シンプル ライフ 物 を 持た ない。 ひとり暮らしで快適なシンプルライフ。物を捨てる断捨離テクニック

物を持たないシンプルライフ

シンプル ライフ 物 を 持た ない

わが家の住まいは都内のマンション。 5年前に築20年の中古マンションをリフォームしました。 間取りは3LDKですが、広さは65平米。 そのうちの2部屋は、4畳という驚きのせまさ!4人家族のファミリー世帯が住むにはちょっと小さいんです。 小さな家でも快適に暮らすために、わたしが特に工夫していることがあります。 今回は 「せまい家でもすっきり暮らす方法」を紹介します。 すっきり暮らす方法1 断捨離をする せまい家にたくさんの物を置くと生活スペースはさらにせまくなりますよね。 狭い家をごちゃごちゃさせないためには、物を減らすことが一番効果的でした! 実際にわが家が断捨離したものは以下の4つ。 理由はベットがあると部屋がせまく、子どもの遊ぶスペースが全くなかったから。 ベットを断捨離した日「この部屋こんなに広かったっけ〜?!」と感激しました!何にもないって気持ちいい! 今は和室に布団を3組ひいて、家族4人で並んで寝ています。 布団なら押し入れに収納することができるので、部屋がせまくなることがありません。 ベットがあるとその部屋は寝室になってしまい、他の用途に使えませんよね。 ベットの下にはほこりもたまるし。 部屋に何もなくなったので「だるまさんがころんだ」くらいはできます(笑) ベットがあるとないでは、部屋のすっきり度が全然違いますよ。 掃除も簡単。 せまい家にはベットはいらないと思います。 こたつって足がぬくぬくしてほんとに気持ちいいですよね〜。 もうヤドカリになった気分です。 でも こたつがあると部屋がせまくなって動きにくいのです。 それにこたつのまわりって、なぜかすんごく散らかりませんか? 読みかけの本や子供のおもちゃがこたつの周りに散乱して、部屋はカオス状態・・・掃除機をかけるのも大変なので、断捨離しました。 冬の暖房はガスファンヒーターを使っています。 足元がとても暖かいので、こたつがなくても大丈夫。 そしてこたつがあると、ぬくぬくと快適すぎてしまい、動けなくなる(そして寝てしまう)ので、やっぱり手放してよかった家具。 でも、ねこを飼うようになって断捨離。 毛がたくさん付くし汚れることも多く、掃除をするのが大変だったからです。 カーペットがないと床がすっきりして、部屋がすっごく広く見えるんです!床に何もないってなんて気持ちいいんだろう。 そして 掃除がラクで衛生的。 子供たちにハウスダストのアレルギーがあるので、そのためにも断捨離して大正解でした。 家族4人分の服を大量の衣装ケースにしまっていたのです。 しかし、今の家は収納スペースがほとんどなく、ケースをしまう場所がありません。 私と夫の服をしまえる場所は小さなクローゼットだけ。 そこで、服の量を減らせないか考えました。 ケースの中をよく見てみると、しまっていたのはほとんど使っていない服ばかり(ほぼ私の服)。 着ない服はすべて断捨離しました。 すると小さなクローゼットに納まる量まで、減らすことができたのです。 本当に必要な服は、実はそんなになかったことに気付きました。 今も服はクローゼットに納まる分しか持ちません。 必要な服だけがクローゼットの中に入っています。 スポンサーリンク すっきり暮らす方法2 大きな家具は買わない すっきり暮らすには家具を買わない選択もアリです。 他の家にはありそうだけど、わが家が持っていないものもあります。 子どもの学習机 わが家には子ども用の机がありません。 これははじめから買っていないのです。 子供たちは2人とも小学生。 リビングで勉強をしています。 長女が小学生になるときに、学習机を買うか悩みました。 子供の友達の家が買っていましたからね。 一応子供部屋はあるのですが「ひとりで勉強するのがさみしい~」というので買わず。 高学年になった今もリビングで勉強してます。 リビングのテーブルで勉強する方が広いし、小学生のうちは親としても子供の苦手な部分を把握できるので、いいのかも。 子供も親が近くにいる方が安心して勉強できる様子です。 高学年の算数は、むずかしくてもう教えてあげられないけど… この先中学生になってプライベートな空間が必要になったら、またその時に考えます。 小学生のうちは、学習机はなくてもいいと思います。 大きな下駄箱 今の家にもともと付いている下駄箱が、家族4人の靴を入れるには小さいのです。 これは設計ミスではないかと思うくらいの小ささ!大人の靴なら12足しか入らないのです!家のリフォームをするときに、大きいものと交換するか相当悩みました。 ただ玄関もせまいので、下駄箱を大きくしてしまうとさらに狭くなり、圧迫感がありそうなので小さいものをそのまま使っています。 下駄箱の上にスペースがあることで、ちょっとだけ玄関が広く見えます。 私も夫もそれほどたくさんの靴を持っていません。 