レンコン離乳食。 「見通しのきく野菜」呼ばれているレンコン!離乳食にも使える?レンコンの離乳食レシピ

レンコンパウダーは離乳食に使える?子供向けのレシピ

レンコン離乳食

離乳食のレンコンはいつから?中期以降がおすすめ レンコンはアクが強くに比べ加熱しても苦みがあり、赤ちゃんには食べにくいため離乳食中期以降がおすすめ。 特にから進めた方がスムーズでしょう。 ただし離乳食中期の他の野菜のようにみじん切りにしても、奥歯のない赤ちゃんがレンコンを舌や歯茎でかみ砕くのは困難。 離乳食にレンコンを使う際はしっかりと下ごしらえでアクを抜き、すりおろしてから使いましょう。 離乳食のレンコンの下ごしらえ方法|アク抜きで苦味を抑えて! 離乳食にレンコンを使う時は、まず調理前に下ごしらえをして苦味を取り除き、赤ちゃんが食べやすい味に調えましょう。 アク抜きと言えば「酢水!」と思う人も多いでしょうが、離乳食の場合は段階に応じて食感を考えた使い分けがおすすめです。 離乳食後期までのアク抜きは水がおすすめ!完了期以降は酢水と使い分けて レンコンのアク抜きに水を使うとホクホクの食感が残った離乳食が作れるため、奥歯のない赤ちゃんには酢水でアク抜きするより食べやすいです。 アク抜きに酢水を使うとレンコンの色がより白く、シャキシャキした食感になります。 離乳食完了期以降になったら例えばつくねに入れる軟骨のように、食感を体験させるための使い分けに利用するなど、食感のプラスに酢水を使うとよいでしょう。 レンコンのアク抜き時間は大きさで変える!長くても10分で水からあげて 皮をむいたレンコンを長時間水につけると水溶性の栄養素が失われるため、アク抜きは長くても10分。 切り方によっては1分で充分です。 ための乱切りか、薄くスライスするか、すりおろすために縦切りにするかなので、それぞれのアク抜き時間を確認しておきましょう。 レンコン選びのチェック項目• 穴の色が黒くなっていない• 穴が小さめ• 太くて重い• 切り口が変色せず傷がない• 表面に傷や茶色いシミがなくツヤがある• 不自然に白くない スーパーではカットして売られるレンコンが主流なので、切り口や穴をチェックし、切り口が紫や茶色に変色した部分がないか、穴が黒くなっていないかをしっかりと見て選びましょう。 またスーパーの水煮レンコンが不自然に白い場合は漂白されている可能性があるため、棚の隣にある自然な色の水煮レンコンを選びましょう。 離乳食のレンコンの3つの冷凍と解凍方法|用途に合わせて選んで 離乳食のレンコンの冷凍方法には、生のままと加熱後と調理後の3つの方法があります。 目的に合わせて冷凍方法を選びましょう。 1レンコン餅など調理済み手づかみ離乳食はラップで包んで冷凍保存袋へ 離乳食で人気のレンコン餅など手づかみメニューは、まとめて作って冷ましてから1回分ずつラップに包み、ジッパー付きの冷凍保存袋に入れて冷凍するのが一番おすすめです。 解凍はレンジでチンするだけ!表面の柔らかさが気になる場合は、オーブントースターやフライパンで軽く焼くと元に戻ります。 