎は、服部家(大名)から財政の立て直しを頼まれます。 そこで、金次郎はたった5年で立て直すことを約束するのと同時に、屋敷の行動の一切をすべて金次郎に任せることを約束します。 その約束というのは・・・• 食事はだれも飯と汁にかぎること• 着物は絹はやめ、安くてじょうぶな木綿にすること• むだな遊びごとはいっさいしないこと といった地道な努力を積み重ねるものでした。 NOTE 桜町は、今の栃木県二宮町。 桜町領では計算では米4000俵がとれるとされていたが、土地が痩せていて3000俵がやっとの状態で、大勢の農民が土地をすてて逃げ出していました。 残った農民も働く気がないなど廃れた町となっていました。 藩主(大久保忠真)からの頼みというのは、目もくらむような名誉なことでしたが、金次郎は桜町領の立て直しの難しさを知っていました。 金次郎は町の農民に、ただ節約をすすめるだけでなく、働く気持ちを起させるような方法を取り入れていきました。 ただ、こうした金次郎の活躍をおもしろく思わない役人たちもいたのです。 そのため金次郎の計画を邪魔されることもありましたが、金次郎の勤勉さと指導の的確さが、町の人たちから評価され、慕われるようになります。 その後も、多くの藩の立て直しに寄与する。 二宮金次郎の基本プロフィールと年表 基本プロフィール• 名前:二宮金次郎(二宮尊徳)• 生没:1787-1856年(69歳)• 出身:神奈川県の農家• 1787年:父(利右衛門)、母(よし)の長男として生まれる• 1800年(13歳):父が病死• 1802年(15歳):母が病死• 1804年(17歳):万兵衛の家を出て独立• 1818年(31歳):服部家の立て直しを任せられる• 1831年(44歳):桜町領の立て直し成功• 1856年(69歳):「墓石を立てるな。 土をもり上げて松か杉を一本植えておけばよい。 」という遺言を残して亡くなる 二宮金次郎の格言 二宮金次郎が大切にしている考えを格言を通して紹介します。 積小為大 詐欺はダメだよってこと おまけ話 偉人の話を聞くと、「すごい才能だな・・・」と感想を抱くことはありますが、僕は二宮金次郎のその勤勉さに凄く感銘を受けました。 お米を多く獲るために地道に勉強し、財政を立て直すために節約したというのは、まさに「小を積んで大を為す」を体現したことだと思います。 よく「日本人は勤勉だ」と海外から日本を見たときに言われることですが、二宮金次郎の功績はまさに日本人の強さを表した生き様ですよね。 二宮金次郎は、初なすを食べて、その年の凶作を予想できたそうです。 これは二宮金次郎の舌が肥えているというより、それだけ農業に向き合い努力したからこそ、なすを通して土質の変化に気づけたからです。