子供たちも今履いている靴ともう一足くらいしかないので、この小さな下駄箱でも納まる量。 たくさんは入らないので、新しい靴を買ったら一足を手放すようにしています。 大きい下駄箱だと、つい靴が増えてしまいそうなので、小さな下駄箱でよかったかもしれません。 すっきり暮らす方法3 目線の高さには物を置かない 目線の高さに物があると、ごちゃごちゃして見えます。 都会の建物が多い景色より、海のなーんにもない景色の方が気持ちがいいですよね。 それと同じで、せまい家(とくにリビング)でも広くみせるために、 目線の高さには何も置かないようにしています。 家具は腰から下の高さまで。 ポスターや壁掛けカレンダーも、リビングには貼らないと決めています。 目線の位置に物がないとすっきりして見え、実際よりも部屋は広く感じられると思います。 スポンサーリンク すっきり暮らす方法4 家具や物のカラーを統一する 家がごちゃごちゃしてしまう原因のひとつは、色がたくさんあることかもしれません。 私も一人暮らしをしていた頃は、色を統一することなくピンクや緑など、その時の気分で好きな家具を買っていました。 するとなんだかごちゃごちゃして、片付いているのに散らかった感じで落ち着かない。 家具や小物のカラーを統一すると、とてもすっきりした印象になります。 わが家のリビングは濃い茶色、ベージュ、白の3色でそろえています。 棚などの家具は濃い茶色。 ソファーとキャットタワーはベージュ系。 テレビやストーブなどの家電は白。 小物を収納するケースは白か半透明ときめています。 そして 足元の方に濃い色、目線の高さより上は薄い色にしておくと、目の錯覚なのか部屋がすっきりして広く見える気がします。 キャットタワーは家の中でいちばん大きい家具。 高さもあって大きいのですが、色がベージュなので圧迫感がありません。 もし濃い色だったら、ドドーン!とかなりの存在感だったはず。 家をリフォームする前、もともとあったつり戸棚は濃い茶色でした。 上の方に濃い色があると棚だけが目立ってしまい、部屋がせまい感じがしたので白く塗り替えました。 リビングで勉強する子供たちの学用品をしまっています。 すっきり暮らす方法5 見せる収納より、かくす収納にする 子供のおもちゃなど散らかりがちな物を置く場合は、 見せる収納よりかくす収納の方がおすすめです。 以前はわたしも雑誌に載っているような「見せる収納」にあこがれて、子供のおもちゃをカゴにしまっていました。 でもネコがいるのでカゴをかじられたり、ネコ毛やホコリがついてしまうのでやめました。 それにカゴをホコリがないきれいな状態にしておくのって、ちょっとむずかしくありませんかね?マメに掃除するのが苦手なわたしはカゴ収納をやめて、ほとんどの生活用品を「かくす収納」に変えました。 こちらの引き出しも無印良品のもの。 たくさん入るので、ごちゃごちゃしたおもちゃもすっきりおさまります。 カゴにホコリがたまることもなく、 掃除も簡単です。 長女の引き出しにはマンガがたくさん入ってます。 大きくなるとおもちゃよりマンガです。 おもちゃは引き出しに入る分だけ。 入らなくなったら、使っていないおもちゃは子供たちに処分してもらいます。 できるだけ物を表に出さず収納しておけば、せまいリビングもごちゃごちゃすることなく、すっきりして見せることができます。 すっきり暮らす方法6 コードは徹底的にかくす コードが丸見えだと、部屋のすみっこがなんとなくごちゃごちゃしませんか?テレビのコードやパソコンのコードは全て隠してしまうことをおすすめします。 テレビのコードはコード収納ケース入れて、テレビの後ろにかくしています。 表からは何も見えないので、すっきり。 掃除も格段にラクになるんです。 そして、見た目もいい感じです! コードを収納するケースはホームセンターで購入しました。 Amazonや楽天でも買うことができます。 インターネットのモデムも収納できる大きいサイズもあります。 カラーも選べるので、インテリアに合った色を選ぶのがおすすめ。 部屋のすみっこのコードがなくなると生活感がなくなり、すっきりした印象になります。 小さなことですがコードが見えると見えないでは大違いなんです。 すっきり暮らす方法7 寝る前には、片付ける 家族4人がリビングで一日過ごすと、どうしても部屋は散らかります。 これなら子供でも(わたしでも)できます。 日中の散らかりは大目にみます。 夜寝る前にリセットして部屋を整えれば、次の日の朝も気持ちよく一日をスタートできます。 まとめ いかがでしたか? せまい家でも物を減らしたり、大きな家具を持たないことですっきり快適にくらすことはできます。 コンパクトな今の家に住んでから、私は周りの価値観で物を買ったりするのではなく、 「自分にとっての快適な暮らし」を考えるようになりました。 自分サイズの暮らしは毎日を楽しくしてくれます。 参考になることがあれば、うれしいです。 kurashisukoyaka.