2生のレンコンペーストは冷凍保存袋で平らに伸ばして冷凍 栄養のチョイ足し用に生のまますりおろしたレンコンペーストを冷凍したい場合は、アク抜き後にすりおろして冷凍保存袋に入れ、空気を抜いてから少しでも早く凍るように薄く延ばした状態で冷凍します。 ただしすりおろしレンコンは冷凍中に茶色く変色したり、自然解凍するとレンコンの水分が分離しておかしな食感になります。 離乳食に冷凍レンコンペーストをチョイたしする場合は、色が気にならない料理に入れましょう。 解凍も凍ったままスープなどに加え、加熱解凍するのがおすすめです。 レンコンと小松菜のすり流し汁のレシピ 材料:レンコンペースト20g、小松菜10g、絹ごし豆腐20g、だし汁100ml• 小松菜をみじん切りにし、絹ごし豆腐を5mm角に切る• 鍋に1とレンコンペースト、だし汁を入れて火が通るまで加熱する 離乳食後期のレンコンおすすめレシピ&調理のポイント 離乳食後期になると手づかみ食べがスタートし、レシピの中でもレンコン餅やレンコンおやきが重宝します。 ただしレンコンと片栗粉だけではモチっとしすぎて飲み込みにくいので、におすすめの調理のコツ。 またすりおろして加熱したレンコンの食感は、飲み込みにくい 肉料理や魚料理のつなぎに加えると役立ち、ふんわりして赤ちゃんが食べやすくなります。 すりおろしレンコンはスープのとろみづけにも使えます。 レンコン団子のスープ煮のレシピ 材料:レンコン20g、鶏ささみ20g、人参5g、片栗粉大さじ1杯、ブロッコリー5g、えのき茸5g、だし汁40ml、しょう油2~3滴• 人参は皮をむいてからみじん切りにして、電子レンジで柔らかくなるまで加熱する• 鶏ささみは包丁でみじん切りにしてからたたき、ペースト状にする• すりおろしたレンコンを1、2と片栗粉を入れて団子状に丸める• ブロッコリーとえのき茸は柔らかい先端部分を使い、みじん切りにする• 小鍋にだし汁を入れて煮立てから3、4を入れて全体に火を通す• 最後にしょうゆで味を調える 離乳食完了期のレンコンおすすめレシピ&調理のポイント 離乳食完了期に入ったらレンコンのすりおろしを少し硬めのレンコン餅などにし、「この様子なら食べられるかも!? 」と思ったら薄くスライスして使ってみましょう。 薄いスライスも喜んで食べるようであれば、酢水でアク抜きをしてシャキシャキ食感を体験させたり、みじん切りをつくねに入っている軟骨のようにハンバーグなどに少量混ぜたり、スライスを少し厚めにして食感をプラスしていきます。 ただし離乳食完了期の幼児の奥歯は生え揃っていません。 レンコンの離乳食調理は 硬すぎも柔らかすぎも丸のみする元になるため、無理をさせずに喜んで噛めるかたさを心掛けるようにしてください。 レンコンチップスのレシピ 材料:レンコン30g、人参20g、揚げ油適宜• レンコンは皮をむき、薄くスライスして一口大に切ってからアク抜きする• 皮をむいた人参もスライスして一口大に切る• 1と2の水気をキッチンペーパーで拭きとる• 頭ごなしに「赤ちゃんにはレンコンなんて食べられるはずがない」「レンコンは煮物」と決めつけず、和洋中にこだわらずに食べやすい離乳食を作ってあげましょう。 ので、食べず嫌いにさせずにすりおろして作ってあげてください。