次の

5分で知る二宮尊徳(二宮金次郎)あの銅像はなぜあんなに有名?│れきし上の人物.com

二宮金次郎 何した人

【代表的日本人 二宮金次郎の生き方とは?】 今日は戦後代表的日本人の一人として紹介された二宮尊徳 金次郎 の考え方や行動がまとめられた報徳記、その現代語版とも言える超訳報徳記をご紹介します。 二宮尊徳は農村の子として生まれるものの、村や武家の再建などを託され日本中に名を轟かせた偉人です。 二宮金次郎像が各学校に建てられたように、幼い頃から学ぶことに貪欲で、止められても止められても寝る間を惜しんで本を読む方だったようです。 彼が愛読していたのは『大学』という論語や孟子と並んで有名な中国の古典です。 なんとか苦しい生活を抜け出したいという思いから勉学に励み、知識や知恵を得て生活の立て直しを行いました。 彼が重視したのは 『仁義礼智信』と 『分度 』。 善行をすることで救われるという信念を持ち、具体的な立て直し方法としては、生活における必要最低限度の支出 分度 を定め贅沢はしないというもの。 そうした善行と分度を用いて貧窮に苦しむ村々に復興のきっかけを与えてきた二宮尊徳。 今日はそんな二宮尊徳の報徳記から、私たちの人生にも良いきっかけを与える教えを紹介します。 【二宮金次郎(尊徳)の生き方に学ぶ、人としてのあるべき道】 [心の水やりを欠かさない] 植物は、種を植えても水やりを怠ると育ちません。 自然の中に存在するものは必ずや必要な栄養や環境がないと育たない。 それは自然の摂理です。 そして人の心というものも同じくその摂理に則ります。 旅をしてたくさんの刺激を受けて帰ってきても、しばらく経つとその刺激も忘れてしまう。 多くのビジネス書を読んでも、数日経つと何が書いてあったかすら忘れてしまう。 元旦や年度の始まりに「今年は〇〇するぞ」と目標を立てても一か月も持たなかったりする。 それらはすべて、水やりが足りてないからだと二宮尊徳は説きます。 「温泉は人の力に頼らなくても年中温かです。 しかし風呂はしばらく火を焚かないでいると、すぐに冷たくなってしまいます。 つまり仁政を行う時は栄え、仁政が行われないときは衰えるのです。 」 目標を立てた時のモチベーションが続かない経験がある私たちは、ここで言う風呂と同じです。 一度温めるだけで終わるのではなく冷めてきたらまた温めることは、夢や目標など「より理想的な生き方」を持つ私たちには必要です。 [日々積善を心がける] 積善、不積善によって禍福吉凶が生まれるのは自然の摂理だと二宮尊徳は説きます。 よりよい未来を手に入れるためにはヒトとして積善を心がけることが欠かせません。 靴を揃えて脱いだり、小さなごみを拾ったり、困っている人に救いの手を差し伸べたりといった、ほんの小さな善でも積み重ねようとする生き方こそが人としての正しい生き方なのだと教えてくれます。 逆に目の前の単純な利害に身を置いたり、他人の成功を妬み悪に流れるのは器量のない人の常だと言います。 世の中には毎日のように愚痴や悪口を言っている人もいます。 普段の生活に悪が蔓延すると、それが正しくない生き方だということすらわからなくなってしまいます。 悪に流れず心の中で善いと思うことを行動にするそれを積み重ねていくことが良い人生への投資になるはずです。 [報徳こそが人としての生きる道] 報徳記というタイトルにもなっている「報徳」という言葉。 これを二宮尊徳は「 モノや人に備わる良さ、取り柄、持ち味を活かして社会に役立てていくこと」という意味で用いていました。 彼は書物から学んだ「仁義礼智信」と生活改善のための知恵としての「分度」を自分の取り柄として最大限に生かす生き方をします。 報徳記の中でも尊徳が荒れた土地を蘇らせた事例としていくつか紹介されますが、どれもこの「仁義礼智信」と「分度」を用いた施策であり、何度も何度も繰り返し同じやり方で復興させていきます。 それほど彼にとってはその二つが強みであり取り柄だったのでしょう。 自分の良さや取り柄として思いつくものがある人は早速それを社会の役に立つ生き方として使えるくらいまで磨いて用いていくといいでしょう。 もし今はまだそれがなくとも、今できることを精一杯にやっていく。 あいさつや掃除や笑顔でも構いません。 今自分ができることは少なくとも自分に備わる良さです。 今できることを磨きながら、自分なりの取り柄となる新たな力を備えていけばいいのです。 尊徳も生まれながらに仁義礼智信や分度をわかっていたわけではありません。 膨大な時間と実践で身に着けていったのです。 何かを始めるのに今からでも全く遅くはありません。 「10年前に気づいて何か始めていたらなぁ」と思うのは不毛です。 今から報徳を意識した生き方をするかしないかで、10年後にも「10年前に始めていたらなぁ」と思うか思わないかに分かれます。 後悔しない生き方のためにも、今日から自分の良さを磨きながら社会の役に立つ生き方をしていきましょう。 以上、二宮金次郎の生き方に学ぶ「人としてあるべき正しい道」のご紹介でした。

次の