次の

不要な物を持たない・捨てる生活で無駄のないシンプルライフを送るには?

シンプル ライフ 物 を 持た ない

物を持たない・捨てる生活を送るために必要な物の例5選2つ目は、万能鍋です。 キッチン用品で特にかさばるのは、鍋やフライパンではないでしょうか。 煮物用の小鍋や大鍋、炒める用のフライパン、玉子焼き機など、用途に応じて複数持っていると、収納もかさばりますよね。 1つの鍋で、煮る・焼く・炒める・蒸すなど、用途に複数のバリエーションがあるものを持つようにすると収納もすっきりします。 米も炊けるタイプであれば、炊飯器も不要になるのでさらにいいですね!最近はいろいろな万能鍋が出ているので、お気に入りの鍋を探すのも楽しいですよ。 また、調理器具が限られていると、頭で考えながら作るため、無駄のない作り方や手順で料理できるようになりますし、いろんな器具を同時に使うことによって洗いものがたまることもなくなりますよ。 掃除をするとき、トイレはトイレ用洗剤を、お風呂場はお風呂用洗剤を、除菌には除菌用の洗剤を、など場所や掃除方法によって、洗剤を使い分けている人が多いと思います。 そんなときに、無駄のない多様化できる洗剤を使うことにより、様々な汚れに対応することができるので、洗剤をいちいち買い足す必要もなく、買い置きでたくさんの洗剤を置いておく場所も必要もなくなります。 特に重層・クエン酸・セスキ炭酸ソーダは、物を持たないシンプルライフを送っている人にとっては基本中の基本となっている洗剤の種類です。 スプレーにしてオリジナルの洗剤を作ることもできます。 最近は「プチプラ服」が流行で、安くておしゃれな洋服が手に入ることが多くなり、安いからとついたくさん買ってしまう人も多いと思います。 そうすると家のクローゼットや押入れは、あっという間に服であふれかえってしまいます。 そして同じような服を何着も買ってしまったけど全然着ない、なんてことも起こりやすくなります。 安くなくても自分が本当にときめく服だけを持つことにより、なによりも洋服を大事に着る意識がつきますし、好きな服だけでコーディネートするととても気分がいいです。 クローゼットを開けるのもすごく幸せな気分になりますよ。 物を持たない・捨てるだけがシンプルライフというわけではないのです。 心がくつろげるスペースも確保して、ゆっくり過ごす時間を過ごしましょう。 シンプルライフの中でもくつろぐスペースを持つコツは、アイテムを絞ることと、そのスペース以外は物を持たない・捨てる生活を徹底することです。 物が周りにあればあるほどくつろぐ空間からは遠くなります。 いくらくつろぐのはOKだからと言って、好きなだけアイテムを増やしていてはシンプルライフにはならないので、アイテムを絞って自分が本当にときめくものだけにしましょう。 そしてその周りのスペースは、できるだけ物を置かないようにしてメリハリを大事にしましょう。 今水切りカゴを当たり前のように使っている人は「水切りカゴを持たないって食器を洗うときどうするの?」と驚くと思いますが、布巾やクロス、マットなど代用できるものはあるのです。 水切りカゴだと、洗って次使うまでのままという人も多いと思いますが、布巾などに変えるとやはり乾燥も気になるので、すぐに拭いてそのまま食器棚にしまう癖がつきます。 