次の

レンコンはいつから大丈夫?離乳食後期のレンコンレシピ2選と冷凍保存の方法(栄養士ママの発信)

レンコン離乳食

レンコンの離乳食はいつから食べさせれば大丈夫? レンコンは、にがみを感じさせるアクが強く食物繊維が多いので、 離乳食初期には向いていません。 舌でつぶせるくらいの固さの物を、モグモグと食べられるようになる 7~8ヶ月の離乳食中期~後期頃から与えても大丈夫です。 離乳食の進み具合には個人差がありますので、お子様のスピードに合わせてあげてください。 そして 調理の際には必ずアク抜きが必要です。 アク抜きの方法は、 レンコンの皮をむいてから水に10分程さらして下さい。 離乳食用なので酢水ではなく、水で大丈夫です。 またレンコンを選ぶ時のポイントは、ふっくらとしていて太いものが良いです。 表面に艶があり切り口が変色していない、穴の中が黒ずんでいないものを選びましょう。 レンコンの離乳食の保存と冷凍は可能? レンコンは冷凍保存ができる食材です。 まず、レンコンの泥を洗い流して皮をむき、水に10分程さらして、アクを抜いてから適当な大きさに切ります。 水から柔らかくなるまで茹でた後、離乳食時期に合った大きさに切るか、ペースト状にすりおろします。 レンコンは端っこよりも、中心部の方が柔らかいので、 離乳食に使う時は中心部を使って下さい。 時間のある時には多めにストックを作り、 製氷皿に入れて冷凍すると便利です。 キューブ状に凍ったら、ジッパー付きの冷凍用保存袋に移し替えて冷凍庫で保管して下さい。 小分けにして冷凍すると使いたい時に、使いたい分だけ解凍できるのでとても助かります。 冷凍したものは 1週間を目安に使い切るようにしましょう。 レンコンの離乳食の簡単レシピ レンコンの離乳食の中期レシピ 栄養満点レンコン粥 材料• すりおろしたレンコン 大さじ1• 7倍粥 大さじ1• 和風出汁 大さじ1• 白すりごま 少々• 刻み海苔 少々 作り方• すりおろしレンコンと和風出汁、7倍粥をお鍋に入れ10分煮詰める。 刻み海苔を加え、軽く混ぜ白ごまをトッピングする。 栄養満点のお粥です。 とても簡単なのでチャレンジしてみて下さい。 ほうれん草のレンコン和え 材料• すりおろしたレンコン 大さじ1• ほうれん草 大さじ1• 和風出汁 大さじ1 作り方• ほうれん草を茹でる、細かくみじん切りにする。 お鍋に、1のほうれん草とすりおろしたレンコン、和風出汁を入れ、5分程煮る。 ほうれん草と合わせる事でなめらかになり、赤ちゃんも食べやすいですよ。 レンコンの離乳食の後期レシピ レンコンとツナのもちもちおやき 材料• 片栗粉 大さじ1 作り方• レンコンはすりおろして、玉ねぎはみじん切りにする。 ボールに汁気を切ったツナと1のレンコン、玉ねぎと片栗粉を入れよく混ぜる。 小判形に丸めて、弱火で両面しっかり焼く。 中まで火が通ったら完成。 レンコン入り豆腐ハンバーグ 材料• 絹豆腐 50g• レンコン 20g• パン粉 大さじ2• 塩 少々 作り方• ボールにすりおろしたレンコン、絹豆腐、パン粉、塩をいれよく混ぜる。 500円玉サイズに丸めて、油を薄くひき弱火で両面しっかり焼く。 中まで火が通ったら完成。 豆腐入りで栄養満点。 手づかみでも食べやすいハンバーグです。 レンコンの離乳食を作るコツは? 固く繊維の多い根野菜のレンコンは、すりおろして加熱することによってトロトロ、もちもちの食感に変わるので離乳食中期以降の赤ちゃんでも安心して食べさせてあげることができます。 和・洋・中のジャンルを問わず、いろいろな食材との相性が良いので、離乳食のレパートリーも増えます。 また、ハンバーグやおやきにすることによって手づかみのおかずメニューにもなります。 レンコンは手づかみを始める赤ちゃんにおすすめの食材です。 食べやすいので赤ちゃんの食も進みそうですね。 レンコンを使ってお通じも快調になろう レンコンには食物繊維が豊富に含まれているので、 便秘予防や便秘解消にも役立ちます。 離乳食を始めたばかりでまだ食事に慣れない頃や、離乳食後期には離乳食量が増え、授乳量が減るため 水分が不足して便秘になる赤ちゃんがとてもたくさんいます。 また、 レンコンに含まれているビタミンCは風邪予防にもなります。 アク抜きさえすれば簡単に調理できる食材ですので、離乳食にも積極的に取り入れていろいろなレシピにチャレンジしてみて下さい。

次の

簡単!レンコンバーグ(離乳食後期〜)冷凍保存で作り置き!

レンコン離乳食

赤ちゃんの離乳食レンコンはいつから? 赤ちゃんは 離乳食後期の生後9か月以降かられんこんを食べることができます。 れんこんは 食物繊維が多く、アクも強いので離乳食初期や中期には控えて、9か月以降の離乳食後期から与えるようにしましょう。 ご存知の通りれんこんはかたくて赤ちゃんが噛むのは難しいので、 初めはすりおろしたものを料理の中に入れてあげましょう。 おやきやハンバーグなどにいれるとふんわり美味しく食べられると思います! 1歳以降の完了期になれば、煮たりしてしっかり加熱するとすりおろさなくても食べられるようになりますよ。 レンコンは皮に近い部分の方がかたいので、離乳食で使う時は 真ん中の方をつかうようにしてください。 れんこんの栄養は?赤ちゃんの風邪予防に! れんこんの主な栄養は デンプンで、体内のエネルギーになって体を温めます。 食物繊維を多く含んでいるので、便秘の解消に効果的ですよ。 ビタミンCがとても豊富で100g中55mgも含まれています。 ビタミンCは加熱に弱いのですが、レンコンはデンプンが多いので、加熱をしてもビタミンが逃げにくくてビタミンを摂取できますよ。 疲労回復、風邪の予防などが期待できますよ! 他には、 カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルもふくまれています。 れんこんを切ると糸を引きますが、あの粘り気のもとが 「ムチン」です。 ムチンは複合タンパク質で納豆のネバネバと同じ成分です。 ムチンには粘膜を保護する働きがあるといわれており、体内へのウイルスの侵入を防ぐことができるので、風邪の予防に食べさせると良さそうですね。 赤ちゃんのれんこんアレルギーは? れんこんは根菜類の中でもアレルギーが出にくい食品です。 さらに、加熱調理することでアレルギーの発生も極力抑えられるという研究報告もあります。 しかし、 どんな食べ物にもアレルギーは存在するので、初めて食べさせる時には注意が必要です。 症状としては、 『口腔アレルギー症候群』といって、次のような症状が出ることがあります。 口の中や周りが赤くなる• のどがイガイガする• 口の周りがかゆくなる• 下痢・嘔吐• 発疹、じんましん など まれにアナフィラキシーショックが起きて重篤な症状が起きることもあります。 れんこんでアレルギーなんて聞いたことないから大丈夫と思いそうですが、初めての時には少量にしておいた方が、万が一アレルギー症状が出た時には重篤化を防ぐことができます。 はじめはスプーン1杯からスタートさせてくださいね。 離乳食のれんこんの下ごしらえ・調理法・冷凍保存方法は? 離乳食に使いたいおいしいレンコンの選び方 れんこんの旬は11月~2月頃です。 お正月などにもよく使われる食材ですが、旬のれんこんには栄養が豊富に含まれていますよ! 【おいしいレンコンの選び方】 ・表面に傷や黒ずみがない ・全体的に丸みがあって重みがあるもの ・切り口が白色で瑞々しいもの(カットしたもの) ・中が黒ずんでいないもの(カットしたもの) また、 両端に節がついているものを選ぶと良いでしょう。 離乳食のれんこんの下ごしらえ方法は? れんこんはアクが強いので離乳食ではしっかり アク抜きをしてから調理しましょう。 このアクは旨味成分でもあるので、大人が食べる時にはあまり抜かない方が良いらしいのですが、赤ちゃんの離乳食にはしっかりアクを抜きましょう。 アクが強い食べ物を食べると体で処理しきれずに体に発疹ができたり、かゆみが起こることもあるそうです。 今回はフリージングしておいた茹でたにんじん、たまねぎを使いました 2、ボウルに1の材料と鶏ひき肉、パン粉、片栗粉、塩を入れてよく混ぜる。 4、箸を入れて泡が出るくらいになったら、2を中サイズのスプーン1杯くらいの大きさで小判型にして入れる。 5、裏返しながら両面薄い焼き色がつくまで揚げる。 れんこんはすりおろす。 牛肉は脂身を取ってみじん切り 2、かつお昆布だしで大根とにんじんを煮る。 3、軟らかくなったら牛肉を入れ火が通ったられんこんを入れて弱火で煮込む。 4、しょう油で風味づけ まとめ• れんこんは離乳食後期(9か月~)食べてもOK• 初めて食べる時はアレルギーに注意する• 1歳まではすりおろしたものを食べさせましょう• 調理の時にはアクをしっかり抜いてから!• 冷凍保存も可能なので、下ごしらえをして離乳食用に冷凍しましょう。 風邪予防にも効果的な食材ですので、すりおろして赤ちゃんに食べさせてあげてくださいね。 関連記事.

次の