そうするとキッチンは常に片付いている状態をキープできますし、簡単に洗えるため衛生面も気にせずに使えます。 水切りカゴがないと、その分キッチンの作業スペースが増えて、料理するのも楽しくなりますよ!そしてなによりもキッチンの掃除もしやすくなるので、常にきれいを保てるようになります。 ソファはくつろぐアイテムの定番ですが、物を持たないシンプルライフを送るためには、実は不要なのです。 ソファを持たないメリットとしては、部屋が広くなる・掃除が楽になることが挙げられます。 ソファは動かすのも大変なので清潔を保つのが難しいのが難点です。 ソファをなくすことにより、驚くほど部屋の掃除がしやすくなってきれいな清潔な部屋を保てますよ。 お気に入りのカーペットやラグをひいてそのまま寝ころぶのも気持ちいいですし、大きめのクッション一つ置けば充分くつろげます。 捨てる生活を始めるにあたって一番大きい決断かもしれないですが、今まで当たり前に使っていたソファをなくしてみると、意外と快適なシンプルライフを送れるかもしれないですよ。 今クローゼットや押入れに入っている自分の服を全部把握していますか?これからシンプルライフを考えている人のほとんどの方は、把握していないと思います。 そして今ある服を全部出してみたら、「こんなに服持ってたんだ…!」と驚くことでしょう。 昔買って今着ていない服だったり、安くてかわいいからいつか着るだろうと最近買ったものの一度も着ていない服だったりが、必ずと言っていいほど含まれていると思います。 クローゼットや押入れは定期的に整理をして、常に持っている服を把握している状態にしましょう。 そうすることにより、服を買う時に今持っている服に合う必要な服だけを買うようになり、同じような服を買ったり、安いからと着ない服を買ったりと無駄な買い物をしないで済みます。 整頓されていれば、今あるものが目に見えるので、余計なものを買わなくて済みます。 せっかく物を捨ててもすぐに増やしてしまうようでは意味がないので、常に必要な分だけを整頓しておきましょう。 そして、自分にとって価値のある物を持つようにしましょう。 値段ではなく質であったりときめきであったり、自分にとって価値のある物を選ぶことが大事です。 そうすることによって、自分にとって価値があるものだけに囲まれて過ごせます。 余計な物を持たない・捨てる生活で心にゆとりのある日々を過ごそう! 余計なものを持たないということは、自分にとってお気に入りのものやこだわりのものだけに囲まれているということです。 そして捨てることができるということは、自分の生活や人生にとって本当に大事なもの・必要なものを見極められるということです。 そんなシンプルライフを過ごせれば、余計な考えやストレスに振り回されずに、常にすっきりと過ごせます。 その結果、いつも心にゆとりがうまれます。 余裕がある人は笑顔で過ごせる時間も多いですよ!断捨離を極めてシンプルライフを過ごしている「ミニマリスト」の記事もあるので、合わせてご覧ください。

次の

物を捨てる基準とは?いらない物を捨ててシンプルライフを実現しよう!

シンプル ライフ 物 を 持た ない

こんにちは。 シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。 ミニマリストという言葉や生き方が注目されるようになってきた今日この頃。 中には「物が多いことは悪いこと」ととらえる人もいるようです。 ですが、私は物が多いことが必ずしも悪いことだとは思いません。 「ミニマリスト=正義」だとも思いません。 ミニマリストや持たない暮らしはあくまでも生き方のひとつ。 今回はそんなことを書いてみたいと思います。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^ 「物が多い=悪」というのは思い込みかも。 ここらで考え方を整理してみた。 【シンプルライフ】 皆さんご存知のはずですが、念のためもう一度ここに書いておきます。 私はシンプルライフが好きだし、持たない暮らしをしたいし、ミニマリストを目指しています。 今回のテーマを語る上で、この前提は覚えておいて頂きたいです。 「持ち物を減らしてスッキリしよう!」「ミニマリストになって身軽に生きよう」と考える人が増えてきた今日この頃。 一昔前の物が少なかった時代に生まれた「物は捨ててはいけない」「(悪い意味での)もったいない」という考え方からだんだんと解放されてきて、 持ち物を処分して減らしましょう!という考え方が主流になってきました。 確かに、持ち物が多すぎる状態ではどこに何があるか分かりにくいから暮らしづらいし、 物が多いとそれだけで部屋の中で圧迫感を感じるので休まらないし、管理するのに時間もお金もかかる、という多くのデメリットがあります。 最近では共働きする夫婦も増え「なかなか家の中の片付けにまで手が回らない」「掃除や片づけが面倒」という人も多いはず。 そういう人たちにとっては、持ち物が多いよりも持ち物が少ない方が、掃除もしやすく暮らしやすいため、シンプルライフや持たない暮らしをすすめているんですね。 ですが、そうではない人にとってはどうでしょうか。 例えば、お気に入りのコレクション数百個に囲まれて暮らしていても、どこに何があるかちゃんと持ち物が管理できていて、コレクションを眺めながら一つずつ掃除することが楽しくて仕方ない!という人にとっては、持たない暮らしは辛いもの。 こういう人にとっては、持たない暮らしは逆効果。 持たない暮らしをしてしまったら、楽しい毎日を奪われてしまいます。 そう、 持ち物が多いことが悪い、持ち物が少ないことが正しい、 というのは人によって違うのです。 家の中を清潔にきちんと管理できていて、暮らしやすければ持ち物が多くたっていいんです。 そういう人が持ち物を減らすべき理由はありません。 最近では持たない暮らしやミニマリストの影響で「持ち物が少ない方がいい」と思い込んでいる人が多いですが、それは誰にでも当てはまることではありません。 仕事を選ぶのと同じように、持たない暮らしやミニマリストという生き方も、その人が自分で「自分に合っている」と思ったら選ぶもの。 サッカー選手も、歯医者さんも、弁護士も、料理人も、どんな仕事を選んでもどっちが正しくてどっちが間違っている、という事はありませんよね。 それと同じなんです。 持ち物が多い暮らしを選ぶのも、持ち物が少ない暮らしを選ぶのもその人の自由。 一番大切なのは、それが自分に合っているかどうか。 そして、自分がどの生き方、暮らし方を選ぶかだと思うのです。 以上、 「 物が多いことは悪なのか?ミニマリストが必ずしも正義ではないと思う私の考え。 【シンプルライフ】 」 でした。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^.

次の